全てのジャンル

mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2019/12/19更新

楽天ママ割スペシャル企画!サッカーの名門「チェルシーFC」の選手と話せるチャンスをサッカーキッズにプレゼントしました!

 ママ割では楽天カップ開催を記念して、メンバー限定で応募できるプレゼントキャンペーンを実施。その賞品のひとつがなんと“チェルシーの選手にテレビ電話ができる権利”!。厳正なる抽選の結果選ばれたサッカー少年2人と、選手たちとの交流の模様をレポートします。

楽天ママ割Presentsサッカーの名門「チェルシーFC」の選手と話せるチャンス!?サッカー少年たちがスター選手に聞きたかったこと

楽天ママ割Presentsサッカーの名門「チェルシーFC」の選手と話せるチャンス!?サッカー少年たちがスター選手に聞きたかったこと  これまでプレミアリーグでの5度の優勝やチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグでの優勝など、輝かしい成績を残してきたサッカークラブ「チェルシーFC」。本拠地のロンドンには4万人以上を収容するスタジアムがある強豪クラブですが、日本で彼らのプレイを観られるチャンスはほとんどありませんでした。  
 それがこの夏、7年ぶりにチェルシーの選手25名が「楽天カップ2019」に参加するため来日。Jリーグ王者の川崎フロンターレやスペインの強豪クラブFCバルセロナと対戦し、サッカーファンを歓喜させました。

子どもの笑顔に優しく、そして誠実に答えてくれる選手たち

子どもの笑顔に優しく、そして誠実に答えてくれる選手たち  夏休みが始まったばかりの7月21日。この日、チェルシーの選手たちは昼過ぎまで埼玉県内のスタジアムで、2日後に控えるバルセロナ戦に向けたトレーニングを行なっていました。その後コヴァチッチ選手(MF)、カバジェロ選手(GK)、パーマー選手(MF)、ズマ選手(DF)の4人が向かったのはホテルの一室。そこでテレビ電話をつなげた先にスタンバイしていたのは、しゅんきくん6歳です。
  “Welcome to Japan”のメッセージボードを持ってニコニコ笑顔で登場した姿を見て、目尻を下げる選手たち。

子どもの笑顔に優しく、そして誠実に答えてくれる選手たち  お互いに自己紹介をしたあとは、しゅんきくんからの質問タイムへ突入です。
 「どうしたらサッカーが上手になりますか?」という問いかけには、「トレーニングをたくさんして自分を信じること。一番大事なのは、サッカーを楽しむこと。それをやっていれば、大人になったときに僕たちみたいにサッカーができるようになっていると思うよ!」とカバジェロ選手が優しく答えてくれました。
 続けて「たくさんゴールを決めるにはどうしたらいいですか?」と尋ねたしゅんきくんには「家族やお友達のことを考えると、すごく上手にゴールが決まるよ」と教えてくれたのはケイシー・パーマー選手。

子どもの笑顔に優しく、そして誠実に答えてくれる選手たち  この日、一番ウケたのは「好きな食べ物はなんですか?」という質問でした。サッカーのことを聞かれると思っていたようで大爆笑しながらも、コヴァチッチ選手は「お寿司!」、ズマ選手は「和牛、和牛、和牛!」と連発するなど、好きな日本食を答えてくれました。一方のカバジェロ選手とパーマー選手は「なんでも好き」と回答。偏食なくなんでも美味しく食べることも、身体が資本となるサッカー選手には大事な要素なのかもしれません。

興味津々!スター選手が好きな選手は??

興味津々!スター選手が好きな選手は??  「好きな選手は誰ですか?」という質問には、コヴァチッチ選手は「子供の頃はすごくたくさんの選手が好きだったけど、特に好きだったのが同じクロアチア人のプロシネツキ選手。大人になってからはモドリッチ選手(現レアルマドリード所属)が一番好きだよ。」
 ズマ選手は「自分がフランス人なので、子供の頃ジダンが好きだったのと、ロナウジーニョ選手も好きだった。今は僕と同じディフェンダーのジョン・テリー選手が一番好き」と、そのルーツを明かしてくれました。 
今では誰かに憧れられる存在である選手たちにも、子供の頃に背中を追いかけていたスターがいたとは、感慨深いものがあります。

興味津々!スター選手が好きな選手は??  テレビ電話の最後には、選手からしゅんきくんにメッセージも。フォワードになりたいというしゅんきくんに、ゴールキーパーのカバジェロ選手からは「ゴールを決めたかったら、キーパーを避けてゴールしてみて」とジョークを一発。
 さらに「サッカーを楽しむことを忘れないで。毎日練習を頑張ってね!(パーマー選手)」、「今はとにかく楽しんでサッカーをやってほしい(コヴァチッチ選手)」、「絶対に勝つと決めて試合をすること。
 負けるのが嫌いになること(ズマ選手)」と続きます。第一線で活躍する選手たちからの貴重な言葉の数々を、しゅんきくんは「はい!」と元気よく返事をしながら聞き入っていました。

サッカーを愛すること、楽しむこと、トレーニングを頑張ること

サッカーを愛すること、楽しむこと、トレーニングを頑張ること  テレビ電話の2人めのお相手は、小学校6年生のいつきくん。若干12歳にしてサッカー歴はすでに6年め、クラブに所属してからは3年という筋金入りのサッカー少年。チームの要であるミッドフィルダーとして活躍し、この日は自身が所属するチームの大事な試合の日でもあったため、試合か選手たちかで最後まで悩んだそう。だからこそ、一つひとつの質問にもいっそう熱が入ります。
 最初の質問は、「プロサッカー選手になるために一番大切なものはなんですか?」。熱い想いを受け止めたカバジェロ選手は「自分がやっているサッカーを愛すること、もっと上手になるためにトレーニングを一生懸命頑張ること。それから自分はできるって信じること。それからお友達とサッカーを楽しむこと、サッカー以外の時間も楽しむこと。そしたら絶対に僕たちみたいなプレイヤーになれると思うよ」とアドバイス。一言も聞き漏らすまいと、真剣な眼差しで聞くいつきくんでした。

サッカーを愛すること、楽しむこと、トレーニングを頑張ること  「大きな大会で緊張することはありますか?」という質問には、パーマー選手が「試合中よりも試合の前に緊張することがあるよ。それは試合の前日だったり5時間前だったりするんだけど、それでもピッチに立つと緊張のことは忘れちゃうんだ。サッカーが大好きだからね」と正直に答えてくれました。トッププレイヤーも日々緊張と戦っているという事実に、いつきくんも勇気づけられたことでしょう。
 選手たちの表情が引き締まったのは、「挫折をしたことがありますか?」という問いかけ。怪我をして長い間試合に出られなかったことがあるパーマー選手とズマ選手は、怪我をしても諦めずにトレーニングを積んだことで復帰できた自身の経験を踏まえ、挫折をしても前を向いて努力を怠らないことでもっと強い自分になれることを教えてくれました。

子どものうちにサッカーを思いっきりエンジョイすること

子どものうちにサッカーを思いっきりエンジョイすること  いつきくんからの最後の質問「子どもの頃にやっておけばよかったことはありますか?」には、「大人になるといろんなことがあって思いっきりサッカーをエンジョイできないこともあるから、今のうちにサッカーをめいっぱい楽しんでね」とパーマー選手が応じます。好きなことを仕事にした彼だからこそ、子供たちに伝えたいことなのかもしれません。 
 カバジェロ選手からは「自分は必ずできると信じてサッカーを楽しむこと!でもちゃんと学校に行って勉強も頑張ってね」という激励のメッセージも。サッカーも遊びも学校も、子供である今しかできないことを思いっきり楽しんでほしいという想いが伝わってきました。

子どものうちにサッカーを思いっきりエンジョイすること  テレビ電話の締めくくりにしゅんきくん、いつきくんそれぞれとスクリーン越しの記念撮影をしたあとは、選手たちから自然発生した拍手をもって貴重な時間が終了。選手たちから直接もらった金言の数々を2人がどこかのタイミングで思い出して、人生の糧にしてくれたら素敵だなと思いました。しゅんきくん、いつきくん、そしてサッカーを愛するすべてのキッズたちの未来にサチアレ!

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook
社会的責任[CSR]