梅酒の美味しい楽しみ方や新しい楽しみ方★様々な梅酒をご紹介

梅酒の美味しい楽しみ方 いつもの飲み方や工夫した楽しみ方、様々な梅酒を紹介いたします。

梅酒について

梅酒の選び方

各ベースの注目の梅酒

梅酒の楽しみ方

梅酒について

梅酒は日本人にとって親しみやすい味で、多くの人に受け入れられるお酒です。また、甘みと酸味のバランスが良い苦味のない飲み物ですので、ウイスキーや日本酒と違って飲みなれないところがなく誰でも楽しめるお酒です。

梅酒の材料

砂糖

3ヶ月〜1年間発酵させる梅酒が傷まないように使用されます。また、梅の酸味を弱くし、アロマを強調します。梅酒に大切な役割をもたらしています。

梅

日本では300種類以上の梅があり、それぞれ特徴があります。使用される梅酒の種類によって味が変わりますので、異なる種類を使っているいろいろな梅酒を試してみると楽しいです。

酒

梅酒のベースとなるお酒で梅酒の種類をカテゴライスすることが多いです。ホワイトリカーから日本酒、焼酎まで各ベースとなるお酒によって梅酒の味はほぼ決まります。

ピックアップ梅酒

梅酒の選び方

梅酒選びに重要な4つのポイントをご紹介します。

1. 酒造所

日本酒の蔵元など梅酒の作り手によってスタイルが変わりますので、こだわる方は気に入る酒造家から選んでも楽しいです。

2. 色

色から濃淡と味をある程度想像することができます。たとえば、薄いとさっぱりとした飲み口で、濃いと凝縮性の高い梅酒になります。

3. ベース

梅酒の味はほぼベースで決まります。ベースというのは元になるお酒という意味です。焼酎(芋、米、麦、黒糖)、日本酒、泡盛、ブランディー、ホワイトリカーなどのさまざまな酒が梅酒に強い風味を与えています。ベースの味を想像して、そこに梅の味を添えると梅酒の味が想像できますので、ベースから選ぶと間違いありません。

4. 梅の品種

南高梅をはじめ、白加賀梅、古城梅など300品種以上あります。すっぱい梅もあり、フルーティでトロピカルな味がする梅もあります。種類から選んで飲み比べても非常に楽しいでしょう。

各ベースの注目の梅酒

※ベースというのは元になるお酒という意味です。 例:日本酒ベースとは、日本酒を元に作った梅酒となります。

日本酒ベース

焼酎ベース

ホワイトリカーベース

ブランデーやウイスキーベース

その他のベース

梅酒の楽しみ方

いつもの飲み方

ロック

グラスに大き目の氷を入れ、ゆっくり梅酒を注いでください。
氷を回すとグラスが冷たくなりますので、梅酒の味に加え、唇への冷たい感触も楽しめます。

水割り

濃い味の梅酒に良い飲み方です。梅酒を注いだ後、お好みの水の量を加えましょう。水は大体3分の1程度にすることが多いです。

ソーダ割り

グラスに梅酒を注ぎ、後からよく冷やしたソーダを注ぎます。炭酸が抜けないようにゆっくり混ぜましょう。

ジュース割り

オレンジやレモン、リンゴなど、より面白い味の梅酒を求めるなら、梅酒のグラスにジュースを加えましょう。

お茶割

グラスに紅茶や緑茶などのお好きなお茶を注ぎ、氷を入れましょう。冷たくなったら、梅酒を加えましょう。さっぱりした味わいの梅酒となります。

お湯割り

温めたグラスにお湯を注ぎましょう。後から梅酒を加えます。熱いお酒は冷たいお酒よりアルコールが強く感じるので、量を少なめにしたほうが楽しく飲めます

新しい楽しみ方

アイスクリームにかけて

アイスクリームにチョコレートソースをかけるのと同様に、梅酒をかけてお召し上がりください。面白い味が楽しめるでしょう。

かき氷にかけて

シロップと同じく、かき氷に梅酒をかけてお召し上がりください。
梅の甘味が冷たいかき氷によく合い、美味しいです。

ワッフルにかけて

梅酒のハニーのようなアロマがワッフルにぴったり合います。ワッフルをやわらかくし、美味しい風味が生まれます。

クレープにかけて

フランスやイギリスでは、オレンジとコニャックから作られるグラン・マルニエをクレープにかけることが多いです。それと同じように梅酒をかけると相性がいいでしょう。面白い味わいを楽しむことができます。

こちらもオススメ!注目の特集

ジャンルで探す

  • ワイン

    ワイン

    デイリーからヴィンテージまで、ワインはこちら

  • ビール

    ビール

    定番や地ビール、ノンアルコールまで

  • 洋酒

    洋酒

    スコッチ、バーボンなど種類豊富に揃っています

  • 日本酒

    日本酒

    全国の銘酒が勢ぞろい!旨い酒を探そう

  • 焼酎

    焼酎

    品揃え豊富!お好みの銘柄を探そう

■ポイントがもらえちゃう!など特典つきキャンペーン

■自分にぴったりのコーデ

■絶品グルメやスイーツ!

■楽天市場のおすすめ

■楽天市場を使いこなそう

社会的責任[CSR]