FEATURE 旬の食材を使い切り!“1人前”のプロが教える
買い足しアイデアノート

2021.7.19

食材をいちばん美味しく、栄養もたっぷりといただける「旬」の味覚。せっかくならば思う存分味わいたい!と張り切って買ったのはいいけれど、同じようなメニューが続いて飽きてしまったり、つくり過ぎて余らせてしまったり、というのは自炊料理のあるある。

そこで今回は、この季節になると無性に食べたくなる夏の定番を<お題食材>に設定。そこに組み合わせるだけで料理の幅が広がり、もっと美味しく楽しめる<買い足し食材>を料理系人気YouTuberで料理愛好家のMaiさんに教えてもらいました。1人分から気軽につくれるアレンジレシピもご紹介しているのであわせてチェック!

この人に聞きました!

Mai(まい)

1995年生まれ、料理愛好家。2019年6月にYouTubeチャンネル「1人前食堂」を開始。自分のために作るヘルシーとおいしさを両立したレシピが反響を呼び、チャンネル登録者数は69万人(2021年7月現在)。1人で撮影・編集・ナレーションまでこなし、独特な世界観が20〜40代女性を中心に人気を集めている。著書に『心も体もすっきり整う! 1人前食堂のからだリセットごはん』(マガジンハウス)、『私の心と体が喜ぶ甘やかしごはん』(KADOKAWA)。

お題食材

must!

プロが選んだ買い足しアイテム

Plus!

焼きあご、かつお節、うるめいわし、真昆布の風味をバランスよく引き出した万能和風だし。どんな食材にもマッチして上品で本格的な味わいのお料理が楽しめます。無添加だから身体にも安心。出汁パックで手間も省けるのも魅力。(Mai)

野菜を洗ったり、切ったりする手間が省けるので便利! 歯ごたえもしっかりしていて、いろんなお料理にアレンジできます。(Mai)※11種類から選べる5個セット。今回は「キャベツみそ汁の具」を使用。

国産の小麦粉、やまいも粉を使用してつくられたこだわりのお麩です。山芋の風味、モチモチの歯ごたえが楽しめます。(Mai)

良質な胡麻(ごま)を煎り上げて、伝統的な圧搾製法100%で仕上げた純正胡麻油。濃厚な胡麻の香りが食欲をそそります。タレとして使ったり、スープや炒め物にもピッタリ!(Mai)

本場韓国のコク深い辛さと旨味が楽しめます! 他のコチュジャンに比べて彩りが鮮やかな気がするのも、お気に入りの理由。 (Mai)

※商品情報は2021年7月11日時点の内容です。

プロ直伝!
食材の使い切りアイデア

Idea!

01

つくり過ぎてしまうメニューの代表格、カレーとそうめんを合わせると新鮮な感覚に! お出汁の代わりに豆乳を入れるのでも、まろやかな味わいになって良さそう。カレーの味が良く染み込んだ油揚げは絶品ですよ。

01 出汁カレーつけそうめん
材料(1人前)

  • カレー (にしきや チキンカレーを100g使用)
  • そうめん 1束
  • 乾燥野菜 適量
  • 油揚げ 1/2枚
  • [A]水 1/2カップ
  • [A]出汁パック 1袋
  • [B]しょうゆ 小さじ1
  • [B]みりん 小さじ1
  • 小ねぎ(小口切り) お好みで

作り方

鍋に湯を沸かし、そうめんを袋の表示時間通りに茹でる。茹で上がったら冷水で冷やし、水気を切り器に盛っておく。
油揚げは油抜きし、1cm幅に切る。
鍋に[A]を入れて出汁をつくる。
③に油揚げを入れて中火にかける。調味料[B]とカレーを加えて混ぜながらさらに1~2分煮る。
(お好みで小ねぎをのせて)器に盛りつけて完成。そうめんをつけていただく。

02

ゴーヤーは下処理が大変なイメージがあるかもしれないけれど、一度覚えてしまえばとっても便利な食材です。炒め物以外にもカレーや麺、サラダなどに加えても見た目の彩りも良くなるのでおすすめ。お豆腐の代わりにお麩を使うと、味がしっかり染み込んで弾力のある歯ごたえが楽しめますよ。

02 麩とゴーヤーのチャンプルー
材料(1人前)

  • お麩 3〜4個
  • ゴーヤー 1/3本
  • 塩(ゴーヤー下処理用) ひとつまみ
  • 砂糖(ゴーヤー下処理用) 小さじ1/2
  • 豚バラスライス 50g
  • ごま油 大さじ1/2
  • [A]しょうゆ 小さじ1/2
  • [A]塩コショウ 適量
  • 溶き卵 1個
  • かつお節 お好みで

作り方

麩は水で戻し、軽く水気を絞って食べやすいサイズに切る。
ゴーヤーは縦半分に切り、種とわたを取り除いて5mm程の厚さに切る。塩と砂糖を少々まぶし軽く揉んで5分程置いた後、水でサッとゴーヤーを洗い、水気を拭いておく。
豚肉をひと口大に切る。
熱したフライパンにごま油を入れ、豚肉を中火で2分程炒める。麩とゴーヤーを加えてさらに2分程炒める。
調味料[A]を加えて1分程炒め、溶き卵を加えて半熟状になったら器に盛りつけて完成。お好みでかつお節をかける。

03

ひき肉の代わりにお豆腐でそぼろをつくりました。炭水化物が気になる人は、豆腐をお米の代わりにしても◎。 お腹いっぱい食べたいビビンバ、ヘルシーな食材でつくれば得した気分になれますよね(笑)。夏の定番、枝豆もタンパク質が豊富な食材。マリネや白和えにしてみたり、気分を変えて楽しんで♪

03 干し野菜ナムルと豆腐そぼろのビビンバ
材料(1人前)

  • <干し野菜ナムル>
  • 乾燥野菜 10g
  • [A]ごま油 小さじ1/2
  • [A]しょうゆ 小さじ1/2
  • [A]鶏ガラスープの素 小さじ1/2
  • [A]すりおろしニンニク 1cm
  • [A]白すりごま 小さじ1/2
  •    
  • <枝豆ピリ辛ナムル>
  • 枝豆(むき身) 50g
  • [B]ごま油 小さじ1/2
  • [B]コチュジャン 小さじ1/2
  • [B]ニンニクチューブ 1cm
  • [B]白すりごま 小さじ1/2
  •    
  • <豆腐そぼろ>
  • 豆腐 100g
  • [C]しょうゆ 小さじ1
  • [C]ごま油 小さじ1/2
  • コチュジャン 小さじ1/2
  •    
  • 玄米ごはん お好みで
  • 温泉卵 お好みで

作り方

乾燥野菜を水で戻して水気を切り、調味料[A]で和える。
枝豆は茹で、さやから外したら、調味料[B]で和える。
豆腐はレンジで2分加熱し水切りしたら、ごま油で炒めてそぼろ状にし[C]で味付けをする。
器に玄米を盛りつけ、干し野菜のナムル、豆腐そぼろ、お好みで枝豆、温泉卵を添えたら完成。

※商品情報は2021年7月11日時点の内容です。商品内容の変更や売り切れとなっている場合もございますのでご了承ください

レシピ監修・フードスタイリング:Mai
撮影:猪原悠(TRON)
編集・文:長野宏美

  • facebook
  • twitter
  • line