自転車入門ガイド | スポーツ・アウトドア用品:通販・インターネットショッピング

  • 総合案内所
  • ヘルプ・問い合わせ
  • 楽天トップへ

自転車入門ガイド 自転車の種類と特徴 購入前のポイント エントリーモデル

便利な自転車入門ガイド!入門者、初心者に自転車選び、購入時のポイントなどを解説♪

初心者応援!注目ショップ

キーワード検索

価格で探す

自転車をはじめよう!

ECOブームや健康志向で需要が高まる自転車。気軽に乗れて、気分爽快な自転車。無理なく自分のペースでカロリーを消費できます。少しでも「はじめようかな…」と思ったなら、まずはこのページをチェック!自転車通学を始める中高生から、健康志向の大人まで、初心者必見のコンテンツがいっぱい!あなたの“はじめての自転車選び”をサポートします!

自転車の種類と特徴

スポーツ車

スポーツバイクは、大きく分けると、ロードレーサーマウンテンバイククロスバイクなどに分類されます。輸入車の場合、予約生産、受注生産などでかなり納期が必要な場合があります。

代表モデル

ロードレーサー

ロードレーサー

速く走ることを目的とした、タイヤが細く、フレームが軽量な自転車。大きくは、ドロップハンドルタイプフラットハンドルタイプに分類されます。ドロップハンドルタイプは、ハンドルが下に曲がった伝統的なロードレーサーで、 ハンドルの握る位置を変えることで、道路状況に対応した走りができます。最近はブレーキレバーと変速レバーが一体化しているものが多く、扱いやすくなって います。サスペンションフォーク、サスペンションシートポスト、ディスクブレーキなどを装備したコンフォートタイプのドロップハンドルタイプも登場しています。フラットハンドルタイプは、マウンテンバイクのようにハンドルバーが一文字型のロードレーサーで、気軽に乗りやすいタイプです。

マウンテンバイク

マウンテンバイク

山道を走り回るために太いタイヤを使用し、坂を登りやすくするために軽めのギヤを装備した自転車。クロスカントリーダウンヒルプレイバイクフリーライド街乗りMTBなどに分類されます。レースに使用するのでなければ、街乗りMTBから選ぶことをおすすめします。街乗りMTBはゴツゴツしたタイヤやアスファルト用のセミスリックタイヤを装備したものがあり、選択幅が大きくなります。

クロスバイク

クロスバイク

ロードレーサーマウンテンバイクの良いところを合わせ持った中間の自転車。スピード重視のタイプ街乗り重視のタイプに分類されます。タイヤの太さは、ロードレーサーより太く、マウンテンバイクより細い、アスファルト用のセミスリックタイヤを装備したものが多く、タイヤサイズは700C(27インチとほぼ同じ大きさ)26インチのものがあります。気軽に乗りやすく、楽な姿勢で乗ることができます。

ツーリングバイク

ツーリングバイク

旅をするために設計された自転車。ランドナー、スポルティーフなどに分類されます。荷物を積む、長距離を快適に走る、などの目的のため、キャリヤドロヨケが装備されている、または装備できるようになっています。

シティサイクル・ファミリー車

シティサイクル、ファミリー車は、大きく分けると、いわゆるママチャリ(婦人車)通学車子供乗せ専用自転車子供車に分類されます。

代表モデル

婦人車(ママチャリ)

婦人車(ママチャリ)

変速付き、変速なしがあり、デザインやカラーのバリエーションが豊富。変速は内装3段変速内装8段変速外装6段変速などがあるので、スペック確認が必要。ショッピングに適した自転車、ファッショナブルな変形フレームの自転車など種類が豊富です。

通学車

通学車

主に中・高校生の通学に使用される自転車。カバンを入れる大きめなバスケットライトドロヨケ3段または8段変速などが装備され、ベルトドライブなどが多い。また、通勤に適したものが多い。

子供乗せ専用自転車

子供乗せ専用自転車

幼児2人乗りに対応した自転車、チャイルドシートを取り付けてもがに股にならない自転車など、最初からお子様を乗せることを前提に設計された自転車。幼児2人乗りの場合には、チャイルドシートも幼児2人乗り対応のものを使用する必要があります。

子供車

子供車

お子様専用の自転車。初めて乗るのに適したものから、本格的なレース仕様まで種類が多い。キャラクター商品もあります。身長、使用目的に合わせてタイヤサイズを選んでください。

折りたたみ自転車・小径車

折りたたみ自転車は、大きく分けるとスピードスポーツタイプ街乗りタイプに分類されます。26インチのMTBタイプから14インチの小径タイヤのタイプまであり、ハンドルも種類があります。この他に、ハンドルのみ折りたためるセミフォールディングタイプ分割タイプがあります。折りたたむ回数が多いと自転車の寿命は短くなるので、後悔する前に本当に折りたたむ必要があるのか確認することも大切です。

代表モデル

スピードスポーツタイプ

スピードスポーツタイプ

タイヤ幅が細く、フレームが軽量化された、変速付の折りたたみ自転車。ハンドル形状も注意。

街乗りタイプ

街乗りタイプ

簡単に折りたたみができて、車載したり、輪行バッグに入れて電車で移動できるなど場所を取らない折りたたみ自転車。

セミフォールディングタイプ

セミフォールディングタイプ

フレームは折りたためず、ハンドルのみ折りたためる自転車。コンパクトながら8段変速、9段変速などの高性能なモデルがある。

分割式タイプ

分割式タイプ

折りたたむのではなく、フレームが分割されるタイプの自転車。分割・組立には工具と技術が必要なので、初心者にはハードルが高い。

電動アシスト自転車

ペダルをこぐ力をバッテリーとモーターで補助してくれる自転車。バッテリーの容量で、1回の充電での走行距離が変わります。大きく分けるとスポーツタイプ婦人車タイプに分類されます。その中に、子供乗せ専用タイプコンパクトタイプがあります。アシストがあると、誰かが後ろから押してくれるような感覚で、とても楽に走行でき、走ることが楽しくなります。

代表モデル

スポーツタイプ

スポーツタイプ

クロスバイクに電動アシストが付いた自転車。変速段数に応じてアシストしてくれるので、道路状況や脚力に応じて最適な走行ができる。ディスクブレーキ仕様もあり、今後注目される。

婦人車タイプ

婦人車タイプ

婦人車(ママチャリ)に電動アシストが付いた自転車。カラー、デザインが豊富で選択の幅が広い。

子供乗せ専用タイプ

子供乗せ専用タイプ

最初からお子様を乗せることを前提に設計され、電動アシストが装備された自転車。幼児2人乗りの場合には、対応した自転車を選ぶことに加えて、チャイルドシートも幼児2人乗り対応のものを使用する必要があります。

コンパクトタイプ

コンパクトタイプ

小径タイヤながら、電動アシストを装備して快適に走行できる自転車。あまり場所を取らず、自転車の取り回しも楽です。

購入前のポイント

スポーツ車

最初から自分に最適な自転車を選択することはかなり難しいので、購入前に自転車が好きな知人や店舗スタッフに、これから乗る目的や「身長」、「体重」、「年齢」、「使用する道路状況」、「1回の走行距離」などをヒントにアドバイスを受けることをおすすめします。

サイズ

こちらが一番重要です!タイヤサイズとフレームサイズがあるので、メーカーの適正身長を参考にしましょう。フレームサイズは小さ過ぎても、大き過ぎても身体に負担がかかり、長く快適に乗ることができないので、できる限り自分の身長がメーカーの適正身長の真ん中あたりになるようなフレームサイズを選びましょう。商品のレビューも参考にしましょう。

デザイン

サイズを優先してから、個人の好みでデザイン・カラーを選択しましょう。自身が気に入ったデザイン・カラーでないといずれ後悔と飽きがくるので、選択の最後は自分で決定する事も重要なポイントです。

価格

価格の差は、使用されているフレームの素材とパーツのグレードの差で、変速性能はパーツのグレードの差に比例します。入門用としては、あまり高価な自転車を最初から選ばず、10万円前後で選んだモノをしばらく乗ってみて、いろいろな事が分かってきてから、ステップアップとして自分に合う自転車を探す方法をおすすめします。

周辺機器・アクセサリー

スタンドペダルライトドロヨケなど、最初に付属していない自転車が多いので、標準装備品を購入前に必ず確認しましょう。ペダルはもちろん必要ですが、通勤に使用する場合は、ドロヨケライトスタンドも必要になるのでチェックしましょう。ライトは明るさ、照射範囲などをチェックし、明るさは1500カンデラくらいあれば、街灯のない道路でも明るく見えます。点滅式のテールライトがあれば、車へのアピールも出来ます。パンク修理品ポンプ工具シューズウエアなどは徐々に揃えていきましょう。スポーツバイクの場合は、サドルで乗り心地がかなり変わってきます。しばらく標準装備のサドルで乗ってみて、身体に合わない場合は、サドルを交換してみましょう。

シティサイクル・ファミリー車

デザインやカラー、価格を優先させがちですが、まずサイズを最優先させましょう。

サイズ

タイヤサイズは、メーカーの適正身長を参考にしましょう。子供乗せ専用自転車は前後でタイヤサイズが違う場合が多いです。サドルの高さの調整でかなり乗り心地が変わるので、自分に合った高さに調整しましょう

デザイン

前出同様に、サイズを優先してから、個人の好みでデザイン・カラーを選択しましょう。

価格

同じような商品の価格の差は、変速付きか無しか、使用されているフレームの素材とパーツのグレードの差などです。変速は有った方が脚力や道路状況に応じて対応できるので便利です。

周辺機器・アクセサリー

子供乗せ専用自転車は、メーカーのオプションパーツが充実しているので、購入前に必ずチェックしましょう。各種保険に防犯登録加入が条件になっている場合が多いので、忘れずに登録しましょう

折りたたみ自転車・小径車

フレームが折りたためるタイプ、ハンドルのみ折りたためるタイプ、分割タイプなど種類があるので、よく確認しましょう。

サイズ

自転車の収納スペースなども考慮してタイヤサイズを確認しましょう。前後でタイヤサイズが違う場合もあります。折りたたむ必要が本当にあるかどうか再確認しましょう。

デザイン

前出同様に、サイズを優先してから、個人の好みでデザイン・カラーを選択しましょう。

価格

同じような商品の価格の差は、変速付きか無しか、使用されているフレームの素材とパーツのグレードの差などです。変速は有った方が脚力や道路状況に応じて対応できるので便利です。

周辺機器・アクセサリー

輪行バッグがあると便利です。自転車を折りたたんだ時の寸法も確認しましょう。バスケットスタンドドロヨケなどを装着した場合、折りたたむ時に支障がないかなども確認しておきましょう。

電動アシスト自転車

価格、デザインばかりでなく、アシスト能力とバッテリーの種類(リチウムニッケル水素など)なども検討しましょう。1日の走行距離がバッテリーの容量に関係するので、こちらも確認しておきましょう。

サイズ

タイヤサイズを確認し、メーカーの適正身長を参考に決定しましょう。子供乗せ専用タイプは、前後でタイヤサイズが違う場合が多いです。

デザイン

前出同様に、サイズを優先してから、個人の好みでデザイン・カラーを選択しましょう。

価格

価格の差は、使用されているフレームの素材とバッテリーの容量です。
バッテリーの容量が大きければ、1回の充電での走行距離は長くなるが、価格も高くなる事が多いです。リチウムバッテリーの場合は、継ぎ足し充電をしても性能は変わりません。

周辺機器・アクセサリー

子供乗せ専用タイプはメーカーのオプションパーツが充実しているので、購入前に必ずチェックしましょう。各種保険に防犯登録加入が条件になっている場合が多いので、忘れずに登録しましょう。

初心者にピッタリ!エントリーモデル

  • ブリヂストン ANCHOR RA900

    ブリヂストン ANCHOR RA900

    セーフティブレーキレバー、やや太めの25Cのタイヤなど、エントリーライダーが楽しめる装備です。

  • ジェイミス Aurora

    ジェイミス Aurora

    ハンドルのフラット部にセーフレバーが付いているので、ロングライドでも楽な操作が出来ます。

  • ルイガノ TR-1

    ルイガノ TR-1

    フロントフォークとシートポストにサスペンションを装備。快適に走行が可能なクロスバイクです。

  • ブリヂストン ANCHOR XR700

    ブリヂストン ANCHOR XR700

    アップライズのハンドル装備で、ゆったりしたポジションでの走行が可能です。

  • ブリヂストン ARL7TP

    ブリヂストン ARL7TP

    オートライト、一発二錠サークルロックなど高品質パーツを満載したハイグレードの通学車です。

  • ヤマハ PC26

    ヤマハ PC26

    幼児2人乗り対応の電動アシスト自転車。高出力、大容量(6.0Ah)のバッテリー搭載です。

  • ダホン Metro D6

    ダホン Metro D6

    フルドロヨケ・スタンド付きでありながら、お求め安い価格が人気です。

  • ヤマハ PV26S

    ヤマハ PV26S

    サスペンションフォーク、Vブレーキ、内装8段変速を装備したクロスバイクスタイルの本格派スポーティタイプの電動アシスト自転車です。

  • ブリヂストン MP2L49

    ブリヂストン MP2L49

    おしゃれでスタイリッシュな小径タイヤの電動アシストタイプです。ライトが標準装備されています。

  • ブリヂストン NSS76T

    ブリヂストン NSS76T

    6段変速のほか、ドロヨケやチェーンカバーが装備されていて、通勤・通学用など、実用性の高いモデルです。

必見!自転車の関連特集

スポーツジャンルその他の企画

■ポイントがもらえちゃう!など特典つきキャンペーン

■自分にぴったりのコーデ

■絶品グルメやスイーツ!

■楽天市場のおすすめ

■楽天市場を使いこなそう

社会的責任[CSR]