暮らし

2022.5.20

【2022年】おすすめイヤホン26選|人気モデルを検証!選び方も紹介

【2022年】おすすめイヤホン26選|人気モデルを検証!選び方も紹介

イヤホンが欲しいと思っても、さまざまなタイプが販売されていて、どれを選べばいいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、自分に合ったイヤホンが選べるように、選び方をわかりやすく解説します。また、楽天市場で人気の商品のほか、オーディオ・ビジュアル評論家の鴻池賢三さんおすすめのイヤホンも紹介します。

さらに、イヤホンの使用感を確かめるため、編集部にて実際に商品を使用して検証をおこないました。ぜひ、イヤホン選びの参考にしてくださいね!

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー 鴻池 賢三

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー 鴻池 賢三

AV機器メーカーの商品企画職、シリコンバレーの半導体ベンチャーを経て独立。国内最高権威を誇るAVアワード「VGP」審査員を務める。AV専門メディアやテレビ・新聞などのメディアを通じて、製品の選び方や使いこなしのコツを発信中。日本オーディオ協会諮問委員。

イヤホンのタイプ|左右独立型(完全ワイヤレス)、左右一体型、有線

イヤホンを購入するときにまずチェックしておきたいのが、イヤホンのタイプです。

ここでは、イヤホンのなかでも人気が高い、左右独立型、左右一体型、有線の3タイプについて、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

左右独立型(完全ワイヤレス)

イヤホン

左右独立型は、左右のイヤホンがケーブルで繋がっておらず、それぞれが完全に独立しているタイプです。プレーヤーとイヤホンはワイヤレス接続で繋がり、「完全ワイヤレス」と呼ばれることもあります。

ケーブルがないため動きやすく、ケーブルが絡まったり引っかかったりする心配がありません。また軽量コンパクトサイズなので、持ち歩きに便利です。

一方デメリットは、使うときに充電が必要となり、バッテリーが切れると使用できなくなることです。またケーブルがなくてコンパクトな分、紛失しやすいリスクがあります。

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

ケーブルが一切ないので、特に今の時期は、マスクと相性が良く快適です。一方、耳から脱落すると、地面まで落下してしまい、紛失の可能性が高いのも事実。商品選びの際は、自身の耳にピッタリ合ったものを選びましょう。

左右一体型

イヤホン

左右一体型とは、左右のイヤホンがケーブルで繋がっているタイプのワイヤレスイヤホンです。首にかける部分が太いタイプは、「ネックバンド型」ともいいます。

使用しないときは首にかけておけるので、イヤホンをなくしにくいのがメリットです。また、リモコンやマイクなど、便利な機能が搭載されたものが数多く販売されている点も魅力です。

ただし、左右独立型と同じく、使用するときには充電が必要です。また、首にかけるため、人によっては肩や首に疲れを感じることもあるでしょう。

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

人気の完全ワイヤレスと比較すると、一番のメリットは、大容量バッテリーを搭載し、一度の充電で使用できる時間が長いことです。また、耳に挿入するイヤホン部が小型軽量なので、小耳の方も装着感の良い商品が見つかり易いです。

有線

イヤホン

有線イヤホンは、左右のイヤホンがケーブルで繋がっていて、プレーヤーにケーブル端子を直接差し込んで使用するタイプです。

有線イヤホンは充電が必要ないため、バッテリーの残量を気にしなくてもいい点がメリット。音飛びや遅延がないのでストレスなく使えます。また、高音質なモデルも多く販売されています。

ただし、長いケーブルがイヤホンに繋がっているため、絡まったりどこかに引っかけたりすることがあります。

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

ワイヤレスタイプと比べ有線イヤホンの最大のメリットは、画面に対し音の遅延が無いという点です。動画を視聴する際は、俳優の口の動きとセリフ、特にゲームはアクションと音のズレが無く快適です。ワイヤレスも改善が進んでいますが、有線には敵いません。

イヤホンの選び方|7つのポイント

ここからは、イヤホンを選ぶときにチェックしておきたいポイントを7つ紹介します。音へのこだわりや使いたいシーンに合わせて、最適なイヤホンを選んでくださいね!

①音質|音の好みとコーデックをチェック

イヤホン

イヤホンは、商品それぞれ音質が異なります。イヤホンの満足度を高めるには、好みの音質かどうかが重要です。

聴くジャンルや音の好みから、音質を検討していきましょう。

高音質を求める方は、ハイレゾ音源に対応しているイヤホンがおすすめです。ハイレゾとはハイレゾリューションの略で、「高解像度」という意味があります。

これまでのCDよりも情報量がはるかに多く、繊細さ、奥行き、表現力を楽しめます。

また、Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンを使用する場合は、音のデータを圧縮する方式であるコーデックもチェックしましょう。コーデックは遅延と音質などに影響するため、ストレスなく聴くために大切な要素です。

主なコーデックの名称と特徴を、以下の表にまとめました。

名称 特徴
SBC ・Bluetoothの標準的なコーデック
・標準的な音質だが、遅延しやすい
AAC ・SBCよりも遅延が少なくて高音質
・iPhoneで主に採用されている
aptX ・SBCとAACより遅延が少ない
・CDと同じレベル(48kHz/24bit)の高音質再生ができる
aptX HD ・ハイレゾと同じレベルの高音質再生ができる
・SBC・AAC・aptXよりも高音質
・遅延が少ない
aptX LL ・aptXと同じレベルの音質で、より遅延が少ない
・遅延を気にせずゲームが楽しめる
aptX Adaptive ・高音質で低遅延
・接続が安定している
LDAC ・ハイレゾと同じレベル(96kHz/24bit)の高音質再生ができる
・SONYが開発し、主にAndroid8.0以降で対応している
鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

iPhoneユーザーなら極力AAC対応モデルを選びましょう。最新のアンドロイドスマホでは、aptX Adaptiveが利用できるケースが多く、この場合、ゲームは低遅延、音声は周囲の電波状況に応じて、接続性または高音質優先でと自動で調整してくれるので快適です。

