芸能人のすっぴんショッピング!-大竹しのぶさん「監督に「そこまでやると思わなかった」と言われました(笑)」-

全てのジャンル
  • 2016.08.10更新
  • 佐藤 二郎
  • 森川 葵
  • 江上 敬子さん
  • 過去の出演者をもっと見る
“結婚相談所に限って言えば、男の高齢者がよくモテる。第一条件は資産があること”。高齢化社会の問題を浮き彫りにする、鶴橋康夫監督の話題作『後妻業の女』。大竹しのぶさん演じる小夜子は、妻に先立たれた男性を虜にして、財産を狙うという後妻業を生業とする魔性の女性。大竹さんとタッグを組む豊川悦司さんを筆頭に、超豪華な俳優陣が惜しげもなく登場する映画のお話とその舞台裏、そして、いつも魅力的な女性を演じ、若々しい大竹さんのプライベートについてもお聞きします。 喧嘩のシーンは、アドリブもあります 愛用品&オススメ 最新情報 プロフィール

喧嘩のシーンは、アドリブもあります

『後妻業の女』の小夜子は、本当に愛嬌のある可愛らしい女性でしたね!この役のオファーはどういう形だったのでしょうか?

監督の鶴橋(康夫)さんから、まだ台本が上がっていない段階でオファーをいただきました。監督とは、若い頃からの知り合いですし「ぜひぜひ」とオファーをいただいたので、喜んでお受けすることにしました。

大竹さんから見た小夜子とは、どういう人物ですか?

映画の撮影に入る前に、原作の『後妻業』(黒川博行 著)を読ませていただいたのですが、年齢が70歳近くという設定もあり、ただの怖いおばあちゃんというイメージで、「え、私が……」と正直思いました(笑)。でも、鶴橋さんが書かれた脚本の中では、小夜子はバイタリティがあって、原作とは少し違ったコメディの要素があったので、これは面白いな〜、と思いました。

役作りの上で、心がけたことはありますか?

鶴橋さんから「チャーミングに見せたいんだよね」と言われましたね。あとは“生き生きと楽しく”でした。撮影の現場も楽しかったですし、映画のシーンの中で夫を殺してしまうという演技でさえ楽しかったです(笑)。

大竹しのぶ

尾野真千子さん演じる朋美とのキャットファイトが印象的でした。

あのシーンは長回しで撮影をしたのですが、映画ならではのいい緊張感がありました。二人の会話のシーンと喧嘩の大まかな段取りだけが決めてあって、あとはアドリブもありました。私は「いい試合ができた!」という感じでしたけど、撮り終わった後、真千子ちゃんが震えちゃって、「怖いわ〜、大御所怖いわ〜!」と怖がっていました(笑)。

撮影で記憶に残るエピソードはありますか?

結婚相談所の所長・柏木を演じる豊川さんと二人のシーンは、とても楽しかったです。豊川さんとは以前からのお友だちなので自然に演技ができましたし、掛け合いがすごく楽しかったです。お互いに信頼し合っているから、「何があっても大丈夫」と芝居で寄りかかれた感じですね。あとは、現場で生まれることもいろいろありまして、中瀬耕造役(小夜子による後妻業の被害者)の津川(雅彦)さんを叩くシーンがあるんですけど、監督に「津川さんを叩けるかねぇ?」と言われて、「叩けますよー」パシーンって! 監督に「そこまでやると思わなかった」と言われました(笑)。

楽しそうな現場ですね。

はい、楽しかったです(笑)。小夜子が騙す夫役の方が次々と撮影の現場入りをされるんですが、だいたい前日に入られるので、ごはんを一緒に食べるんですね。豊川さんはごはんを食べるたびに「こんな楽しそうに笑っているけど、明日(小夜子に)殺されるのになぁ、、、」と思っていたみたいです(笑)。

役作りの上で、心がけたことはありますか?

