引越しの見積もり依頼時期はいつがベスト?繁忙期や予定日直前は?

引越しの見積もりは、引越しの日時や料金の決定に欠かせません。
この記事では、実際に引越した方はいつ業者に見積もりを依頼したのか、引越し予定日の何日前に見積依頼をすることがおすすめかをご紹介します。

■目次
・実際に引越しの見積もりを依頼したのはいつ?
過半数が引越し予定日の15~30日前に見積もりを依頼
2週間前までに引越しの見積もりを依頼する人が約8割
引越し予定日の2ヶ月以上前や1週間を切ってからの見積もりは少数派
・引越しの見積もり依頼はいつまでに済ませるのがベスト?
引越しの繁忙期とは?
繁忙期以外は1ヶ月前までに見積もりを依頼すれば余裕を持って準備できる
繁忙期は2ヶ月前でも希望日時での見積もり依頼ができないことも
見積もりの依頼は予定日の2~3ヶ月前からできる
トラックや従業員の確保ができれば直前でも見積もり可能な場合も
・繁忙期以外でも引越しが決まったらなるべく早く見積もり依頼をしましょう

実際に引越しの見積もりを依頼したのはいつ?

過半数が引越し予定日の15~30日前に見積もりを依頼

実際に引越した方の過半数が、引越し予定日の15~30日前に見積もり依頼を出しています。※1

国内転勤を理由に引越す場合、辞令が出る時期は異動の直前でも、1ヶ月~2週間前までに内々で打診されることも少なくありません。※2
そのため、内示が出た時点で新居を探し始めたり、見積もり依頼を出し始めたりする方もいます。※3

また、入学・進学に合わせて引越しする方も、引越し予定日の15~30日前に見積もり依頼を出すことが多いです。
スムーズに引越しができるよう、推薦入試などで早めに進学先が決まれば別ですが、中学や高校、大学受験の合格発表日を確認しておきましょう。
進学先が決まらなければ居住エリアが決まらず、家探しを始められないので、見積もり依頼は遅くなりがちです。

2週間前までに引越しの見積もりを依頼する人が約8割

引越しを経験した人のうち、全体の8割以上が予定日の2週間前までに見積もり依頼を済ませています。※1
そのうち、引越し予定日の1~2ヶ月前に見積もりを済ませている人は、およそ3割です。※1

引越し業者のなかには、早めに予約することで割引を適用するところもあります。※4
そのため、割引価格での引越しを狙って早めに見積もり依頼を済ませる方も少なくありません。※3

社会人の場合、企業によっては国内転勤でも異動の1~2ヶ月前までに内示が出ます。※2
内示が早ければ、引越し日程以外に無料でもらえる段ボールの数といった特典や、料金などをじっくり比較検討したうえで業者選びが可能です。

引越し予定日の2ヶ月以上前や1週間を切ってからの見積もりは少数派

合わせて全体の10%と少数派ですが、引越し予定日の2ヶ月以上前や1週間を切ってから見積もり依頼を始める方もいます。※1

2ヶ月以上前から見積もり依頼を出す方は、遠方への進学や就職を早めに決めている学生や、海外転勤予定の社会人の場合が多いです。
海外転勤の場合、渡航前検診やビザの観点から国内転勤より早く内示が出る傾向にあります。※5
海外引越しに対応している業者に、早めの見積もり依頼をしておくのがおすすめです。※6

予定日ギリギリで見積もり依頼を出すケースには、直前の転勤内示や進路決定などがあります。
企業によっては事前の打診がない場合もあり、1週間程度の引継で引越さなくてはいけません。※5
学生の場合は進学先の決定から入学までに10日ほどしかなく、見積もり依頼がギリギリになってしまいます。

※1 楽天 引越し見積もり依頼時期 / 2019年9月18日閲覧
https://event.rakuten.co.jp/incentive/hikkoshi/situation/time.html

※2 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 JILPT 資料シリーズ No.179 2016年11月 企業における転勤の実態に関するヒアリング調査 35ページ表 / 2019年9月18日閲覧
https://www.jil.go.jp/institute/siryo/2016/documents/0179.pdf

※3 引越しは日通 いつから始める?引越し業者選び / 2019年9月18日閲覧
https://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/useful/questionnaire/12/

※4 JRC引越センター オプションサービス / 2019年9月18日閲覧
https://www.jrc-co.co.jp/service/option/

※5 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 JILPT 資料シリーズ No.179 2016年11月 企業における転勤の実態に関するヒアリング調査 129ページ表 / 2019年9月18日閲覧
https://www.jil.go.jp/institute/siryo/2016/documents/0179.pdf

※6 引越しは日通 心で運ぶ ハートライナー 日通の海外引越 / 2019年9月18日閲覧
https://www.nittsu.co.jp/kaigaihikkoshi/

引越しの見積もり依頼はいつまでに済ませるのがベスト?

