mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2021/4/21更新

簡単で使いやすい!おっぱいトラブル時にも活躍。新しくなった「ハーモニー手動さく乳器」が母乳育児をサポート♪

出産後、母乳や母乳育児にお悩みをもつ方も少なくありません。記事では、母乳育児のお悩みを軽減してくれる「さく乳器」の選び方や使い方を解説。さらに、世界中の病産院や先輩ママに選ばれるスイス発のさく乳器ブランド「メデラ」の新製品「ハーモニー手動さく乳器」もご紹介します。また、ページの最後にはお得なセットについてもご案内しています。最後までご覧ください!

出産後、母乳は自然に出るものと思っていた人もいるでしょう。でも、実際には母乳や母乳育児に関するお悩みは、とても多いのが現状です。

特に、母乳育児を開始した最初の頃は、赤ちゃんがうまくおっぱいを吸えないことでおっぱいにトラブルを抱えたり、母乳の量が少なくて赤ちゃんの体重がうまく増えなかったりすることも。母乳育児が軌道に乗ってからも、おっぱいが張ったり、母乳の出が良すぎて、食事に気を付ける必要が出たり、寝不足になってしまったりと、いろいろなトラブルに見舞われるママも少なくありません。

そんな母乳育児のお悩みを軽減してくれるのが「さく乳器」です。この記事では、さく乳器の選び方や使い方などとともに、世界中の病産院や先輩ママに選ばれるスイス発のさく乳器ブランド「メデラ」の新製品「ハーモニー手動さく乳器」をご紹介します。授乳中に気になる乳頭ケアにも触れますので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

さく乳器とは?どんなときに必要?

赤ちゃんにとって、母乳は栄養満点のごはんです。大切な我が子のために、「できるだけ母乳を飲ませたい」と考えるママも多いでしょう。そんなママのお助けアイテムが「さく乳器」です。手動や、電動などさまざまなタイプを、世界中の育児メーカーやブランドが販売しています。

でも、「実際のところ、さく乳器っているの?」と考えるママもいるかもしれません。さく乳器は、全てのママが必ず使うアイテムではありませんが、次のような状況で活躍してくれます。

●母乳量を維持したい
●直接おっぱいをあげられない(ママまたは赤ちゃんが入院している/親に預けているなど)
●乳腺炎を予防したい
●毎回手でさく乳するのが大変/手で搾るとおっぱいが痛くなる
●赤ちゃんの哺乳力が弱く、十分な母乳をあげられない

これらのように、直接授乳ができないときや、さく乳した母乳をパパが授乳する場合などにも、便利なアイテムです。

さく乳方法の種類と違い、さく乳器の選び方も紹介

さく乳には、手で直接母乳を搾る「手さく乳」と、さく乳器を使う方法があります。手でさく乳するのと、さく乳器を使用するのではどのような違いがあるか、みていきましょう。

■手さく乳の特徴は?メリット・デメリットは?

手さく乳は、哺乳瓶などの容器さえあれば、別途アイテムを購入する必要がなく、経済的なのが大きなメリットです。

一方、「さく乳に時間がかかる」「慣れるのにコツがいる」「やり過ぎすると手やおっぱいが痛くなる」といったデメリットがあります。母乳育児にこだわりたいママは、身体の負担が少ないさく乳器を活用するのがおすすめです。

■さく乳器の特徴は?メリット・デメリットは?

母乳育児製品メーカーである「メデラ」が2020年に日本で行った調査では、20歳から44歳までのママの96%がさく乳器を知っており、そのうち60%が「利用経験がある」、47%が「購入したことがある」ということが分かっています。つまり2人に1人のママが、さく乳器を買ったり使ったりした経験があるようです。

そんなさく乳器には、「手動タイプ」と「電動タイプ」の2種類があります。それぞれの特徴とメリット・デメリットは、以下の通りです。

■手動タイプの特徴とメリット・デメリット

●手を汚さずにさく乳できる
●電動タイプに比べて安価
●電源不要でどこでも使える
●使用毎に洗浄し、1日1回消毒が必要

さく乳器の使用頻度が比較的少ないママには、手動タイプがおすすめ。たとえ手動であっても、手さく乳に比べると手が疲れにくく、効率的に母乳を搾れます。特段デメリットはありませんが、使用毎に洗浄し、1日1回消毒が必要。これは電動タイプも同様です。

■電動タイプの特徴とメリット・デメリット

●手を汚さずにさく乳できる/手が疲れない
●吸引力を微調整できる
●手動に比べ、効率的にさく乳できる
●手動タイプに比べてやや割高
●一度に 両方のおっぱいからさく乳できるので時短になる(ダブルポンプさく乳器 のみ)
●レンタルできる機種もある
●使用毎に洗浄し、1日1回消毒が必要

電動タイプは、1日に何度もさく乳する “完母育児” を目指すママ、あるいは、さく乳時間を減らして赤ちゃんと過ごす時間を増やしたいママにおすすめ。特にダブルポンプさく乳器では、片胸ずつ交互にさく乳する場合よりも、さく乳時間は半分。しかも脂肪分を多く含む母乳をより多くさく乳することができます。また電動タイプは、最適なさく乳リズムと圧を自動で作り出してくれるので簡単に効率的にさく乳できるのが魅力です。

半面、手動タイプに比べて電動タイプは高価です。さく乳器を使う頻度やライフスタイルなどに合わせて、どのタイプを選ぶかシュミレーションしてみるのをお勧めします。自宅はともかく、出先で使うのは難しいかもしれません。その場合、軽量かつコンパクトな、手動タイプのさく乳器を持ち歩くのがおすすめです。

直接授乳が多いママにも◎簡単で使いやすい!手動さく乳器はメデラ「ハーモニー手動さく乳器」

「結局どのさく乳器を選べばいいの……?」とお困りのママには、多数の先輩ママから高い評価を得ている「メデラ」の手動さく乳器、「ハーモニー手動さく乳器」がおすすめです。

「メデラ」の簡単なご紹介と、ハーモニー手動さく乳器の特徴やメリットについてご紹介します。

■スイス発 の母乳育児製品ブランド「Medela(メデラ)」

「メデラ」は、1961年にスイスで創業した母乳育児製品ブランドです。
日本国内における病産院採用率No.1(※2)のさく乳器ブランドで、60年以上にわたり培ってきた、母乳育児研究の知見とノウハウを製品開発に活かしています。同ブランドの製品において、とりわけ人気なのが、さく乳器の「ハーモニー手動さく乳器」です。

(※2)病院グレードのさく乳器において。2020 年9月1日時点。メデラ調べ。

■「ハーモニー手動さく乳器」の特徴は?どんなママにおすすめ?

「ハーモニー手動さく乳器」は、直接授乳にこだわるママのために設計・開発された手動さく乳器です。リーズナブルな価格で購入しやすく、軽量なので持ち運びも楽々。手動さく乳器のベストセラー製品のひとつとして、世界中のママに愛用されています。
「ハーモニー手動さく乳器」は、以下のようなママにおすすめのさく乳器です。

●さく乳の頻度が少ないママ
●とりあえずさく乳器を試してみたいママ
●帰省などの旅行中にさく乳器を持ち歩きたいママ
●普段は直接授乳がメイン。予備でさく乳器を持っておきたいママ
●乳首の先が切れて痛い、などおっぱいにトラブルがあるが、母乳育児を継続したいママ

比較的、さく乳する頻度が少なく、持ち歩きも検討しているママに最適です。特徴について、詳しくみていきましょう。

特徴1.新形状のさく乳口で、多くの母乳をさく乳できる

「105°」になった「パーソナルフィットフレックスさく乳口」はメデラの独自技術。
「105°」の角度により、さく乳時の母乳の流れが良くなり、当社従来品(パーソナルフィットさく乳口。90°)を使用した時と比べ、より快適で、より多くの母乳がさく乳できます(※3)(※4)。

(※3)パーソナルフィットさく乳口、90°との比較
(※4)Sakalidis VS et al. Breast shield design impacts milk removal dynamics during pumping: A randomised controlled non-inferiority trial. Acta Obstet Gynecol Scand. 2020:doi: 10.1111/aogs.13897.

