全てのジャンル

車・バイク

関連サービス
おすすめ :

中古情報豆知識
このページは、インターネットでの中古車購入をご検討の皆様の素朴な疑問な質問にお答えし、少しでもその不安を解消して頂くページです。 最低限の正しい知識を身につけて、憧れのマイカー購入を実現させましょう。
店舗選び
優良店舗の見極め方法は?
実車と確認(表記チェック)
車検2年付きと車検切れとの違いは?
見積り書って何?
記録簿って何?
メーター改ざん車って何?
事故車&修復歴車って危険なの?
実車見なくて大丈夫?
良くあるトラブル
キャンセル&返品ってできるの?
キャンセルしたとして、手付金って返してもらえないの?
納車されたクルマにキズがあったら?
資金/諸費用
諸経費って何?
登録時に支払う税金の詳細は?
書類関係
車庫証明の申請って何?
契約の時に必要な書類は?
その他
クルマの購入先が自宅から遠いけど大丈夫?
希望ナンバーって何?
西暦と和暦が混在しててわからない!
店舗選び
優良店舗の見極め方法は?
いいお店の条件として『お店がキレイ』『クルマの質が高い』『質問に対して丁寧に答えてくれる』など、 いろいろな要素が考えられます。 しかし、ここはインターネット上の仮想商店街。実際にその店舗まで足を運んで、 自分の目でチェックすることはそう簡単なことではありません。 では、何を基準にお店選びをすればいいのでしょうか? それは、実車を見ずに、クルマを購入するというリスクを最小限に抑えることができる店舗を選ぶことが、 最も重要なことと言えるのではないでしょうか。あなたの疑問や質問に対し、 迅速、且つ的確に対応してくれることは非常に重要なことです。 ネット上でクルマという高価な買い物をすることは、とても怖いこと。わからないことや不安なことを徹底的に確かめたいのは、 消費者として当然の心理ですよね。そんな不安に親身になって対応してくれる店舗であることが、 いい店舗の見極め方の一つになるのではないでしょうか。 また、見積りの詳細やメンテナンス個所の詳細、および履歴などを的確に答えられるのも重要なポイントです。 自分が納得いくまで質問し、その疑問を解決させましょう。

▲ 上へ
実車確認(表記チェック)
車検2年付きと車検切れとの違いは?
クルマの購入を検討するにあたって、様々なチェック項目が出てきますよね。 価格はもちろん、内装・外装の程度や装備、走行距離などチェックポイントは多様に存在します。 その中に、車検という重要な項目があります。この車検表示部分に『検○年○月まで』などの記載がある場合は、 その期日まで車検が残っているため、新たに車検費用を取得する必要はありません。 しかし、車検が残っていないクルマの場合、次のような表記がされています。 『車検2年付き』『検付き』『検2年』『車検切れ』『検切れ』『検なし』など。 これらは、表記こそ異なりますが、大きく2つの意味に分けられています。 『車検2年付き』『検付き』『検2年』などと表示されている中古車の場合、 車検整備費用が車両本体価格に含まれていますが、『車検切れ』『検切れ』『検なし』と表示されたものは、 別途、車検整備費用が必要になってしまいます。 車検に関しては、最終的な総額に大きく影響するポイントですので、 表記が曖昧な場合は直接問い合わせることをお勧めします。

見積り書って何?
見積り書とは「納車までどの程度のお金が必要になるか?」を見積ってもらう書面を指します。 クルマは車両本体価格の他に、諸費用が必要になります。新車に比べ、 中古車の場合は店舗によってその額が大きく異なります。 例えば『車検残』や『自賠責残』などを別途で請求する店舗があれば、 諸費用も大きく変わることもあります。また、納車整備費用なども最終的な価格に大きく起因します。 雑誌やインターネットなどで、クルマを探す場合、車両本体価格で比較しがちになりますが、 実際にクルマを購入するまでのフローでは、複数の店舗でクルマの見積り(総額)を比較し、 検討することをオススメします。 一概には言えませんが、『車検2年付き』の車両であるにも関わらず、 諸費用の中に車検整備費用が加算されていたら、その意図を確認するなど、 不明な個所はどんどん質問して納得できる内容で購入しましょう。

記録簿って何?
中古車購入を進めるにあたって、雑誌やインターネット、または店舗などで良く目にするものに記録簿があります。 正式には『定期点検整備記録簿』といい、新車購入時にディーラーから渡される書類の一つに付随しています。 この記録簿は、人間に例えると履歴書にあたる非常に重要な書類。 「このクルマは今までにどのようなメンテナンスを受けてきたの?」という、 中古車購入時に誰もが必要とする情報が記載されています。この記録簿の有無は、 販売価格にも反映されてしまうほど、その存在価値は大きいのです。 ただ、記録簿があるといえど過信は禁物。大切なのはその中身です。 どこで、どれだけの整備がされているかをしっかりと見極めることが重要といえます。 事故歴やそれに伴う修復歴、その他、記録簿には記載されないようなトラブルも多々存在します。 また、複数オーナーが乗り継いでいるクルマの場合は全オーナーがしっかりと記載しているかどうかもわかりません。 そのクルマの全てを判断するには限界があります。 記録簿の有無は中古車購入の目安の一つとして位置付けておくと良いでしょう。