「面白いぞ、コイツら」という感じで見てもらえたら嬉しいです。ただ、笑った後に「ちょっと怖い」と感じるかもしれませんね(笑)。小夜子はやってはいけないことをしているんですけど、映画を見終わると「人を殺したりしなければ、後妻業をやる人がいてもいいのかな、、、?」と感じさせちゃうところが、鶴橋さんの凄さだと思います。幅広い世代の方に楽しんでもらえる作品だと思いますが、とくに小夜子や小夜子の夫たちの世代を親に持つ30〜40代の方には「観てみてください、そして後妻業と遺言公正証書に気をつけてね!」と言いたいです(笑)。

大竹しのぶ

生き生きと演じるコツは、プライベートも生き生きと過ごすことだと思うのですが、最近興味のあることは何でしょう?

スキューバダイビングの免許を取ろうかと考えています。お仕事で免許を取ったから、「絶対にやったほうがいいよ、面白いし別の世界ができるよ!」と言われたんです。そこで、5月に仕事で沖縄へ行った時に、シュノーケリングに挑戦してみたのですが、それが面白かったのでダイビングの免許を取ってみたいですね。

オフはどんな過ごし方をしていますか?

先日はエジプトに行ってきました。砂漠をジープでず〜っと走ってましたね(笑)。日本人の方は、割と写真だけ撮ってすぐに帰ってしまうらしいんですけど、私たちは朝8時から夜の10時までずっと砂漠を走っていました(笑)。紀元前に作られた石灰岩のオブジェみたいなものが本当にキレイだし、いろんな形に見えるんです。あとはスフィンクスがとてもステキで感動しました。陽が沈んで、砂漠に満月が昇って、月の光の下でチキンを焼いたり、野生のラクダを見たり、本当に楽しかったです。

前回ご登場いただいた際に、ネットショッピングをされるとおっしゃっていましたが、今もやられていますか?

はい、やっています。CDDVDはネットで買うことが多いですね。うちの娘も息子も、確か楽天さんの会員だと思いますよ(笑)。

ありがとうございます!ちなみに今、欲しいものはありますか?

そうですね、、、シワが消えるクリーム(笑)。

探してみます(笑)。では最後になりますが、これから大竹さんがやりたいことを教えてください。

旅をしたいですね。やっぱり世界を旅すると視野もいろいろ変わってくるし、基本に戻れる感じがするんです。今行きたい国は、もう一度エジプトですね。エジプトの砂漠にまた行きたいです(笑)。

愛用品&オススメ

  • ブルーノ・マーズの曲

    ブルーノ・マーズの曲

    娘も音楽が大好きなので、音楽番組を一緒に見たりするんです。確か、それで知ったのかな、、、?ブルーノ・マーズの曲を聴くと気分が上がって清々しくなるんです。

  • 『笑犬樓よりの眺望』(筒井康隆/新潮文庫)

    馬刺し

    「喉の調子が悪くなった時は、馬刺しを食べるといいよ」と宮沢りえちゃんに教えてもらって、お取り寄せをしました。ローカロリーだし、栄養もあるので、一時期は馬刺しにハマっていましたね。。

最新情報

『後妻業の女』


8月27日ロードショー

キャスト:
大竹しのぶ 豊川悦司/尾野真千子 長谷川京子 水川あさみ
風間俊介 余貴美子/笑福亭鶴瓶 津川雅彦 永瀬正敏

監督:鶴橋康夫
原作:黒川博行『後妻業』(文春文庫刊)

『後妻業の女』

プロフィール

大竹しのぶ(おおたけ・しのぶ)さん

1957年生まれ。
1973年、ドラマ『ボクは女学生』の公募に合格、芸能界デビュー。
数々の映画・ドラマに出演、また舞台でも精力的に活動している。
今後は、映画「真田十勇士」の公開を9月に、舞台「三婆」の公演を11月に控えている。

メディア情報ピックアップ

注目のインタビューを見る

2016年

2015年

社会的責任[CSR]