全てのジャンル

mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2019/3/20更新

子育て中のママへのおすすめデイリー時短ストレッチ&グッズ

骨盤と健康にはどんな関係があるのでしょうか。前回に引き続きストレッチ店を経営する宮崎靖裕(やすひろ)さんと奥様の唯織(いおり)さんを講師に、骨盤がなぜ大事なのかや、その歪みが健康にもたらす影響について話を聞きました。さらに子育て中の忙しいママさんでも隙間時間でできるストレッチも教えてもらいました。身体の調子を整えて、家事も育児も仕事もサクッとこなしましょう!

子育て中のママへのおすすめデイリー時短ストレッチ&グッズ Vol.2

なるべく自分に正直!心の不調が身体の不調にも繋がります!

靖裕さんが経営されているストレッチ店に来るママさんはどんな悩みを抱えている方が多いですか?

靖裕さん:骨盤の歪みがほとんどですね。どうしても出産にはつきもので、歪みによって身体の不調やスタイルの変化を悩まれる方は多いです。

mama’s life編集部:一度歪んでしまった骨盤は自然に治ることはないんですか?

靖裕さん:人間の機能として、開いてしまった骨盤でも元の場所に戻そうという力が働きます。ただ産後は赤ちゃんを常に抱っこしたり授乳したりとどうしてお無理な姿勢で過ごすことが多くなりますので、骨盤が歪んだまま固まってしまうケースも多いんです。みなさんは骨盤の歪みと聞くと腰痛や股関節の痛みなどを想像しがちですが、それだけではなく肩コリや頭痛、むくみや冷え性など身体の不快感の多くは骨盤が原因になることが多くて、うちに来るママさんにも肩コリで悩んでいる方がすごく多いんです。こうした慢性疲労を改善するためには普段から骨盤をケアしていくことが大事です。

mama’s life編集部:そもそもどうして骨盤と健康に深い関わりがあるのでしょうか?

靖裕さん:生まれたばかりの赤ちゃんは手足を動かしたり、お腹の筋肉を呼吸によって鍛えたりすることで体幹が安定してくることによって座ることができるようになるんですけど、私たち大人も手足や指先を動かすときに一番最初に働くのがお腹の筋肉です。そしてそのお腹の筋肉を支えているのが骨盤なので、骨盤が歪むことで骨盤回りに付いた筋肉全般が固まったり伸びすぎたりすることで筋肉に不具合が出てきて、それが肩コリや腰痛、頭痛といった身体の不調に繋がっていきます。

mama’s life編集部:なるほど。ところで、いま赤ちゃんを例に身体のしくみについてご説明いただきましたが、お2人にお子さんが生まれたことでこれまでお仕事をしているだけでは気づかなかった新たな発見もありましたか?

唯織さん:赤ちゃんはとてもいい呼吸法をしているなということです。息を吸うときはちゃんと肋骨が開いてお腹が膨らんで、息を吐くときはしっかり閉まって……っていうふうに、大人になるとなかなかできなくなる呼吸をやっているんです。

靖裕さん:呼吸ってもともと肺ではなくて、筋肉の伸び縮みによってするものなんですね。ですから赤ちゃんには本能的に正しい身体の使い方がインプットされていて、自然と正しい呼吸法をやっているんだなと感じました。

mama’s life編集部:いつから人は上手に呼吸ができなくなるんでしょうか?

唯織さん:小学校ぐらいからだと思います。勉強が始まって机に座っている時間が長くなったりすることで、お腹が圧迫されてしまうので。

靖裕:そうなんですよね。そこでお腹や筋肉が固まってしまうことで、呼吸するときに動かしている筋肉の繋がりが悪くなって、どんどん呼吸が上手にできなくなってしまうんです。

mama’s life編集部:興味深いです。では最後に、忙しいママたちに伝えたいメッセージはありますか?

唯織さん:我慢しない、ですね。育児も仕事も自分のプライベートも、我慢しないでなるべくやりたいことをやる。忙しいなかで制限もあると思いますが、なるべく自分に正直でいないと、自分の心がきつくなっちゃってそれが身体の不調にも繋がっちゃうので。

mama’s life編集部:身体だけじゃなく自分の心もケアするということですね。毎日ほんの一瞬でもストレッチで自分のための時間を作ることできっと心も開放されますよね。

靖裕さん:そう思います。ご紹介するストレッチのなかからご自身でできそうなものを選んで、ちょっとでも身体と向き合う時間を作っていただきたいです。
最後に言いたいのは、絶対に自分の身体に諦めないでほしいということです。やったぶんだけ身体は答えてくれるので。

ストレッチ その1 料理しながらもできる 骨盤矯正ストレッチ

ストレッチ その1 料理しながらもできる 骨盤矯正ストレッチ 所要時間:30秒 難易度:EASY

机やキッチンの台などに手を置いて身体を安定させてから、片方の手を腰にあてて、両足を前後に大きく開き、後ろ側に置いた足のアキレス腱を伸ばすようにふくらはぎをグーッと伸ばした姿勢を10秒ほどキープします。
今度は足の位置を入れ替えて反対も同様に。この時、つま先と骨盤をまっすぐ前に向けるように意識してください。
骨盤が開きがちな産後のママさんはつま先や太ももが外側を向いてしまいがちで、そこに歩き方の癖があると骨盤が開いたり歪んだりしてくるのですが、このストレッチを日常的にすることで、まっすぐな骨盤の状態を体が覚えて、正しい位置に戻ろうとします。

ストレッチ その2 骨盤まわりの筋肉をほぐすスイングストレッチ

ストレッチ その2 骨盤まわりの筋肉をほぐすスイングストレッチ 所要時間:1分 難易度:EASY

立った状態で(壁に手をついても構いません)、片足ずつ前後に振り子のようにブランブランと大きく振ってください。
それぞれの足で10往復程度行います。地面に付けたほうのひざは無理に伸ばすのではなく自然な状態で構いません。

ストレッチ その2 骨盤まわりの筋肉をほぐすスイングストレッチ この動きで股関節の付け根がしっかり伸びることで骨盤まわりの筋肉がほぐれ、骨盤が安定した健やかな身体に導いてくれます。

◎ ママにおすすめの健康グッズ「ウェーブストレッチリング」

◎ ママにおすすめの健康グッズ「ウェーブストレッチリング」 ストレッチはもちろん、リングを床に置いてその上に寝ると肩甲骨と背中の間を刺激するマッサージャーにもなる健康グッズです。
床に置いたまま足を載せると足裏を刺激してくれて、ふくらはぎの下に置くとむくみ対策にも使えるので本当に優秀ですし、リーズナブルなのでおすすめです。

ストレッチ その3 肩コリに!「ウェーブストレッチリング」を使ったストレッチ

ストレッチ その3 肩コリに!「ウェーブストレッチリング」を使ったストレッチ 所要時間:1分 難易度:EASY

リングを両手で持ったまま背伸びをし、そのまま左右に倒します。
さらにリングを持った状態で両手を背中に回したり、そのまま降ろしたりして肩周りを動かすと肩甲骨が動いて肩コリの原因となる筋肉に刺激が入るので、肩コリに悩んでいる方は家事の合間にちょっとやってみてください。
ウェーブストレッチリングはあまり身体にも負荷をかけない健康グッズなので、産後のママさんにも取り入れやすいと思います。

ストレッチ その3 肩コリに!「ウェーブストレッチリング」を使ったストレッチ ウェーブストレッチリングはあまり身体にも負荷をかけない健康グッズなので、産後のママさんにも取り入れやすいと思います。

ストレッチ その3 肩コリに!「ウェーブストレッチリング」を使ったストレッチ 宮崎靖裕さんプロフィール
1993年生まれ。小学生のときに膵臓を断裂するほどの大怪我で長期入院したことをきっかけに医療の道に進むことを決意。高校卒業後はトレーナーの専門学校に進み、卒業後はDr.ストレッチに就職して不調を抱える多くの身体に向き合ってきた。その後、「一人ひとりにより深く向き合って一人でも多くの人を幸せにしたい」という想いを強くしたことで、独立を決意。現在は東京荻窪に「Miyaストレッチ」を開き、様々な身体の悩みと向き合っている。奥様の唯織さんとは専門学校時代に出会い結婚、1歳になる男の子と3人暮らし。

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook
社会的責任[CSR]