全てのジャンル

KonMari’s Columns

2020.07.21
Volume.4
片づけをすると毎日がずっと楽しくなる

「片づけをしたら、自分のやりたいことが見つかりました!」という言葉を、
これまで本当にたくさんのお客さまからいただきました。
転職をしたり、仕事にもっと真剣に取り組めたり、毎日の家事に楽しみを見つけたり、新たな趣味に挑戦できたり。何かしら意識が変わったという方がほとんどです。

それはきっと、自分のときめき感度を信じて、正直にモノと向き合ったからだと思います。
「ときめき」というフィルターを通過したモノだけに囲まれる毎日に変化し、
「好きなこと」を意識する時間が自然と増え、ふだんの生活がいきいきとしたのでしょう。

また、「ときめかなかったモノ」から人生を見直せたという方もいました。
まったくときめくことができなかった仕事用のブラウス。
その理由を考えてみたときに、そもそも仕事自体にときめいていなかったことに気づいたのです。

こんなふうに、ていねいにモノと向き合えば、
自分をときめかせてくれるモノを改めて知ることができるうえ、
ときめかないという事実から、自分の声なき声を聞けることもあります。
モノと自分を繋ぐ関係がそれほど奥深いものだからこそ、
片づけをすることで本当にやりたいことや、大切なモノ、コトを見つけることができるのです。

片づけが人生を変える、と自信を持って言えます。
もし、モノと今向き合うか、いつか向き合うか、死ぬまで向き合わないか、
という3択があるとしたなら、私はやっぱり「今、向き合うこと」をおすすめしたいです。

こうしてクリアになった、自分の大切なモノや、仕事や、人間関係はすべて
日々の暮らしにつながっています。
人生という果てしなく長いものが変わる以前に、人生の一瞬一瞬である「毎日が変わる」のです。

これまで日の目を見なかった素敵なお皿たちが毎日の食卓で輝き出したり、
スッキリ片づいた部屋だからこそ、季節の行事を華やかに催せたり、
パジャマにまで気をつかう余裕ができて、睡眠時間が楽しみになったり。

こんな小さな変化だけれど、
幸せに「なる」のではなく、幸せは「ある」という大切なことに気づかせてくれるのも片づけのパワーです。
片づけをやり遂げることで、人生はたしかに変わります。
劇的に変わる人もたくさんいるでしょう。

でも、そんなに大げさでなくても、
24時間しかない1日1日が色濃く、楽しく、味わいながら生きていけるなら、私はそれがなによりだと思っています。
片づけは、ときめく人生、ひいては、ときめく毎日をもたらしてくれる魔法のようなものなのです。

次回【vol.5】では、具体的にどんな毎日を送りたいのかを考えてみましょう。
こんまりメソッドの核とも言える、「理想の暮らしを考えること」についてお話します。


近藤麻理恵

KonMari's Columns

TOKIMEKI Items

KonMari TOKIMEKI LIFE

片づけの先にある ときめく暮らし

Copyright © 2020 KonMari Media Japan Inc. All rights reserved.

社会的責任[CSR]