②装着感|形状をチェック

イヤホンは形状によって装着感が大きく異なります。長時間装着しても快適に使えるように、好みに合わせて選びましょう。

イヤホンの形状には、大きく分けて以下の3種類があります。

●カナル型
●インナーイヤー型
●耳かけ型

それぞれの特徴を解説するので、自分に合ったタイプを見つけましょう。

カナル型

イヤホン

カナル型は、耳栓のように耳の中に入れ込んで使う形状のイヤホンです。遮音性と密閉性が高く、音漏れしにくい特徴があります。耳の中にイヤホンが入っているため細かい音まで聴き取りやすく、音の厚みを感じられます。

通勤・通学時の電車で音漏れが気になる方や、音楽をしっかり楽しみたい方におすすめ。ただし、耳栓のようにぴったりと耳を塞ぐので、苦手な人は注意しましょう。

インナーイヤー型

イヤホン

インナーイヤー型は、耳の入り口にはめて使用するタイプのイヤホンです。カナル型と違って密閉感がなく、周囲の音を聞き取りやすい構造をしています。耳が圧迫されにくいので疲れにくく、長時間使用したい方におすすめです。

開放感がある分、カナル型に比べて音漏れしやすいので、人がいるところで使う場合は注意しましょう。

耳かけ型

イヤホン

耳にフックで引っかけて使用するのが、耳かけ型のイヤホンです。耳にはめ込んで使うカナル型やインナーイヤー型よりも、安定感があります。

イヤホンが耳から外れにくいため、スポーツをしながら使いたい方にぴったり。ただし、耳の形とフックの形が合っていないと、痛みを感じることがあります。

③接続の安定性|Bluetoothのバージョンをチェック

イヤホン

ワイヤレスイヤホンは、イヤホンとプレーヤーをBluetooth接続して使用します。Bluetoothが不安定になると、音楽が途中で途切れたり遅延したりすることがあります。

Bluetoothは新しい規格のほうが安定しているため、購入前にBluetoothのバージョンをチェックしておきましょう。現在(2022年3月7日)は、2020年1月にリリースされた「Bluetooth5.2」が最新版です。

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

Bluetoothは4.2から5.0へのバージョンアップで、劇的な消費電力低減や通信速度の向上を果たしました。現在販売されているイヤホンは、5.0以上が多く、あまり心配の必要はありません。最新最高機能を求めるなら、5.2対応の商品を。

④バッテリー|連続再生時間と充電にかかる時間をチェック

イヤホン

ワイヤレスイヤホンを選ぶ場合は、バッテリーの容量もチェックしておきましょう。通勤・通学などの移動中やテレワーク中など、長時間の使用を考えているなら、連続再生時間が長いものをおすすめします。

また、バッテリーが切れた場合のことを考えて、フル充電にかかる時間も確認しておきたいポイントです。短時間で充電したいなら、急速充電に対応しているモデルをチェックしましょう。

⑤その他の機能|使用シーンに合わせて機能に注目

イヤホンには、便利機能が搭載されているモデルが数多くあります。使用するシーンを想定して選びましょう。

あると便利な機能を4つ紹介します。

防水性

イヤホン

イヤホンをスポーツやアウトドアで使う予定の方は、水や汗で濡れたときのことを考えて防水性が高いものを選びましょう。

防水・防塵性能は、「IP○○」と表示されています。IPの次の文字が防塵性能の等級を表し、その次の文字が防水性能を表しています。性能が備わっていない場合は「X」と記載されます。

防水性能は0〜8で表され、数が大きくなるほど防水性能が高くなります。目安として、スポーツの汗や急な雨に対応したいならIPX5またはIPX6程度がおすすめ。完全防水を希望するなら、IPX7以上のモデルを選びましょう。

ノイズキャンセリング

イヤホン

周囲の騒音や人の話し声などを低減するノイズキャンセリング機能は、最近のイヤホンのなかでも注目されている機能です。周囲の音をマイクで集めて、逆位相の音波を発生させてノイズを打ち消します。

電車や飛行機などの騒音が気になる場所でも、音楽をクリアに聴くことができる点が魅力。音楽をしっかり聴きたいときや、作業に集中したいときにぴったりの機能です。

外音取り込み

イヤホン

イヤホンを装着したまま周囲の音を取り込めるのが、外音取り込み機能です。例えば、レジで一時的に会話をするとき、街中で歩きながら環境音を聞きたいとき、駅でアナウンスを聞きたいときなどに役立ちます。

また、音楽と周囲の音が同時に聞けるため、スピーカーのような開放的な感覚で音楽が楽しめます。

マイク付き

イヤホン

マイク付きのイヤホンを選べば、ハンズフリーで通話やオンライン会議などができて便利です。音楽を聴いているときに着信があってもそのまま対応できるので、家事やスポーツをしているときに役立ちます。

左右独立型のイヤホンの場合は、本体にマイクが内蔵されているのが一般的。有線イヤホンは、ケーブルの部分にマイクとリモコンが付いているモデルが多いです。

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

「マルチポイント」機能に対応したワイヤレスイヤホンは、スマホ、タブレット、PCと言った複数の機器2つと同時に接続が可能です。(同時に2つの音声を聞くことはできません) 具体的には、PCと接続してテレビ会議中、スマホに着信があると、切り替えるように電話に出られるといった具合。「マルチペアリング」と混同し易いので、商品をチェックする際はご確認を。

⑥ソニー、BOSE、オーディオテクニカなど人気メーカーで選ぶ

イヤホン

「どのイヤホンにするか、なかなか決められない」という方は、ソニー、BOSE(ボーズ)、オーディオテクニカ、アンカー、Apple(アップル)などの人気メーカーから選んでみてはいかがでしょうか。

ソニー

「ソニー」は、音楽や映像など、さまざまな分野で世界的に注目されている日本のメーカー。高音質やノイズキャンセリング機能、耳にフィットしやすい形状など、日本人好みのイヤホンが幅広いラインナップで揃っています。

BOSE

アメリカに本社を置いている「BOSE」は、重低音のスピーカーに定評があるメーカーです。イヤホンでも迫力のある重低音が楽しめることから、音楽をメインに聴きたい方におすすめです。

オーディオテクニカ

また、音響・映像機器メーカーである「オーディオテクニカ」のイヤホンは、バランスの取れた美しいサウンドを楽しめるのが魅力。エントリーモデルからプロ向けまで、幅広く展開しています。

アンカー

「アンカー」は、モバイルバッテリーやイヤホンなど、スマホ関連の製品が充実している中国のメーカー。高品質でコストパフォーマンスの良いモデルが多く、シンプルなデザインも人気です。

Apple

そして「Apple」は、iPhoneやiPadなどが世界的な人気を誇るアメリカのメーカー。iPhoneユーザーの方には、便利な機能が多く搭載された純正のイヤホンAirPodsがおすすめ。シンプルで美しいデザインと音質の良さがポイントです。

愛用者が多い人気メーカーのイヤホンをチェックして、自分に合ったイヤホンを見つけましょう!

