mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2022/5/9更新

雨の日の子どもとの過ごし方アイデア!楽しく過ごせる工夫を紹介

雨の日は、外遊びができず、子どもの機嫌が悪くなってしまうこともあるかもしれません。この記事では、雨の日でも楽しく遊べる過ごし方をご紹介しますのでぜひお役立てください

雨の日は室内で過ごす時間が増えるもの。しかし、雨の日が続くと、お子さんとの遊びのネタが尽きてしまうことも。
そこで、この記事では、子どもと雨の日を楽しむための過ごし方のアイデアを多数ご紹介します。室内遊びのレパートリーを増やしたいママ・パパは、ぜひこの記事をお役立てください。

お家でも楽しく♪雨の日の過ごし方5選

雨の日は外に出られず、子どもは退屈してしまうことがありますよね。そして親も、エネルギーを持て余した子どもの相手にお困りかもしれません。
ここでは、お家の中で、大人も子どもも楽しめる5つの過ごし方をご紹介します。

大きい模造紙でお絵描き

室内遊びの定番「お絵描き」は、少しの工夫を加えることで、大人も一緒に楽しめます。

例えば、大きなサイズの紙や画用紙に子どもを寝かせ、体の線に沿って縁取りをし、等身大の似顔絵を描いてみるのはいかがでしょうか。併せて、着せてみたい衣装を描けば、子どもの分身をドレスアップさせて楽しむこともできます。ほかにも「どんなお家に住みたいか」といったお題を決めて絵を描いたり、普段のお絵描きでは使わせられない、絵の具にチャレンジしてみたりするのもおすすめ。

仕事や家事で忙しくて一緒に遊んであげられないときは、いつもより少し大きな紙や画用紙を渡すだけでもOKです。普段と違うサイズ感でのお絵描きに、子どもはワクワクすることでしょう。

お絵描きは子どもの想像力や集中力、芸術性の向上に役立ちます。雨の日もそうでない日も、積極的に取り入れてみましょう。

ごっこ遊び

ごっこ遊びにも、子どもの成長を促す効果が期待できます。
役柄になりきることで、その役の人の気持ちを考える想像力、与えられた役に必要な行動をする協調性が身につきます。例えば、お店やさんごっこなら「物を買うにはお金が必要なこと」「物を買ってくれた人にありがとうを言うこと」などを知るきっかけになります。社会性を育むのにも効果的です。

ごっこ遊びで使うアイテムやお店の商品は、新聞紙や折り紙、ねんどなどを使って一から手作りすれば、手先の発達にも役立つでしょう。
とは言っても、「子どもとのごっこ遊びは面倒くさい」と感じるママ・パパもいるかもしれません。そのようなときは、お昼ご飯や夜ご飯を食卓に並べてもらう「店員さんごっこ」をすれば、お手伝いにもなり一石二鳥です。

ごっこ遊びは役割を変えるだけでレパートリーが増えるため、飽きにくいです。雨の日の過ごし方に、ぜひ取り入れてみてください。

積み木やパズルなどの知育玩具遊び

雨の日は、家にある知育玩具が役立つタイミングです。遊びながら、子どもの発育を促しましょう。
積み木なら、いろいろな形を使って物を作る発想力、崩れないように積み上げるバランス力や集中力が養われます。パズルは過去にやったことがあるものなら、完成図を思い出す記憶力を、初めてチャレンジするものなら完成図を思い浮かべる想像力が必要です。その他にも、知育玩具には物事をいろいろな方向から考える力・手先の器用さなどが育つことが期待できます。

とは言え、遊び慣れたおもちゃの場合、子どもの食いつきがイマイチになることも。そんなときは、おもちゃを手作りしてみてはいかがでしょうか。
手作りといっても、わざわざ雨の日に材料を買いに出る必要はありません。ご自宅にある日用品を再利用すればOKです。ペットボトルに水を入れてボーリングのピンに見立てたり、セロテープや紐、電池などを使ってピタゴラ装置を作ったりなど、簡単にできるおもちゃで遊んでみましょう。

0〜1歳ほどの小さなお子さん向けに、おもちゃを作る方法については、「赤ちゃんの手作りおもちゃ♪フェルトやペットボトルで簡単&0歳から安心して使える!」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。

見慣れた日用品が姿形を変えて遊べるようになる様は、子どもにとって新鮮そのもの。市販のおもちゃよりもよく遊んでくれることが期待できます。

子どもと一緒にクッキング(料理・お菓子づくり)

お店ごっこの延長で、子どもと一緒に簡単な料理にチャレンジするのも、雨の日におすすめの過ごし方です。普段はできないことをやらせてもらえた経験は、退屈だったはずの雨の日を、特別な一日へと変えてくれるかも?

