CAMP HACKコラボ企画!

【初心者向け】
デイキャンプに必要な持ち物をまとめてご紹介!
選び方のポイントも

「デイキャンプ」とは日帰りで行くキャンプのこと。ワンデイでもアウトドアの開放的な空気を気軽に味わえ、荷物も少なく済むのがメリットです!この記事ではデイキャンプに必要な持ち物や、あると便利な持ち物、子どもや女性がいるキャンプで役立つ道具をまとめています。

目次

デイキャンプに必要な持ち物をまとめました!

アウトドアを手軽に楽しみたい人におすすめするのが日帰りの「デイキャンプ」。手軽とは言っても、道具によって快適性が大きく異なるので、持ち物の選択はとっても大切です!

この記事では、デイキャンプに必要な持ち物をまとめてご紹介。それぞれの持ち物の必要性や選ぶ時のポイントなどを解説していきます。

【1】これだけは用意しておきたい!デイキャンプの基本アイテム

まずはデイキャンプへ行く時に、必ず準備しておきたい持ち物をピックアップ。

▼キャンプ空間を作るために必要な道具▼
1. タープ
2. テーブル
3. チェア

▼BBQを楽しむための必須アイテム▼
4. 食材・調味料
5. バーベキューグリル
6. クーラーボックス
7. 燃料(炭)
8. トング
9. 食器
10. 包丁・まな板

▼最低限持っておきたい小物▼
11. レインウェア・レインコート
12. アルコールスプレー
13. 虫除けグッズ
14. ゴミ袋・ビニール袋
15. キッチンタオル
16. スポンジ・洗剤
17. ジップロック・サランラップ・アルミホイル

快適な空間を!リビングスペースを作るために必要な道具

<1. タープ>


出典:楽天内

デイキャンプのリビング空間の中心になるアイテム。デイキャンプは日中にするため、日差しを遮る対策が重要です。

タープは夏場の急な雨などからも身を守り、快適に過ごせるスペースを保ってくれます。

<2. テーブル>


出典:楽天内

テーブルは食卓を囲む大切な道具。アウトドア用テーブルはコンパクトに折り畳めるのが特徴。

収納したときのコンパクトさ・持ち運びやすさが良い物を選びましょう。脚の長さを調節できる便利なタイプもあります。

<3. チェア>


出典:楽天内

アウトドア用のチェア選びは「どんなシーンで使うか」が重要です。ゆっくりくつろぎたい場合は、ゆらゆら揺れるロッキングチェアやシートを倒せるリクライニングチェアが便利。

食事を楽しみたい場合は、体勢がふんぞり返ったり、座面が深く沈まないようなチェアがおすすめです。

アウトドア料理の王道!BBQを楽しむために必要な持ち物

<4. 食材・調味料>

BBQと言えば、アウトドアの醍醐味のひとつですね! 塩やタレ、油などの調味料は、家庭で使っているものでもOK。キャンプ道具には調味料ケースも販売しているので、事前に必要量だけ移していけば無駄なくBBQ調理ができますよ。

<5. バーベキューグリル>


出典:楽天内

BBQグリルはメンバー数を見越したサイズを選ぶことが大切です。何人ぐらいで使うかを想定し、グループの規模に合ったBBQグリルを選びましょう。

また熱源を「炭」にするか「ガス」にするか、この選択肢も利用目的によって考えるといいでしょう。下に貼ってある関連記事からグリルの選び方も見ておくと、自分のスタイルにはどのコンロがいいか分かるはずですよ。

<6. クーラーボックス>


出典:楽天内

キャンプサイトは電源がないので、当然冷蔵庫は使えません。そこで必須となるのが、生鮮食品や冷たい飲み物を楽しむためのクーラーボックス。

大きく分けてハードタイプとソフトタイプがあり、食事を思いっきり楽しむ場合はハードタイプ、のんびりとキャンプを楽しむ場合はソフトタイプ、と言った使い分けができます。

<7. 燃料(炭)>


出典:楽天内

BBQに欠かせないのが「炭」。炭にもいくつかの種類があり、価格や燃焼時間が異なります。デイキャンプの場合は、ホームセンターに売られているマングローブ炭が着火もしやすくておすすめ。

<8. トング>


出典:楽天内

BBQで何かと忘れがちな道具が「トング」。これがないとお肉や野菜をひっくり返したり取り分けるのも大変です。

便利な機能の付いたキャンプ用トングもありますが、ホームセンターや100円ショップで売られている物でもOK。最低限、「炭用」と「肉用」で2種類以上は用意しておくといいでしょう。欲を言えば、肉用でも「生肉用」と「焼かれた肉用」でも使い分けると尚良し!

<9. 食器>


出典:楽天内

紙皿は後始末が簡単ですが、その都度大量のゴミが出てしまうので、キャンプ用の食器を極力持っていきましょう。洗う手間は増えますが、野外でキャンプを楽しむなら環境にも気を遣えるようになったら一流です。

素材は木製や金属製、プラスチック製など様々。買うものに悩んだら、ある程度数がまとまった「食器セット」がおすすめですよ。

<10. 包丁・まな板>


出典:楽天内

家庭で使っている包丁・まな板でも代用可能。アウトドア用の包丁やまな板、調理器具が入った「キッチンツールセット」もおすすめです。

あらかじめ家で調理し、ジップロックなどにまとめておくと、荷物を少なく済ませることができます。

用意しておけば色々と活躍する小物たち!

<11. レインウェア>


出典:楽天内

雨から身を守るレインウェアは必ず携帯しておきたい道具です。100円ショップなどの安価な雨具は、破れやすく機能も良くないので推奨できません。多少高くても、透湿性機能が備わっている製品を選びましょう。

<12. アルコール除菌スプレー>


出典:楽天内

このご時世、必ず持参しておきたい「アルコール除菌アイテム」。キャンプサイトでは炊事場やトイレなど共有のスペースもあるので必ず持ち歩くようにしましょう。
トラベル用の化粧スプレーなどに詰め替えておくと、コンパクトに携帯できます。

<13. 虫除け対策グッズ>


出典:楽天内

キャンプなので、もちろん虫はいます。蚊取り線香や虫除けスプレーなど、虫除け対策をしっかり整えておきましょう。長袖を着るなどして肌の露出を控えることも、虫に刺されないための予防になります。

<14. ゴミ袋・ビニール袋>


出典:楽天内

分別用も考え、数枚のゴミ袋を用意します。デイキャンプの場合はスーパーでもらえるビニール袋のサイズでOK。
ゴミの処理方法はキャンプ場によって様々です。自分たちで持ち帰ることを前提に、キャンプ場ごとのルールを守りましょう。

<15. キッチンタオル>


出典:楽天内

キャンプ料理は油を使用することも多いので、油を吸収してくれるキッチンタオルが油取りに便利。キャンプ場では拭くだけにして、家で綺麗に洗えば、環境的にもGOOD!

<16. 洗剤・スポンジ>


出典:楽天内

キャンプ場によっては洗い場にスポンジ・洗剤がないところもあるので、基本的には持参するようにしましょう。洗剤はなるべく最小限に。キャンプでは環境に配慮したエコ洗剤が適しています。

<17. ジップロック・アルミホイル・ラップ>


出典:楽天内

残った食材を入れたり、調理に使ったりなど、あると何かと便利。ジップロックはさまざまな用途で使えるので、数枚持っておくと良いです。

【2】デイキャンプがもっと楽しくなる!あると便利な持ち物

続いては、あると便利な道具をご紹介。積載量・スペースに余裕がある場合、基本アイテムにプラスしてあると便利です。

18. ウォータージャグ
19. ナイフ
20. ガスコンロ
21. ガストーチ・着火剤
22. ハンモック
23. ポータブルスピーカー
24. 調理器具

あると便利な持ち物

<18. ウォータージャグ>


出典:楽天内

ウォータージャグは、調理や飲料用に水を溜めておく道具。ハードタイプやソフトタイプ、保冷機能のあるスポーツジャグなど、種類も様々。シーンや人数に応じて使い分けましょう。

<19. アウトドアナイフ>


出典:楽天内

軽作業や食材の準備などで、何かと活躍するのが「ナイフ」。キャンプで”いつも持参するアイテム”として、持っておくと役立つ機会も多いですよ。

<20. ガスコンロ>


出典:楽天内

ちょっとお湯を沸かしたいときやBBQ以外の調理に便利。カセットガスコンロや、登山用のガスバーナーでも代用できます。

<21. ガストーチ・着火剤>


出典:楽天内

BBQの火おこしは慣れていないと苦戦してしまいますよね。そんな問題をスムーズに解決してくれるのが、ガストーチや着火剤などの火おこしアイテム。

<22. ハンモック>


出典:楽天内

子どもにも大人にも人気のハンモックは、くつろげるだけでなく、キャンプ空間も飾ってくれるアイテムです。
木に固定できる条件の良いキャンプサイトは少ないので、ハンモック用のスタンドも用意できると◎。

