全てのジャンル

mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2019/3/3更新

子連れでも映画鑑賞したい!そんなママにオススメな3歳未満の子どもと一緒に映画が観られる「ほっとママシネマ」に行ってみた!

乳幼児の子育て中は、ママは自分のことを後回しにしがち。出かけるのは公園やレジャー施設など、子ども優先のスポットばかりです。そして、小さな子連れではなかなか行けないスポットの代表格と言えば映画館。出産して以来一度も映画館に行ったことがないというママも多いようですが、実は乳幼児と一緒に行けるシアターがあるって知っていましたか? そこで、ママライターが1歳児連れで体験してきました。

子連れで映画鑑賞に挑んでみた!

子連れで映画鑑賞に挑んでみた!  出産前にやっておきたかったことのひとつが、映画館での映画鑑賞でした。子どもが生まれたらなかなか行けないだろうと見越してのことだったのですがそこで映画を観てから2年弱、いまだに映画館からは足が遠のいたまま。新作情報を見かける度に、映画館へ行きたい想いは募るばかりでした。 
 そんなとき、3歳未満の子どもと一緒に映画が観られる「ほっとママシネマ」という上映プログラムがあると聞き、「小さい子連れで映画なんて観られるの?」と疑いながらも、1歳半の息子を連れて行ってみました。
 訪ねたのは、東京都昭島市の大型商業施設モリタウン内にあるMOVIX昭島。何本もの映画を同時上映している、いわゆるシネマコンプレックス系の大型映画館です。この日は平日で、ほっとママシネマ向けの上映回は10時台の「メリー・ポピンズ リターンズ」。さっそく指定のシアターに向かうと、入り口には「ほっとママシネマ」と書かれた赤ちゃんとママの写真入りのパネルがあり、入り口脇にはベビーカー置き場も設置されています。

子連れで映画鑑賞に挑んでみた!  シアター内に入ってみると、なかにいたのはママとベビー(パパやじぃじ、ばぁば連れのご家族もちらほら)ばかりで、まるで児童館の様相。ママ友数人で連れ立って来ているグループも多いようでした。普通のシアターと大きく異なるのは、スクリーン前にキッズスペースがあっておもちゃや遊具が並べられているところ。さらにおしりふきやゴミ箱が用意されたオムツ替えスペースや、授乳スペースまで完備されています。授乳については他から見えないように仕切られた授乳スペース以外にも、客席最後尾が授乳専用席として確保されているので、上映中に席を立ってストーリーを見逃す心配もありません。

ママと子どものことを考えた優しい気配りがたくさん

ママと子どものことを考えた優しい気配りがたくさん  至れり尽くせりなファシリティに感激しつつも、映画が始まるまで不安は拭えません。通常なら上映中に子どもが歩いたり泣き出したら、他の観客に迷惑ですからすぐに出ていかなければなりません。1歳児が2時間も静かにしていられるわけはないので、何かあれば途中退場もやむなしとも思っていました。
 でもいざ映画が始まってみると、拍子抜けするほど快適でした。通常より音響が控えめだったり、場内の照明が明るめだったりと、子どもが怖がらないよう工夫されているからでしょうか、泣いたりぐずったりしている子はほとんどいません。周りの様子を伺うと眠っている子、スクリーンを観ている子、キッズスペースで遊んでいる子……と思い思いの過ごし方をしていました。

ママと子どものことを考えた優しい気配りがたくさん  心強かったのは、上映中は女性スタッフの方が常時場内にいてくれたことです。うちの子が水をこぼしたときは、すぐに駆け寄ってきて片付けてくれました。また、私が映画に夢中になっているうちに我が子の姿を見失ってキョロキョロしていると、すかさずジェスチャーで居場所を教えてくれたりもしました。そう、息子は泣くことこそなかったものの、上映中キッズスペースや場内をウロウロと歩き回っていたのです。その後ろを腰をかがめて追いかけつつも最初は罪悪感があったのですが、他のお子さんも自由に過ごしている様子です。それに全員が小さな子連れという連帯感もあってか、キッズスペースで子供同士が遊んでいる様子を眺めながら親同士も会釈をしたりと、居心地の良い空間が広がっていました。

映画館をみんなで楽しく時間を共有できる場所にしてほしい

映画館をみんなで楽しく時間を共有できる場所にしてほしい  それでも気になって観覧後、2歳と4歳のお子さんを持つパパでもある松竹マルチプレックスシアターズ宣伝室の座間さんに、本当に子どもが自由に動き回っても泣いてもいいのか確認したところ、「気まずいっていうのはナシにして、お子さんが歩いても泣いても声を出しても、みんなで楽しく時間を共有できる場所にしていただきたいです」と優しく答えてくださいました。
 1歳児連れで初めて行った映画館ですが、観終わったあとに意外なほどリフレッシュできて、心穏やかに子どもと接している自分がいました。子育てに疲れて心の余裕が無くなったとき、子どもを誰かに預けてリフレッシュする時間がほしいけど、それはなかなか難しいというママさん、お子さんと一緒に映画鑑賞、おすすめですよ! 私自身、広々としたスペースで子どもを自由に遊ばせながら気兼ねなく自分が観たい映画が観ることは予想以上に気分転換になりました。

映画館をみんなで楽しく時間を共有できる場所にしてほしい  ちなみに、ほっと“ママ”シネマと銘打ってはいますが、もちろんパパも大歓迎。大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』を上映したときは、パパを中心に約40組の親子が来ていたのだとか。「ほっとママシネマ」は全国21箇所のMOVIX系の映画館で上映中。チケットは3日前からインターネットで購入ができ、SMT(松竹マルチプレックスシアターズ)メンバーなら1,200円になります。子どもが大きくなるまでしばらく映画はお預けと思っていたママさん、意外と快適な“小さい子連れで映画鑑賞”を一度体験してみてはいかがですか?

親子で映画を楽しむ!楽天ママ割メンバー限定 エントリーでポイント5倍

■キャンペーン期間 2019年3月4日(月)10:00〜2019年4月26日(金)09:59

■キャンペーン特典 キャンペーン期間中に以下の条件を達成された方に、通常のポイントの5倍を進呈します。
・キャンペーン期間中に本ページ上部よりエントリーした方
・ママ割メンバーもしくはママ割メンバー登録をしていただいた方
・対象サイトにて楽天ペイをご利用の上、ご購入いただいた方
※期間中に楽天ペイでご注文され、2019年5月3日(金)までに、キャンセルが発生した場合は、キャンペーンのポイント付与の対象外とさせていただきます。
※ポイント付与の上限は、お一人様1,000ポイント(キャンペーン期間中の全ての対象注文に対する)となります。
※100円未満の決済および予約商品の購入時は、楽天ペイはご利用いただけませんので、キャンペーン対象外とさせていただきます。

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook
社会的責任[CSR]