mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2021/2/5更新

安産祈願の初穂料はいくら?のし袋の正しい書き方やマナーを解説!

戌の日に安産祈願を予定しているママ・パパもいるでしょう。しかし初めての場合などは、初穂料をいくら納める?誰が払う?などギモンも多いはず。そこで、初穂料の相場や、のし袋の書き方、お札の入れ方など、安産祈願の初穂料やのし袋に関する基本をわかりやすく解説します。

戌の日の安産祈願「初穂料」とは?

戌(=犬)はお産が軽く、一度にたくさん子犬を産むことから安産の象徴とされてきました。そのため、安定期に入る妊娠5カ月目、最初の戌の日に母子ともに無事に出産できるようにとお参りする「戌の日の参り」が慣習とされてきました。

多くの神社では随時、安産祈願などのご祈祷を受け付けていますが、予約が必要な神社もあります。また、安産祈願で有名な神社や、戌の日と大安が重なるタイミングなどは、参拝者で混み合い、祈祷まで長時間待機することも。体調を崩しては本末転倒ですので、事前に予約しておくと安心です。

今年の戌の日一覧については「安産祈願はいつ行うべき?持ち物や予算、人気の神社についても紹介! 」の記事でご紹介していますのでぜひご覧ください。

初穂料とは神社などでご祈祷に対してお供えする祈祷料のことを言います。ご祈祷を受けない通常の参拝の場合は、お賽銭になります。似ている意味で、玉串や榊の代わりにお供えする「玉串料」などもあります。

初穂料の始まりは、古くから日本で行われてきた「その年に収穫した稲穂を神様にお供えする習慣」からとされています。その年「初」めての稲「穂」という意味で「初穂」と呼ばれはじめるように。やがて初穂といえば神様にお供えするものという考えが広まり、神様にお供えするお金を初穂料と呼ぶようになりました。

安産祈願の初穂料はいくらが相場?誰が払う?

安産祈願の際、いざ初穂料を用意しようと思っても、いくら包めばよいのか悩みますよね。また、ご夫婦だけでなく、両家のご両親も一緒にお参りする場合、誰が初穂料を用意するか迷うこともあるでしょう。ここでは初穂料の相場や支払う人、初穂料を神社の方に渡すタイミングについて解説します。赤ちゃんが生まれたあとのお宮参りの参考にもしていただければと思います。

■初穂料はいくら包めばいいの?

神社によっては初穂料の金額が決まっているところもあります。ホームページや電話で事前に確認するとよいでしょう。電話で確かめる場合は「安産祈願の初穂料はいくら納めればいいでしょう?」と聞いて問題ありません。それでも「お気持ちで」などと言われることもあります。

その場合は、初穂料の相場である5,000円程度を用意しましょう。もし、祈祷後にお札やお守り、腹帯などの贈与物をいただけける場合は1万円程度を用意するとよいでしょう。贈与物があるかどうかについてはホームページなどから確認しましょう。ただし、祈祷を受ける人数が増える場合には1万円以上納める場合もあります。ご夫婦だけではなく、両家の両親などとお参りする場合は注意してください。

初穂料はお札1枚にした方がよいといわれることもあります。絶対ではありませんが1,000円札ではなく、5,000円札や1万円札を用意できるとなおいいですね。

■初穂料は誰が支払うの?

初穂料を支払う人というのは決まっていません。夫婦が支払う場合が多いようですが、両家の両親が「支払いたい」と言ってくれたら、甘えてしまってよいでしょう。お参り当日に慌てたり、揉めたりしてしまったりすることがないよう、事前に相談して決めておき、スムーズにお参りができるようにしたいものです。例えば、父方の両親が初穂料を負担してくれたら、母方の両親がその後の食事会の支払いをするなど。それぞれの想いや考えがあると思いますので、なるべくみんながよい気持ちでお参りできるように努めましょう。

■初穂料を渡すタイミングは?

初穂料はいつ渡すのが正解なのでしょうか。流れとしては、神社を訪れたらまず社務所などの受付で安産祈願の祈祷を受けたいことを伝えます。そうすると、申し込み用紙などを渡されるので受け取り、記入します。この申し込み用紙を神社の方に渡す際に、初穂料を納めるのが一般的です。このときに「初穂料です、お供えください」と言葉を添えるといいですね。

初穂料はのし袋やふくさに包むべき?新札がいい?お札の向きは?

普段あまり使うことのないのし袋をどのように扱えばよいのでしょう。ここではのし袋の扱いや包むお札について詳しく解説します。

■初穂料はどうやって渡すの?

初穂料は神様にお供えするものですので、その場でお財布からお金を直接出すのはNG。さきほどお伝えした通り、初穂料は事前に準備しておき、のし袋や白い封筒などに包んで渡すのがマナーです。のし袋に入れてふくさで包むとより丁寧でよいでしょう。
ふくさとはのし袋を汚さないためと、謹んでお渡しするという気持ちを込めて使うもので、絹やちりめんでできた四角い布のことです。ふくさは必須ではありませんが、手元にあるようなら利用しましょう。

■のし袋の種類は何を選べばいい?

