全てのジャンル

セレクトショップ「ジロモンド」ジローラモに訊く カッコイイ父親のための3原則

ジローラモパンツェッタが語る3つの原則。
格好いい父親になるために。

『楽しさ』『挑戦』『自信』

同じスーツでも自由奔放に楽しめない方々へ。
自分の気持ちに合わせて楽しく選んで、
組み合わせて着飾る方法を知る父の日スペシャル企画!

giromondo

ほんの少しの意識で「カッコイイ見た目」を手に入れる

「自分はおしゃれではない」と思っている
お父さんがセンスを磨くには?

私は服を選ぶとき、「今日はどこに行くのか」を考えます。例えば今日スーツを着ているのは今夜、大使館のイベントに行くためです。イタリアではブルーがシンボルカラーで大統領の車もブルー、大統領に会いに行くときはブルーのネクタイを締めます。だから私もブルーのネクタイにしました。スーツは丈が短めのスタイリッシュなものだし、アクセサリーはたくさん付けると下品なので付けるのは時計だけ。そうやって私は普段から“ルールやマナーを守った遊び心のあるファッション”を心がけています。

仕事でスーツを着る人ならネクタイの色や柄を変えたり、ポケットチーフを入れたり、靴の色を変えたりするとちょっと会社に行くのが楽しくなると思いますよ。
日本人はファッションに対する目は肥えているけど、遊び心が足りないと思います。例えば服を買っても同じ服でしか合わせないからワンパターンになっちゃう。
イタリア人は服を買うとき家にある服と4〜5パターンの組み合わせを考えます。
そこには服をたくさん買うお金がないから上手に着回さなきゃいけないという理由があるのですが、やればやるほど組み合わせが上手になってセンスが磨かれるんです。

センスを磨くためには雑誌を読むのもオススメです。雑誌で紹介するのは高い服ばかりでなかなか手が出ませんが、それを見本に似たデザインの服を探してコーディネートすればいいんです。そもそもおしゃれでいるために服が高いか安いかなんて重要じゃないし、高いものと安いものを上手にミックスして着回せる人はカッコイイなと思います。

カッコイイ父親は「内面」も輝いてこそ!

ジローラモさんが考える
カッコイイお父さんとは?

僕にとっては男らしさがあって、会社に通って仕事して、お金をちょっと儲けて、しっかり家族の面倒を見て……あとは自分の心のなかに、いつまでも子どもらしさを持っている人ですね。子どもらしさをなくしてしまうと、その人がつまらなくなると思うんです。だから子どもの自分を大事にして遊べる人がやんちゃでおちゃめでカッコイイお父さんなのかなって。だから世のお父さんたちには家族や仕事のことだけじゃなくて、たまには自分のことを考えてもらいたいですね。友達と遊ぶこともそうだし、趣味を真剣に楽しむことで、自分が輝ける場所を見つけるのは大事なことだと思います。

私の20代の友達はお父さんが僕と同じぐらいの年齢なんですけど「うちのお父さんがこんなだったら自慢できるのに……」ってよく言われるんです。でもお父さんにだってカッコイイところはあるのに “オヤジ”としてしか見ていないだけ(笑)。ぜひ今年の父の日に普段お父さんが選ばない色や組み合わせの服をプレゼントしてみてください。家族はお父さんの新しいカッコ良さを発見できるし、お父さん自身が内面から輝くきっかけにもなるかもしれません。そうやって日本のお父さんがどんどん明るくなればいいですね。

トレンドと定番を抑えてワンランク上の父親に

ずばり今年のトレンドは?

今はビンテージミックスが流行っています。なかでもアメリカのビンテージとイタリアのクラシックなアイテムをミックスするのがイケてるスタイルですね。明日からロサンゼルスに行くんですけど、むこうでビンテージマーケットに行ってイタリアのブランドとミックスさせてコーディネートをする予定です。

ビンテージのなかでもミリタリージャケットは今年使えるアイテムだと思います。
ワイルドな印象なのでお父さんたちはちょっと手を出しにくいかもしれませんが、白シャツや白いズボンを持ってきたり、クラシックなサマーセーターを腰に巻いたりすると爽やかなイメージになります。ポイントは“外す”こと。あとはボーダーのシャツも今年いろんな雑誌に載っていて人気です。Vネックのベストも今年一番のトレンドで、ファッションブランドはこぞって出しています。そのなかでも夏は白がオススメです。インナーに白シャツを合わせると爽やかな印象になりますよ。

今買うと5年後、10年後も使える
定番として持つべきアイテムは?

スエードのジャケットは長持ちするのでオススメです。使えば使うほど色が変わってきて古くなるほどにもっとカッコ良くなるので、長く使えると思いますよ。私はラムスキンのジャケットを飛行機に乗るときに持って行きます。空の上は寒いので、柔らかくて着心地の良いラムジャケットは重宝します。サファリジャケットなんかもあると便利です。シワになりにくくて軽いので持ち歩きやすいし、夏場クーラーが寒いときなんかにちょっと羽織ってもカッコイイ。私はクーラーが好きじゃないので夏でもいつも羽織ものを持っているんですけど、クラシカルな印象なのでシャツやネクタイを締めてもおかしくないしジーンズでも合うし、簡単にいろんな組み合わせができるんです。休みの日に家族と一緒にデパート行ったりとか、ドライビングしたり、バーベキューに行ったりするときとか、どんなシーンにもマッチしますよ。

「カッコイイ父親」は今日からなれる

どうやったらカッコイイ父親になれる?

日本のお父さんはしっかり家族の面倒を見ようという責任感があってカッコイイと思います。でももったいないのは、あまり父子のコミュニケーションを取らないですよね。娘と話ししたいけど話せないっていうお父さんの話をよく聞きます。
イタリアの場合父子の関係がもっと近くて、夜は家族で一緒にご飯を食べるし、昼も一緒に食べる家も多いのでコミュニケーションを取れるんです。日本も家族の時間が増えたら父子の関係も変わるんじゃないかなと思います。

カッコイイ父親でいるために外見で
気をつけるべきことは?

自分に似合うものを決めつけないことです。普通の人は一度自分にブルーが合うと思ったらずっとブルーだけを使い続けて、違う色を選ぼうとしないんです。だけど他の色も似合う可能性はあります。だから色選びにしても、服装にしても自分はこれだと決めないで普段やってないことにチャレンジしてほしいです。髪の色だってそうです。
年を取っても若い頃と同じ髪の色をしている人がいますけど、歳を重ねたぶん自分のイメージも変えていく必要があるんです。カッコ良く年を取るためには、ひとつのスタイルにこだわるのでなく、自分の年齢に合わせてスタイルを変えていくフレキシブルさが大切なんだと思います。

  • giromondo
  • - ジロモンド 店舗紹介 -

    クオリティとスタイルが検証されたブランドにおいて<あのジローラモが>直接セレクトし、
    そしてスタイリングのヒントまでも知ることができる、上記企画展の商品はすべて今すぐ購入が可能!

みんなが選んでいる、人気の父の日ギフトをチェック

※ランキングデータ集計時点での販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・ポイント倍数・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

※掲載されている商品内容及び商品説明は、各出店店舗の責任によるものであり、楽天市場はその内容について何ら保証、推奨するものではありません。

【楽天市場の季節イベント】
【楽天市場】父の日ギフト・プレゼント特集│カッコイイ父親のための3原則
社会的責任[CSR]