引越しの繁忙期とは?

引越しの時期によって、見積もりを依頼するべきタイミングは異なります。
繁忙期と繁忙期以外の2つの時期に分けて考えましょう。

繁忙期は、3月と4月。※7
繁忙期の中でも特に引越し件数が増える期間は、3月下旬から4月上旬にかけての期間です
この期間は入学・進学に合わせた引越しが多くなります。※8

他にも、民間企業の7割以上が4月に新事業年度を迎えるため、新年度に合わせた人事異動による社会人の引越しも増加。※9
新年度初日から新しい勤務地に出勤する必要があるため、3月中の引越しが多くなります。

また、3月や4月ほど多くはありませんが、繁忙期ではない他の月に比べると9月と10月も引越し件数が増える時期です。※10
この時期の引越しは、10月1日付の人事異動が理由として多くあげられます。※11

繁忙期以外は1ヶ月前までに見積もりを依頼すれば余裕を持って準備できる

繁忙期以外に引越す予定なら、希望日の1ヶ月前までに見積もり依頼を済ませることがおすすめ。
1ヶ月前までに見積もりが終われば、当日までのスケジュールや段取りが確定するので、余裕を持って準備できます。

引越し予定日まで1ヶ月を切っている場合、遅くても2週間前までに見積もり依頼を終えて引越し日時を確定させましょう。
しかし、企業によっては、引越しを伴う国内転勤でも1~2週間前など異動直前に辞令が出ることも少なくありません。※2
直前の辞令で内見などの余裕がなくても、大体の住所が決まっていれば見積もり依頼を受け付けてくれる業者もいます。※14
そのため、急に引越しが決まった場合は、大まかな居住エリアを決めた時点で見積もり依頼を出すことがおすすめです。

繁忙期は2ヶ月前でも希望日時での見積もり依頼ができないことも

繁忙期の3月または4月に引越しを予定している場合、予定日の2ヶ月前に見積依頼を出しても、希望日時で引越せないことがあります。
繁忙期のなかでも特に忙しい時期は、地域や日時によってはトラックや従業員が足りず、早々に見積もりを断られてしまうことも少なくありません。

また、繁忙期かどうかに関係なく、土曜日や大安は引越し日として人気が高くなります。※14※15
土日や大安以外で引越しできるなら、これらの日程を避けて見積もり依頼を出すことがおすすめ。
人気が集中する日は引越料金が高くなりがちなので、土日や大安を避ければスムーズに引越せ、さらに費用も節約できます。

見積もりの依頼は予定日の2~3ヶ月前からできる

特に繁忙期の引越しが決まっている場合、できるだけ早めに見積もり依頼をしたいところ。
業者によって異なりますが、早ければ引越し予定日の約3ヶ月前から見積もり依頼を受け付けてもらえます。
つまり、繁忙期に引越すなら、早ければ前年の12月から見積もり依頼が可能です。
他の業者でも、2ヶ月前には見積もり依頼を受け付けているところがほとんど。※13
繁忙期の引越しが決まっている方は、年明けには見積もり依頼を出せるようにしましょう。

トラックや従業員の確保ができれば直前でも見積もり可能な場合も

全体の6%と少数ですが、引越し予定日まで1週間を切った状態で見積もり依頼を出す方もいます。
トラックや従業員が確保できれば、業者によっては引越し2~3日前でも見積もり可能です。※14※15

直前の見積もり依頼で希望日時の引越しが可能でも、費用が高額になったり、十分な従業員が確保できず荷物の搬出・搬入に時間がかかったりする可能性があるので注意しましょう。

※7 国土交通省 大手引越事業者における月別引越件数 / 2019年9月18日閲覧
https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr4_000022.html

※8 文部科学省 英語版 就学ガイドブック 日本の学校への入学手続き28ページ / 2019年9月18日閲覧
http://www.mext.go.jp/component/english/__icsFiles/afieldfile/2016/06/24/1303764_008.pdf

※9 文部科学省 科学技術政策研究所 第2研究グループ 民間企業の研究活動に関する調査報告 2011 / 2019年9月18日閲覧
https://nistep.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=4479&item_no=1&page_id=13&block_id=21

