芸能人のすっぴんショッピング!-秦基博さん「ニューシングル「水彩の月」に込めた想い」-

全てのジャンル
  • 2015.5.27更新
  • 安田美沙子さん
  • 土田晃之さん
  • 田辺誠一さん
  • 過去の出演者をもっと見る
秦 基博さん 人って言葉で伝えきれないことを抱えながら過ごしているような気がするんです 裏側にあるものまで、すくい取っていきたい 最新情報 プロフィール 愛用品&オススメ

裏側にあるものまで、すくい取っていきたい

秦 基博さん

―映画『あん』の主題歌でもある『水彩の月』、秦さんの中ではどういう想いを込めて制作したのですか?

映画を観て書き下ろした楽曲だったので、映画のメインテーマでもある“生きていることの意味”といったものを、自分なりにすくい取って作りました。サビの歌詞にある「話せなかったことがたくさんあるんだ」という部分が、自分の中でとても大切な言葉となっています。人って「もっとこんな風に言えたらよかった」と思うこと、言えずにいたことや言葉で伝えきれないことって普段からたくさんあって、それを毎日抱えながら過ごしているような気がするんですね。そこが人間味のあるリアルな部分じゃないかと思っています。

―『水彩の月』というタイトル、その言葉に込めた想いはありますか?

映画の中に月が印象的に出てくるんですよね。夜の空に浮かぶ月ではなくて、夕暮れ時のまだ青空がちょっと残った空に浮かぶ月なんですけど、その月の淡さだったり、はかなさのような部分が曲の持っているニュアンスと近い気がしたんです。それでこの曲をどういう情景にしようか考えていた時、月が似合う曲だなと思って、そこから自然と“水彩の月”という言葉が出てきましたね。

―制作過程で苦労した点は?

やっぱり、歌詞ですかね。映画のメッセージがあった上で流れる曲なので、同じことをなぞっても仕方ないですし。根っこの部分でつながっているんだけれど、その中で自分の世界を表現することに関しては、苦労しました。

―カップリングがまた、バラエティ豊かですね。

2曲目に収録されている『サインアップベイベー』は、去年は『ひまわりの約束』を始め「GREEN MIND 2014」ツアーや弾き語りベスト『evergreen』などアコースティックギターの色が濃かったので、対照的にエレキギターを使ったロックテイストな曲を作りたいと思って書きました。

―3曲目では2010年のシングル曲『アイ』をKANさんとのコラボで新録していますが、そのきっかけは?

KANさんがご自身の弾き語りライブで『アイ』をカバーしてくださっていて、「ツアーに、遊びにおいでよ」と言ってくれたので、シークレットでお邪魔して一緒に歌ったんです。そんな流れの中で「レコーディングもしませんか?」とオファーをしたら、快く引き受けてくださって。『ひまわりの約束』で僕を知ってくれた人も多いと思うので、「カップリングではこんな曲もやるんだ、じゃあアルバムも聴いてみようかな」と感じてもらえたらいいな、と思います。

―秦さんの曲は、どれも切なさや哀愁、そして慈愛が同時に感じられますが…。

一つのことを歌おうとするんですけど、一つじゃないというか…、例えば激しさを表現するには、隣に静かなものがあればあるほど激しさが際だつので、表裏一体なんですよね。曲の中で伝えようとするメインテーマはもちろん、それに付随してくる景色や裏側にあるものまですくい取って歌にできたらいいなと思っています。

―この曲を、どんなシチュエーションで聴いてもらいたいですか?

どこででも、というのが本音ですけど、部屋の中でも、街を歩きながらでも、ドライブしながらでも、やっぱり空が見える場所でしょうか。月が出ていなくてもいいので、何か見上げるものがある場所で聴くのがいかも知れません。誰かを思いながらとか――、そうやって見上げたときに、そこに空があるといいかなって。

―曲の制作のために秦さんにとって必要なことって、ありますか?

あらゆること、ですね。音楽ももちろんそうだし、本や漫画も好きでよく読みますし。あと、誰かと飲みに行った時の普通の会話とか、あらゆるところに曲の種というか、着想の始まりがある気がしますね。

―気分転換もいろいろされていると思いますが、最近ハマっているものは?

ミックスナッツですかね(笑)。お菓子をがっつり食べるにはもうしんどい年齢になってきたので、あまり油っこくないものを好むようになりました。お酒のおつまみにもいいし、お酒を飲んでない時でも、お腹が空いた際に食べてますね。

―普段、必ず持ち歩いているものはありますか?

