全てのジャンル

mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2019/3/29更新

【人気商品のそこが知りたい!】ライフスタイルを花で彩るパイオニア「日比谷花壇」が提案する”喜ばれる母の日ギフト”とは?

毎年ルーティーンで選びがちな母の日ギフト。定番のカーネーションの花鉢も素敵だけれど、今年はいつもとは少し違う母の日ギフトを贈りませんか?でもどんなギフトがいいかわからない!?とお困りのパパママのために、お花のスペシャリスト「日比谷花壇」さんにお話を伺ってきました。

【人気商品のそこが知りたい!】ライフスタイルを花で彩るパイオニア「日比谷花壇」が提案する”喜ばれる母の日ギフト”とは?

【インタビュー】
左から
株式会社日比谷花壇 古谷朋未さん:4歳男児と2歳女児の育児に奮闘するママ。幼少の頃から祖父母が畑で育てた花を学校に持って行き飾っていたほどの花好きで、今でも自宅には花を飾っている。昨夏は子どもたちとトマトの鉢植えに挑戦するもひとつしか実が付かず、リベンジを誓う。

株式会社日比谷花壇 市川夏海人さん:学生時代の就職活動で運命的に出会った日比谷花壇の企業理念に共感して入社。人の人生を花で彩ることができる現在の仕事にやりがいを感じている。

撮影:Photographer Daniel

フラワーギフトのパイオニアが作ってきた歴史

フラワーギフトのパイオニアが作ってきた歴史 mama’s life編集部:日比谷花壇さんは、楽天市場に2004年から出店していただいており根強いファンがいる店舗様だという印象です。安心感もそのブランドイメージから生み出されるものだと感じます。そんな御社の成り立ちについて教えていただけますか?

古谷さん:弊社は1872年に庭園業からスタートしました。その後1944年には都内有名ホテルに出店して、結婚式などのパーティ会場向けの装花スタイル確立し、今の事業展開の軸が築き上げられました。

市川さん:現代の結婚式ではご両親への花束贈呈は当たり前のように目にする光景ですが、日本で初めて花束贈呈を始めたのが弊社なんです。そこは自慢したいところです(笑)。

フラワーギフトのパイオニアが作ってきた歴史 mama’s life編集部:花束をプレゼントするという文化を御社が日本に持ってきたということですね。すごいことですよね!

古谷さん:ありがとうございます。それから戦後東京の復興計画の一環として、当時の都知事より「市民の憩いの場である公園に、海外の例を習ってフラワーショップを」と要請を受けて、1950年には日比谷公園店を出店しました。同年「日比谷花壇」を設立しています。
でも今の本社は麻布にあるので、よくお客さんからも「日比谷じゃないの?」って聞かれるんですけど(笑)。また弊社の企業理念としては、「花とみどりを通じて、真に豊かな社会づくりに貢献する」でして、人生における大切な瞬間や日常の生活シーンの中で、花やみどりをとおして感動や彩りを演出できるかを考えサービスを展開しています。

mama’s life編集部:具体的にはどのような事業をされているんですか?

古谷さん:ブライダル事業やフラワーショップの全国展開をはじめ、お葬式などについても自社施設を構えてプロデュースをさせていただいています。あまり知られていませんが、 2006年からは公の施設や公園などを地方公共団体に代わって管理運営する事業も行っていて、自社のことながら幅広い事業展開に凄いなと感じています。

フラワーギフトのパイオニアが作ってきた歴史 mama’s life編集部:本当にたくさんの事業を手がけられているんですね。そのなかでインターネット通販はいつ頃からスタートしたのでしょうか?

古谷さん: 2001年に自社で「hibiyakadan.com」というオンラインサイトを始めたのが本格的なインターネット進出です。その後、もっといろんなお客様に知っていただくためにインターネット通販の窓口を増やす目的で2004年に楽天市場での出店を開始しました。

mama’s life編集部:当時は、わざわざインターネットで花を買うという選択肢はあまりなかったと思うと、御社はECでのフラワーギフトのパイオニアと言えますね!ところで、もうすぐ母の日ということですが、今年の母の日はどんなコンセプトで展開されいるのでしょうか?

日比谷花壇が考える今年の母の日フラワーギフト

日比谷花壇が考える今年の母の日フラワーギフト 市川さん:弊社では毎年70万人以上のお母さんにお花をお贈りしているのですが、今年は「母を想ううれしい時間」をテーマにロゴや商品パッケージを温かい色合いのパステルカラーにして、統一感やテーマ性をもたせています。

mama’s life編集部:そして、今年、楽天ママ割は母の日に合わせて日比谷花壇さんととっても可愛いコラボ商品を作りました!改めて商品についてご説明いただけますか?