※10 国土交通省 分散引越にご協力をお願いします! / 2019年9月18日閲覧
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000206.html

※11 アップル引越しセンター 引越しランキング:引越しの多い月【データと傾向】 / 2019年9月18日閲覧
https://www.apple-hikkoshi.co.jp/archives/489

※12 サカイ引越センター 引越し先の住所がまだ正確に分かっていないのですが、見積もりを依頼できますか? / 2019年9月18日閲覧
http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/faq/entry4.html

※13 アップル引越しセンター 引越しランキング:引越しの多い曜日【データと傾向】【1ヶ月データと傾向】 / 2019年9月18日閲覧
https://www.apple-hikkoshi.co.jp/archives/394

※14 引越しは日通 引越し日のどれくらい前に見積もりを頼めばよいですか? / 2019年9月18日閲覧
https://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/faq/estimate/02.html

※15 アート引越センター 見積りは何日前に? / 2019年9月18日閲覧
https://www.the0123.com/concierge/faq/detail18.html

繁忙期以外でも引越しが決まったらなるべく早く見積もり依頼をしましょう

引越しの理由はさまざまで、直前に引越しが決まる方も少なくありません。
しかし、全体の8割以上は2週間前までに見積もり依頼を済ませているなど、時間に余裕がなくても引越しが決まると、多くの人が早めに行動します。

希望日に引越しするためにも、できるだけ余裕をもって見積もり依頼を出しましょう。

「引越し相場」の関連記事

お引越 お役立ち情報

お引越し見積もり~お引越し後までのお役立ち情報でお引越しの悩みを解消しましょう。

2020年の運勢 九星別 運気が上がる過ごし方

男性単身、女性単身、ご家族のお引越方法

「男性単身」「女性単身」「ご家族」それぞれのお引越し時のポイントをご紹介します!

