全てのジャンル

キッズ・ベビー・マタニティ

5月5日は端午の節句 五月人形こいのぼり特集

注目ショップイチオシ!五月人形・こいのぼり

    素敵な五月人形をもっと探すにはコチラ

    • 鎧平飾り

      鎧平飾り

      飾り用の段がないため、大きさや種類も様々。スペースに合ったものをお探しいただけます。

    • 鎧段飾り

      鎧段飾り

      ボリューム感があり、存在感抜群!弓太刀やかがり火などのお飾りもセットになっているものが多いようです。

    • 鎧ケース飾り

      鎧ケース飾り

      大切な鎧をホコリ等の汚れから守ってくれるケース飾りは、お手入れがとても簡単です。

    • 兜飾り(平飾り)

      兜飾り(平飾り)

      兜のみを飾るタイプです。戦国武将の鎧兜の前立ての意味から好きなものを選ぶのも良いでしょう。

    • 兜収納飾り

      兜収納飾り

      収納ケースがそのまま飾り台になるタイプ。収納時にはお道具などもしまうことができます。

    • 兜ケース飾り

      兜ケース飾り

      大切な兜をケース飾りで。子供が触る心配もなく、安全に飾ることができます。収納もしやすいのが◎。

    • 子供大将飾り

      子供大将飾り

      お人形が甲冑の格好で色々なポーズを取っている子供大将飾り。おさない中にも凛々しさがあります。

    • 武者人形

      武者人形

      桃太郎や金太郎など、歴史上や伝説に出てくるキャラクターがモデルになっているものが多く、親近感があります。

    • 家紋入れ可能

      家紋入れ可能

      強く、たくましく育つように願いを込めて、五月人形や兜に、代々の家紋をお子様へ。

    • 着用可能

      着用可能

      着用可能な鎧兜は存在感があり、迫力満点!着用して写真撮影など楽しみが増えます。

    • 伊達政宗

      伊達政宗

      戦国武将として有名な伊達政宗。独眼竜との呼び名もあり、戦略家で頭脳派だったと伝えられています。

    • 上杉謙信

      上杉謙信

      戦国最強とも言われる上杉謙信の前立ては日輪と三日月。仏教に対する信仰が厚かったと伝えられています。

    五月人形デイリーランキング

    こいのぼりデイリーランキング

    • こいのぼり ランキング

    こいのぼり ランキング

    端午の節句・こどもの日Q&A

    • Q

      今年は息子の初節句。五月人形は誰が用意するの?

      A

      以前は初節句の飾りは母方の実家から贈るという習慣がありましたが、金銭的負担が大きいこともあり、現代では両親がお人形を選び、両家で話し合って費用を分担するなどしているようです。

    • Q

      次男・三男にも、それぞれ五月人形は必要?

      A

      五月人形は、お子様にふりかかる災いを身代わりとなって受けてくれるお守りなので、できれば一人ひとりに用意してあげるのがいいでしょう。ただ、飾るスペースの問題もあるので、長男が【鎧飾り】なら次男には【兜飾り】を買ったり、【子供大将・金太郎飾り】【武者人形】を添えるなどして、お祝いをしてあげてはいかがでしょうか。

    • Q

      五月人形は、いつから飾っていつしまうの?

      A

      飾る時期は地方によって違いがありますが、一般的には春の彼岸すぎから遅くとも4月中旬までに飾ります。前日に飾るのは「一夜飾り」といって縁起が悪いとされているので気をつけましょう。しまう時期は、天気のいい乾燥した日を選んで5月中旬までにはしまいましょう。

    • Q

      こどもの日のお祝いでは、何をするの?

      A

      初節句を迎えるご家庭は、五月五日か宵節句の四日夜に、両家のおじいちゃん・おばあちゃんをお招きして盛大にお祝いをしてあげましょう。
      節句料理ですが、一般的には【柏餅】【ちまき】などを食べてお祝いをします。ひなまつりと違って特に決まった料理はありませんが、「勝男」にちなんで【カツオ】の料理や、出世魚の【ブリ】などを使った料理を食べることが多いようです。
      また男のお子様のいらっしゃらないご家庭でも、こどもの日には【菖蒲湯】に入るなどして、季節の行事を楽しんではいかがでしょうか。

    こちらもチェック!お得な情報をお届けします

    キッズ・ベビー・マタニティジャンルで開催中の特集

    カタログから探す

    社会的責任[CSR]