全てのジャンル

スニーカーベストドレッサー賞

2018年2月22日に、スニーカーを素敵に履きこなしている著名人を表彰するスニーカーベストドレッサー賞が開催されました。
当日の様子を紹介するともに、楽天で購入できるスニーカーをご紹介いたします。

スニーカーベストドレッサー賞とは

SNEAKER BEST DRESSER AWARD2018

笑顔あふれるwellnessな生活を!!このようなライフスタイルの実現に向けて様々な活動をしている一般社団法人ウェルネスウェンズデー協会(代表理事:鈴木 努)はその活動のひとつとして「身体に負担をかけない、歩きやすいスニーカーで通勤しよう!」を提唱しています。2月22日(スニーカーの日)にちなんで、「スニーカーが似合う」「今後スニーカーを履いて欲しい」「スニーカーの需要喚起に貢献してくれた」方に贈られる賞として、発表イベントが実施されました。

イベントの様子

記念すべき第1回目の受賞者は、【芸能部門】はクロスフィットトレーナー/フィットネスモデルとして活躍するAYAさん、ファッションセンスの高さから様々なブランドとコラボしている高橋愛さん、俳優として人気沸騰中の古川雄輝さん、スニーカー芸人のレイザーラモンRGさん、【スポーツ部門】ではテニスプレーヤーの伊達公子さん、さらに特別賞としてスポーツ庁長官の鈴木大地さんに送られました。

  • 「トレーニングのときも、プライベートなときも一緒のスニーカーは、『相棒』。」
    トレーニングに応じてスニーカーを使い分けるなどこだわりについて語ったAYAさん。

  • 記念すべき一回目の一人目の受賞者となれたことに喜びをかみしめつつ、「モーニング娘。の時からレッスンには常に欠かせない存在だったスニーカー。」と振り返り、「ファッションを通じてコンプレックスさえも楽しさに変えてくれるパワーも伝えていけたら。」と高橋愛さん。

  • 登壇された際に着用していたモノトーンのスニーカーに合わせて、当日は全身も色味を統一し、フード付のアイテムを取り入れてスポーティにしたとコーディネートについて語る古川雄輝さん。

  • 当日、オリンピックが開催されている平昌(ピョンチャン)から帰国をしたそうで、「日本の選手が韓国で大変頑張っており、改めてスポーツの力は非常に強いなと感じた。歩くこともスポーツ。健康に、楽しくスポーツに触れ合ってもらいたい。」と語る鈴木氏。

受賞者紹介

  • 芸能部門

    レイザーラモンRG

    スニーカーは月4〜5足は購入していて大切にしている。汚れないか、など仕事の内容も意識してその日のスニーカーを選んでいる。リュックには常に2足は入れていますね。

  • 芸能部門

    AYA

    私にとってスニーカーは、共に過ごす時間がとても長いのでもはや"相棒"です。トレーニング中でもスニーカーを見ると力がもらえる。

  • 芸能部門

    高橋 愛

    スニーカーはファッションの中でもはずしアイテムとして使用することで、コーディネートの幅を広げることができ、さらにファッションを楽しむことができます。

  • 芸能部門

    古川 雄輝

    スポーツ、ファッション、収集など色々な楽しみ方があるところが好きです。次の日の服装は、履きたいスニーカーを決めてからコーディネートを組みます。

  • スポーツ部門

    伊達 公子

    スニーカーによって自分らしく、ポジティブに強くしてくれる。コートの中でもプライベートでもほとんどスニーカーとともに過ごしてきた私にとって、スニーカーは自分の一部。

  • 特別賞
    鈴木 大地

    スポーツ庁長官 鈴木 大地

    国民の皆様には日常的にスポーツに触れ合ってほしいという想い。忙しい中でもライフスタイルに歩くこと、スポーツをすることで健康につなげていただきたい。

協賛企業

社会的責任[CSR]