2021年上半期ランキング イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」で売れている
最新ワイヤレスイヤホンTOP10

イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」で、人気の完全ワイヤレスイヤホンTOP10をランキング形式でご紹介します。この中から選べば間違いなしのアイテムばかりです。ぜひチェックしてください。

2021年11月10日更新

目次

第1位 SONY「WF-1000XM4」

「SONY WF-1000XM4」は、業界最高クラスのノイズキャンセリング機能に、ハイレゾ音質にも対応した完全ワイヤレスイヤホン。e☆イヤホンのお客様レビューでは、90人の評価で「5点」満点中「4.5点」と高い満足度で、多くの耳の肥えたマニアから高い評価を得ている一番人気のイヤホン。「WF-1000XM3」から、細部に渡り進化を遂げています。さらに高性能になった圧倒的なノイズキャンセリング性能はもちろん、周囲の音を取り込むアンビエントサウンドも搭載。4つのマイクとセンサーを制御し、ビームフォーミングと骨伝導センサーを組合せて、どんな騒音下でも相手にクリアに通話音声を届け、テレワークにも最適なイヤホンとしても人気を集めています。

スタッフのイチオシコメント

音質、ノイズキャンセリング機能、バッテリー、IPX4相当の防水性能など、全部入りの一台。2021年ベストバイのワイヤレスイヤホン。これを買っておけば間違いなしです。

この商品をみる

第2位 ag「COTSUBU」

小型軽量で、耳の小さい方でも使えるイヤホンとして、女性からの圧倒的な支持を得た「TWS03R」の後継機種にあたるのが「COSTUBU」です。片耳で3.5gのシリーズ最小最軽量のコンパクトさに加え、片耳で使用できる機能に対応、IPX4相当の防水性能、皮脂汚れや化粧も付きにくい表面塗装、ケースとマグネットでしっかり固定されるなど、細かい部分で基本性能から使い心地まで大幅にグレードアップしています。そして、「TWS03R」で人気を集めたパステルカラーもそのままに、カラーリングも追加されています。おしゃれでかわいいイヤホンが欲しい方、女性の方にオススメのイヤホンです。

この商品をみる

第3位 Jabra「Elite 85t」

片耳ヘッドセットで日本で高いシェアを持つ「Jabra」初のアクティブノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン。世界でも有数の補聴器ブランドである「GNグループ」のオーディオ部門である強みを活かして、より耳にフィットしやすい形状、長時間の使用を可能にするバッテリーマネージメントなど、全方位で高い完成度を誇るイヤホンです。長時間イヤホンを使用しても疲れにくいため、イヤホンを長い時間つける方にオススメ。

この商品をみる

第4位 SONY「WF-C500」

SONYから発売されたばかりの新製品。SONYの完全ワイヤレスイヤホンの中ではエントリーにあたるモデルで、上位機種譲りの圧縮された音源を高音質で聴ける技術「DSEE」や、耳の形をアプリで測定し最適化する事で、立体的な再生が可能になる「360 Reality Audio」にも対応しています。さらに雨や汗でも安心のIPX4相当の防滴性能も持ち合わせています。ノイズキャンセリング機能はついていないですが、上位機種にも引けを取らない充実の機能と音質がオススメのワイヤレスイヤホンです。

この商品をみる

第5位 Jabra「Elite 3」

Jabra最新の完全ワイヤレスイヤホン。Jabraラインナップの中ではエントリーにあたるのが、この「Elite 3」です。エントリーモデルですが、上位機種譲りの優れた音質、通話性能、装着感に加え、Alexaビルトイン、Spotifyのワンタッチ再生、Google Fast Pairへの対応など、さらに日常シーンでの使いやすさを追求したモデル。IP55相当の防塵防水仕様への対応や、2年間の保証付きなど安心して使える完全ワイヤレスイヤホン。完全ワイヤレスイヤホン最初の一台にもおすすめです。

この商品をみる

第6位 ag「TWS03R」

2019年12月の発売以降、e☆イヤホンで大ヒットしたイヤホンがこの「TWS03R」です。その人気は後継機種にあたる「COTSUBU」が発表されても衰えず、今も高い人気を誇ります。ケースやイヤホンの表面がざらざらとしたマットな仕上げが施されており、汚れや皮脂がつきにくい事や、化粧のコンパクトの様なラウンドしたケース、小型軽量で耳の小さな女性でも耳にしっかりフィットすることから、高い支持を得ています。イヤホンのカラーではブラックやシルバーに人気が集中しますが、「TWS03R」に関しては「クリーム」が一番人気があります。イヤホンでは珍しいパステルカラーをラインナップに揃えている事も人気を集めている理由です。

第7位 SONY「WF-XB700」

SONYの重低音シリーズ「EXTRA BASS」シリーズの完全ワイヤレスイヤホン。名前の通り迫力の重低音再生はもちろん、中域、高域のクリアさも両立している点で人気を集めています。イヤホンの心臓ともいえる「ドライバー」と呼ばれる音を発生させるパーツには、12mmという大口径のドライバーを搭載しています。ドライバー口径が大きいと低域が出しやすくなる特徴がありますが、完全ワイヤレスイヤホンの中ではかなり大きいドライバーを搭載しているため、余裕のある低域再生を可能にしています。迫力もほしいけど、音のクリアさもほしいという方にオススメのイヤホン。

この商品をみる

第8位 audio-technica「ATH-SQ1TW」

audio-technica「ATH-SQ1TW」はコンパクトさと手軽さ、デザインの可愛さで人気を集めるイヤホン。音楽を聴くだけでなく、ゲームや動画など様々なシーンでイヤホンを使用することが増え、音声と映像のズレが気になる方も多いと思います。音声と映像のズレを低減する低遅延モードの「Low Latency Mode」を搭載しています。シーンに合わせて使い分けることが可能です。

この商品をみる

第9位 ag「TWS04K」

音質に定評のあるオーディオブランド「final」監修のワイヤレスイヤホンブランドが「ag」です。「TWS04K」は、マニアのサブ機としてふさわしい音質を目指したKシリーズの定番モデル。製品名「TWS04K」の"K"は"優れた"という意味の古語「かしこし」から命名されています。完全ワイヤレスイヤホンでは、ソフトウェア上の音質調整で、大きく音を調整していることがほとんどで、音のバランスが取れていないものが多くあります。「TWS04K」ではソフトウェア上での調整が無くても満足な音質が得られるように、これまでのイヤホン開発で培った技術を活かした設計がされています。片耳紛失時に、片耳だけ購入できるサービスなど、国内ブランドの安心感もオススメのポイントです。

この商品をみる

第10位 NOBLE AUDIO「FALCON PRO」

国内のオーディオアワード4冠を達成した「FALCON」が、さらに進化したモデルが「FALCON PRO」です。他の完全ワイヤレスイヤホンが多機能なモデルが増えていく一方で、この「FALCON PRO」は音質を徹底追及した完全ワイヤレスイヤホンです。NOBLE AUDIOはアーティストがステージ上で自分の音を確認するために使用するイヤモニを制作しており、音質へのこだわりが非常に強いブランドです。通常では片耳に一つドライバーを搭載するところ、「FALCON PRO」は片耳に3つのドライバーを搭載しています。e☆イヤホンに寄せられたお客様レビューでも音質の評価が非常に高く、とにかく音質を優先したい方にオススメのイヤホンです。

この商品をみる

今回紹介された商品

関連特集