⑦楽天市場のランキングから選ぶ

今売れている商品が気になるなら、ぜひ楽天市場のランキングをチェックしてください。ランキングは常に更新されているため、最新の人気商品がひと目でわかります。

楽天市場のランキングはリアルタイム、デイリー、週間から選択して見られるほか、メーカーやタイプ、機能などでも検索可能です。欲しい条件で絞れるので、自分に合ったイヤホンが見つかるでしょう。

イヤホン選びに悩んだら、楽天市場の人気ランキングをチェックしてみましょう!

おすすめイヤホン26選|検証結果と合わせてご紹介!

ここからは、おすすめのイヤホンを紹介します。専門家が選んだイヤホンに加えて、左右独立型(完全ワイヤレス)、左右一体型、有線の3タイプ別に厳選しました。

また、実際の使い心地をチェックするため、音漏れ、音質、使い勝手の3点について編集部で検証をおこないました。

イヤホン
①音漏れ
同じ音量で再生したときに音漏れがあるか、隣に座ってチェック
②音質
複数ジャンルの曲を聴いたときの違いをチェック
③使い勝手
ボタンの押しやすさや直感的に操作ができるかをチェック

検証結果も参考に、気になるイヤホンを見つけてください。

商品名 商品画像 検証結果
音漏れ 音質 使い勝手
Technics EAH-AZ60 Technics EAH-AZ60 なし 他ジャンルの曲も全て同じようなクオリティーで聴ける。
低音が深い。
少し触れただけでボタンが反応してしまうので注意が必要。
SOUNDPEATS Air3 Pro SOUNDPEATS Air3 Pro なし すべての音域でバランスよく鳴る。 非常に軽いため持ち運びに便利。ボタンもしっかりと反応する。
AVIOT TE-BD11t AVIOT TE-BD11t なし 低音が聴きやすい。 耳によくフィットする。
3ee Lambda01 3ee Lambda01 なし すべての音域がバランスよく鳴る。 ボタンが押しやすい。コードが軽いため耳への負担も少ない。
FINAL E3000 FINAL E3000 なし 低音から高音まで安定して聴こえる。 耳によくフィットする。
AirPods Pro MLWK3J/A AirPods Pro MLWK3J/A なし すべての音域でバランスよく聴こえる。 ノイズキャンセリング機能が便利。耳にフィットする。
完全ワイヤレスイヤホン
LIBERTY AIR 2 PRO
完全ワイヤレスイヤホン LIBERTY AIR 2 PRO なし 高音も低音もクリアに聴こえる。 耳によくフィットし、持ち運びやすい。タッチ操作機能も優れている。
Anker Soundcore Liberty Neo 2
ワイヤレスイヤホン
【第2世代】 Soundcore Liberty Neo なし すべての音域でバランスよく聴こえる。 ケースのフタが開ききらないので若干出し入れしづらい。
REDHiLL ワイヤレスイヤホン REDHiLL ワイヤレスイヤホン なし 音がクリアに聴こえる。 他製品より少しケースが大きめ。耳にはよくフィットする。
Mpow M30 ワイヤレスイヤホン Mpow M30 ワイヤレスイヤホン なし 音がクリアに聴こえる。 小さいので持ち運びに便利。
SONY フルワイヤレスイヤホン
WF-1000XM4
SONY フルワイヤレスイヤホンWF-1000XM4 なし 低音から高音まで綺麗でクリアな音が流れる。 ケースが小さく、持ち運びやすい。
JBL 完全ワイヤレスイヤホン
CLUB PRO+ TWS
JBL 完全ワイヤレスイヤホン CLUB PRO+ TWS なし 全音域クリアに聴こえるが、特に低音の響きが深い。 持ち運びしやすい。耳にうまくフィットする。
Beats by Dr Dre
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン
STUDIO BUDS
Beats by Dr Dre ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン STUDIO BUDS なし 重低音に強い。 ケースが若干開けづらい。耳によくフィットする。
jaybird TARAH PRO jaybird TARAH PRO なし 高音が特にクリア。 耳によくフィットするため運動中にもおすすめ。
TAOTRONICS ワイヤレスイヤホン
TT-BH07 MK2
TAOTRONICS ワイヤレスイヤホン TT-BH07 MK2 なし 音声がクリア。 耳によくフィットし運動中にもおすすめ。軽量で持ち運びやすい。
SONY ワイヤレス イヤホン WI-C310 SONY ワイヤレス イヤホン WI-C310 なし 低音から高音までしっかりと聴こえる。 コードが軽く耳への負担が少ない。
3E ブルートゥースイヤホン 3E-BEA8 3E ブルートゥースイヤホン 3E-BEA8 なし 全音域同じようなクオリティーで聴こえる。
少しこもった感じに聴こえる時もある。
軽いため耳への負担は少ない。ボタンも押しやすい。
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット
WI-XB400
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット WI-XB400 なし すべての音域においてバランスよく音がクリアに聴こえる。 耳によくフィットし、ボタンの操作がしやすい。
SONY Bluetooth ワイヤレス イヤホン
SBH82D
SONY Bluetooth ワイヤレス イヤホン SBH82D なし 音がクリアに聴こえる。 耳にうまくフィットする。
SONY ワイヤレス イヤホン WI-C200 SONY ワイヤレス イヤホン WI-C200 なし すべての音域において音がクリア。 耳のフィット感が良い。ボタンも押しやすいところにある。
SOUNDPEATS ワイヤレスイヤホン
Q35HD
SOUNDPEATS ワイヤレスイヤホン Q35HD なし バランスの良い音。特に低音が聴きやすい。 耳にうまくフィットする。持ち運びやすいケース付き。
Lazata MFi正規認証品純正
lightning 有線イヤホン
Lazata MFi正規認証品純正 lightning 有線イヤホン なし 低音から高音まで音がきれいに聴こえる。クリア。 軽くて持ち運びやすい。音量調節等のボタンもしっかりと反応し、押しやすい。
Panasonic ステレオイヤホン RP-HJE150 Panasonic ステレオイヤホン RP-HJE150 なし 全音域問題なく聴こえるが、少し音がこもっていると感じる時がある。 小さくて軽く、持ち運びしやすい。ボタン等の便利な機能はなし。
ELECOM Lightning接続ヘッドホンマイク
EHP-LF12CM
ELECOM Lightning接続ヘッドホンマイク EHP-LF12CM なし 音がクリアに聴こえる。 音量調節等のボタンもあり、機能性に優れている。
Apple EarPods with Lightning Connector Apple EarPods with Lightning Connector なし 全音域がクリアで聴き心地が良い。 音量調節等のボタンが押しやすく、機能性に優れている。耳によくフィットする。
SHURE イヤホン SE215SPE-A SHURE イヤホン SE215SPE-A なし 低音が聴きやすい。 音量調節等のボタンがついていないところが不便かもしれない。

