全てのジャンル
いいモノ通信 vol.31 気持ちが伝わるバラのアレンジ

楽天いいモノ通信
バラのアレンジ【生花】

豪華なのに贈りやすいお花のギフト。
その裏側には、生花にこだわり続け、お花とお客様に
本気で向き合う人たちの想いがありました。
もくじ
  • 花瓶がなくても、プレゼントされたままの状態でも
  • 「ネットのお花屋さん」だからこそ相談しやすい
  • 35名のチームワークで届ける思い
  • 生活を豊かにするこだわりの逸品
花瓶がなくても、プレゼントされたままの状態でも
chapter1

花瓶がなくても、プレゼントされたままの状態でも

  • 色あざやかに咲く5本のバラをメインに、周りにはカーネーションや季節の花、葉物のグリーンを配置。それぞれの花びらの表情が生きるように計算されたアレンジメントからは、プロフェッショナルの技とこだわりが伝わってきます。。さらに、シーズンによってさまざまな組み合わせや色展開を見せてくれます。Flower Kitchen JIYUGAOKAが提案する「バラのアレンジ」は、累計10万個以上を出荷する同店の看板商品となりました。
  • 花瓶がなくても、プレゼントされたままの状態でも
  • 花瓶がなくても、プレゼントされたままの状態でも
  • 人気の理由は「ギフトとしての贈りやすさ」だけではありません。「お花をもらいなれていない人」でも安心して楽しめる工夫があるのです。定番のアレンジメントのほかに、持ち歩きやすいブーケ(花束)、そして花瓶がなくてもそのまま飾れるスタンディングブーケも。プレゼントされたままの状態で、ちょっとしたスペースを可愛らしく彩ることができる。そんな手軽さも人気の秘訣だそうです。
「ネットのお花屋さん」だからこそ相談しやすい
chapter2

「ネットのお花屋さん」だからこそ相談しやすい

  • 「ネットのお花屋さん」だからこそ相談しやすい
  • Flower Kitchen JIYUGAOKAがネット販売に進出したのは2007年頃。WEBデザインマネージャーの真部幸子さんは「リアル店舗での花の小売に限界を感じていた時期でした」と振り返ります。不景気が続き、贅沢品である花の消費は個人向けも法人向けも冷え込むばかり。楽天への出店は、復活を期した一大チャレンジでした。
  • 生花をネットで売れるのか――? 不安は拭い去れないままでしたが、すぐに思わぬ発見がありました。店舗で顔を合わせて話すよりも、ネットのほうがお客さまのニーズを詳しくつかめることに気づいたのです。「『近く彼女にプロポーズをするので、50本のバラの花束をプレゼントしたい』。そんな風に背景を詳しく伝えてくださる方がたくさんいました。店頭では恥ずかしくてなかなか相談できないことも、ネットなら書きやすいんですよね」。そう話すのはヴァイスマネージャーの武田久実さん。お客さまの声に応えて、個別にアレンジを変えることもあるといいます。「彼の人生がかかってるんだから、しっかりきれいに咲くんだよ!」武田さんたちは、開花の時を待つバラの蕾たちにそう語りかけて送り出すのでした。
  • 「ネットのお花屋さん」だからこそ相談しやすい
35名のチームワークで届ける思い
chapter3

35名のチームワークで届ける思い

  • 看板商品である「バラのアレンジ」だけでも日々大量に出荷する同店。常に鮮度の高い生花を届けるため、週に3回仕入れを行い、そのたびにすべての花が入れ替わるようにしています。現場を支える総勢35名のスタッフ陣が目指すのは「一人ひとりがマルチタスクで何でもできる」状態。入社後は早い段階で花に触れてもらい、意欲に応じてどんどん仕事を任せていくといいます。互いに声をかけ合い、フォローし合って、抜群のチームワークで商品を送り出しているのです。
  • 35名のチームワークで届ける思い
  • 35名のチームワークで届ける思い
  • 需要予測は簡単ではなく、過去のデータに頼りきれるものではありません。花の品種の状況も毎年一定ではなく、自然災害の影響も多分に受けます。商品をプリザーブドフラワーや観葉植物に絞れば簡単なのかもしれませんが……「でもそれでは、気持ちに寄り添う商品作りができないんです」と武田さんは話します。そんな同店には昨年、うれしい手紙が届きました。送り主は生花のギフトを届けたお客さま先の、中学生の娘さん。「お花に感動して、私もフラワーデザイナーを目指すことにしました!」。花と本気で向き合う人たちの思いは、新たなプロフェッショナルの卵にも受け継がれようとしています。
  • 生活を豊かにする
    こだわりの逸品

    累計10万個以上を出荷する看板商品「バラのアレンジ」。バラを贅沢にも5本使ったアレンジは、シーズンによってさまざまな組み合わせや色展開を見せてくれます。
    定番のアレンジメントのほかに、持ち歩きやすいブーケ(花束)、そして花瓶がなくてもそのまま飾れるスタンディングブーケもあり、贈る方に合わせた形をお選びいただけます。

    バラのアレンジ【生花】

  • 肉球レアチーズケーキ

バックナンバー

社会的責任[CSR]