全てのジャンル

お亡くなりになられてから7日(初七日)、49日(四十九日)、100日(百か日法要)など、 ご家族やご友人が集まって故人を偲ぶ儀式があります。また、亡くなられた日(ご命日)や、毎月の命日と同じ日が祥月命日となります。故人を偲び、追悼の意をお伝えするために、最適なお花をお贈りしましょう。

予算で探す

スタイルで探す

サービスで探す

お悔やみ・お供えの花マナー

【お悔やみのお花】
お花を贈るルールとして、赤色を避けてできるだけ白色でまとめて、トゲのあるバラなどのお花を贈るのは避けるようにしてください。

お通夜まで飾るお花(枕花)
「枕花」の相場は、およそ5000円~10000円になります。お亡くなりになられた方のご親族が、花瓶の用意やお水を変える手間が必要ないように、花束ではなくカゴなどに入ったアレンジメントを贈る方がおすすめです。以前は、白い菊だけを使用した商品が好まれましたが、最近では洋花主体のものも増えました。

通夜~葬儀に贈るお花
通夜や葬儀に参列できず、お花だけでも贈りたいことがあると思います。一昔前までは、斎場がお花を全て取り仕切るという閉鎖的な文化がありました。最近では、外部からのお花を受け入れてくれる斎場も増えましたが、念のため、受け取り可能かどうか、事前に確認されることをおすすめします。お花をお贈りするときは、どなたのご葬儀宛なのかを明記しましょう。最近では「つけばな」と呼ばれる、思い思いのアレンジメントをお贈りすることも多くなりました。予算の相場は、およそ10000円~30000円になります。和花洋花問わず、故人の好きだったお花、清楚にまとめた洋花のカゴのアレンジメントなどを選ぶ方が多いです。

初七日~四十九日に贈るお花について
葬儀が終わり、お亡くなりになられた日から数えて7日目を「初七日(しょなのか)」49日目を「四十九日」(しじゅうくにち)と呼びます。「お亡くなりになられてから7日ごとに、あの世で審判があり合計7回の審判を終えると、死者の魂が成仏する」と言われています。最近では、葬儀当日に初七日を済ませ、四十九日に法要を終える流れが一般的です。

通夜や葬儀に参列できなかった場合には、四十九日にお花を贈られると、故人の親族の方々に喜んでいただけます。四十九日になると、少し色が入ったお花でも良いと思っていただける方、白色でないと言われる方がいます。ご親族の方のお手を煩わせないように、カゴのアレンジメントなどを贈られることがおすすめです。予算の相場は、およそ10000円~15000円になります。

以降の法事/命日に贈るお花について
お亡くなりになられてから100日目を「百か日」、1年で「一周忌」、2年目を「3回忌」と呼びます。三回忌まではしっかりと法要をされる方が多く、日本では昔から「月命日にはお花を飾る習慣」が根付いています。

四十九日を過ぎると「喪が明ける」と言われ、色の入ったお花を飾ることも歓迎されるようになります。しかし、故人が若くして亡くなられた場合は、白を貴重としたお花を好む方が多いです。お花をお贈りするタイミングは、一周忌と三回忌が一般的です。予算の相場は、お付き合いの程度にもよりますが、大変お世話になっている方やご親族の場合には10000円~、そうでなければ5000円~6000円ほどになります。


【お供えのお花】
仏壇やお墓に飾るお花について
そもそも、なぜ、お仏壇やお墓にお花を飾る必要があるのでしょうか?故人を偲ぶお供え物であれば、食べ物、宝石、ぬいぐるみだっていいのではないのか?と思われたことはないでしょうか。 仏教では、「人は死ぬことによって仏になる」「仏になるための修行が始まる」と考えられています。
香華灯明(こうげとうみょう)と呼ばれる故人へのお供え物は、仏様への最高のお供え物
とされています。
香お線香の・・・香りを焚き、「空間を清め心を落ち着かせます」
華・・・「仏様への慈悲を表す」という意味でお花を飾ります
灯明・・・仏様の「教え」を表し、「仏様の教えで心を照らします」

また、関東と関西では、お墓やお仏壇に飾るお花の長さが違います。関西は、短い仕立てで、下草と呼ばれる榊(サカキ)に似た葉を背中に入れます。関東では、長い仕立てで、菊を中心に5本程度になります。 関西の仏花(墓花)は切らずにそのまま飾りますが、関東の仏花(墓花)は、花瓶の高さに合わせて自分で丈を揃えます。
予算の相場は、およそ500円~1500円になります。 また、お正月には仏花に松を入れたり、お盆の時にはほおづきを入れたりします。

お供え・お悔やみの花のマナーについて教えてくださったSHOPはこちら♪♪



ゲキハナ 感激安心のお花屋さん

注目の特集

ラン・胡蝶蘭

季節のフラワーギフト市場

プリザーブドフラワー特集

社会的責任[CSR]