【楽天市場】ワールド・ビア・セレクション ~ドイツ・イギリス・アイルランド

全てのジャンル

ビール・洋酒

  • 世界のビールTOP
  • ドイツ・イギリス・アイルランド
  • ベルギー
  • アメリカ・アジア・その他
  • ビアジャーナリストに聞く!

ドイツビールをタイプから探す

フルーティなスタイル

個性派の味わい

イギリス・アイルランドビールをタイプから探す

伝統的なパブの定番

人気の黒ビール

フルボディの重厚派

ドイツビールの特徴

世界を代表するビール産国

1516年に制定されたビール純粋令に基づくドイツビールは今も麦芽、ホップ、水だけで作られています。
主流となるのはピルスナー、ドルトムンダーといったスタイルに象徴される、下面発酵酵母が生み出すラガービール。
これは日本のビール同様のタイプで、ドイツのビールは日本人にも親しみやすい味わいです。
南部のミュンヘン市で二百年以上続くオクトーバーフェストという名のお祭りは、世界最大のビール祭りとして知られています。

ヴァイツェン

ヴァイツェン
苦味が少なくフルーティな小麦ビール

南ドイツで作られる小麦中心に大麦を合わせ原料としたビールで、バナナのようなフルーティな香りがあり、苦味の少ない味わいが特徴です。
別名を「白」を意味するヴァイスビールといい、濾過をせす酵母を残したスタイル(ヘフェヴァイツェン)が一般的なため、その名の通り白濁した色調に仕上がります。
ヴァイツェンには濾過をしたクリスタルヴァイツェン、濃色のデュンケルヴァイツェン、アルコール度数の高いヴァイツェンボックなどのバリエーションがあります。
またベルリンで作られるベルリナーヴァイスというスタイルの白ビールも小麦を使ったビールですが、酸味が強く低アルコールで南ドイツのヴァイツェンとはまったく別のビールです。

ピルスナー、ドルトムンダー

ピルスナー、ドルトムンダー
麦芽とホップから生まれる伝統的ラガー

ピルスナーはチェコのピルゼンで生まれた淡色の下面発酵ビールで、日本のビールの多くはこのスタイルに属しています。
ドイツにもこのスタイルは持ち込まれていて、多くの銘柄が生産されています。
コクのある麦芽のフレーヴァーは、副原料を使わないドイツならではで、ビール好きにはたまらない味わいです。
ドルトムンダーは、ドルトムント地方で作られるピルスナースタイルの下面発酵ビールです。
よりボディのしっかりとしたスタイルで日持ちがよかったため、輸出用にも人気を博し、エクスポートという呼び名も持っています。

銘柄で選ぶピルスナー

銘柄で選ぶドルトムンダー

ボック、シュヴァルツ、ラオホ

ボック、シュヴァルツ、ラオホ
ストロング、黒、燻製ドイツの個性派

ボックはアインベックの街で生まれたビールで、その街の名がなまって名称になったといわれています。
アルコール度数が高めで、ホップの風味を控えているため、重厚な麦芽の風味が楽しめるフルボディのビールです。
ドイツ語で「黒」を意味する名前のシュヴァルツは、まさにドイツの黒ビール。
ラオホは麦芽を煙で燻す独特の製法から生まれる、個性的なビールです。

銘柄で選ぶボック

銘柄で選ぶシュヴァルツ

銘柄で選ぶラオホ

ケルシュ、アルト

ケルシュ、アルト
地元に根付いた上面発酵の地ビール

下面発酵ビールが大多数を占めるドイツにも、伝統的な上面発酵タイプのビールが存在しています。
大聖堂で知られるケルンの街で作られるケルシュは、大麦、小麦の麦芽から作られる、淡い黄金色をしたフルーティな印象のビールで、シュタンゲと呼ばれる細長い円筒形のグラスでサーヴされます。
またデュッセルドルフにはアルトと呼ばれる上面発酵タイプのビールがあります。
こちらは銅褐色をした苦味の強いコクのあるスタイルで、アルトの名が「古い」を意味するとおり、十八世紀頃からの歴史を持つビールです。

銘柄で選ぶケルシュ

銘柄で選ぶアルト

イギリス、アイルランドのビールの特徴

パブで楽しむ常温のビール

イギリス国内には五万軒を超えるといわれるパブは「パブリック・ハウス(=公共の家)」を語源に持ち、その名の通りイギリス人の生活からは切り離せない社交の場です。
パブにおいては伝統的な上面発酵ビールのビターが古くから親しまれてきました。
昨今では下面発酵のラガーの人気が高くなっていますが、独特の個性を持ったビターやペールエール、スタウトなども根強い人気を誇っています。 アイルランドも同様のパブ文化を持ち、特に黒ビールのスタウトは世界に知られた名品です。

ペールエール、ビター

ペールエール、ビター
本場パブの味わいを家庭で楽しめる

イギリス、アイルランドのパブで親しまれているビールのスタイルとして外せないのがビター。
ケグと呼ばれる樽から注いでサーヴされる、パブ文化伝統の生ビールです。
日本のビールと比べると炭酸が弱く、供される温度も高いのですが、これがかえって一杯のビールを時間をかけてちびりちびりと飲みながら語らうパブの楽しみ方にはしっくりときます。
ペールエールは名前の通り淡色のエールビールで、ビターを瓶詰めしたものも、その名で販売されることがあります。

銘柄で選ぶペールエール

銘柄で選ぶビター

ブラウンエール、スコッチエール、バーレイワイン

ブラウンエール、スコッチエール、バーレイワイン
マイルド、重厚、英国の褐色ビール

ブラウンエールはその名の通り濃い琥珀色をしたビールで、焙煎した麦芽由来のカラメルのようなフレーヴァーが特徴的です。
スコッチエールはスコットランドで作られる濃色ビールで、モルト風味の強いコクとボディのあるスタイルに仕上がっています。
また「麦のワイン」を意味するバーレイワインは、名前が示すように、時には10パーセントを超えるという高いアルコール度数が特徴で、重厚な味わいが楽しめるビールです。
いずれも冷やしすぎないほうが立ち上る複雑な香りと甘みを楽しめるスタイルです。

銘柄で選ぶブラウンエール

銘柄で選ぶスコッチエール

銘柄で選ぶバーレイワイン

ポータ、スタウト

ポータ、スタウト
日本でも人気の上面発酵黒ビール

ポーターは十八世紀のイギリスで生まれた黒ビールで、ロンドン市内に荷物を運んでいた人たち(ポーター)が好んだことからこの前が付けられたといわれています。
そしてそのポーターから派生した上面発酵の黒ビールがスタウトです。
もともとは「スタウト・ポーター」と呼ばれた、ポーターの中でもアルコール度数の高いものが、そのうち区別されてスタウトというひとつのスタイルとなりました。
漆黒の色合いをしたスタウトは、イギリスそしてアイルランドで作られるようになり、パブの定番として人気です。
特にアイルランドからは今や世界的なブランドとしてその名を誇る「ギネス」が生まれています。

キーワードで探す

銘柄で探す

ドイツ

イギリス

アイルランド

ベルギー

チェコ

オランダ

フランス

タヒチ

イタリア

デンマーク

オーストリア

スペイン

アメリカ

メキシコ

ジャマイカ

インド

シンガポール

タイ

フィリピン

ベトナム

インドネシア

韓国

中国

スリランカ

オーストラリア

イスラエル

ケニア

こちらもオススメ!注目の特集

ジャンルで探す

  • ワイン

    ワイン

    デイリーからヴィンテージまで、ワインはこちら

  • ビール

    ビール

    定番や地ビール、ノンアルコールまで

  • 洋酒

    洋酒

    スコッチ、バーボンなど種類豊富に揃っています

  • 日本酒

    日本酒

    全国の銘酒が勢ぞろい!旨い酒を探そう

  • 焼酎

    焼酎

    品揃え豊富!お好みの銘柄を探そう

社会的責任[CSR]