イタリアのスパークリング:スプマンテ特集

全てのジャンル

ワイン

イタリアのスパークリング:スプマンテ
  • イタリアの泡スプマンテ
  • スプマンテの主な産地
  • ラベルの読み方
  • 知っておきたい用語

スパークリングワインというとシャンパーニュ!と思われるかもしれませんが、実はスパークリングは世界各国で生産されています。特に生産量が豊富な国は、今回ご紹介するイタリアです。飲みやすくてすっきりしたプロセッコから、まるでシャンパーニュを思わせる複雑で高級なフランチャコルタまで沢山の個性あるスパークリングワインが集まっています。この特集ではイタリアのスパークリングワインを代表する5種類を分かりやすく説明します。紹介する主な地方と生産者のスプマンテと呼ばれるイタリアのスパークリングワインを飲みながら、新しいワインの世界を旅してみましょう。皆様、スプマンテの世界へようこそ!

イタリアのスパークリング:スプマンテ

イタリアのスパークリング:スプマンテ

スプマンテはイタリア語でスパークリングを意味する言葉。そのため、イタリア語ではスパークリングワインそのものを指す場合もスプマンテと呼びます。基本的なスパークリングはラベルにスプマンテと記載されています。メロン、桃などの果実味が強くさっぱりした味わいで、ライトボディの飲みやすいスタイルです。一方で、スプマンテとラベルに記載のないスパクーリングも存在します。それは特別なスタイルがワイン法で認可されたものや、非常に良質なスパークリングです。つまりスパークリングワインの産地として格付けされた地方で生まれるものです。本国のイタリア人もその地方のワインをもっとも楽しんでいます。スプマンテの世界を、より楽しむためにここからスタートしてみましょう。ランブルスコプロセッコアスティ・スプマンテフランチャコルタおよびトレント、このスタイルを選ぶとより本格的な「スプマンテ体験」となります。

スプマンテの主な産地

ランブルスコ
プロセッコ
アスティ・スプマンテ
フランチャコルタ
トレント

ランブルスコ

ランブルスコ

赤いやロゼスパークリングワインとしてよく知られる、ランブルスコ(※)DOCはエミリア・ロマーニャで醸造されるワインです。格付けもあり、歴史の長いワインですが、近年までは質が低いシンプルな甘口ワインとして知られていました。しかし、ここ数年、ランブルスコの持つイーストのような味や、やや苦い後味が、ビールに似ていると評判になり、流行りつつあります。それに伴って、生産者も質の良いものを生産するように全力を尽くしています。おかげで今ではとてもいいランブルスコを見つけることができるようになりました。ぜひ飲んでみましょう。これもワインが若い間に飲みたいですね。

※ランブルスコはブドウ品種の名前とワインの法律上の格付け名称の両方を示す言葉です。ラベルにDOCと書かれたものが、格付けされた「ランブルスコ」となり、赤、ロゼと白があります。

ランブルスコを探す

ランブルスコのピックアップアイテム

辛口のスパークリングワインがお好みであれば、ぜひこのランブルスコを試してみましょう。

ランブルスコの注目生産者

ここ数年、注目されている生産者を紹介いたします。

  • メディチ

    メディチ

    安いワインのランブルスコのイメージを払拭したメディチ

  • カビッキオーリ

    カビッキオーリ

    一流のランブルスコを生産している非常に人気あります。

  • マニカルディ

    マニカルディ

    郷土料理に合う豊潤な香りを備えた素晴らしいワインの生産者

プロセッコ

プロセッコ

「とりあえずプロセッコ!」というセリフを聞いたことはありませんか。そう、食前にプロセッコを一杯飲むのは、イタリアの習慣の一つです。2009年以前、プロセッコはぶどう品種と格付けの両方を示す言葉でした。そのためどちらの意味で使われているのか、区別するのは大変で、それを解決するため、2009年にプロセッコに使用するぶどう品種はグレラと名づけられ、プロセッコそのものは格付けを示す言葉として認定されました。そのおかげで現在、「プロセッコ」とラベルに表記があれば、その格付けに認定される条件を満たしたワインであることが分かり、スタイルの想像ができます。辛口でもちょっとした甘味があり、アロマチックで、メロンや春の花、バニラの味を感じる爽やかな泡立ちのワインです。食前に楽しめば、すっきり感を与えてくれるワインですね。熟成による複雑さを求めるワインではないので、若い間に飲みましょう。新しいヴィンテージのものを選ぶほうがいいということですね。

プロセッコを探す

プロセッコピックアップアイテム

プロセッコの初心者向けワインをセレクトしました。

プロセッコのDOC

プロセッコDOCの中にはいくつかの格付けがありますが、その中でも特に良質な地方を紹介いたします。

アスティ・スプマンテ

アスティ・スプマンテ

70年代から有名になったアスティ・スプマンテ。甘くて優しいスパークリングでデザートとの相性が素晴らしいワイン。洋ナシ、ネクタリンのようにフルーティなアロマで、アルコール度が低くて(7〜9.5度)やさしい口当たりのワインです。このワインは1993年からアスティDOCGに認定されました。それ以来、使用できるぶどう品種はモスカート(マスカット)のみです。その他にも第二次発酵を途中で止めるなど、アスティの醸造方法は厳しく制限されています。むろんこの制限の上に、このワインの魅力溢れる特徴が成り立っているのです。例えば、第二次発酵を止めることでワインは甘口に仕上がります。果汁の糖分を、すべてアルコールに変化させずに、アスティの特徴である甘みをワインに残しているのです。アスティもプロセッコと同じく若い間に飲んだほうがいいワインですので、最近のヴィンテージを探してみましょう。

アスティを探す

アスティのピックアップアイテム

甘口のやさしいワインがお好みであれば、ぜひこちらから選んでみましょう。

フランチャコルタ

フランチャコルタ

イタリアではスパークリングワインの専門DOCGと認定されているのは、1995年からフランチャコルタのみです。言い換えればイタリアを代表する瓶内二次発酵の発泡性ワインこそが、フランチャコルタDOCGです。特殊なテロワールに恵まれているフランチャコルタの生産者はとても良質なスパークリングを生み出していて、自分のワインについて「フランチャコルタでありスプマンテではない」と主張しています。また、世界に名だたるシャンパーニュにもっとも似たスタイルのスプマンテはこのフランチャコルタで、ここ数年、とても高い評価を得ています。シャンパーニュとの共通点は、いずれも中心となるぶどう品種はシャルドネとピノ・ネーロ(ピノ・ノワール)です。フランチャコルタではそれに加え、ピノ・ビアンコ(ピノ・ブラン)も使われています。このピノ・ビアンコが使用すると、ワインにパイナップルなどのフルーティなアロマやミネラル感を与えます。また、シャンパーニュと比べて、より熟成期間が長い(※)ところから、イーストの味が強くて、フルボディで複雑な個性のあるワインです。

※シャンパーニュで最低の熟成期間は18か月ですがフランチャコルタは24か月となっています。

フランチャコルタを探す

フランチャコルタピックアップアイテム

フランチャコルタの注目生産者

フランチャコルタの代表的な生産者を紹介いたします。

  • ベラヴィスタ

    ベラヴィスタ

    1976年に設立し、シャンパーニュスタイルの発泡性ワインを生産。フランチャコルタの最上の生産者として知られている

  • カ・デル・ボスコ

    カ・デル・ボスコ

    ブルゴーニュでワインを勉強したマウリッツッィオ・ザネッラ氏はシャンパーニュに匹敵するスプマンテを目指している

  • ベルルッキ

    ベルルッキ

    ベルルッキはフランチャコルタで瓶内二次発酵による高品質スパークリングワインを最初に造ったワイナリー

トレント

トレント

フランチャコルタと同様に瓶内二次発酵の発泡性ワインの一つです。一方、フランチャコルタと異なってトレントはDOCGではなくDOCです。それはフランチャコルタとの質の差というより、生産できる面積が異なるからです。フランチャコルタの生産可能な面積は非常に限られていますが、トレントはより広い地域でその名を冠したワインの生産が可能なのです。しかし、トレントもフランチャコルタと同じくロケーションに恵まれていて、シャルドネとピノ・ネロからとても良質なスパークリングワインを生産しています。

トレントを探す

トレントピックアップアイテム

トレントDOCの良質なワインを紹介いたします。

トレントの注目生産者

プロセッコDOCの中にはいくつかの格付けがありますが、その中でも特に良質な地方を紹介いたします。

  • フェッラーリ

    フェッラーリ

    もっとも有名なトレントの生産者で、世界中で愛飲されています。

  • アバテ・ネロ

    アバテ・ネロ

    フィンネッスの高いエレガントなワインの生産者として有名

  • カヴィット

    カヴィット

    1950年に設立された長い歴史を誇っている生産者組合連合です。

ラベルの読み方

ラベルには必ず表記しなければならない義務項目とそうではない任意項目があります。
義務項目とは:
1. ワイン名、瓶詰者の名前
2. 格付け
3. 糖分含有指標
任意項目はぶどうの収穫年となります。単一年に収穫されたぶどうを使用する場合ミレジマートと呼ばれ収穫年を表記することができます。

ラベルの読み方

知っておきたいスプマンテに関する用語

スプマンテ 発泡性ワイン
フリッザンテ 弱い発泡性ワイン
DOC (Denominazione di Origine Controllata) イタリアのワイン法における2番目の格付け(ワイン名でさらに細かく村、畑などを示すことができます)
DOCG (Denominazione di Origine Controllata e Garantita) イタリアのワイン法におけるトップの格付け(ワイン名でさらに細かく村、畑などを示すことができます)
ロッソ 赤ワイン
ビアンコ 白ワイン

糖度を示す用語

ラベルの記載 発音 糖分
Extra Brut エクストラ・ブリュット 0-6 gr/l
Brut ブリュット 0-12 gr/l
Secco セッコ 0-12gr /l
Extra dry エクストラ・ブリュット 12-17gr/l
Amabile アマービレ 17gr/l 以上
Dolce ドルチェ 17gr/l 以上

こちらもオススメ!注目の特集

ジャンルで探す

  • ワイン

    ワイン

    デイリーからヴィンテージまで、ワインはこちら

  • ビール

    ビール

    定番や地ビール、ノンアルコールまで

  • 洋酒

    洋酒

    スコッチ、バーボンなど種類豊富に揃っています

  • 日本酒

    日本酒

    全国の銘酒が勢ぞろい!旨い酒を探そう

  • 焼酎

    焼酎

    品揃え豊富!お好みの銘柄を探そう

社会的責任[CSR]