のし袋によって、水引きのバリエーションは様々です。安産祈願のときには水引きが紅白の蝶結びになっているものを選びましょう。何度結んでもほどけ、またあるようにということから何度あってもよいお祝いごとのときに蝶結びの水引きを使います。1万円以下であれば水引が印刷されているタイプのものでも大丈夫。文房具店のほかコンビニや100円ショップなどで用意することができるので、書き損じに備えて多めに買っておくと安心です。

■初穂料のお札に決まりがあるの?

初穂料は新札でなければいけないということはありません。しかし「この日のために用意をしてきました」という気持ちを表すために新札、もしくはきれいなお札を用意しましょう。

お札の入れ方はのし袋に入れるときも封筒に入れるときも基本的に同じです。お札を入れるときは袋の表とお札の(肖像画が描かれている)表を合わせ、肖像画が最初に出る向きにして入れるのがマナーです。

安産祈願の初穂料「のし袋」の正しい書き方!「中袋がない」ときの書き方も

のし袋とお札を用意したら表書きと中袋に必要なことを書きましょう。書き方は型が決まっているのでその通りに書けば失敗ありません。のし袋の表書きの書き方を詳しく解説します。

■初穂料「のし袋」の正しい書き方

のし袋の表書きも中袋も毛筆を使い楷書で文字を書くのが基本です。ただ慣れない人には扱いが難しいので筆ペンを使うとよいでしょう。ボールペンや万年筆、カラーペンなどを使うのはマナーに反するので避けてくださいね。

のし袋の外袋は水引きを境に上半分を上段、下半分を下段とすると、上段には何のためのお金かということを書くため、戌の日のお参りであれば「初穂料」または「御初穂料」と書きます。

下段にはそのお金を納める人の名前を書きます。夫婦連名の場合はフルネームで、中央右寄りにパパのフルネーム、左側にママの名前を並べて書くようにしてください。フルネームではなく姓だけを書いてもかまいません。そのときは下段の中央に書きます。上段の文字はやや大きく、下段の文字はやや小さく書くように気をつけましょう。

のし袋の中袋の封筒の表面中央に「金◯◯円」と納める金額を書きます。このとき「壱(一)」「弐(ニ)」「参(三)」「伍(五)」「阡(千)」「萬(万)」といった大字と呼ばれる漢字を使うといいでしょう。金額を後から書き換えるなど不正がないように、習慣的にこのような難しい漢字が使われています。そして裏面には住所を書きます。裏面の左下に縦書きで書きましょう。

■初穂料「中袋がないのし袋」の書き方

のし袋に中袋がない場合も基本は中袋があるのし袋と書き方は同じです。

のし袋に中袋がない場合も基本は中袋があるのし袋と書き方は同じです。水引きを境に上半分を上段、下半分を下段とすると、上段には何のためのお金かということを書くため、戌の日のお参りであれば「初穂料」または「御初穂料」と書きます。

下段にはそのお金を納める人の名前を書きます。夫婦連名の場合はフルネームで、中央右寄りにパパのフルネーム、左側にママの名前を並べて書くようにしてください。フルネームではなく姓だけを書いてもかまいません。そのときは下段の中央に書きます。上段の文字はやや大きく、下段の文字はやや小さく書くように気をつけましょう。

封筒の裏書には供える金額と住所を書きます。封筒の左下に左が住所、右が金額となるようにそろえて書きます。このときも「壱(一)」「弐(ニ)」「参(三)」「伍(五)」「阡(千)」「萬(万)」といった大字と呼ばれる漢字を使うといいでしょう。

妊娠中に役立つサンプルボックスを毎月プレゼント中!無料の楽天ママ割に登録を♪

安産祈願の戌の日参りというキーワードは知っていても、いざ自分がお参りするとなるとわからないこと、迷うことがあると思います。相手に敬意を払うという意味で抑えたいマナーはありますが、あまり難しく考えなくても大丈夫。ママとお腹の中の赤ちゃんが健やかでいることが一番大切です。戌の日参りがすてきな1日になるといいですね。

妊娠中のママや、パパにおすすめしたいのが、楽天のお得なサービス「楽天ママ割」です。楽天ママ割に無料登録&エントリーすると、妊娠の月数やお子さんの月齢などに応じた「サンプルボックス」が抽選でもらえます。ほかにも、楽天市場でのお買い物がお得になるママ割メンバー限定のクーポンなどもゲットできます。登録は3ステップでとっても簡単。より充実したマタニティ・ママライフのためにも、ぜひ一度「楽天ママ割」をチェックしてみてください!

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook