全てのジャンル

mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2020/9/1更新

美容師直伝!失敗しないキッズ&ママの簡単セルフカット術

巣ごもり期間中、美容院に行けなかったというご家庭は少なくなかったはず。髪がまとまらない、前髪を自分で切ったら失敗した等、さまざまなお困りごとがあったのではないでしょうか。この記事では、今日から使える美容師さん直伝のキッズ&ママのセルフカット術をご紹介します。

コロナ禍のいま、なるべく不要不急の外出は避けたいところですが、どんどん伸びていくわが子と自分の髪の毛は待ったなし。

鏡にうつる姿を見て、どんよりしているママもいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では他のママの美容院事情や、美容師に聞いた失敗しないママと子どものセルフカットの方法など、プロでなくても上手にカットできるポイントや注意する点などをわかりやすく解説します。

自粛期間中のママ・お子さまのヘアケア事情!7割が何もできていなかった

Q.外出自粛中は美容に関するサービスを利用していましたか?

楽天ママ割 調べ 回答者全体(N=394)

全国のママ割メンバーへ調査した結果、普段は美容室を利用していたが自粛期間中は控えていた方が約7割という結果が出ました。 なお、美容室が利用できないことで困ったこととして、「髪の毛が伸びすぎて広がって大変だった」「セルフカットしてみたが見えないところが短くなってしまった」「白髪の状態がひどいのを実感して気分が落ちた」などのコメントが多く挙げられました。

Q.外出自粛中お子さまの髪をご自身で切りましたか?

楽天ママ割 調べ 回答者全体(N=309)

ママの美容室の利用が減ったことで、お子さまの髪を自宅でカットする方が増え、自粛期間中は約4割のママがお子様の髪をカットした、という結果が出ています。

Q.お子さまのヘアカットをする上で困ったことはありましたか?

楽天ママ割 調べ 回答者全体(N=134)

子どものセルフカットで困ったことは、「子どもがおとなしくしてくれない」(47.0%)が最多で、次いで「前髪がうまく切れない」(42.5%)、「後頭部がうまく切れない」(29.8%)、「ボリュームが取れない」(15.6%)となっています。
全国のママ・キッズも美容院に行けないことで、かなりお困りのようです。

髪型が思い通りにならないと、なんだか気分まで下がってきてしまうという声があるように、女性にとって髪はとても大切なもの。せめて前髪だけでもうまく整えたい!というママも多いのではないでしょうか。

一方、子どもの場合は動き回るし、髪の毛が柔らかく扱いづらいので、上手なセルフカットの方法を知りたいというママが多いようです。そんなお悩みを解決するべく、美容師さんにママとキッズ向けのセルフカット術を教えていただいたので、ご紹介していきます!

セルフ初心者でも失敗しない!ママの前髪カットのやり方

前髪はパッと見た印象を決める大事なところ。しかし、切っても切っても、すぐに伸びてくる前髪。大人の女性にとっては悩みの種ですよね。
やっかいな前髪を失敗しないで上手にセルフカットできる方法を、現役の美容師さんに聞いてみました。

今回教えてくれたのは、「お客様のなりたいを叶える」をコンセプトに敏腕スタイリストが集結しているサロン「Euphoria GINZA GRANDE (東京・銀座)」の金沢千裕(かなざわちひろ)さん。

用意するものは、ハサミ、すきバサミ、コーム、クリップピンです。

■前髪セルフカットの方法は大きく分けて4ステップ!

ステップごとのポイントもご紹介いただきました。ぜひ参考にしてください。

なお、セルフカットの方法は、YouTubeで詳しく解説しているので、動画で確認したい方はご覧ください。

ステップ1
サイドの髪と前髪を一緒にコームでとかし、落ちてきた髪を取り分けて、サイドへクリップピンで留めます。このとき前髪両端を切りすぎないようにするために、両端数ミリはサイドの髪と一緒にクリップピンで留めましょう。ポイントは、前髪の幅を取りすぎないように三角形を意識して取り分けること!

ステップ2
前髪を指で挟み、ハサミを縦に持って切っていきます。このとき髪を持ちあげすぎないように注意し、切りたい長さより数ミリ長めに切るようにしましょう!

