芸能人のすっぴんショッピング!-町田啓太さん「初主演作はちょっと変?な青春ラブコメ」-

全てのジャンル
  • 2015.3.18更新
  • 菅田将輝さん
  • シソンヌさん×チョコレートプラネットさん
  • 染谷将太さん
  • 過去の出演者をもっと見る
気になるあの人は何をGETしたのか?? 芸能人のすっぴんショッピング! 町田 啓太さん 初主演作はちょっと変?な青春ラブコメ
ヘイサクはスキマ好き、僕の場合は… 最新情報 プロフィール 愛用品&オススメ

ヘイサクはスキマ好き、僕の場合は…

町田啓太さん

―上映後にお時間いただき、ありがとうございます。改めて、いかがでしたか?

舞台挨拶でお客様に「面白かった」と感想をいただいて、安心しました。嬉しかったです。衝撃的でした、という声もありました。いままでヘイサクのような振り切った役が少なかったので、そう感じられたのかもしれません。

―昨年は、『花子とアン』の村岡郁弥役が話題でした。

郁弥とヘイサクはピュアな点は共通しますが、決定的な違いが、おバカさん(笑)。吉田監督ともヘイサクのおバカさを出していこうと話をして、作品に挑みました。今回オーディションからの参加ですが、僕に決まった時は、正直驚きました。役と違ってテンションも高くなく、静かな方なので。そのギャップが逆に楽しみでもありました。

―町田さんご自身のフェチな部分は?

いろいろ細々とあります。例えば部屋のニオイ。人の家に行くと、その人のニオイがしますよね。友だちの家で、あ、これお前のニオイだな、と。確認するような感じですかね。

―ほうれい線がお好きとも聞きましたが。

そうなんですよ、笑うと出ますよね? 僕は出ないので、うらやましくて。幸せそうで素敵じゃないですか。

―女性としては消したいですけど(笑)。ヘイサクのスキマ好きには、共感しましたか?

見えないはずのところが見えるのは楽しいですよね。スキマの奥に何があるのか。そういう断片、断片を切り抜いた覗き見的な要素が、映画にもある気がします。そういった意味で共感できますね。

―登場人物が魅力的でした。

すごく素敵です。ヘイサクはふつうに見えて、いろんな思い、性癖がある大学生。友だちにはドレッドがいたり、おかっぱがいたり、女子が好きな女子がいたり。原作が、そういう個性を大切にした作品なので、その色を大事にして撮影しました。

町田啓太さん

―思い出に残ったシーンは?

5人の大学生が軸となって物語が進みますが、撮影期間が一週間と短く、居酒屋でヘイサクが引っぱたかれるシーンで、初めて全員揃いました。皆で作っているな、と思えて思い出深いです。

―そのシーンで爆笑しました(笑)、そしてとても素敵でした。

そこで笑いが起こるのはビックリしました、真剣だったんですけど…(笑)。監督もそのつもりじゃなかったそうです。でもすごく嬉しい。お店は実際にあって、「酔の介」といいます。店主の方も気さくで良い方でした。今回、本当に楽しく作品作りをさせてもらえました。他のキャストもフレンドリーで、同じ劇団の八木将康もいたし心強かったです。

―佐々木心音さん演じるフミオちゃんがとてもチャーミングで、ラブシーンがリアルでした。

ヘイサクは童貞で、どうしたらいいか分からない役。佐々木さんが、原作のフミオちゃんのイメージよりも、母性的な感じがして、安心して臨むことができました。

―本当に初経験したようなお言葉ですね(笑)。最近、草食男子が進行して絶食化しているとか。イマドキの淡泊な若い人にこの映画を勧めたいです。

お願いします(笑)。思い切り行動するのも大事なのかなと思います。その場その場で、思ったように行動する。ヘイサクも、友だちの前だったけど、居ても立ってもいられず告白しましたよね。大学生や同世代の男性にぜひ観ていただきたい、そして共感してもらえたら嬉しいです。

―休日はどんなふうに過ごしていますか?

最近、銭湯に行く事が多いですね。お風呂、好きです。

―撮影地の蒲田は、銭湯が多いのをご存知ですか? 温泉の銭湯もあるそうです。

フミオちゃんの家を撮影した建物の一階が元銭湯でした。蒲田、面白いですね。こんど散策しようかな。

―蒲田に、町田さんみたいなイケメンがいたら目立ちそう(笑)。

行く時は、ひとりで行きますよ。夕方からのんびりと。これがすごく良いんです。湯上がりはもちろんコーヒー牛乳!(笑)。大好きですね、最高です。フタをポンッと開けるタイプのやつね。地元が群馬で温泉も近くて、友だちとよく行きました。それこそ、どこの銭湯も温泉でした。

―今後の夢や、計画を教えてください。

より多くの作品に携わりたいです。まだまだ手さぐり状態なので、やらせていただけるものなら、何でも挑戦したいです。いろいろな作品、役を経験して少しでも成長して、みなさんにより楽しんでもらえるものを作っていける人になりたいです。一生かかっても難しいかもしれませんが、EXILEのHIROさんのような人にもなりたいです。憧れの人ですから。

―海外に別荘を持ちたいとかは?(笑)

そういうのは、ないですね(笑)。ただ、親孝行はしたいと思っています。今日も父が観に来てくれました。まだ話をしていないので、あとで連絡してみます。すこし恥ずかしいけど(笑)。

愛用品&オススメ

ラルフ・ローレン

ラルフ・ローレン

ヘイサクのような、文字やイラスト入りのTシャツは着ません(笑)。柄物も衣装くらいで、ふだんはシンプルなシャツが多いですね。好きなブランドは、ラルフ・ローレンです。

アーバンリサーチ iD のニット

アーバンリサーチ iD のニット

ネットではDVDを買うことが多いですが、時々洋服も購入します。アーバンリサーチのハウスブランド「iD」のニットもネットで見ていい感じだな、と思って買ってみたらとても良くて、気に入っています。

ブレスレット

EXILEのHIROさんから頂いたブレスレットです。素材がパワーストーンなのか分かりませんが、HIROさんからパワーをいただけるようで、いつも大切に着けています。

DVD

DVD

邦画洋画も、気になったものを何でもジャンルを問わず観ています。今回の映画でヘイサクがプロレス好きだったので、タイトルマッチの名場面集など観ていたらヤミツキになりました。いつかはプロレスを観に、会場へ行きたいと思います。

黒い大きめのバッグ

黒い大きめのバッグ

いまは、黒いレザーのバッグを買おうと思っています。シンプルで大きめのサイズのものです。ブランドは、特にこだわらないですね。

最新情報「

スキマスキ

町田啓太さん初主演映画『スキマスキ』 5月2日DVD発売。現在予約受付中!

スキマ好きでちょっとおバカな大学生ヘイサクが、隣家のカーテンからのぞく女の子に実際に出会って恋をする、ボーイ・ミーツ・ガール物語。
でも実は彼女にも、人に言えない癖があり……。『うさぎドロップ』の宇仁田ゆみ原作の同名コミックを、『うそつきパラドクス』『女の穴』の吉田浩太が大胆に映像化した痛快フェティッシュ・ラブコメディ!共演は佐々木心音、中村映里子、八木将康、久住翠希ほか。

http://sukima-suki.com/

プロフィール

町田啓太さん

1990年生まれ。群馬県出身。2010年「第三回劇団EXILEオーディション」に合格、同年『ろくでなしBLUES』で舞台デビュー。NHK連続テレビ小説『花子とアン』の村岡郁弥役で話題に。ドラマ『流星ワゴン』(TBS)、『天使のナイフ』(WOWOW)、『美女と男子』(NHK)など出演作が続く、いま注目度急上昇中の若手俳優。

メディア情報ピックアップ

注目のインタビューを見る

2016年

2015年

社会的責任[CSR]