特徴2.独自技術で「自然・痛みがなく・短時間」にさく乳できる

ハーモニー手動さく乳器は、赤ちゃんがおっぱいを吸う自然なリズムを、独自技術(2フェーズさく乳)により再現。母乳の流れを促す「刺激フェーズ」と、ゆっくりとしたリズムの「さく乳フェーズ」をハンドルの短いレバーと長いレバーで切り替えられます。これにより、短時間でたっぷりとさく乳でき、さく乳によるママの負担も軽減できます。

過去に「メデラ」が実施した満足度調査においても、メデラのさく乳器は先輩ママから「短時間でさく乳できる」「痛みを感じにくかった」「さく乳器なのに違和感がなかった」などの声が挙がっています。

特徴3.静かなので周りを気にせずさく乳できる

既にさく乳器を使ったことのあるママの中には、使う際の音が気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「ハーモニー手動さく乳器」では、周りを気にせずさく乳できる静音設計を採用。使用時は“シャコ……シャコ……”という音はしますが、ほとんど気にならないレベルなので、赤ちゃんが寝ていても搾乳できます。また、製品設計に付随して、デザイン面に関する評判も上々。「可愛いデザインで気に入っている」といった好意的な感想も寄せられています。

特徴4.軽量なので、持ち運びがラク

「ハーモニー手動さく乳器」の本体重量は、わずか105g。普段お使いのスマートフォンよりも軽く、持ち運びがラクです。パーツは細かく分解できるので、旅行中なども荷物がかさばりません。




特徴5.パーツが少なく、お手入れが簡単

せっかく搾った母乳の安全性を保つためにも、さく乳器は清潔に保ちたいもの。「ハーモニー手動さく乳器」はパーツも少なくシンプル設計なので分解や組み立てが簡単です。食器洗い機も使用できるのでお手入れ楽々。いつも衛生的に使えます。

簡単!メデラ手動さく乳器「ハーモニー手動さく乳器」の使い方を紹介

母乳育児の負担を軽減してくれる「ハーモニー手動さく乳器」。使い方は2ステップでとても簡単です。

「刺激フェーズ」で母乳の流れを促した後、「さく乳フェーズ」でさく乳します。ポイントは、「刺激フェーズ」でのハンドルの動かし方にあります。最初は短いハンドルを持ち、素早いリズムを意識して動かします。徐々に母乳が出てきたら、ゆっくりとリズムを落としていきましょう。その後、母乳が出始めたら、長い方のハンドルに持ち替えて、ゆっくりとハンドルを倒し、ボトルに母乳を溜めていきます。

「ハーモニー手動さく乳器」は、軽量かつコンパクトなので、常にカバンやベビーバッグに忍ばせておいてもいいですね。「おっぱいが張ってきたな……」と感じたら、出先でも簡単にさく乳できますよ。

授乳の前にふき取り不要!乳頭ケアクリーム「ピュアレーン 100」

授乳中、乳首に違和感を覚える人もいるかもしれません。そんなときは、「メデラ」の乳頭ケアクリーム「ピュアレーン100」をお試しください。

「ピュアレーン100」は、天然ラノリンを100%使用した無添加・無香料のケアクリームです。2021年2月に「ベネッセコーポレーション」社が実施した 「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2021」においても、乳頭ケア部門で1位を獲得した人気製品です。

ラノリンとは、羊毛から抽出した保湿性の高い天然成分のこと。授乳中・妊娠中に乾燥しやすい乳頭を優しくケアします。さらに乾燥しがちな手足、唇などのケアにも使えます。
また、ラノリンは赤ちゃんが口にしても問題ない天然成分です。事前に拭き取る必要はなく、そのまま授乳できます。「ハーモニー手動さく乳器」とのお得な限定セットをご用意しました。ぜひ合わせてお試しください。

ママ・パパのミカタ!メデラのさく乳器&ケアクリームで授乳生活を快適に♪

・WHO(世界保健機関)の母乳育児期間に関するガイダンスについての詳細はこちらをご覧ください。

大切なお子さんのためにと、母乳育児や直接授乳を徹底するママは少なくありませんが、頑張りすぎは禁物です。「メデラ」のさく乳器や乳頭ケアクリームなどのサポートアイテムを上手く使って、毎日の授乳を快適にしてくださいね。

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook