全てのジャンル

mama's note

楽天のママ向けお買い物キュレーションメディア

2018/6/18更新

「セクシーコンサルタント直伝 夫婦で取り組む夏直前フィットネス 前編」

気温がどんどん上昇し、薄着の季節がやってきました。二の腕や背中のお肉を気にしながらふと隣を見ると、負けないぐらいタプタプのダンナさまに愕然…という奥さまもいらっしゃるのでは? というわけで今回は、夫婦二人で行う、お互いのたるんだボディラインに喝を入れるフィットネスを、セクシーコンサルタントで、自身のフィットネススタジオでも講師として活動するアンドウミカさんに教わってきました!

自分を大切に思うことが、いい夫婦関係につながる

Mama’s life編集部:アンドウさんは、セクシーコンサルタントとして活動する傍ら、ご自身のフィットネススタジオでも女性を中心に、『セクシー』を引き出すボディメイクを教えていらっしゃいます。過去にはご夫婦に対しても、教室を開かれたことがあるとも伺いました。アンドウさんの考える『セクシー』は夫婦にも活用できますか?

アンドウさん:もちろんです!私が提唱する『セクシー』は過度の露出などではなく、外見も内面も魅力的になれるよう自分を磨くこと。そうすることで自分自身を大切に思い、人からも大事に思われるんです。
夫婦は特に、出産・育児を経て男と女ではなくパパとママになってしまいます。でも、お互いを男性、女性として扱うことで、いつまでも仲良く、協力しあえる関係になれます。

Mama’s life編集部:夫婦でフィットネスを行う意義を教えてください!

アンドウさん:お互いに負荷を掛け合って行えば、お金もかからずおうちで出来ます。
ボディメイクというと、ジムでマシンを使って行うイメージがありますが、軽い負荷で日々続けていくのが一番効果的なんです。二人がすごく接近するので、ドキドキ感も味わえるかも。
家族の健康は、将来の介護問題にもつながりますし、夫婦で取り組んでもらいたいです。
今回はお友達のフィットネスモデルのジュリアン・ジョリベさんに夫役をお願いしたので、イメージをつかんでください。

Mama’s life編集部:ダンナさまをうまく巻き込むコツはありますか?

アンドウさん:奥さまが一人でエクササイズしているところを、「ちょっと手伝って!」と言ってみたり、「これ、けっこうキツイんだよ、やってみる?」などと軽く誘ってみるのがいいと思います。
「デブだからこれやりな!」みたいに強制すると、反発されてしまうので絶対ダメですよ!

まずはストレッチから

アンドウさん:本来はヨガマットを敷くのがオススメですが、ヨガマットがない場合はラグや畳など、固すぎず、滑りにくい場所で行ってください。
ストレッチは無理をせず、できる範囲で行いましょう。筋肉の損傷を招く恐れがあるので、同じ範囲を30秒以上続けないようにしてください。

1. 腰と胸を伸ばすストレッチ
2. お尻を伸ばすストレッチ
3. 開脚、膝裏のストレッチ
4. ロールを使ったもも前、もも裏、内もものストレッチ
5. 胸のストレッチ

1.腰と胸を伸ばすストレッチ

一人が仰向けに寝転んで、片方の膝が体の反対側にくるように腰をひねります。
できるだけ肩と膝が床につくように、パートナーは肩と膝を上から軽く押さえてあげましょう。膝が床に近づく方を優先してください。パートナーが相手の腰を膝の方に向かって押さえてあげると、より深くひねることができます。
短く何度もひねったり戻したりを繰り返すのではなく、ゆっくりと深い呼吸を止めないようにしながら、ひねった状態を10秒〜30秒以内でキープしてください。
左右交互に行います。

2.お尻を伸ばすストレッチ

仰向けになって足を4の字に組み、下になっている方の膝を体に引き寄せます。パートナーは、縦になっている相手の膝下が、体の軸に対してまっすぐになるように脚を押さえてあげてください。
お尻から太ももの裏が伸びて、痛気持ちいいぐらいの強さで脚を引き寄せます。左右の足を入れ替えて、それぞれ10秒〜30秒以内で行います。

3.開脚、膝裏のストレッチ

向き合って床に座り、一人ができる範囲で開脚をします。
その人の膝が床から浮いてしまわないように、パートナーは両足の裏で相手の両足首を押さえます。パートナーの膝は曲がっていても構いません。
パートナーは相手の両腕をつかみ、後ろに引っ張ります。身長差や柔軟性に合わせて、引っ張る強さや腕の掴む位置は変えてください。
前屈する人は背中が丸まらないように目線をまっすぐ前に。
一回10秒〜30秒以内で2,3回繰り返します。
慣れてきたら、片方ずつ斜めに手をつないで、斜めに前屈するように引っ張ります。

4.ストレッチローラーを使ったもも前、もも裏、内もものストレッチ

ここでは、ストレッチローラー使って体を伸ばしてみましょう。ヨガポール、フォームローラーなどと呼ばれる長いポールを切って、ご夫婦でシェアしてもいいですね。

まずはもも前から。床に両手、片膝を付けます。もう片方の太ももの下にロールを置き、膝上から脚の付け根までしっかりとコロコロと転がします。

次はもも裏。床に座り、片膝を立て、もう片方の脚は伸ばします。両手は後ろに付きます。
お尻を浮かせた状態で、伸ばした脚の太ももの下にロールを置き、もも裏の膝上から脚の付け根までコロコロと転がします。
支えている脚には力を入れず、ロールにしっかり体重をかけてください。

最後に内ももを。両手、もしくは両肘を床に付き、脚を伸ばしたうつぶせの体勢になります。
片脚を軽く曲げ、内ももの下にロールを置いて、膝上から付け根まで転がして刺激します。

どのストレッチも始めは写真のようにはできないかもしれませんが、無理のない範囲で。慣れてきたら、2,30往復行ってください。

5.胸のストレッチ

最後に、ピラティスボールを使って胸のストレッチを。ボールは、子どものやわらかい室内用ボールなどでも代用できます。
肩甲骨の下あたりにボールが当たるように寝転びます。腰に負担がかからないよう膝を立ててください。腕は力を入れないでだらんと頭の上に持ってきます。30秒ほど行ってください。

相手に感謝して、次につなげましょう!

アンドウさん:次もまた一緒にできるように、終わった後はとにかく感謝をしてください。「手伝ってくれてありがとう」、「あなたがいたから、より効率的にできたよ」と、毎回言葉にして。
相手を信頼して体を預け、支えあうことは、夫婦生活では常に必要なこと。そのファーストステップとして、夫婦でフィットネスが役に立つと思います。
できないところ、カッコ悪いところも見せあって、キャッキャ言いながら楽しんで取り組めたらいいですね。

楽天で買える!アンドウミカさんおすすめ エクササイズグッズ

Profile

アンドウミカ
セクシーコンサルタント/ボディーメイクトレーナー/作家/コラムライター
1975年12月8日(41才)

「女性は”セクシー”を磨くだけで、全てが磨かれる。」をモットーに、セクシーコンサルタントとして数多くの女性の「美」を磨いている。 143cmとコンプレックスの多い自身を変えた「モテの極意」を本にまとめ作家に。
日テレ「魔女たちの22時」で魔女として紹介され、その後もメディアに多数出演。セクシーボディー専門スタジオ「Fitness Studio MIKA」設立。

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

Mama's Lifeとは

  • Mama's Lifeとは
  • 「Mama's Life」は楽天市場が運営する、楽天ママ・パパ発信のWebマガジンです。ママやパパの生活をもっと楽に、もっと楽しくするためのアイデアを、楽天で働く先輩ママやパパが一消費者の目線でお役立ち情報をお届けします。

クーポンやポイントUPなどお得な情報満載!
ママ割」をフォローしよう

  • Facebook
社会的責任[CSR]