全てのジャンル

バブル世代お母さん専用ギフト

バブル世代のお母さんのための、母の日お買い物ページです。
きっと皆さんもバブル時代はあんなことやこんなことが...なんていうクレイジーな話をお母さんから聞いたことがあるかと思います。
実際、バブル時代はどんな感じだったんでしょう?
若い世代のみなさんが、バブル時代のファッションや流行ったフレーズを知っていたらきっとお母さんもビックリして喜んでくれるはず!
母の日のプレゼントを探しながら、一緒に学んじゃいましょう。

「バブル世代」とは

バブル時代とは、日本でもっとも景気が良かったといわれる1980年代後半から1990年初頭にかけての時期を指し、トレンディドラマやディスコブームに盛り上がり、ワンレンにトサカヘア―、ボディコンなどのような特徴的なファッションも生まれました。
当時の男は男らしく、女は女らしくという価値観や今では考えられないほどの豪華なお金の使い方はまさにバブル時代の象徴と言えるでしょう。

バブル世代母さんにおすすめなギフトをおすすめを紹介

バブル時代をこよなく愛する楽天社員
バブリー美南 (50代後半)

実はバブル楽しんでました!
私自身、母の日をお祝いされ、お祝いをするのでお母さんの喜ぶものってなにかなーと毎年悩んでます。。
子供たちも同じように悩んでいるのかな〜
バブル ドストライク ママ友の会で母の日のプレゼントについて話し合った内容を特集にしていただきました。
母の日のプレゼントの参考していただけたらうれしいな。

あの頃の『ヒットアーティストのベストアルバム

あの頃の『ヒットアーティストのベストアルバム

バブル絶頂期は、週末ごとにスキーに出かけるのが当たり前だったよね。
「おうちでまったり」って発想はあんまり無かったな〜!
金曜の夜は仕事が終わると同時に車で苗場に向かったっけ。 みんな一斉に移動するもんだから、環八(環状道路八号線)が大渋滞になって、やっと都内を抜け出す頃には日付が変わってたっけ…。 長いドライブに欠かせなかったのがBGM!男性もBGMのチョイスは頑張ったんじゃないかな〜、イケてる音楽を流す男はモテたから!今でもユーミンやサザンの曲を聞くと、車窓の景色が浮かんでくるよね♪

良いもの嗜好に刺さる『国産高級品

私たち、親世代から「良いものを大切に使いなさい」って言われて育ったの。だからバブル世代は物をすごく大事にするんです、意外かもしれないけど。実際、安いものを使い捨てするより、良いものを長く使う方がいいよね。昔は海外で買い物しまくってルイ・ヴィトン本店(パリ)が整理券を出すほど並んだこともあったけど…今は、国産の良いものや日本の匠がつくった製品が素敵に見えるかな。
シンプルで末永く使えるもの、さりげないけど上質なものをプレゼントされたら「おっ、センスいいなぁ」なんてグッときちゃうかも♪

ボディコンを着こなしていた女性に
美ボディ作りサポートアイテム

ボディコンを着こなしていた女性に『美ボディ作りサポートアイテム』

バブルといえばディスコ、ディスコといえばやっぱりボディコン!
身体のラインを強調するボディコン・ファッションを着こなすために、あの頃は過酷なダイエットも頑張った…(涙)。
あの頃の体型に戻りたいな〜って考えちゃうときは、正直、まあたまに、あるよね(涙)。
とはいえ、今は苦しいことより楽しいことを優先したいっていうのが本音。もともと根性系とか苦労系とかは苦手なんだな〜我々。
だから、楽しくダイエットできるアイテムとか、楽チンなのに体型カバーできるアイテムは嬉しいな♪

バブル世代母さんにふさわしい『勝負服

バブル世代母さんにふさわしい『勝負服』

当時、洋服は高かった!ワンピースなら5万円、コートなら安くて
10万円が当たり前。安くて可愛いファストファッションは無かったの。オシャレな服は高いお店で買うしかなかった。
まあ「洋服代は男性が出してくれるから、値段は見ない」って女子も多かったけどね!
今は、服選びが難しい。肉付きが変わって若い子の服は着られなくなったし、かといって「40代、50代向け」はおばあちゃんっぽいデザインのものもあるから見極め力が必要!だからプレゼントなら、スポーツ系が嬉しいかもね。体型をカバーしてくれて、オシャレなスポーツウェアは◎!