専門家が選ぶおすすめイヤホン5選

まず、専門家が厳選したおすすめのイヤホンを5つ紹介します。「どのイヤホンがいいか、なかなか決められない」という方は、ぜひここから選んでみてくださいね。

Technics EAH-AZ60

Technics EAH-AZ60

  • シルバー
  • ブラック

価格27,166円(税込) 価格26,299円(税込)

独自の音響構造にこだわり、臨場感あふれる豊かなハイレゾ音質が楽しめる、Technicsのワイヤレスイヤホン「EAH-AZ60」。直径8mmのダイナミック型ドライバーを搭載し、自然な高音質を実現しています。

業界最高クラス※の「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」を搭載し、周囲が騒がしくても音楽や通話を楽しめます。

また、自分の声をクリアに届ける「JustMyVoice TM」テクノロジーと高性能マイク搭載により、快適な通話が可能。イヤホンにこだわる方も満足できるモデルです。

※国内のノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンにおいて。JEITA(一般社団法人 電子情報技術産業協会)基準に則る。2021年8月14日時点、Technics調べ。

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

独自の高品位なノイズキャンセリング機能を搭載し、1クラス上の静寂が手に入ります。マイクも独自技術により、周囲の騒音を抑えてクリアな音声を相手に伝えることができ、事前にチェックも可能。LDAC対応でハイレゾ高音質が楽しめるのも本製品の魅力です。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約7g(片耳)、約45g(充電ケース)
Bluetoothバージョン Ver5.2
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
連続再生時間 イヤホン本体:最大約7.5時間
充電ケース使用時:最大約25時間
充電時間 イヤホン:約2時間
充電ケース:約2.5時間
イヤホン+充電ケース(同時充電):約3.5時間
機能 ノイズキャンセリング、外音取り込み、マルチポイント、マルチペアリング、マイク、防水性能(IPX4)、ハイレゾ対応、急速充電

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

SOUNDPEATS Air3 Pro

SOUNDPEATS Air3 Pro

価格6,480円(税込)

SOUNDPEATSの「Air3 Pro」は、超極細なバイオセルロース繊維素材を使用した振動板と、12mmのダイナミックドライバーにより、立体的で美しいサウンドが体感できます。

高水準のANCノイズキャンセリング機能を搭載しており、屋外でもクリアな音が楽しめます。aptX Adaptiveに対応しており、遅延の少ない安定した接続で、ストレスないワイヤレス環境を実現。

通話の際に周囲の雑音を抑えて聞き取りやすくする、CVC通話ノイズキャンセリングも魅力です。

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

ハイスペックを低価格で。aptX Adaptive対応や比較的高度とされるハイブリッド方式のノイズキャンセリング機能を搭載し、コストパフォーマンスの高さが際立ちます。お手軽価格ながら、音質もデザインも良好で、専門家からも高い評価を受けています。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約4.5g(片耳)、約36.8g(充電ケース含む)
Bluetoothバージョン Ver5.2
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
連続再生時間 イヤホン本体:最大約6時間
充電ケース使用時:最大約24時間
充電時間 1~2時間
機能 ノイズキャンセリング、CVC8.0、通話ノイズキャンセリング、マイク、防水性能(IPX4)

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

AVIOT TE-BD11t

AVIOT TE-BD11t

  • POLAR WHITE
  • DARK ROUGE
  • DAWN BLUE
  • DEEP BLACK

価格15,400円(税込) 価格15,400円(税込) 価格15,400円(税込) 価格15,400円(税込)

ハイブリッド・デュアルドライバーとハイブリッドANCという独自のダブルハイブリッドシステムを搭載した、AVIOTの「TE-BD11t」。高い機能性と、ダイナミックな音を楽しめる高音質の両方を実現しています。

日本語が心地良く聞こえるAVIOT独自の「Japan Tuned」や、一瞬でノイズを低減できるハイブリッドアクティブノイズキャンセリングなど、細やかな機能も充実。

イヤホン単体で最大18時間※の連続再生ができ、旅行や出張などの長距離移動にも便利です。

※再生時間は使用環境により変動する可能性があります。

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

音を鳴らすドライバーとして、高音質で定評のあるknowles社のバランスドアーマチュアドライバーと豊かな低域を奏でるダイナミックドライバーを搭載したデュアルドライバー仕様。滑らかで美しいボーカルは心地よく、音質を重視する方におすすめ。ハイブリッド方式のノイズキャンセリング機能も搭載し、コスパも良好。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 -
Bluetoothバージョン Ver5.2
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 イヤホン本体:最大約18時間
充電ケース使用時:最大約60時間
充電時間 約1.5時間
機能 ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング、外音取り込み、マルチペアリング、マイク、高感度タッチセンサー、防水性能(IPX4)、急速充電、ゲーミングモード、イヤホン探知機能