ステップ3
次はボリュームを調整します。前髪を上下で分け、下の段が1/3程度残るようにし、下の髪の毛はクリップで横へ留めておきます。
上部分の髪の毛先をすきバサミで切っていきます。このとき根本から切るのではなく、毛先1/3くらいのところから切るようにしましょう。
髪をさらに上下で半分に分け、先ほどと同じように上部分をすきバサミで切ります。こうすることで、表面に向かって薄くなる自然なグラデーションが簡単にできます。

ステップ4
留めていたクリップをはずしてコームでとかします。長い髪の毛が出てきたときは、手で持たずに直接ハサミでカットします。最後にサイドの髪となじませるために、前髪からサイドに向かって、斜めに2-3回すきバサミでカット。こうすることで、サイドと前髪がうまくなじみます。

美容師に聞く、子供の髪のセルフカットのコツ【男の子・女の子】

大人と違ってサラサラで柔らかくかつ細い子供の髪は、素人が切るには難しいですよね。
今回は普段から子供のカットを担当している美容師さんに、簡単にきれいにセルフカットするコツを聞いてきました!男の子・女の子別で方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

■男の子のおうちカット!バリカンとはさみで簡単に髪を切る方法

男の子のセルフカット方法を伺ったのは、キッズカットの匠「albero(アルベロ)」(東京・池袋)店長 の山崎愉美(やまざき ゆみ)さんです。

山崎さん自身もママということもあり、こちらの美容室ではキッズスペースが完備されているので、お子さま連れのママも大歓迎なサロンとなっています。

用意するものは、バリカン・横長のフェイスタオル・ケープ(ポンチョ・レインコートで代用可)・霧吹き・クリップピン・コーム型くし・はさみ・すきバサミ・カミソリです。

■キッズカットの方法は大きく分けて4ステップ!

ステップごとのポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

なお、カット方法は、YouTubeでもご確認いただけます。

ステップ1
ステップ1 こめかみ~あごの延長線をつないだ後頭部までのラインより上の髪をクリップピンで留め、下の髪が見えるようにします。

ステップ2
6mmのバリカンを使って、耳の周りから上に刈っていきます。このとき、バリカンを少し浮かせながら、頭の丸さに沿ってバリカンの方向を変えることがポイント!

ステップ3
留めていたクリップを外し、上の髪をハサミでカットしながらバリカンで刈った部分とつなげます。ポイントは、髪の毛を挟んだ指と床が平行になるように持ち、毛先がジグザクになるように切ること!指で髪の毛を引き出して、すきバサミで毛量を調整します。

ステップ4
前髪は鼻の中心に向かって毛束を集めて指でつまみ、縦にハサミを入れて切ります。あとは、両端の前髪を整えてパッツン前髪は完成!

■初めてママでも大丈夫!女の子のヘアカットのコツをご紹介

女の子のヘアカット方法を教えてくれるのは、さきほど男の子のカットを伝授してくれた「albero(アルベロ)」(東京・池袋)店長の山崎愉美さんです。

なおカットの方法は、YouTubeでより詳しく解説しているので、動画で確認したい方はご覧ください。

用意するものは、横長のフェイスタオル・ケープ(ポンチョ・レインコートで代用可)・霧吹き・クリップピン・コーム型くし・はさみ・すきバサミ・カミソリです。

ステップ1
まずは後ろの髪の毛の長さを整えます。縦にハサミを入れ、毛先が床と平行になるようにまっすぐに切ります。ママの利き手側の髪が短くなりやすいので、注意しましょう!

ステップ2
次に後ろの髪を半分に分けて、肩より前に流します。髪を指ではさんでカットし、サイドとつなげます。毛量が多い場合は、真ん中から毛先をすきバサミでカットしてください。

ステップ3
サイドの髪は、耳の一番高いところからコームでそれぞれ長さを測って合わせると、きれいに揃います。このとき、眉カット用の小さなハサミを使うと、微調整がしやすいですよ!

ステップ4
コームを使って前髪を流したい方向と逆に引き出し、髪を指ではさみます。 指から出ている部分をジグザクにカットし、斜め前髪になるように何回かに分けてカットします。毛量を調整したいときや毛先をぼかしたい場合は、カミソリを使うと簡単にできます。 顔周りがかゆくなるとお子さまが動いてしまうので、しっかり毛先を指ではさんでカットするようにしましょう!

切りすぎて失敗した!なんてことになりがちなセルフカット。ママ自身の髪ならまだしも、お子さまはよく動くから大変ですよね。「動かないで!じっとして!」と怒りながら切るよりも、セルフカットもイベントのひとつとして、外で青空散髪を楽しんでみるのもいいかもしれません。

すべての女性の「キレイ」のためにーRaku Lab通信ー

Raku Lab通信では、すべての女性の「キレイ」のために、みんなのキレイに役立つ情報コミュニティーとして、ヘア・エステ・ネイル・まつエクなど幅広い美容情報を紹介しています。仕事や育児で時間に追われる毎日を、あなたらしく美しく過ごすためのヒントがたくさんつまっています!

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook
社会的責任[CSR]