和食&赤ワインのマリアージュ特集

全てのジャンル

ワイン

和食と赤ワインのマリアージュ特集
赤ワイン×秋の和食

マリアージュとは

フランス語で結婚を意味するマリアージュ。この言葉は食べ合わせの相性の良さを表しています。すべての人にとって、同じ組み合わせがベストマリアージュとは限りませんが、少なくとも似た要素を持つワインと料理の組み合わせは、相性が良いといえるでしょう。

秋料理とワイン

涼しい秋に旬の素材を楽しみたい皆様のために、秋に美味しい料理とワインの組み合わせを紹介します。「秋料理」と美味しい赤ワインの相性は抜群です。ぜひ以下の組み合わせを試してみてください。

栗ご飯&ガメイ
かぼちゃ煮物&サンジョヴェーゼ
さんま塩焼き&シラー/シラーズ
大学芋&アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ
ふろふき大根&ガルナチャ/グルナッシュ

栗ご飯&ガメイ

  • 栗ご飯
  • ガメイ

ボジョレー・ヴィラージュ・ ル・ペレオン

新鮮でシンプルな味の栗ご飯はワインとも好相性です。栗の甘味と黒ゴマのスパイス感がポイントで、フルーティなやわらかい味わいのあるミディアムボディのガメイ種のワインととても相性が良いのです。今回は評判の高いボジョレー・ヴィラージュ・ル・ペレオンに合わせてみました。

やわらかい食感の栗は、同じくやわらかくエレガントなワインに合わせてみたいです。さらにお米のピュアな甘味を考えると、甘味のあるワインを選びたいですね。たとえば今回ご紹介するボジョレー・ヴィラージュはよいでしょう。ボジョレー・ヴィラージュ・ル・ペレオンはピノ・ノワール種のブルゴーニュにも似たエレガントな構成で、フィネスをしっかり感じるワインで栗ご飯に上品な印象を与えます。さらに、ボジョレーの特徴である新鮮な果実の香りも強く、栗やご飯そのものの甘さとよく合います。米の「テロワール」から来るエレガントさも引き立てるこのボジョレーはとても良いマリアージュになりました。ぜひ試してみましょう。
栗ご飯には、甘味たっぷりの栗を使うと、ワインとの相性をより楽しめるでしょう。

このワインを探す

その他ガメイも相性ぴったり

かぼちゃ煮物&サンジョヴェーゼ

  • かぼちゃ煮物
  • サンジョヴェーゼ

イゾレ・オレーナ・ キャンティ・クラシコ

イタリアのトスカーナ州で醸造されるキャンティはサンジョヴェーゼ種の代表的なワインです。イゾレ・オレーナのキャンティはしっかりしたタンニンが特徴の一つで、クリーミーなかぼちゃの煮物とパーフェクトなマリアージュです。

サンジョヴェーゼの新鮮な赤系果実の香りと、なめらかなタンニンにはかぼちゃの煮物のクリーミーな食感をさらに強める効果があります。そしてイゾレ・オレーナのキャンティ・クラシコの長い余韻は美味しいかぼちゃの素材本来の味の余韻を長く感じさせてくれます。煮物に使う醤油とみりんや野菜そのものの甘味はキャンティの渋みを少し和らげ、合わせることによって魅力的でソフトな口当たりが生まれます。お互いの風味の強さは似ているので、個性的でも無理がなく、それぞれを口の中で広げ合い、新しい味が生み出されます。ぜひ飲んでみてください。

このワインを探す

その他サンジョヴェーゼも相性ぴったり

さんま塩焼き&シラー/シラーズ

  • さんま塩焼き
  • シラー/シラーズ

キリカヌーン・ラン・ シラーズ

塩味は洋食においても基本の味付けだからこそ、しっかりしたフルボディの洋食に合いそうなワインとのマリアージュを考えました。この素晴らしい相性をぜひ試してみてください。今回は、樽熟成された濃厚なキラーマンズ・ラン・シラーとのマリアージュを、紹介します!

秋が旬の脂の乗ったさんまがまとった塩の風味はシラーの強いタンニンの渋みを和らげ、樽のスパイスの香りや熟成感を強調します。バニラの甘さや土っぽい香りは樽を使って長期間熟成させたこのシラーの特徴です。さんまの塩焼きをその複雑な味わいと合わせてみると、とても上品でエレガントな新しい味に出会えます。まずさんまの爽やかな味が引き立ち、続いて徐々にワインの甘味が強調され、最後に樽のスパイシーさと甘味が残ります。口の中で感じる複雑な味わいの変化を味わえる、楽しいマリアージュです。

このワインを探す

その他シラー/シラーズも相性ぴったり

大学芋&アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ

  • 大学芋
  • アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ

トッレ・ドルティ・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ

大学芋とアマローネの相性の鍵は甘味にあります。アマローネに使用される干しぶどうの味わいは芋そのものの甘さと、それを包み込む砂糖のコーティングにとても合う!甘さの味方ともいえるマリアージュを紹介します!

ご存じの通り大学芋の特徴はしっかりした甘さに芋の濃い味と黒ゴマのスパイスが加わるということです。一見、しっかりしたフルボディのワインを合わせたくなりますが、甘味のあるワインでないと、大学芋の甘さにワインの風味が負けるでしょう。そこでタンニンと熟成からくる力強さや甘さのあるアマローネとの組み合わせをお勧めします。これはパーフェクトマリアージュとなるでしょう。
特にこのトッレ・ドルティとの相性は感動ものです。強いスパイスのアロマ、ペッパーやチェリーの香りが芋の土っぽい味と甘さからエレガント感を引き出し、大学芋をより上品に感じさせます。家庭料理のひとつとして親しまれる大学芋を、トッレ・ドレティのアマローネと合わせてよりおしゃれに楽しんでみましょう。

このワインを探す

その他アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラも相性ぴったり

ふろふき大根&ガルナチャ/グルナッシュ

  • ふろふき大根
  • ガルナチャ/グルナッシュ

ガルナッチャ・デ・ エスパーニャ

この組み合わせのポイントはガルナッチャの果実味と生姜の相性!ふろふき大根のソースに忍ばせた生姜の風味は、ガルナッチャの果実味やクローブを思わせる甘いスパイス香にぴったりです。

ガルナッチャはアルコール度が高くフルボディで、生姜を使ったソースの濃さによく合います。生姜の風味は、ワインの持つフルーティな味わいとも豊かなボディボディとも相性がよく、とてもいいマリアージュです。ぜひ試してみましょう。
ここでは大根の爽やかな味わいを考慮して、酸味が高くフレッシュ感のあるガルナッチャをセレクトいたしました。ぜひ一緒に楽しんで見てください。とても面白いマリアージュを体験いただけます。

このワインを探す

その他ガルナチャ/グルナッシュも相性ぴったり

  • 夏の和食と白ワインの美味しいマリアージュ特集
  • 蒸し暑い夏に体を冷やしたい皆様のために、夏に美味しい料理とワインの組み合わせを紹介します。
    すっきりするためには冷たい水もいいのですが、「夏料理」と美味しい白ワインの相性は抜群です。
    ぜひ以下の組み合わせを試してみてください。
  • 甘いものをおつまみに★スイーツ&お酒マリアージュ特集
  • 一見以外でも実は相性の良い組み合わせをソムリエの解説とともにご紹介いたします。
    すべての人にとって、同じ組み合わせがベストマリアージュとは限りませんが、少なくとも似た要素を持つスイーツとお酒の組み合わせは、相性が良いといえるでしょう。
社会的責任[CSR]