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

3ee Lambda01

3ee Lambda01

  • ダークグレー
  • ブラック

価格2,860円(税込) 価格2,860円(税込)

ダイヤモンド以上に強いとされるグラフェンをコーティングした振動板によって、高解像度のサウンドが楽しめる3eeの「Lambda01」。日本人のサウンドエキスパートが監修している、ボーカルが聞き取りやすい音声とパワフルな低音がポイントです。

日本語音声のガイダンス、約10時間の連続再生、高性能マイクなど、便利な機能を搭載。耐久性の高いメタル素材のハウジングと絡みにくいケーブル、IPX5の防水性能など、使い続けやすい構造が魅力です。

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

イヤホン部の筐体は金属素材で美しく、専門家の監修による音質も優秀。海外ブランドながら、ガイダンス音声が高品位な日本語で、しっかりと日本向けにローカライズされた好製品。カラー展開がブラックとダークグレーとユニークで、ファッション業界からも注目されています。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 -
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 約10時間
充電時間 約1時間
機能 マルチペアリング、マイク、リモコン、防水性能(IPX5)、急速充電

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

FINAL E3000

FINAL E3000

価格4,130円(税込)

最新の音響工学と心理学によって音質設計がおこなわれたFINALの「E3000」は、低音から高音までバランスのいい音を表現した有線イヤホン。コンサート会場にいるような広がりと奥行きのあるサウンドは、長く使えば使うほどその良さを実感できます。

イヤーピースが左右に動くスウィングフィット機構により、鼓膜にダイレクトに音が伝わってリアルなサウンドを実現。ステンレスから削り出したシンプルなデザインは、ビジネススタイルにもぴったりです。

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

オーディオファンから絶大な支持を集める専門ブランド「FINAL」のエントリーモデル。マニアにも通じる高音質をお手軽価格で実現し、音楽やオーディオの愛好家だけではなく、幅広い用途におすすめできます。ツウ好みで自身のアイデンティティー表現にも。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 14g
Bluetoothバージョン -
対応コーデック -
連続再生時間 -
充電時間 -
機能 ミニプラグ、イヤーフック

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

左右独立型(完全ワイヤレス)イヤホン8選

ここからは、楽天市場の人気ランキングより、注目の左右独立型(完全ワイヤレス)イヤホンを紹介します。ケーブルのない快適な使い心地が好みの方は、ぜひチェックしてください。

AirPods Pro MLWK3J/A

AirPods Pro MLWK3J/A

価格26,999円(税込)

高性能のアクティブノイズキャンセリングとイヤーチップの密閉感で周囲の環境音をシャットアウトして、音の世界に没頭できるAppleの「AirPods Pro MLWK3J/A」。

会話したいときは、外部音取り込みモードへ瞬時に切り替え可能。体の向きを認識して、音が聞こえる方向を自動で制御するダイナミックヘッドトラッキングを搭載し、まるで映画館にいるような立体的な音が楽しめます。

MagSafe充電器やQi規格の充電器にも対応。iPhoneを使っている方におすすめです。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 5.4g(片耳)、45.6g(充電ケース)
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック -
連続再生時間 イヤホン本体:最大約4.5時間
充電ケース使用時:最大約24時間
充電時間 -
機能 アクティブノイズキャンセリング、外音取り込み、マイク、防水性能(IPX4)、急速充電

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

完全ワイヤレスイヤホン LIBERTY AIR 2 PRO

完全ワイヤレスイヤホン LIBERTY AIR 2 PRO

  • WHITE
  • NAVY
  • PINK
  • BLACK

価格13,500円(税込) 価格16,919円(税込) 価格17,170円(税込) 価格12,780円(税込)

Ankerの「Soundcore Liberty Air 2 Pro」は、環境に合わせて最適な強さにできる、独自のウルトラノイズキャンセリング機能を搭載。周囲の音をしっかりシャットアウトして、音楽に没頭することができます。

マイクにノイズリダクション機能を搭載しており、通話相手にクリアな音声を届けることが可能。アプリを使えばイコライザーをカスタマイズでき、自分好みの音に調整できます。

ビジネスシーンにも使える、スタイリッシュなデザインがポイントです。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約62g(充電ケース含む)
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック SBC、AAC、LDAC(ファームウェアのアップデートが必要)
連続再生時間 イヤホン本体:最大約7時間
充電ケース使用時:最大約26時間
充電時間 約1時間(イヤホン)
約1.5時間(充電ケース・USBケーブル使用時)
機能 ウルトラノイズキャンセリング、外音取り込み、防水性能(IPX4)、急速充電、ワイヤレス充電(ワイヤレス充電器は別売り)

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

【第2世代】 Soundcore Liberty Neo

【第2世代】 Soundcore Liberty Neo

  • BLACK
  • WHITE

価格8,030円(税込) 価格7,538円(税込)

Ankerの「Soundcore Liberty Neo (第2世代)」は、突然の雨やスポーツでかいた汗がイヤホン内部に侵入するのを防げる、IPX7の防水性能を備えたイヤホン。充電ケースを使用すれば最大20時間連続再生でき、耳にしっかりフィットし、驚きの軽さでどんなに長時間装着していても疲れることはありません。

物理ボタンを採用しているため、運動中でも音楽の再生や着信応答などの操作がしやすいのが嬉しいポイント。グラフェン採用ドライバーで、すべての周波数帯域で優れた音楽体験をお楽しみいただけます。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約5g(片耳)、約51g(充電ケース含む)
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 イヤホン本体:最大約5時間
充電ケース使用時:最大約20時間
充電時間 約1.5時間
機能 防水性能(IPX7)

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

REDHiLL ワイヤレスイヤホン

REDHiLL ワイヤレスイヤホン

価格2,980円(税込)