メーター改ざん車って何?
俗に言うメーター改ざん車とは、メーター(走行距離を測る機器)が改ざんされたクルマを指します。 例えば、『記録簿がない』『故障によるメーター交換歴で走行不明』など理由だけでメーター改ざん車と 決めつけてしまうのは、ちょっと乱暴です。15万km走行したクルマのメーターが巻き戻され、 5万kmなどにして販売されている車両をメーター改ざん車と呼びます。 社会問題にもなっているとおり、非常に悪質で許されない犯罪です。高年式ながらも過走行なクルマや、 改ざんすることで価格が大きく跳ね上がる人気車種などが狙われやすいとされています。 では、このようなクルマを購入しない為にはどうすればいいのでしょうか? まず、最初に確認すべき大きなポイントとなるのが記録簿の有無です。 記録簿に記載されている内容をチェックすることで、 その車両がいままで受けてきたメンテナンスの履歴を確認することができます。 また、シートのヘタリ具合や、メーターパネル付近のネジの様子、ドアノブの傷の程度、 ハンドルの摩耗具合のチェックなど、自己防衛としての予備知識も大切です。

事故車&修復歴車って危険なの?
私たちは、交通事故などで損傷を受けたクルマは全て事故車と認識しがちですよね。修復歴車というクルマの存在と、 その扱い方の基準が曖昧になってはいませんか?まずは、その違いを明確にする必要があります。 修復歴車とは、交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたものまたは、 その修復歴のあるものは商品価値の下落が見込まれるので、修復歴減点を適用すると、 中古自動車査定基準の中で謳われています。つまり、自動車の骨格部位(フレーム)を交換したり、 修復したものを修復歴車と断定することができます。 事故車とはそれらを総じた呼び方であり、骨格部分にダメージを受けていない場合は、 事故を経験していても修復歴車には当たらないのです。 また、これらのクルマを買うことは果たして本当に危険なのでしょうか?その答えは「NO」です。 事故車ということで、最初から選択肢に入れないのは尚早といえるでしょう。 最終的にそのクルマを購入するか否かという判断は、個人の価値観に委ねざるを得ませんが、 ダメージを受けた部分が完璧に修復され、走行にも全く支障がないのであれば「買い」という判断も 自然な流れになるのではないでしょうか。 候補に上がっている車両のコンディションを良く見極め、賢明な判断を下しましょう。

実車見なくて大丈夫?
インターネット上での「実車を見ないクルマ購入」は、ちょっと怖いですよね。 購入を検討しているクルマの価格が高額だったり、その店舗が自宅から遠かったりすると、 購入することを躊躇(ちゅうちょ)してしまう方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。 その原因として最も考えられるのが、納車時に実際のクルマを初めて見たときの「イメージと違う」 「こんなクルマだとは思わなかった」という、ギャップです。 また、トラブル発生時のアフターケアなどの不安要素を拭いきれないのも要因の一つとして考えられます。 しかし、その一方ではインターネットを媒体とした、車両取引台数が増加し続けています。 それはナゼでしょうか?答えは電話や雑誌ではあり得ない、情報量の多さにあります。 例えば、インターネットでクルマを探す過程において、気になる車両が出てくれば、 その車両の状態(エンジンなどの機関や内外装のコンディションなど)を電話やメール(またはメールに添付された画像) で細かくチェックすることができます。ハンドルの擦れ、シートのヘタリ、タバコのこげ跡などの気になる個所は、 重点的に何枚もの画像を送ってもらうことで、実車を見るに等しい感覚になるでしょう。 また、記録簿などのメンテナンス履歴もチェックするなど、あらゆる手段を駆使して情報収集することで、 「実車を見ないクルマ購入」のリスクは限りなくゼロに近づくことでしょう。
▲ 上へ
よくあるトラブル
キャンセル&返品ってできるの?
「実際にイメージしていたクルマと全然違う! あぁ、こんなことなら実際にクルマをチェックしに行けばよかった!」なんて事態、 考えたくありませんが、あり得そうな話ですよね。 車両の状態は画像でチェックした。コンディションに関しても事前に聞いていたとおりだった。 しかし、いざ納車されたクルマを見るとイメージと違う。でも、事前に聞いていた情報に間違いはなく、 店舗サイドに責任はない。こんな場合、クルマを返品することは可能なのでしょうか? その答えは、残念ながら「NO」です。 まず、クルマという商品は使用し始めた段階で、原価償却が進行するなどの観点から、クーリングオフが適応されません。 「イメージが違うから→キャンセル」どころか、「トラブルが多いから→キャンセル」すらも認められないのが現状なのです。 これは、トラブル自体が購入後のユーザーの乗り方によるということもあり得るという考え方に基づいたもの。 しかし「何がなんでもキャンセルNG!」という店舗は少なく、店舗サイドの瑕疵(かし)の大きさ如何では、 受け入れてくれるところもあります。 また、大体の店舗に関してはアフターケアとしてのサポートが付随しています。 例えば『○万km○カ月まで』などの保証が一般的です。万全の整備が施された極上車であっても、機械である以上、 故障してしまう可能性は十分に考えられるので、購入前に保証内容も十分確認する必要があるでしょう。 少し足を伸ばせば行けるようであれば、極力、その実車をチェックする。少し遠くて、 実車をチェックできないようであれば、購入前に十分納得できるだけの情報を入手する。 そして、近所の中古車屋さんなどで同じ車種に試乗してみることをオススメします。