お引越しおススメ記事

引越しするを考える時にちょっと知っているとためになる!引越しに関するおススメ記事をご紹介

柴山和枝
2020年 気をつけなければいけない方位
方位には運を高めてくれる「吉方位」と、運気が落ちるだけでなく様々なトラブルに見舞われる「凶方位」があります。2020年2月4日~2021年2月3日までの1年間、凶方位をご紹介します。
ペットと暮らす幸せな間取り
家族の一員であるペットと暮らす幸せな間取りについてご紹介します。ゲージやお布団などペット専用の場所を作って空間にメリハリをつけることが重要です。
在宅ワーカーおすすめのインテリア術
引越しをする際に業者に自宅を訪問してもらい、引越し費用をスタッフに見積もりしてもらうのが訪問見積もりです。ここでは、上手く利用することでお得に引越しできる訪問見積もりについてご説明します。
子どもが幸せに育つ間取りやインテリア
子どもに健康で元気に育ってほしいという願いは、すべての親に共通の想いです。今回は子どもたちが幸せに育つ間取りやインテリアをご紹介します。
方位別運気を上げるインテリア2020
各方位の2020年のおすすめアイテムをご紹介します。すべて取り入れるのではなく、ポイントを絞って自分の目的に合った方位のパワーを強めていきましょう。
方位別・運気を上げるインテリア2019
方位学では各方位の意味や、その方位の持つ力は不動ですが、年が変わると各方位に定位する星も変わるため、おすすめアイテムも変化します。各方位の2019年のおすすめアイテムをご紹介します。
金運を上げるインテリア術
今回は金運に特化したインテリア術をご紹介します。どれも簡単に取り入れやすいことばかりなので、ぜひ実行してみましょう。
凶方位・凶家相の対応法
家の間取りや方位が、自分や家族の運勢に影響があることを知ると「自分の家はどうなのだろう」「動いた時期や方位が悪かったのかも・・・」と不安になる方も多いと思います。今回はそんな方必見、凶方位や凶家相の対応法をご紹介します。
こんな間取りは要注意・戸建て編
戸建て住宅に多く見られる凶家相の一部をご紹介します。一戸建てを借りたり、購入したり、新築を建てる際にはぜひ参考にしてください。
2019年気をつけなければいけない方位
方位にはそれぞれ意味があります。今回2019年2月4日~2019年2月3日までの1年間、注意しなければならない凶方位をご紹介します。
引越しは運気を上げる大チャンス!方位の意味や力を知ろう
方位にはそれぞれ意味があります。今住んでいる場所を中心とし、いつ、どの方位へ動くかを事前に調べ計画的に動くことにより運気をアップさせる開運術を「方位学」と言います。
すぐにできる、運気を上げる片付け術
家が清潔で整理整頓されていると、良い気が充満して住んでいる人にも良い影響を与えます。調子が悪いなと感じてたり、運気を上げたい時は徹底的に整理整頓してみましょう。
引っ越す前に必ずチェック!こんな外観の建物は要注意!
運気が高まる建物は、方位や間取りはもちろん、外観も大きく影響します。内覧の際はかならずチェックしましょう。
改めて「住まい」を考えよう!家と運勢の関係
「家」という空間は自分の運勢にとても大きな影響を与えています。これまでもたくさんの自宅を拝見してきましたが、家や部屋を見るとその人の人生、運勢が見えます。
内覧ではここをチェック!運気が上がる家のポイント
内覧では平面図だけではわからないことが見えてきます。とても大事なことなので内覧では下記の項目をぜひチェックしてみてください。
引っ越し先を選ぶときには必ずチェック!こんな場所は要注意
運勢を好転させるには引っ越しが一番効果のある方法ですが、せっかく吉方位に引っ越しても運気が落ちてしまう要注意の場所があります。引っ越しの際はぜひチェックしましょう。
目的別 取り入れるだけで運気アップのインテリア術
住空間と運勢は密接に関係しています。住まいの気を整えることで運気を上げる事ができます。今回は忙しい方でも簡単に取り入れられる開運インテリア術をご紹介します。
凶方位に引っ越す場合の対処法
進学や転勤など突然引っ越しをしなければいけない場合があります。もし移動する方位が凶方位とわかっていても引っ越しを先延ばしにできない・・・そんな方も多いのではないでしょうか。
こんな間取りやインテリアは要注意!
皆さんはどのようにして新居を決めていますか?立地、広さ、賃料・・・人によって判断の基準が違うと思いますが、実は「住むと運気が下がる間取り」があるのをご存知でしょうか?また知らず知らずに運気が下がってしまうインテリアにも要注意です。
運気が上がるインテリア
家はあなたの生活の拠点で自分の運勢に大きく影響します。今日の疲れを癒し明日の活力を充電する大事な場所、この拠点をしっかりさせる事で活動力や仕事運や恋愛運なども引き寄せることができます。
こんな場所は要注意
良い運気を取り入れるには間取りだけでなく、どんな場所に立っているか土地の状況も大きく関係してきます。実は土地の状況、つまり立地もとても重要なのです。
運気を下げる間取りとは!?
家は自分の運気に密接に関係しています。実は住むと運気が下がる間取りがあるのをご存知でしょうか?前回に引き続き要注意の間取りをご紹介します。
目的別・運気をあげる引っ越しの方位
自分の目的に最適な方位に動く事によって、スムーズに自分の希望を叶える開運術を「方位学」と呼びます。今回はあなたの目的が叶う方位を目的別にご紹介しましょう。
今日からできる 部屋の運気を上げる簡単な方法
家の中でも、あなたの部屋はとっても重要な場所です。 あなた自身の基盤となる所で、運気や運勢と密接に関係しています。ですから部屋の気を整える事は自分の運気も整い上がっていく事になります。
九星別・インテリアに入れると運気が上がるカラーと家具
わたしたちは生まれた瞬間に、運勢や運命を支配する星が割り当てられます。回は全てを明記することはできませんので、人生の大枠を作っている本命星をご紹介します。
2018年気をつけなければいけない方位はこちら
2017年気をつけなければいけない方位はこちら
2017年引っ越しを避けるべき時期とは?
2016年気をつけなければいけない方位はこちら
2015年気をつけなければいけない方位はこちら

引越会社一覧

一括お引越し見積りができる引越会社の一覧です。
画像をクリックしていただくと、各引越会社の詳しい情報を確認することができます。
引越会社によってサービス内容が違います。お引越し見積もりをする際にご参考にしてください。

みんなの引越し利用状況

楽天お引越サービスをご利用いただいた方へのアンケート結果をまとめました。
引越しをする時の参考にしてみてください。

楽天お引越キャンペーン「キャンペーン概要」

「楽天お引越キャンペーン」楽天ポイント付与について
キャンペーン概要 電話見積 電話見積依頼をしていただいた方に、100ポイントプレゼント
お引越し 見積依頼後、実際にお引越しをされるとお引越費用の1%分の楽天ポイントプレゼント
※楽天ポイント口座へ自動で付与いたします。別途、申請等は不要です
ポイント付与日 電話見積 『見積依頼をしていただいた日から起算』して、翌々月末に楽天ポイントを登録口座へ付与いたします。
お引越し 『お引越をして料金をお支払いいただいた日から起算』して、翌々月末に楽天ポイントを登録口座へ付与いたします。
注意事項 ・本キャンペーンのご応募には、事前に楽天への会員登録(無料)が必要です。
※楽天ポイントについてはこちらをご参照ください。
・キャンセルされた場合、ポイント付与はされません。
・ポイント付与対象となるのは引越し料金に対してのみとなります。
エアコンの取付、取外し等のオプション料金や消費税はポイント対象外です。