高音質・低遅延でクリアな音が楽しめる、REDHiLLの「ワイヤレスイヤホン」。タイムラグがほとんどないため、通話や動画視聴の際にもストレスになりません。

フィット感が高いイヤーピースは、周囲の環境音をしっかり遮断できるうえ、運動しても外れにくいのが嬉しいところです。

また、モバイルバッテリー機能を搭載しており、ケースでスマホの充電が可能。バッテリーの残量は、ケースにデジタル表示されるので便利です。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約97g(充電ケース含む)
Bluetoothバージョン Ver5.1
対応コーデック AAC
連続再生時間 最大70時間
充電時間 80分
機能 パッシブノイズキャンセル、自動ペアリング、タッチ操作、防水性能(IPX7)、デジタル電池残量表示、モバイルバッテリー機能付きケース

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

Mpow M30 ワイヤレスイヤホン

Mpow M30 ワイヤレスイヤホン

価格3,999円(税込)

ポリウレタン素材を採用したドライバーによる、パワフルで本格的な低音が心地いいMpowの「M30」。左右のイヤホンに同時に音を伝えられるMCSyncに対応しており、音切れのない安定したサウンドが体感できます。

耳にしっかりフィットして落下を防ぐ独自形状のフィンや、IPX7の防水性能など、スポーツする方にも嬉しい機能を搭載。タッチセンサーで基本の操作ができ、快適に使えます。

リーズナブルでも、機能性が高いイヤホンが欲しい方におすすめです。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約4.5g(片耳)
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 イヤホン本体:最大約5時間
充電ケース使用時:最大約25時間
充電時間 2時間
機能 自動ペアリング、MCSyncテクノロジー、タッチコントロール、防水性能(IPX7)

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

SONY フルワイヤレスイヤホンWF-1000XM4

SONY フルワイヤレスイヤホンWF-1000XM4

  • ブラック
  • シルバー

価格14,970円(税込) 価格25,563円(税込)

業界最高クラス※のノイズキャンセリング機能を搭載した、SONYの「WF-1000XM4」は、低音域から高音域まで周囲の騒音をしっかりシャットアウト。

さらに、遮音性能が高い独自のノイズアイソレーションイヤーピースの採用や、風ノイズの低減など、徹底した騒音対策を実現しています。

また、独自開発のドライバーユニットやハイレゾ音質対応により、臨場感あふれる音を表現。静かな環境の中で、高音質のサウンドを楽しみたい方におすすめです。

※WF-1000XM4は完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホン市場において、2021年12月1日時点。ソニー調べ、電子情報技術産業協会(JEITA)基準に則る。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約7.3g(片耳)
Bluetoothバージョン Ver5.2
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
連続再生時間 最大約8時間
充電時間 1.5時間
機能 ノイズキャンセリング、外音取り込み、マルチペアリング、防水性能(IPX4)、ワイヤレス充電(ワイヤレス充電器は別売り)

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

JBL 完全ワイヤレスイヤホン CLUB PRO+ TWS

JBL 完全ワイヤレスイヤホン CLUB PRO+ TWS

価格14,500円(税込)

JBLならではのパワフルなサウンドを楽しめる「CLUB PRO+ TWS」。専用のアプリでイコライザーを調整し、好みのサウンドにアレンジすることもできます。

移動中やオフィス勤務中、ジムのワークアウト中など、環境に合わせて取り込む外音を調整ができる、アダプティブノイズキャンセリング機能を搭載。

また、ワンタッチで通話やスマートスピーカーの起動が可能。一日中アクティブに過ごしたい方におすすめです。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 13.7g
Bluetoothバージョン Ver5.1
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 最大8時間
充電時間 2時間
機能 ボイスアシスタント対応、3ボタンリモコン/マイク、アダプティブノイズキャンセリング機能、内臓マイク、ハンズフリーコール

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

Beats by Dr Dre ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン STUDIO BUDS

Beats by Dr Dre ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン STUDIO BUDS

  • WHITE
  • RED
  • BLACK

価格14,990円(税込) 価格14,800円(税込) 価格15,180円(税込)

2枚の振動板を採用した独自のドライバを搭載し、コンパクトながら、パワフルで臨場感あふれるサウンドを楽しめる「Beats Studio Buds」。

アクティブノイズキャンセリング機能により、周囲の雑音を遮断します。ワンタッチで外部音取り込みモードへの切り替えが可能。

iPhoneユーザーは、「Hey Siri」を使って、ハンズフリーで起動が可能。Androidも専用アプリをダウンロードすればさまざまな機能を利用できます。iPhone、Androidどちらのユーザーにもおすすめです。

商品スペック
イヤホン形状 インナーイヤー型
重量 5g
Bluetoothバージョン Ver5.2
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 最大8時間
充電時間 -
機能 アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、耐汗耐水性能(IPX4)、ハンズフリー起動

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

左右一体型イヤホン8選

ここからは、楽天市場人気ランキングより、左右一体型の注目イヤホンを紹介します。イヤホンがケーブルで繋がっているので落下する心配がなく、特にスポーツをする方におすすめです。

jaybird TARAH PRO

jaybird TARAH PRO

  • BLACK-FLASH
  • NIMBUS GRAY
  • TITANIUM-GLACIER
  • MINERAL BLUE-JADE

価格12,602円(税込) 価格13,897円(税込) 価格17,376円(税込) 価格13,551円(税込)

14時間の連続再生や高い耐久性など、ランナーやアスリートに役立つ機能が魅力的なjaybirdの「TARAH PRO」。スポーツの汗や急な雨などの水からしっかりイヤホンを守れる、IPX7の防水・防汗性能を備えています。

回転式イヤホンによる優れた装着感で、イヤホンを気にせずスポーツに集中できます。アプリを使用すればカスタムEQ設定を保存でき、いつでも自分好みの音楽を楽しむことが可能です。

スポーツと音楽を徹底的に楽しみたい方におすすめします。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 20g(イヤージェルなし)
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック SBC
連続再生時間 最大14時間
充電時間 2時間
機能 マイク、磁気スナップロック、防水性能(IPX7)、急速充電

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

TAOTRONICS ワイヤレスイヤホン TT-BH07 MK2

TAOTRONICS ワイヤレスイヤホン TT-BH07 MK2

  • ブラック
  • ホワイト

価格3,070円(税込) 価格3,278円(税込)