市川さん:「POPキャンディブーケ」という、カーネーションにキャンディ型のバスボムをセットにしたスタンディングブーケになります。スタンディングブーケは中に保水ゼリーが入っているので、ラッピングを解いたり花瓶に入れる必要がありません。ラッピングも装飾のひとつとして楽しんでいただきながら飾れます。

mama’s life編集部:いつも、せっかくきれいな花束をもらってもラッピングをすぐに解くのはもったいないなと思っていたので、ラッピングも装飾として楽しめるというのは嬉しいですね。

日比谷花壇が考える今年の母の日フラワーギフト 市川さん:はい。また、特に水を替えたりする必要がないので忙しいお母さんにもぴったりだと思います。
それから、お花の美しさを楽しんだあとにデコレーションのバスボムを湯船に入れてお風呂時間も楽しんでもらえます。
贈られたご家族の方のことを思い出してお風呂時間を過ごしてもらえるんじゃないかと思います。

mama’s life編集部:ブーケのカラーリングがまた “映(ば)える”感じでいいですよね(笑)。レインボーカラーとか流行っていますもんね。

古谷さん:母の日はピンクや赤系が主力なんですけど、また違ったご提案ができたのかなと思っています。

市川さん:楽天市場の中でも“映(ば)える”商品は人気だと聞いて、楽天市場ユーザーの方々に気に入っていただけるよう、ポップで飛び跳ねるイメージを表現して、赤やピンク以外にも黄色や黄緑、淡いオレンジなどを入れカラフルに仕上げました。

たくさんの人がかかわり、こだわるからこそ愛される商品になる

たくさんの人がかかわり、こだわるからこそ愛される商品になる mama’s life編集部:私もこんな商品なら思わずクリックしちゃいます!ちなみに、この商品を作るなかで特に大変だったのはどういうところですか?

市川さん:贈られた方に長く楽しんでもらいたいということから花以外のものをブーケと組み合わせることにしたのですが、それを何にするのかから始まり、バスボムに決まった後もそれをどのように付けるのかということでも試行錯誤がありました。

古谷さん:もともとブーケに刺せるようなピック付きのバスボムがあったわけではなくて、ピックの取り付けから全部うちのほうでやっているのでその仕様などでかなり苦戦しました。

市川さん:配送途中で取れたり抜けたりしないよう何度もテストを繰り返し、最終的に商品が完成しました。

たくさんの人がかかわり、こだわるからこそ愛される商品になる mama’s life編集部:配送のことも考えているなんて!このブーケがたくさんの方々の努力の結晶だと思うと、より愛着が湧きます。ところで、母の日のギフト選びについてコツはありますか?

古谷さん:お花にも好みがあると思うので、贈る方とコミュニケーションを取って、何を欲しているのか何にお困りかなどを考えながらギフトを選ぶといいですね。
それからもうひとつ大事なのは、義母と実母で贈り物に差を設けず、同じような予算感やボリューム感を意識していただけたらよりスムーズかなと思います。
あとはもしお母さんが近くに住んでいらっしゃるなら、直接お渡しするのが一番いいと思います。もちろん遠くに住んでいる方ならインターネットがベストですし、近くに住んでいても種類が豊富なインターネットから選んで一度自分のところに取り寄せてからお持ちいただくのも有効だと思います。
インターネット通販のいいところを是非活用していただいて、お気持ちは直接、それが難しいようならお電話やお手紙で伝えるという一手間を加えることも大事なのかなと思います。

知ってるようで知らない母の日ギフトの基礎知識

知ってるようで知らない母の日ギフトの基礎知識 mama’s life編集部:日比谷花壇さんで注文したらメッセージも一緒に送れるんですよね。

古谷さん:母の日シーズンは、「母の日に心を込めて“ありがとう”を贈ります」と印字した「母の日カード」を用意しています。
加筆はできないのですが、毎年テーマに合ったデザインにて新しく書き起こしています。

mama’s life編集部:ギフトを贈る際に気をつけたいマナーもあるのでしょうか?

古谷さん:よく調べてから選ばれたほうが、より丁寧ではないかと思います。
白いカーネーションは亡くなった母親をしのんで贈る花として知られているので、贈られた方が戸惑われる可能性もあるのでご注意ください。

知ってるようで知らない母の日ギフトの基礎知識 mama’s life編集部:やはり母の日にはカーネーションを選んだほうがいいのでしょうか?

古谷さん:そういう決まりがあるわけではなく母の日を象徴する花としてカーネーションがあるだけで今は選ばれる花も多様化していますし、カーネーションにこだわる必要はないと思います。最近はバラを選ぶ方も増えてきたり、5月という季節柄アジサイも人気です。花鉢ならベゴニアやブーゲンビリアなんかも人気がありますね。カーネーション一つ取っても種類が豊富ですし、母の日をより一層演出するために、鉢のデザインも日比谷花壇オリジナルで作っています。
また、8号の大きなサイズの鉢もご用意していますので、たくさんの選択肢からギフトをお選びいただけます。加えて弊社では、生花以外にもスイーツセットやハーバリウムなども用意していて、ハーバリウムは今年のテーマ「母を想ううれしい時間」をイメージしたパッケージです。
ちなみにハーバリウムは昨年頃から注目を集め、標本としてきれいなままお花を飾れるということで引き続き人気が高いですし、今年も人気が続いていくと思います。

知ってるようで知らない母の日ギフトの基礎知識 mama’s life編集部:さて、最後になりますが、ご紹介いただいたママ割コラボの「POPキャンディ」ブーケはどんなお母さんにぴったりだと思われますか?

古谷さん:自分もそうですけど、お母さんってお家のことも、子どもが小さいときは子どものことも、やることがたくさんあって、お花を楽しむ心の余裕を持つことはなかなか難しいと思うんです。それでも一瞬でも花を見てきれいだなと思える時間は大事だと思うので、手間要らずでそこに置いておくだけでいい、そして、入浴剤でバスタイムも楽しめるこの「POPキャンディブーケ」を、ぜひ忙しいお母さんに贈っていただけたら嬉しいです。

【4/26 09:59までポイント最大10倍】日比谷花壇★母の日ギフト特集


※こちらのキャンペーンは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook
社会的責任[CSR]