キャンセルしたとして、手付金って返してもらえないの?
例えば、ある店舗にとても魅力的なクルマがあるとします。 どうチェックしても自分の希望を全て満たしてくれるクルマで相場的に見ても、そのクルマはお買い得。 いまパスしたら、他の人に売れてしまうのは時間の問題。 しかし「もうちょっと他のクルマも見てみたい!」「迷ってしまい、決断できない!」そんな 「もう少しキープしたい」状況で登場するのが、手付金・予約金と呼ばれるお金です。 このお金(例えば、3万円)を支払うことにより、そのクルマを一時的に押さえることができます。 しかし、その後キャンセルした場合、一般的にこのお金は返ってこないこが慣例となっています。 根拠としては、押さえてもらっていた期間のクルマの維持費や販売をストップしていた期間の保証金にも近い費用が発生するためです。 勿論、その後に購入の方向で話が進めば、手付金・予約金は内金として入ります。 お金の話ですので、事前にしっかり確認することが大切ですね。

納車されたクルマにキズや不具合があったら?
納車前の確認時には報告されていなかったキズや不具合があった場合、速やかに店舗と連絡を取ってください。 乗ってから時間が経つと、そのキズや不具合が納車前からのものであったことを証明しずらくなってしまいますよね。 購入時におけるクルマのチェック段階で、そのキズや不具合個所が伝えられていない、 若しくはその内容に虚偽があった場合は無償修理してもらうのが鉄則です。 また、キズだけでなく、注文時に頼んでおいたオプション装着や、修理個所などの確認も重要です。 いずれも時間が経過してからの申告は面倒になりますので、 納車後すぐのチェック(若しくは、納車時にチェック)することをオススメします。 口頭での確認で済まさず、契約書などの書面での確認も大切です。
▲ 上へ
資金/諸費用
諸経費って何?
諸費用は大きく分けて、法定費用と代行費用の2つに分類することができます。 まず、法定費用というのは、税金(消費税・自動車税・重量税・取得税)や印紙代、 自賠責保険などの支払わなければならないお金を指します。 また、代行費用は、名変費用や納車整備費用などの業者へ委託したときに発生する手数料を指し、 店舗やクルマのコンディションなどによって大きく違ってきます。 この法定費用(必要経費)を除いた、諸費用の存在は非常に大きく重要で 「最終的な金額が意外に高くなってしまった!」というケースをよく耳にする通り、 事前に見積りをしっかりと作ってもらうことが大切です。候補が複数存在するのであれば、 全てのクルマの見積りを出して比較することをオススメします。 また、車庫証明や納車費用など、ユーザー自身での作業が容易に可能なものに関しては、 極力自分でやってみましょう。費用を大きくカットできたり、 拘束時間の長いこれらの代行作業は店舗サイドとしても敬遠されるケースもあり喜ばれることもあります。

登録時に支払う税金の詳細は?
■ 消費税
車両本体や代行手数料(陸送費用・登録代行費用・納車整備費用など)にかかるのが消費税です。 2004年4月から始まった、消費税の総額表示方式により、 車両本体にかかる消費税の額も明確にわかるようになりました。

■ 自動車取得税
自動車取得税は、店舗で販売された価格ではなく、 新車当時の価格(メーカー価格)と初年度登録からの年数によって金額が決められます。 その金額は、自家用車の場合『クルマの取得価額(課税標準額)×税率5%』。 軽自動車の場合『クルマの取得価額(課税標準額)×税率3%』と決められております。 しかし、初年度登録から4~5年以上経過したクルマや取得金額が50万円以下のクルマに関しては、 免税になるケースが非常に多くなっています。詳しくは管轄の税事務所にお問合せください。 ※取得価格とは、クルマを購入したときの金額ではありませんのでご注意ください。 取得金額の算出方法に関しましては『税金・保険・手数料 FAQ』をご覧下さい。

■ 自動車税
4月1日時点でのクルマの所有者に課せられます。 購入時、そのクルマの名義が購入者が登録する都道府県の場合、 移転登録(名義変更)時に新たに自動車税を支払う必要はありませんが、 店舗に対し、自動車税の月割りを支払うのが一般的です。 クルマの排気量によって金額が設定されているので詳しくは『税金・保険・手数料 FAQ』で確認しましょう。

■ 自動車重量税
自動車重量税は、クルマの車両重量に応じて、税金が決められます。 新車購入時や車検ごとに一括で支払わなければなりません。 車検が残っているクルマを購入する場合は、負担する必要はありません。
▲ 上へ
書類関係
車庫証明って何?
正式には『自動車保管場所証明書』と呼び、 クルマの保管場所(駐車場)を管轄する警察署に申請しなければなりません。 保管場所は自宅から保管場所までの距離が直線で2キロ以内と決められており、例外を除いては認められておりません。 申請用紙は警察署に置いてあり、記入方法も意外に簡単です。 不明な個所は丁寧に説明してくれるので自分でトライしてみましょう。必要書類は下記のとおりです。

・自動車保管場所証明申請書(書類は複写式ですが、地域により2~5枚綴りです)
・自動車の使用の本拠の位置を確認できる書類(住民票・印鑑証明書など)
・印鑑(受取り時に必要になります)

契約の時に必要な書類は?
契約時に必要となる書類は下記のとおりです。警察署や役所に足を運ばなければなりませんので早めに準備しましょう。

・印鑑証明書(発行後3カ月以内のもの)
・印鑑(本人が直接申請するときは印鑑証明書の印鑑(実印)、代理人が申請するときは代理人は記名でも構いません)
・委任状(代理人による申請を行う場合は実印を押印、本人が直接申請するときには不要です)
・自動車保管場所証明書(住所等を管轄する警察署より証明を受けたもので発行後1カ月以内のものに限ります)
▲ 上へ
その他
クルマの購入先が自宅から遠いけど大丈夫?
インターネットでクルマを探すということは、全国のクルマが検索対象になります。 これにより選択肢が飛躍的に広がり、希望するクルマを見つけることがとても簡単で便利になりました。 しかし、もしあなたが東京にお住まいで、希望するクルマを取り扱う店舗が遠く離れた北海道にある場合、 「ちょっとねぇ?」と迷ってしまうのが、正直な心理ではないでしょうか。 アフターケアなどの保証や陸送代金が頭をよぎってしまうのが人間というものです。 常識的に考えると、隣接する都道府県までが購入範囲になるのでしょうか。 そんなデメリットを補い、余りあるのが情報量の豊富さです。 楽天オートは雑誌ではあり得ない画像の質と大きさ、そして、数があります。 また、不明な点や疑問な個所は電話などで徹底的に聞くことができます。 これにより、購入時のリスクは大きく回避することが可能になりました。 また、購入先の店舗が遠隔地の場合のアフターケアに関して、 店舗独自のサービスを受けることは期待できませんが、 納車時に付随する全国規模で展開するのアフターケア(JAF・JRSなどのサービス)を付ける店舗も数多く存在します。 リスクは飛躍的に減ってきているので、店舗が遠いからといって選択肢から外すのではなく、 まずは積極的に相談してみることをオススメします。

希望ナンバーって何?
希望ナンバーとは、4桁以下のアラビア数字の部分のみが自由に選べる制度です。 希望ナンバーには一般希望ナンバー抽選希望ナンバーの2種類が存在し、 中でも抽選希望ナンバーは『1』『7』『333』『555』『777』『888』『2000』『3000』『1111』 『3333』『5555』『7777』『8888』の13通りの数字を抽選で選ぶ制度になっています。 また、それ以外の数字に関しては、一般希望ナンバーという扱いになり、希望通りに取得することができます。 例えば、品川ナンバー管轄では『1』や『88』や『55』などに人気が集中しており、特に3ナンバーの『88』などは、 分類番号が『380(品川 380)』を超えています。(2004年4月現在)
希望ナンバーは、通常ナンバーと異なり、注文生産となるため通常のナンバープレートより高い交付手数料が必要となります。 通常ナンバーは1500円前後で取得できるのに対し、希望ナンバーは4000円前後の費用が必要となってしまいます。

西暦と和暦が混在しててわからない!
中古車業界は車種の年式表示がバラバラで統一されていないのが現状です。 西暦で表記する店舗もあれば、和暦で表記する店舗も存在します。 それぞれが混在しないように、下記のとおり、整合表を準備しました。 わからなくなってしまったときに参考にしてください。
整合表
▲ 上へ


社会的責任[CSR]