TAOTRONICSの「TT-BH07 MK2」は、全世界でベストセラー商品となった「TT-BH07」を大幅にバージョンアップした、日本限定発売のモデル。Airoha社の最新クラスのチップ 「AB1531」を搭載し、従来よりも高音質化を実現しています。

iPhoneでも良い音質が楽しめるように、ACCコーデックにも対応。最大20時間の連続再生ができ、充電なしで一日中音楽が楽しめます。急な雨やスポーツの汗などからイヤホンを守る、IPX5の防水性能を備えています。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 17.8g
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 最大20時間
充電時間 約2時間
機能 マグネット搭載、防水性能(IPX5)

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

SONY ワイヤレス イヤホン WI-C310

SONY ワイヤレス イヤホン WI-C310

  • ブラック
  • ホワイト
  • ブルー
  • ゴールド

価格3,933円(税込) 価格3,716円(税込) 価格3,716円(税込) 価格3,716円(税込)

15時間の連続再生で一日中使える、SONYのワイヤレスイヤホン「WI-C310」。10分の急速充電で60分再生でき、充電し忘れたときも安心です。

透き通った中高音域と重厚感のある低音域が楽しめる、高音質なサウンドを実現。耳にフィットして安定するハウジング形状を採用しており、長時間装着しても疲れにくいのが魅力です。

通話時に周囲の音を抑えるノイズサプレッション機能を搭載しており、街中でも聞き取りやすい音声を届けます。上質な光沢加工を施した、大人っぽいデザインもポイント。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約19g
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 最大15時間
充電時間 約3時間
機能 ノイズサプレッション、マルチペアリング、マイク、マグネット搭載、クイック充電

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

3E ブルートゥースイヤホン 3E-BEA8

3E ブルートゥースイヤホン 3E-BEA8

  • シルバー
  • ブラック
  • レッド

価格1,300円(税込) 価格1,940円(税込) 価格2,904円(税込)

3Eの「3E-BEA8」は、iPhoneでも高音質が楽しめるAACコーデックに対応したワイヤレスイヤホン。絡まりにくいフラットケーブルを採用しており、使用時や収納時にストレスを感じにくいのが嬉しいポイントです。

電源や音量調節などのリモコンボタンが大きいため、機械操作が苦手な方も使いやすいでしょう。イヤホンにはマグネットがついており、首にかけたときの落下防止になります。

カナル型のイヤホンは音漏れしにくく、通勤や通学に使いたい方にぴったりです。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約18g
Bluetoothバージョン Ver4.2
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 最大6時間
充電時間 2時間
機能 自動ペアリング、マイク、リモコン、マグネット搭載

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット WI-XB400

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット WI-XB400

  • ブラック
  • ブルー

価格5,640円(税込) 価格6,500円(税込)

SONYの「WI-XB400」は、EXTRA BASSの迫力ある重低音とクリアな高音を併せ持った、臨場感のあるサウンドが魅力。高音質なAACに対応しており、ワイヤレスでも音の劣化を抑えています。

最大15時間連続再生でき、クイック充電にも対応。リモコンが付属しているので、音楽端末を取り出さなくても再生や停止、通話が可能です。

長時間つけても疲れにくい快適な装着感や、丸めても絡まりにくいフラットケーブルの採用により、通勤・通学での利用にもおすすめします。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 21g
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 最大15時間
充電時間 約3時間
機能 ノイズサプレッション、マルチペアリング、マイク、マグネット搭載、クイック充電

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

SONY Bluetooth ワイヤレス イヤホン SBH82D

SONY Bluetooth ワイヤレス イヤホン SBH82D

  • ブラック
  • グレー
  • ブルー

価格7,170円(税込) 価格10,737円(税込) 価格10,552円(税込)

SONYのワイヤレスイヤホン「SBH82D」は、耳を塞がないオープンイヤースタイル。周囲の音がしっかり聞き取れるので、音楽と同時に家族や友人との会話も楽しめます。

独自の設計方法により、耳を塞がなくても鼓膜にダイレクトに音をお届け。広がりのあるサウンドを、BGM感覚で聴くことができます。周囲の音も聞き取りたい方や、カナル型の密閉感が苦手な方におすすめします。

柔らかいケーブルを採用しており、首への負担が減らせることはもちろん、収納時にコンパクトに折りたためて便利です。

商品スペック
イヤホン形状 耳かけ型
重量 25.5g
Bluetoothバージョン Ver4.2
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 最大7.5時間
充電時間 約2時間
機能 マイク、リモコン

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

SONY ワイヤレス イヤホン WI-C200

SONY ワイヤレス イヤホン WI-C200

  • ブラック
  • ホワイト

価格3,378円(税込) 価格3,656円(税込)

クリアな中高音と重厚な低音を再生できる、高磁力ネオジウムマグネットを搭載したSONYのワイヤレスイヤホン「WI-C200」。音の劣化が少ないAACに対応しており、ワイヤレスでも高音質が楽しめます。

イヤホン部分の空気の通気量を最小限に抑えることにより、音漏れを低減。電車内でも、周囲に配慮しながら音楽が聴けます。通話するときに周囲の雑音を抑える、ノイズサプレッション機能も搭載しています。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約19g
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック SBC、AAC
連続再生時間 最大15時間
充電時間 約3時間
機能 ノイズサプレッション、マルチペアリング、マイク、リモコン、マグネット搭載、クイック充電

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

SOUNDPEATS ワイヤレスイヤホン Q35HD

SOUNDPEATS ワイヤレスイヤホン Q35HD

価格7,194円(税込)

IPX8の強力な防水性能を誇る、SOUNDPEATSのワイヤレスイヤホン「Q35HD」。スポーツで汗だくになったり、ランニング中に大雨に遭遇したりと、予定外の水濡れにも対応可能です。

最先端のチップセットと10mmの大口径ドライバーを内蔵しており、力強くリアルなサウンドが楽しめるのが魅力。磁石が内蔵されているため、充電はコネクタにワンタッチで取りつけるだけで簡単にできます。

スポーツに対応できて、水濡れに強いイヤホンを求める方におすすめです。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約16g
Bluetoothバージョン Ver5.0
対応コーデック SBC、AAC、aptX HD
連続再生時間 最大14時間
充電時間 1〜2時間
機能 マグネット式充電、マグネット搭載、防水性能(IPX8)