<23. ポータブルスピーカー>


出典:楽天内

音楽をかけながらのキャンプは雰囲気がグッと変わります。スマートフォンからBluetoothで飛ばせるタイプがおすすめ。
他のお客さんの迷惑にもなりかねないので、音量には注意しましょう。

<24. 調理器具>


出典:楽天内

美味しいBBQも毎回だと飽きてしまいますよね。ホットサンドクッカーや燻製作りができるスモーカーなど、他にも調理器具があると、作れる料理のバリエーションが広がります。

【3】安心に楽しめる!子どもがいる時に役立つ持ち物

小さなお子様も一緒のキャンプでは、日よけ対策や休息できる場所、みんなで遊べる道具などがあると便利です。

25. サンシェード
26. マットレス
27. レジャーシート
28. 遊び道具
29. 着替え
30. 保険証・母子手帳など

子どもがいる時に役立つ持ち物

<25. サンシェード>


出典:楽天内

「サンシェード」は簡単に設営ができる日よけ用テント。夏場のデイキャンプなど、子どもや大人が寝そべって休む場合におすすめです。ワンタッチタイプも多いので、設営も簡単!

<26. マットレス>


出典:楽天内

サンシェードとセットで使いたいのがマットレス。レジャーシートよりも厚みやクッション性があるので、休憩する際に最適です。エアータイプやクローズドセルタイプなど、持っていれば宿泊キャンプでも役立ちますよ!

<27. レジャーシート>


出典:楽天内

家庭にあるものやブルーシートでも代用可能です。アウトドア用のレジャーシートにはおしゃれなデザインも多く、クッション性のあるモデルもあります。

<28. 遊び道具>


出典:楽天内

外で遊べる道具があれば、みんなで楽しむこともできますよ。最近は大人も驚くようなオモチャがたくさん登場しています。大人も子どもも、思いっきり楽しんじゃいましょう!

<29. 保険証・母子手帳など>

野外では何が起こるかわかりません。もしものために、いつでも病院へ行ける用意を整えておきましょう。

【4】寒さ対策を万全に!女性が持っておきたい持ち物

女性がデイキャンプに行く際は、防寒対策の持ち物をしっかり用意しておきましょう。

30. ブランケット
31. 防寒着
32. 日焼け止め
33. 化粧品

女性が持っておきたい持ち物

<30. ブランケット>


出典:楽天内

肌寒い時にひざ掛けや羽織りなどとして使えるブランケット。寒暖差の激しい春や秋のキャンプ、夏の夜などの寒さ対策に活躍します。

<31. 防寒着>


出典:楽天内

真夏でも日中と朝晩の気温差が大きいので、温度調節ができるように持っておきましょう。夏場であればパーカーなど、春秋はフリース・ダウンなどが◎。日焼け防止アイテムにも。

<32. 日焼け止め>


出典:楽天内

日焼け止めは必ず携帯しておきたい小物。デイキャンプでは日中の紫外線を長時間浴びることになるので、SPF・PAの強いタイプがおすすめです。

<33. 化粧品>


出典:楽天内

デイキャンプでは汗をかくことも多いので、化粧が崩れてしまうことも。洗面所は公共の場なので独占はNG。最低限のコスメを持って行きましょう。クレンジングはシートタイプが便利です。

「デイキャンプ」は誰もが気軽に楽しめるキャンプスタイル!

「ちょっと忙しいけど、アウトドアを楽しみたい!」そんなときはデイキャンプに出かけてみませんか。宿泊キャンプほどハードルが高くないので、キャンプに慣れていない人や、小さいお子さんのファミリー、女性だけのキャンプなど、誰もがみんなで気軽に楽しめるのもいいところ。
キャンプの楽しさがギュッと詰まったデイキャンプで、たくさんの素敵な思い出を作って来てくださいね!

紹介されたアイテム

出典元

キャンプ・アウトドアを楽しむ人がチェックする、国内最大級のキャンプマガジン『 CAMP HACK 』。 キャンプの魅力、自由、ワクワクをあなたの手のひらに。最新のキャンプ用品やレシピ、フィールド情報など、キャンプにまつわるあらゆる情報を皆様にお届けします。

関連記事

ショップのおすすめ特集

注目のキーワード

開催中の注目キャンペーン

ハイキング特集
alpen
  • 暑さ対策特集
  • swimwear
  • RAIN ITEM COLLECTION|MEN・KIDS
  • Outdoor&Sports Rakuten Fashion
  • 楽天トラベル
  • ポータブル電源特集
  • 楽天学割
  • スポーツシューズ特集
  • マッスル特集
  • ブランドアウトレット

キャンプ・アウトドア
特集一覧