全てのジャンル

コロナに負けるな!市を越えて次代を担う子供たちにマスクを配布し、みんなの明るい笑顔を取り戻したい!

社会福祉・医療・健康
現在の寄付額
-
目標金額
20,000,000
さらに 募集中
達成!
寄付者
-
残り
-受付終了
募集期間
2020/05/22(金)10:002020/06/30(火)09:59
返礼品を選んで寄付する

プロジェクトについて

加西市について

気球の飛ぶまち「加西」
気球の飛ぶまち「加西」

加西市は、1300年前に編纂された日本最古の地誌「播磨国風土記」にも記され、古くから人が住み、多くの文化を育んできた歴史あるまちです。古くから温暖な気候で自然災害が少なく、肥沃な土地として知られている加西市は、水稲をはじめ野菜や花きなどの農業が盛んな地域です。

また、兵庫県南部の中央に位置し、都市部からのアクセスがよい加西市は、三洋電機発祥の地でもあることから、関連した地場産業が興こり、今なお高い技術力や蓄積されたノウハウを持つ企業が多く集積する「ものづくり」のまちです。

地域の強みを活かし、みんなで手を取り合って難局を乗り越える

加西市内に本社のある株式会社エポックは、前身は地場産業である「播州織」を営む織物事業者でしたが、大手衣料メーカーとのOEM等により、現在は幅広い縫製業を営んでいます。しかしながら、新型コロナウイルス感染による全国的なマスクの供給不足の状況を憂慮し、地場産事業者である自らがどのようにすれば地域に貢献できるかを考慮した結果、今年4月からマスクの製造を開始しました。

一方、加西市は、北播磨広域定住自立圏を近隣3市1町で形成していますが、新型コロナウイルス感染防止という我々が経験したことのない大きな課題に立ち向かうためには、今まで以上に近隣自治体間での連携及び地域事業者との官民連携が必要になると考えています。

加西市では、社会貢献を目的とした市内事業者との官民連携及び広域自治体間での広域連携により、

● 圏域全ての子供、妊婦及び高齢者に優先してマスクを無償配布
● 子供や妊婦などへの支援による子育てにやさしいまちづくり
● 地域事業者への支援による地域産業の振興

などを実施することにより、この難局を地域全体で乗り越えていき、再び子供たちをはじめとする住民の笑顔あふれる地域を取り戻したいと考えています。

地域の子供たちにマスクを配布したい!

マスクの縫製は1枚ずつ手作業
マスクの縫製は1枚ずつ手作業

加西市は、広域行政の一層の推進を図るため、平成27年度に近隣自治体と北播磨広域定住自立圏(加西市、加東市、西脇市、多可町)を形成しましたが、新型コロナウイルス対策という難局を乗り越えるには地域間の連携が不可欠であるとの考えから、広域の子供たちへのマスクの無償配布を行いたいと考えています。

具体的には、3市1町の中学生以下の子供(約15,000人)、妊婦(約1,000人)、施設等に入所している高齢者(約2,000人)、合計約18,000人に、加西市内の事業所が製造するマスクを無償配布します。

このマスクは、(株)エポックが大手繊維メーカーと共同開発した伸縮性に優れたやわらかい素材を使用しており、老若男女問わず長時間付けてもストレスフリーなフィット感が特徴となっています。また、サイズもS・M・Lと揃えており、世代を問わずに身に着けることができます。

笑顔あふれる地域社会を取り戻したい!

笑顔あふれる子供たち
笑顔あふれる子供たち

新型コロナウイルス感染防止拡大対策により、住民は大幅に行動範囲を制限されており、特に臨時休業により学校に行けない子供や、感染防止に一層注意しなくてはいけない妊婦、さらには感染により重症化が懸念される高齢者は、その行動範囲を一層制限されているため、地域の人と人の繋がりが希薄になってしまっています。そしてこの問題は加西市だけに限らず、多くの自治体に共通の問題となっています。

加西市では近隣自治体と連携し、広域で地域を支え合う体制が整備されています。新型コロナウイルス感染防止という我々が経験したことのない大きな課題に立ち向かう今こそ、加西市が近隣の自治体と手を取り合い、難局を乗り越えていかなければならないと考えます。

そして地場産事業者の(株)エポックと手を取り合い、特に社会的弱者である子供や高齢者にマスクを配布し感染リスクを抑えることにより、人と人の繋がりだけでなく、かつての子供や女性、お年寄りの笑顔があふれる地域社会を取り戻したい。さらに、地域の事業者を支援することにより、地域産業の振興も図っていきたいと考えます。

コロナに負けない強い地域づくりを推進します!

コロナに負けるな!
コロナに負けるな!

地域の活力の源は、言うまでもなくそこに住んでいる「人」であると考えています。そして、新型コロナウイルスという経験したことのない問題に立ち向かうためには、1自治体だけでなく、生活圏も含めた広い地域に住んでいる「人」の元気を取り戻すことが大切であると考えています。

そして、今回のクラウドファンディングでみなさまからいただいた寄付金は、この目的を実現するため、下記の事業に充当させていただきます。

● 圏域全ての子供、妊婦及び高齢者に優先してマスクを無償配布
● 子供や妊婦などへの支援による子育てにやさしいまちづくり
● 地域事業者への支援による地域産業の振興

寄付額を選ぶ

以下の返礼品一覧より、ご希望の寄付額の返礼品をお選びいただき、返礼品ページへお進みください。通常のふるさと納税と同様に「寄付を申込む」ボタンをクリックして手続きすれば寄付が完了いたします。

今回のプロジェクトで配布予定のマスクと同じものを新たな返礼品に加えます。

活動報告

沢山の皆さまからのプロジェクトの応援ありがとうございました。(2020年7月20日更新)

マスクを受け取り、笑顔の子どもたち
マスクを受け取り、笑顔の子どもたち

この度は、兵庫県加西市の楽天クラウドファンディング「コロナに負けるな!市を越えて次代を担う子供たちにマスクを配布し、みんなの明るい笑顔を取り戻したい!」にご支援いただき、誠にありがとうございました。

多くの皆さまのご支援、ご協力により、目標金額を大きく上回るご寄付をいただき、北播磨広域定住自立圏(加西市、加東市、西脇市、多可町)の約18,000人の子ども、妊婦及び高齢者福祉施設に入所している高齢者に約54,000枚のマスクを配布することができました。

これからも新型コロナウイルスに負けない笑顔あふれる元気な地域づくりに努めてまいりますので、引き続き加西市をご支援賜りますようお願い申し上げます。

 

 

楽天ふるさと納税ドキュメンタリーにて、動画公開中!(2020年7月31日リリース)

加西市職員や事業者の思い、実際にこども園にマスクを届けたときの様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。
[ふるさと納税ドキュメンタリー]復興、新たな挑戦へ ~兵庫県加西市~

 

  • 楽天ふるさと納税クラウドファンディング
  • 山形県寒河江市のプロジェクト
  • 山形県寒河江市のプロジェクト
  • 宮崎県美郷町のプロジェクト
  • 滋賀県近江八幡市のプロジェクト
  • 目標金額到達の如何を問わず、返礼品は受け取ることができます。
  • 目標金額到達の如何を問わず、寄付の返金はございません。
  • 目標寄付額に到達しなかった場合、自治体内で頂いた寄付の使い道を検討し、別の事業に活用する場合がございます。
  • 目標寄付額を超えた寄付額分についても、自治体内で頂いた寄付の使い道を検討し、別の事業に活用する場合がございます。
  • プロジェクト開催中であっても、返礼品の内容が変更になる場合がございます。詳細は自治体ページにてご確認ください。
  • 受付期間終了または目標到達前に、自治体または楽天の判断で寄付受付を停止する場合がございます。
  • サイト上の寄付合計額、寄付人数などの実績は、即時反映ではありません。
社会的責任[CSR]