トサカ前髪にソバージュで決めていた女性に『ヘアケア用品

ヘアスタイルで流行ってたのは、W浅野みたいな黒髪ロングのストレート。あとは細かいソバージュの茶髪。前髪はトサカみたいに立てるのが基本。あの前髪には、丸顔をほっそり縦長に見せる効果があったんだよね〜。
最近は「髪を労りたい」と思いつつ、ファミリー用のシャンプーを使ってる同世代が多いみたい。家族がいると自然とね。だから、ちょっとラグジュアリーで、年代特有の悩みをカバーできるような「ママ専用シャンプー」をもらえたらすごく嬉しいんじゃないかな。そういうものって自分ではなぜか後回しにしちゃわない?

  • ワードチェック!
  • 「ソバージュ」
    ふわふわな細かいウェーブをかけたパーマのヘアスタイル

    「トサカヘア」
    前髪を少しだけおろし、空いた前髪が鳥の鶏冠に似ていることからトサカヘアと呼ばれました

私を○○に連れてって!
遊び上手なバブル世代向け『オトナの趣味用品

バブル世代は外出好きでアクティブな人が多いかも。子ども時代も外で遊んでたもんね。家庭用ゲームも今ほど流行ってなかったし。大人になっても、冬は毎週スキーに行って、夏は海外旅行かゴルフざんまいで…って暮らしてれば、そりゃあ外遊び大好き世代になるよね(笑)。ゴルフはキャディさんが付いて、一泊二日で豪遊したな〜!一人15〜20万円くらいだったかな。
今でも同じ趣味の仲間と出かけるのは楽しいよね。
スポーツ、旅行、歌舞伎、宝塚、好きな芸能人のディナーショー。
やりたいことはまだまだ増えそう♪

やりたいことも、やってもらいたいこともあり過ぎる!『体験型ギフト

私たち、モノの消費は充分させて頂いた。これからは新しい「経験」「わくわく」「ドキドキ」を楽しめたら嬉しいな♪
男性は、古い車を自分で直すのにハマったり、レコードをミキシングしたり、一人で没頭する時間が楽しいみたい。女性は逆に、誰かと一緒に楽しめるものが好きかもね。
たとえば子どもや孫と一緒に楽しめちゃうアクティビティ。それから、同世代の女子会に使えるチケットとか。あとは家事代行サービスなんかも最高に嬉しい!(笑)「ママ、楽して家を綺麗にしてね」なんてメッセージがついてたらホロリときちゃいそう。

バブル世代母さんにおすすめのギフト!

バブル言語でお母さんと仲良く打ち解けよう!

『ヤンエグ』

ヤング・エグゼクティブ=young(若い)+executive(管理職)

『ねるとんパーティー』

合コン、婚活パーティー

『ケツカッチン』

予定が詰まっている、
または控えている

『ランバダ』

南米発祥のダンスと音楽

『ワンレン』

ワンレングスの略で、
前から後ろまでを同じ長さに
真直ぐ切り揃えた髪型。

『朝シャン』

朝食を抜いても朝起きて
シャンプーはする

『ゲッターズ』

声を掛けてナンパする男性達のこと

『イタ飯』

イタリア料理

バブルがカムバック!

帰ってきたバブル時代!
ネットでバブリーダンス動画が話題になったり、バブル時代をテーマにしたネタで人気となった芸人の登場により、若い世代にも、バブル時代の頃はやっていたトレンドが人気を集め始めている。
みなさんもあの頃の誰よりも目立っていたママのバブリーな写真やダンスがあったら、「#バブリー母さん」で投稿してね!

バブルがカムバック!

※ランキングデータ集計時点での販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

※掲載されている商品内容及び商品説明は、各出店店舗の責任によるものであり、楽天市場はその内容について何ら保証、推奨するものではありません。

【楽天市場の季節イベント】
【楽天市場】母の日ギフト・プレゼント特集|バブル世代お母さん専用ギフト
社会的責任[CSR]