ノートとボールペンです。歌詞が浮かんだ時にすぐにメモができるようにしてますね。携帯でもメモするんですが、文字を変換しているうちに熱が冷める気がして。手書きのほうが早いし、その時に「いい」と思った感覚が残るように思います。ノートはゴムで閉じられるものがお気に入りです。カバンの中に入れておいて、ページがグチャッとなっちゃうのが嫌なので、「すごく便利だな」と感心してます(笑)。

―それでは、ネットショッピングの経験はありますか?

機材周りのものは、よく買いますね。ギターのように弾いてみないとわからないものは楽器屋に行きますが、機材周りのアイテムはエンジニアさんに「これがいいよ」と勧められたらネットですぐ買えるので、重宝しています。実はまだ使ってないんですけど、レコーディングで使うマイクのノイズを防ぐウィンドウスクリーンを購入しました。エンジニアさんが「あのスクリーンがすごい」と話しているのを聞いて、「買ってやろう」と思って(笑)。普段使っているものより値段が5倍くらいするんですが、本当にノイズが入らないらしいんです。まだ使う機会がないので、今は現物を眺めているだけですけど(笑)。

―現在、購入を予定しているものはありますか?

ポールハンガーを探しています。カバンの収納場所がなくて、今は積み重ねているんですよ。それをかけられるハンガーがあったらいいな、と考えています。いろいろ探してはいるんですが、なかなか「いいな」と思うものがないんです。シュッとしていて、かける部分はたくさんあるポールハンガーがほしいんですけど、欲張っているとなかなか見つからないんですよね (笑)。

―最後の質問となりますが、今後やりたいことを教えてください。

計画で言うと5枚目のオリジナルアルバムを制作中です。このアルバムをなるべく早く、みなさんに届けられたらな、と思っています。

愛用品&オススメ

ベルセルク(漫画)

『ベルセルク』(三浦健太郎/白泉社ジェッツ・コミックス)

高校生くらいの頃から読み始めて、いまだに全然終わらないので、「ちゃんと完結するのかな?」と見守る意味も含めて、愛読している漫画です。ここまで広がった大風呂敷をどうしまうのか……。最後は感動させてほしいな、と思います。

フリクションボール

フリクションボール 消せるボールペン(パイロット)

作詞をする時に、なんかいいんですよ。書くものによって気分が変わるんですよね。それこそ色鉛筆で詞を書くと、やっぱりそんな気分になりますし、自分の中の温度感でしっくり来るのがこのボールペンで、スラスラ書ける感じとか、紙に出る色の雰囲気とか、他のボールペンと書き味が違ってすごく好きなんです。

悟浄出立

『悟浄出立』(万城目学/新潮社)

万城目さんの作品が凄く好きで、最近では『悟浄出立』という短編集が面白かったですね。『西遊記』の沙悟浄が主人公で、脇役の視点で物語の世界が描かれているんです。『西遊記』の主役じゃない分ちょっと卑屈だったり、有名人の隣にいる人の苦悩がよくわかる内容で。万城目さんの作品はいつも目のつけどころが面白いですよね。

肘掛けが動かせる椅子

肘掛けが動かせる椅子

作業部屋を快適にするために椅子を買いました。作業をする時は肘掛けがほしいんですが、ギターを弾く時には邪魔なんですよ。それでいい椅子がないか探していたら肘掛けを後ろに倒せるものがあって、「これはもってこいだな」と思って買いました。

最新情報

『水彩の月』

『水彩の月』

収録曲:/綺未侶遶▲汽ぅ鵐▲奪廛戰ぅ戞辞アイ〜Acoustic Session with KAN〜た綺未侶(Cinema ver.)タ綺未侶遏backing track)
DVDつき初回生産限定盤 \2,000(税込)通常盤 \1,300(税込)
6月3日リリース/AUGUSTA RECORDS / Ariola Japan

プロフィール

秦 基博(はた・もとひろ)さん

1980年生まれ。
2006年シングル『シンクロ』でメジャーデビュー。2014年8月リリース、映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌「ひまわりの約束」が大ヒット。同年10月にリリースした弾き語りベストアルバム『evergreen』が「第56回 輝く!日本レコード大賞」企画賞を受賞。4月29日には昨年開催したアコースティックライブツアーの映像作品、LIVE DVD&Blu-ray『GREEN MIND 2014』をリリースした。

メディア情報ピックアップ

注目のインタビューを見る

2016年

2015年

社会的責任[CSR]