全てのジャンル

日本酒・焼酎

最近では日本酒をこよなく愛する女子が増え、“おちょこ女子”なんて言葉もでてくるほど!
種類も果実を思わせるフルーティなタイプやすっきり飲みやすい発砲系など様々です。
合わせる酒器やつまみなどにもこだわって…あなただけの素敵な日本酒ライフを!

日本酒を選ぶ

日本酒女子なら押さえておきたい

女子向けなフルーティ系、発砲系など

ひと目ぼれなジャケ買い編

酒器イロイロ

おつまみレシピ

早うま簡単!牛のたたき
早うま簡単!牛のたたき

材 料(2人分)

牛肉ブロック(もも)
塩コショー
オリーブオイル

☆ 調味液
醤油(濃口)
みりん
果実酢(スダチ、カボスなど)
砂糖
付け合せの野菜

200g
適量
小さじ1


大さじ2
大さじ2
大さじ1~2
小さじ2/3
(お好みで)適宜

作り方
1. 牛肉は冷蔵庫から出して1時間くらい置き(夏場は30分程)常温に戻す。その後、塩コショーを擦り込む。
2. フライパンにオイルを中火で熱し、表面に美味しそうな焼き色がつくまで焼く。
3. 調味液の材料をすべてあわせてよく混ぜる。
4. すべての面に焼き色がついたら取り出し、アルミホイルを2枚重ねにして包み込む。
5. 火を止めたフライパンの上に乗せて20分程度置く。
6. アルミホイルを取り、厚手のビニール袋に入れ、(3)の調味液を注ぐ。全体に汁気がまわるように、ビニール袋の空気を抜いて冷蔵庫へ。
7. 2~3時間したら冷蔵庫から出す。
ビニール袋の漬け汁を小鍋に移して1分程度沸騰させて、漬けダレを作る。
8. 牛肉を薄切りにし、お好みの野菜を添え、(7)の漬けダレをつけていただきます。

日本酒に合う鯖の味噌煮
日本酒に合う鯖の味噌煮

【材 料(2人分)】
鯖 二枚おろし1枚分
日本酒 50ml
水 50ml
味噌 大さじ2
醤油 小さじ1
砂糖 大さじ1
生姜 スライス2枚
長ネギ 10cmくらい
みりん 小さじ1

【作り方】
1. 熱湯を鯖にかけて、血合いや、汚れを流水で洗う。半分に切る。
2. 鍋にみりん以外の材料をいれ、沸騰させ、鯖をいれ、10分煮て、火を止めそのまま冷ます。(ネギは半分に切って入れる。)
3. 食べる直前に温めなおして、鯖を皿にとり、煮汁にみりんを加え、煮詰めて、鯖にかけて出来上がり

簡単!鶏つくねの照り焼き
簡単!鶏つくねの照り焼き

材 料(2人分)
鶏ひき肉 300g
木綿豆腐 200g
片栗粉 大さじ2

【たれ】
醤油・酒・砂糖・みりん
各大さじ3

作り方
1. 豆腐はキッチンペーパーに包んでレンジで3分(500W)チンして水抜き。その間に【たれ】を混ぜ合わせておく
2. ボウルに鶏ひき肉・水切りした豆腐・片栗粉を入れて混ぜる
3. 一口大に成形して油(分量外)をひいたフライパンで焼き色をつけながら焼く
4. ひっくり返したら焼き色がつくまで軽く蒸し焼きに
5. だいたい焼けたら混ぜておいた【たれ】を入れ、絡ませながら煮詰めていい感じの所でできあがり

とうもろこしのサクサク天麩羅
とうもろこしのサクサク天麩羅

材 料(3、4人分)
とうもろこし    1本
小麦粉     大さじ3
水        大さじ1
ベーキングパウダー 小さじ1/2
塩        ひとつまみ
揚げ油       適量

作り方
1. とうもろこしの皮をむきます。
2. 包丁でそぐようにして実を取ります。※根元から粒を取ると、形は奇麗ですが、油に入れた時にはじけてしまうので、包丁で取って下さい。
3. ボウルに小麦粉、ベーキングパウダー、水を入れさっくり混ぜ合わせます。
4. フライパンに深さ2センチくらいにサラダ油を入れて中温で両面をカラッと揚げます。
5. 油をしっかりきり、お皿に塩と共に盛り付けてできあがり!