その他事項 以下の場合には本キャンペーンの対象外とさせていただきますので、あらかじめご了承願います。
・ イタズラや重複など、お申し込み内容として相応しくない入力が見られた場合。
・ 登録内容に不備があった場合。
・ 事実と相違する内容がある場合。
・ すでに該当企業への登録をされていることがわかった場合。
・ お見積後のお申し出は対象外となりますのでご注意下さい。
・ 法人契約でのお引越はキャンペーン対象外となります。
・ 引っ越しの意志のない方のお見積のみのご利用はポイント付与対象外となる可能性がございます。ご注意ください。
・ 該当企業が同時期に実施する他のキャンペーン、特典、優待との併用はできません。
・電話見積を依頼された場合でも、状況により引越業者から電話連絡がない場合がございます。
・数日経っても連絡がない場合は、直接引越業者にご連絡の上、「楽天から見積もりを依頼した」とお伝えください。
個人情報の利用目的 ご入力いただいた個人情報は個人情報保護方針に基づいてお取り扱いいたします。
また、サービス申込のために該当情報は参画各社に提供します。
なお、参画各社における個人情報の取り扱いに関しましては、
各社ホームページ上のプライバシーポリシーをご覧ください。
お問い合わせ先 引越しに関するお問い合わせは各社までお願いします。

キャンペーン・ポイントに関する問い合わせはこちら
https://tie-up-campaign.faq.rakuten.net
「楽天お引越キャンペーン」楽天ポイント付与について
キャンペーン概要 電話見積 電話見積依頼をしていただいた方に、100ポイントプレゼント
お引越し 見積依頼後、実際にお引越しをされるとお引越費用の1%分の楽天ポイントプレゼント
※楽天ポイント口座へ自動で付与いたします。別途、申請等は不要です
ポイント付与日 電話見積 『見積依頼をしていただいた日から起算』して、翌々月末に楽天ポイントを登録口座へ付与いたします。
お引越し 『お引越をして料金をお支払いいただいた日から起算』して、翌々月末に楽天ポイントを登録口座へ付与いたします。
注意事項 ・本キャンペーンのご応募には、事前に楽天への会員登録(無料)が必要です。
※楽天ポイントについてはこちら/をご参照ください。
・キャンセルされた場合、ポイント付与はされません。
・ポイント付与対象となるのは引越し料金に対してのみとなります。
エアコンの取付、取外し等のオプション料金や消費税はポイント対象外です。

その他事項 以下の場合には本キャンペーンの対象外とさせていただきますので、あらかじめご了承願います。
・ イタズラや重複など、お申し込み内容として相応しくない入力が見られた場合。
・ 登録内容に不備があった場合。
・ 事実と相違する内容がある場合。
・ すでに該当企業への登録をされていることがわかった場合。
・ お見積後のお申し出は対象外となりますのでご注意下さい。
・ 法人契約でのお引越はキャンペーン対象外となります。
・ 引っ越しの意志のない方のお見積のみのご利用はポイント付与対象外となる可能性がございます。
・ 該当企業が同時期に実施する他のキャンペーン、特典、優待との併用はできません。
・電話見積を依頼された場合でも、状況により引越業者から電話連絡がない場合がございます。
・数日経っても連絡がない場合は、直接引越業者にご連絡の上、「楽天から見積もりを依頼した」とお伝えください。
個人情報の利用目的 ご入力いただいた個人情報は個人情報保護方針に基づいてお取り扱いいたします。
また、サービス申込のために該当情報は参画各社に提供します。
なお、参画各社における個人情報の取り扱いに関しましては、
各社ホームページ上のプライバシーポリシーをご覧ください。
お問い合わせ先 引越しに関するお問い合わせは各社までお願いします。

キャンペーン・ポイントに関する問い合わせはこちら
https://tie-up-campaign.faq.rakuten.net


ジャンル一覧

おすすめキャンペーン



楽天市場の便利な機能
 
社会的責任[CSR]