全てのジャンル

※新税率の反映時期によっては、本ページの価格と商品ページ上の価格が異なる場合がございます。詳細は商品ページをご確認ください。

かんたんシミュレーター かんたんシミュレーター

お礼の品を探す

開催中の特集

災害支援特集

ふるさと納税ニュース 購読はこちら

サービスご利用時の注意点

楽天ふるさと納税をご利用いただく前に知っていただきたいこと、ふるさと納税で寄付を行う際に気をつけた方が良い点についてまとめました。

楽天ふるさと納税の「寄付」と楽天市場の「お買い物」の違い

支払うのは「寄付金」、受け取るのは「お礼の品」

「楽天ふるさと納税」でお支払いいただくのは商品の代金ではなく寄付金です。寄付金を受け取った自治体は、適宜処理を行った上で、お礼の品の発送手続きを行います。

各自治体から生産者や店舗に依頼をして発送しているケースも多いため、通常の購入と同じようなスピード感では処理できず、発送に時間がかかることがあります。
また、お礼の品の発送のタイミングでのメールでのおしらせができないこともあります。

各自治体でオペレーションの改善に取り組んでいきますが、寄付をされるみなさまも「寄付」と「お買い物」の違いをご理解いただいた上でお申込みをお願いいたします。

楽天市場での「お買い物」

楽天ふるさと納税の「寄付」

注文者情報には、必ず住民票の記載内容を入力してください

注文者情報には、納税者の情報が正しく入力されている必要があります。必ず、住民票に記載されているお名前とご住所を注文者情報としてご登録ください。住民票の内容と異なっている場合、税金の控除申請ができませんので、ご注意ください。
また、家族の名前など、ご本人以外のお名前で申込みをされた場合にも、名義の変更、お申し込みの取り消しは請けかねますので、ご了承ください。

税金の控除を受けるためには手続きが必要です

ふるさと納税をしただけでは税金は控除されません。
別途、税金控除の手続きが必要です。
手続き方法には「ワンストップ特例制度」と「確定申告」の2種類があり、どちらか一方の手続きが完了すると、税金の控除が受けられます。
それぞれの方法の特徴、条件等については、税金控除の手続きガイドの内容をご確認ください。

なお、総務省より「ふるさと納税の対象とならない団体」と指定されている自治体への寄付は、税金控除の対象となりませんので、ご注意ください。(2019年5月31日までの寄付については、控除の対象となります)

年末はふるさと納税の申込みが集中します。申込みはお早めに!

例年11~12月に「駆け込み」でふるさと納税を利用する方が増える傾向があり、申込みの殺到により、お礼の品の品切れや、受け取りまでに通常よりも長い時間がかかることがあります。
「ワンストップ特例制度」の申請の準備の時間を十分に確保するという意味でも、年末を待たず、お礼の品の選択肢が豊富な秋頃までに申込みをすることをおすすめいたします。

消費税率改正に関する重要なお知らせ

2019年10月1日より、消費税率が8%から10%に変わりました。画面に表示されている価格は新旧税率が混在している可能性がありますので、ご了承ください。
※一部軽減税率が適用され、消費税率が10月1日以降も8%のままとなる場合があります。

また、旧税率で注文完了した後でも、ショップからの配送が10月1日以降になる場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。購入された商品の税率については、購入履歴の詳細ページをご確認ください。その他の消費税率変更に関する不明点はこちらをご確認ください。

社会的責任[CSR]