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

有線イヤホン5選

ここからは、楽天市場人気ランキングより、注目の有線イヤホンを紹介します。使うために特別な設定が必要なく、ケーブルを差し込むだけで使える手軽さが魅力です。

Lazata MFi正規認証品純正 lightning 有線イヤホン

Lazata MFi正規認証品純正 lightning 有線イヤホン

価格2,350円(税込)

iPhoneやiPadのイヤホンとして使えるLazataの有線イヤホンは、Appleが定めたMFi正規認証取得済みです。スタイリッシュなデザインだから、Apple製品との相性も抜群。

人間工学に基づいたデザインを採用し、耳にぴったりフィットして落ちにくいのがポイントです。特別な設定やアプリが不要で、Lightning端子を差し込むだけで使えて便利。

音楽再生や電話の応答などができるリモコンも付属しており、シンプルで使いやすいイヤホンです。

商品スペック
イヤホン形状 インナーイヤー型
重量 -
Bluetoothバージョン -
対応コーデック -
連続再生時間 -
充電時間 -
機能 マイク、リモコン、Lightning端子

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

Panasonic ステレオイヤホン RP-HJE150

Panasonic ステレオイヤホン RP-HJE150

  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド
  • ピンク
  • イエロー
  • ブルー
  • グリーン
  • オレンジ
  • パープル

価格745円(税込) 価格942円(税込) 価格745円(税込) 価格745円(税込) 価格745円(税込) 価格745円(税込) 価格742円(税込) 価格745円(税込) 価格745円(税込)

軽量コンパクトでリーズナブルな価格が魅力の、Panasonicのステレオイヤホン「RP-HJE150」。どんなファッションにも似合うシンプルなデザインで、老若男女問わず使いやすいでしょう。

音質アップと音漏れの抑制に繋がる、気密性が高い楕円形状のポートを採用。3つのサイズのイヤーピースが付属しており、自分の耳にしっかりフィットさせることができます。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約11g(コード含む)、約3g(コード除く)
Bluetoothバージョン -
対応コーデック -
連続再生時間 -
充電時間 -
機能 ステレオミニプラグ

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

ELECOM Lightning接続ヘッドホンマイク EHP-LF12CM

ELECOM Lightning接続ヘッドホンマイク EHP-LF12CM

  • レッド
  • ブラック
  • ブルー
  • ピンク
  • ホワイト

価格638円(税込) 価格2,214円(税込) 価格2,283円(税込) 価格638円(税込) 価格2,270円(税込)

iPhoneやiPadなどのApple製品に使えるLightning端子を搭載した、ELECOMの「EHP-LF12CM」。Appleの正規ライセンスを取得しており、ケーブルを差し込むだけで使えます。

JEITAによるハイレゾオーディオの定義に準拠した、高音質なサウンドが楽しめるのが魅力です。音楽や通話などの操作が手元でできる、多機能リモコンマイクを搭載。

コンパクトサイズのイヤホンのため、耳が小さい方にもフィットしやすいのが嬉しいところです。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 約6g(コード除く)
Bluetoothバージョン -
対応コーデック -
連続再生時間 -
充電時間 -
機能 マイク、リモコン、Lightning端子、Siri操作

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

Apple EarPods with Lightning Connector

Apple EarPods with Lightning Connector

価格2,300円(税込)

耳の形状に基づいて設計された、快適な装着感が魅力のApple純正「EarPods with Lightning Connector」。Appleならではの、無駄がないシンプルなデザインが魅力です。

音の劣化を最小限に抑えた、クオリティの高いサウンドが楽しめます。便利なリモコンを搭載しており、端末を使用しなくても音楽の再生や音量などがコントロールできます。Apple製品を愛用している方で、純正にこだわる方におすすめです。

商品スペック
イヤホン形状 インナーイヤー型
重量 -
Bluetoothバージョン -
対応コーデック -
連続再生時間 -
充電時間 -
機能 マイク、リモコン、Lightning端子

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

SHURE イヤホン SE215SPE-A

SHURE イヤホン SE215SPE-A

価格12,601円(税込)

鮮やかなトランスルーセントブルーが印象的な、SHUREの「SE215SPE-A」。「SE215」のスペシャルエディションである本品は、より低音域をパワフルにした周波数特性にチューニングしています。

高品質で臨場感あふれるサウンドがしっかり楽しめる、高遮音性設計を採用。耳にぴったりフィットして外れにくいイヤパッドや、耐久性に優れたケーブルなど、使い続けやすい機能性が魅力です。

イヤホンでも、迫力のある低音を感じたい方におすすめします。

商品スペック
イヤホン形状 カナル型
重量 -
Bluetoothバージョン -
対応コーデック -
連続再生時間 -
充電時間 -
機能 ミニプラグ

※商品情報は2022年3月25日時点の内容です。

まとめ

音質や装着感など、さまざまな違いがあるイヤホン。音質にこだわるなら圧縮方式であるコーデックに、快適に装着したいならカナル型などの形状をチェックして、自分に合ったイヤホンを見つけましょう。

もしイヤホン選びで迷ったら、楽天市場のランキングをチェックして、人気や話題の商品を探してみましょう。ぜひお気に入りのイヤホンを見つけて、音楽のある豊かな生活を楽しんでくださいね!

鴻池 賢三さん

オーディオ・ビジュアル評論家・ISF/THX認定ホームシアターデザイナー鴻池 賢三さん

最新のイヤホンはどれも音質が向上していて、古いモノと交換すると、驚き、発見、感動があるはずです。予算が限られるなら、3,000円前後の有線やBluetoohを。このクラスから、良い音質の商品が手に入ります。音質を重視しつつ予算を抑えたいなら、5千円~1万円前後の製品がお勧め。価格相応にクオリティーもアップし、満足感も高いはずです。
この記事では、選び方とおすすめの商品が掲載されていますので、是非ご自身に最適な1台を見つけてください。良いイヤホンに出会えば、音楽も生活も楽しくなりますよ。

※本記事は楽天市場が作成しています。

別ジャンルのベストチョイスを見る

もっと見る閉じる