オクラと茗荷の梅肉和え
オクラと茗荷の梅肉和え

材 料(2人分)
オクラ 2本
塩(塩揉み用) 一つまみ
みょうが 2個
塩(塩揉み用) 一つまみ
梅肉(チューブ) 2cm
かつお節 一つまみ
味の素 少々
白炒りゴマ 小さじ1

作り方
1. みょうがは縦に薄切りします。
オクラは塩揉みして産毛を取り、軸と先端を切り取り、生り口の皮を剥いたら熱湯に1分ほど通して水に晒して粗熱を取り、水気を拭き取ります。
2. みょうがをボウルに入れて塩を振り、軽く揉んで水気を絞ります。
3. 茹でたオクラを3mm幅で輪切りにし、みょうがと一緒にボウルに入れてかつお節と梅肉、味の素を加え、ざっくりと和えます。
4. 小鉢に盛り付け白ごまをかけて出来上がりです。

日本酒をもっと知ろう

コウジ菌に秘密あり
日本酒を造る杜氏(とうじ)や蔵人(くらびと)の手は白くてキレイ という話を聞いたことがあるでしょうか?? その話をひも解くと…日本酒造りはまず米麹(こめこうじ)を造るのですが、この米麹を造るのに必要な麹菌(こうじきん)がキーポイントとなります。 日々の晩酌に日本酒を適量取り入れて、ほろ酔い気分の楽ちん美活はいかがでしょう。
髪に必要なアミノ酸が豊富
「髪は女の命」というのはひと昔前でしょうか。いえいえ、現代だってその言葉こそ使わずとも女子(男性もですが)にとって重要案件の1つです。 その髪を丈夫に健やかに保つために必要だと言われている「アミノ酸」が日本酒には豊富に含まれています。 また二日酔いの原因とされる「アデノシン」も日本酒に多く含まれており、これは育毛剤でも注目して使われています。 つまり日本酒には髪にも嬉しい要素がたくさん。でも前述のように「アデノシン」は二日酔いの原因ともなる成分ですので、あくまでも飲みすぎは禁物。 ぬる燗、熱燗でくいっといけば、体もポカポカ…つかの間でもストレスから解放されることでしょう。
お酒を楽しむことが1番
一般的に太りやすいと考えられがちな日本酒ですが、ノンノン、ご安心を!お酒のカロリーは「エンプティーカロリー」といって、糖質や脂質よりも先に、最優先で熱として放出されると言われています。 また飲む前、飲んでいる間、飲んだ後と水を適度に取ることによってアルコールの毒素が体に残りにくくなります。特に日本酒は水を飲みながらでも味わいが変わらないとか。 お酒があまり強くない人はお燗する時にも水をいれるなど工夫して。まろやかでさらに飲みやすくなります。 一緒に楽しむ料理も選びながら、適量(日本酒なら1合~2合)を嗜む。強い女子もそうでない女子も、お酒を楽しみながら自分なりの”サケ充”ライフを送りましょう。

日本酒関連書籍

関連企画

こちらもオススメ!注目の特集

ジャンルで探す

  • ワイン

    ワイン

    デイリーからヴィンテージまで、ワインはこちら

  • ビール

    ビール

    定番や地ビール、ノンアルコールまで

  • 洋酒

    洋酒

    スコッチ、バーボンなど種類豊富に揃っています

  • 日本酒

    日本酒

    全国の銘酒が勢ぞろい!旨い酒を探そう

  • 焼酎

    焼酎

    品揃え豊富!お好みの銘柄を探そう

社会的責任[CSR]