料理にチャレンジさせることで得られるメリットもあります。例えば、食べ物ができるまでの過程を知り、食への関心を高める効果が期待できるでしょう。さらに、好き嫌いが減る、食べ物を尊ぶ気持ちが育まれるなどの二次的な効果が得られる可能性もあります。これまで知らなかった料理の世界を知れば、将来の夢の選択肢が増えるかもしれません。

ただし、火や刃物を使う料理をする場合は、火傷や指のケガなどに注意が必要してください。電子レンジだけで作れるプリンや蒸しパンケーキ、ゼリーなどであれば、火傷やケガの心配も少ないです。まだ小さなお子さんでも、安心して一緒にチャレンジができるでしょう。

ボードゲーム

遊びのルールを覚えられる年齢のお子さんであれば、親子でボードゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。
ボードゲームは、コミュニケーションを取りながら遊んだり、ルールのもとで戦術を考えたりと、人間性と知性の両方を磨けます。また、定番のオセロ、すごろくなどは難しいルールがないため、年齢の低いお子さんでも遊びやすいです。すごろくは手作りをして、自分たちらしいコマやマスを用意するのも楽しいでしょう。

ボードゲームはルールさえ覚えてしまえば長く遊べるため、雨の日用にいくつか用意しておくことをおすすめします。

雨の日に外出するならどこ?おすすめスポットを紹介

雨の日に、あえて外出するのもおすすめです。天気の影響を受けずに、休日の外出を楽しめる場所はたくさんあります。
ここでは、雨の日にこそ出かけたい、おすすめのスポットをご紹介します。

水族館・博物館・図書館など

水族館、博物館、図書館などは雨の日にこそ出かけたい場所です。屋内施設なので天候に左右されず、小さな子どもから大人まで楽しめます。

また、これらの場所で得るものは「楽しい」だけではありません。○○館と名が付く場所は知識の宝庫。楽しみながらも新しいことを知れたり、普段の生活では出会うことのないものに触れたり、子どもの経験と感性、知能を育てるのに効果的な場所です。

屋内アスレチック・スポーツ施設など

雨の日でも体を動かしたい、という元気なお子さんがいる家庭は、屋内のスポーツ施設に出かけてみてはいかがでしょうか。

屋内スポーツ施設にはさまざまな種類があります。例えば、ボルダリング場やバッティングセンターなど、ひとつの種目に絞って時間貸しをする施設。または、室内アスレチックのように、さまざまな種類の遊具や器具を使い、たくさんの運動ができる場所もあります。お子さんの好みや年齢に合う場所を選べば、雨が降っているのも忘れて、1日中楽しめるでしょう。体を動かすことに夢中になれば、親がそばにいなくても気にならず、「ママ・パパは見ているだけでOK」な状態になるかもしれません。

しかし、ケガには要注意。限られたスペースで体を思いっきり動かせば、本人の危険はもちろん、周りのお友達にも被害が及ぶ可能性があります。時々、声をかけたり様子を見たりしながら、危険なことはさせないようにしてケガを防止しましょう。

ショッピングセンター・ゲームセンターなど

屋内施設でのお買い物や、ゲームセンターなどを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
屋内ショッピングは大人だけが楽しいこととは限りません。子ども服が多めのファッションビル、コインで何度でも遊べるようなコストパフォーマンスのよいゲームセンターがある場所などを選べば、子どもも一緒に楽しめます。

ただし、ついつい財布の紐が緩むことにはご注意を。「予算内で家族全員分の買い物をする」という目標を立てて、ゲーム感覚でショッピングするのもおすすめです。

まとめ 【ママ・パパ必見】お得な特典が盛りだくさん!無料の楽天ママ割に登録を♪

雨の日の過ごし方に頭を抱えるママ・パパは少なくありません。しかしせっかくの休日は、雨であろうと思いっきり楽しみたいものです。

視点を変えれば、雨が降っている日は普段はできない遊びができる日。ご紹介した過ごし方を取り入れて、家族で雨の日を豊かなものに変えてみてください。

さて、お子さんのいる全てのママ・パパや、妊婦さんにおすすめの楽天のお得なサービス「楽天ママ割」をご存知でしょうか?

楽天ママ割に無料登録をすれば、妊娠の月数やお子さんの年齢に合わせたサンプルボックスや、習い事に必要なアイテムを購入する際にも役立つ、メンバー限定のクーポンをもらうことができます。この機会に、楽天ママ割の利用も検討してはいかがでしょうか?

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook