野球入門ガイド | スポーツ・アウトドア用品:通販・インターネットショッピング

野球入門ガイド Baseball Guide 野球アイテムの種類と特長 購入前のポイント エントリーモデル

野球を始める人のための野球入門ガイド!グローブやバット、ユニフォーム、スパイクなど購入のポイントを詳しく解説!

初心者応援!注目ショップ

キーワード検索

野球内で

野球をはじめよう! Let's start

WBC連覇から人気が戻りつつある野球。これから始めよう!と思っても、なかなか用具選びが難しいのも野球の特徴。「一体何を買えばいいのだろう・・・。」「グローブはどんなものがいいのだろう・・・。」そんな疑問を解決し、あなたのベースボールライフを彩るお手伝いをさせていただきます。

野球アイテムの種類と特長 Type and Features

グラブ(グローブ)・ミット

選手であれば全員必要になるグラブ(グローブ。以下グラブ)、ミット。グラブ・ミットには硬式軟式野球用・ソフトボール用と種類があります。更に右投げ左投げかで分類されるだけではなくポジションやサイズ・カラー・デザインも細かく分類されます。ここではあなたにとってどのグラブが最適なパートナーなのか、ご紹介できればと思います。

硬式野球用グラブ・ミット

硬式野球用グラブ・ミット

テレビで目にするプロ野球や高校野球などは「硬式野球」です。「硬式」というだけあってボールは革製で硬く重いため、グラブも同じように硬く厚く作られています。また、一般用少年用と同時にポジション毎にグラブが分類されていることが多いので購入の際はある程度ポジションが決まっていると良いでしょう。

軟式野球用グラブ・ミット

軟式野球用グラブ・ミット

これから野球を始めようとされている方の殆どがこの軟式野球なのではないでしょうか。いわゆる「草野球」も軟式です。販売されているグラブの数も一番多く一般・少年・ポジションなど様々な分類があります。これから野球を始める方はどのポジションでも使用できるオールラウンド用をお薦めします。

バット

野手にとって“命”とも言えるバット。ご自身の体の大きさに応じた長さ・重さのバットを選びましょう。打撃のスタイルによって、バットのバランス(重心位置)も異なります。グラブと同じように硬式用軟式用ソフトボール用と使用するボールによって種類が分かれるだけでなく、金属木製カーボンといった素材にも違いがでてきます。また規格によって公式試合では使用できないものもあるので購入の際は注意が必要です。

硬式バット

硬式バット

硬式バットは中学・高校野球は金属、大学・プロになると木製バットを使用します。バットの素材も硬いものが使用されていることが多く試合で使用できるデザインなども限られています。またバットバランスもトップミドルニアーと分類され購入の際は自分のバッティングスタイルによって選択します。

軟式用バット

軟式用バット

草野球少年野球などで使用されるバットです。ジャンルとしては一番種類が豊富で素材・長さ・重さ・プロ仕様のモデルなど様々な選択基準があるのも特徴です。カラーやデザインも多彩ですが、公式の試合で使用できないものもありますので購入の際にはご注意ください。

トレーニングバット

トレーニングバット

一般的に練習・素振りに使用するバットで、通常試合で使用するバットの重量よりも重く作られているのが特徴です。打撃練習で重いバットを使うことにより筋力アップやスイングスピードを上げることができます。

ノックバット

ノックバット

守備練習の際に、ノックを打つ人が使用するバットです。通常のバットよりもノックがしやすいように長く、細く作られているものが殆どです。種類としては木製金属製で片手でも触れるほどの重量に作られています。あくまでノック用ですのでデザインやカラーは多くありません。

ウェア(ユニフォーム)

野球の試合ではチームで指定されたユニフォームを着用しますが、練習では練習着を着用するチームもあります。野球のウエアはアンダーシャツやストッキングなど普段着用しない特殊なものもあります。

練習着

練習着

練習で着用する練習用ユニフォームです。練習着は白が基本。消耗品ですので、2〜3枚は余分に持っていたほうがいいと思います。

アンダーシャツ

アンダーシャツ

ユニフォーム(上着)の下に着用するシャツです。シャツは袖の長さや首元のデザイン、素材など様々なものがあります。季節や好みによって使い分けます。チームでは色が指定されることがほとんどですので、ご確認の上ご購入ください。

ソックス・ストッキング

ソックス・ストッキング

野球の靴下は一般的に2枚履きます。アンダーソックスの上にストッキングを履くのが正しい順序です。

スライディングパンツ

スライディングパンツ

ユニフォームパンツの下に履く下着です。普段履いている下着でも構わないのですが野球の動きに対応できるよう作られていますので、耐久性や動きやすさ、高いパフォーマンスを求めるのであれば必要なアイテムです。

帽子

帽子

野球では帽子をかぶります。ユニフォームにはもちろん、練習着の場合でも練習用の帽子(練習帽)を着用します。

スパイク

野球のスパイクにはデザインや形だけでなく、機能によっても種類は分かれます。主に種類は3タイプ。革底(金具)・ウレタン樹脂底(金具)・ポイント底。スパイク以外にはグランド外でトレーニング時に使用する、トレーニングシューズがあります。チームによってスパイクタイプの指定がある場合もありますので確認の上、ご購入されることをお薦めします。

革底金具スパイク

革底金具スパイク

足になじみやすく、高いフィット感と軽さが特徴です。通気性は高いのですが、雨天時は水分を含みやすく、汚れるのも革底の特徴です。価格も2〜3万円と高額なのでしっかりとしたお手入れで長持ちさせることが必要です。

ウレタン底金具スパイク

ウレタン底金具スパイク

汚れや水に強く、金具の交換が自分ででき、価格も1万円前後とお求め易い価格帯です。ただ革底よりもフィット感はなく、重量は重いです。練習用やグラウンドコンディション不良の際に使用するなどセカンドスパイクとして使用する人も多いです。

ウレタン底ポイントスパイク

ウレタン底ポイントスパイク

主に草野球や軟式野球で使われるスパイクです。メーカー・種類・カラー・価格ともに豊富で様々なタイプからお選びいただけます。ただし、公式試合などで使用される場合、カラー・デザインなどにより使用できない場合がございますので、ご注意ください。

トレーニングシューズ

トレーニングシューズ

別名アップシューズとも呼ばれるトレーニングシューズ。試合前のウォームアップに使用するため、そう呼ばれます。主にグラウンド外、ランニングや筋力トレーニングなど、ちょっとした練習時に履き、実践練習ではスパイクを使用します。

購入前のポイント Checkpoints

グラブ(グローブ)・ミット

使用球種によるグラブ選び

硬式軟式ソフトボールと使用するボールによってグラブは分類されます。革の素材や厚さ、捕球部の広さなども変わってきますので、まず使用球を確認し、対応するグラブを選んでください。

ポジションによるグラブ選び

グラブはポジションによって種類があり、特にキャッチャーファーストは特別なミットを使用します。ご自身のポジションが決まっている方はそのポジション毎のグラブを、まだポジションが決まっていない方はオールポジション用のグラブがオススメです。少年用のグラブは特に記載の無い限り、キャッチャー・ファースト以外、どこのポジションでも使用可能なオールラウンドモデルになります。

サイズによるグラブ選び

サイズは大きく一般用・少年用で分類されます。一般的には中学生以上が「一般用」、小学校6年生までのお子様は「少年用」のグラブを使用します。一般用のグラブは内野手用外野手用となるにつれ、サイズが大きくなります。投手用・オールラウンド用がちょうど真ん中の大きさになります。幼稚園児〜小学校6年生程度まで、「少年用」のグラブを使用します。メーカーによって、S・M・Lや小・中・大などのサイズがあります。この区分は一般的には、小学校低学年、中学年、高学年が目安となります。

バット

ボールの種類・使用基準

硬式軟式ソフトボールでそれぞれのボールに対応したバットがあります。小学校〜高校・一般/金属製バットカーボン(FRP製)バット、大学・プロ野球/木製バットと公式の試合で使用するバットの種類も異なりますので、ご注意ください。

サイズ

一般用・少年用に大きく分類され、使用される方の打撃スタイルに応じて、長さ・重さ・バットバランスが変わってきます。バットには、長さ・重さ・打球部の太さが記載されていますので、自分にあったバットを選びましょう。一般的に83cm〜85cmから選びます。83・84cmは中距離打者向け、85cmは中・長距離打者向けとなります。少年用バットは一般的に80cm程度までとなります。身長目安が、小学校高学年向けは78〜80cm、中学年向けは75cm前後、低学年向けは68〜70cmとなります。短いバットのほうが力が無くても振り抜き易いので、年齢・身長だけでなく、お子様のパワーに応じてサイズを選ぶことをおすすめします。

バランス

トップ/スラッガー⇒重心がバット先端付近にあるため、バットを振った際の遠心力が強くなりボールが当たれば遠くに飛びますが、バットを振る力が必要になる長距離バッター用です。ミドル⇒標準的なバットバランスで中距離打者用です。カウンター/ニアー⇒重心が手元近くにあります。バットを振った際の遠心力は弱くなる分、バットコントロールもしやすくなります。アベレージヒッター向けです。

ご注意

バットの形状やカラー、素材によっては公式の試合でご使用になれないものがあります。所属する学校や団体の規則にしたがってください。

初心者にピッタリ!エントリーモデル

■ポイントがもらえちゃう!など特典つきキャンペーン

■自分にぴったりのコーデ

■絶品グルメやスイーツ!

■楽天市場のおすすめ

■楽天市場を使いこなそう

社会的責任[CSR]