全てのジャンル

楽天から渋谷のラジオへの差し入れ

2016年4月1日に開局した渋谷区の新しいコミュニティFM『渋谷のラジオ』(87.6MHz)。
その中で毎週金曜17時10分から放送される番組「シブラジ編集後記〜楽天差し入れ〜」では、
楽天市場で販売している数ある商品の中から人気の逸品を差し入れ&ご紹介します!

今回は、防災のサイボウ 楽天市場店より「非常食を3日分18種類21品をセットにした【心も満たす3日間満足セット】」を差し入れいていただきました!また、店舗運営ご担当の小熊禅さんをお招きし、地域に密着した防災メディアでもある「渋谷のラジオ」と、防災についてもお話ししていただいております。この機会にぜひ防災について見直してみてはいかがでしょうか。

シブラジPICK UP商品 1

  • MC)さあここからは「シブラジ編集後記〜楽天差し入れ〜」の時間です。 本日は埼玉から来ていただきました、防災のサイボウこと株式会社サイボウの小熊さんです! よろしくお願いいたします!

    小熊様)よろしくお願いいたします!

    MC)今回は、防災のサイボウさんの非常食3日間満足セットのご紹介なのですが、これ実際に小熊さんが本当にこの「3日間満足セット」が美味しいのかというのをご自身で食べて生活してみたというサイボウさんの商品ページを見て、痛く感動しまして、もしよければ渋谷のラジオでも備蓄したいと思うのでお手伝いいただけますかとご相談したところ、大量に送っていただきまして、どうもありがとうございます!

    小熊様)いえとんでもないです!

  • シブラジPICK UP商品 2
  • シブラジPICK UP商品 3
  • MC)非常食3日間満足セットの中身をあらためて教えてください、小熊さん。

    小熊様)はい。こちらが基本的に非常食を3日分ということで、アルファ米というご飯を6食分、朝ご飯にということでパンが3種類、お菓子としてビスコ、あとスープ類が6食分入ってます。あとは、アルミのブランケットが入ってます。以上のセットになっています。

    MC)これはお一人分と考えていいんですか?

    小熊様)そうですね、お一人分です。

    MC)じゃあ例えば4人家族であれば4つあればいいかなということですね。

    小熊様)そうですね、はい。

  • MC)さっそく、ご飯にお湯をかけてスタンバイしてるのですが、15分くらいかかるんですか?

    小熊様)はい、15分から20分くらいです。

    MC)これ、作り方にもコツがあるというのがわかりました。イザという時のレシピ帳にも書いてあるように、まずは慌てずにパックを組み立てること。なぜかというと、パックをちゃんと組み立てないとお湯の量が違ってしまいます。ここポイントですよね!そして、すぐにお湯を入れずに、中に入っている乾燥剤とか調味料袋を取り出すこと。またこの商品の優れているところは、スプーンが付いていて、このスプーンにも役割があって、お湯を入れてからとろみがつくまで混ぜるということですよね。

    小熊様)はい、そうですね!

  • シブラジPICK UP商品 4
  • シブラジPICK UP商品 5
  • MC)うわ!これすごい!普通にできてる(笑)水を結構バーッとたくさん入れたはずなのに、それをちゃんとご飯が吸い込んでる。

    小熊様)きちんと混ぜないとたまにムラになったりするので、それが意外と大事だったりするんですよね。

    MC)なるほど。

    小熊様)あとお米自体に味がついてるので、混ぜないとムラになったりすることもありますね。

    MC)じゃぁちょっと食べてみます!あ、これ普通にウマい(笑)

    小熊様)非常食っていうと不味いというイメージがあるかと思うんですけど、意外とイケると思います。

  • MC)僕もっとべちゃべちゃしてるかと思いました。ちゃんと芯がある!美味しいし、ボリューミーなので、これ一袋でちゃんとしたご飯ですよね。

    小熊様)だいたいコンビニのおにぎりでいうと2個分くらい入ってます。

    MC)これはすごいですね!技術がここまできてるんですね。

    小熊様)そうですね、はい。もともとこの「尾西」さんというメーカーがアルファ米という技術を作った会社さんなので、元祖というだけはありますね!

    MC)お湯を入れてないときは軽くて、持ち運びしやすいのもいいですよね!

  • シブラジPICK UP商品 6
  • 非常食を3日分18種類21品をセットにした【心も満たす3日間満足セット】
  • 担当者が本当に3日間食べて考えました! 「満足できること」「食べ飽きないこと」を目指して、万が一の時でも満足な食事ができるように、全18種類・21アイテムをセットにしました。 さらに、今までご購入いただいた方かたのご意見を反映して、すべての商品が5年保存になりました。 これならイザというときも満足な食事ができます!

ダイバーシティ、シブヤシティ。「渋谷のラジオ」は、地域密着 × 世界最先端の放送局です。

「渋谷のラジオ」に、多様な話し手たちが集います。

このラジオでしか聴くことのできない独自のプログラム。その話し手に、渋谷に縁ある豪華アーティストや俳優、文化人らがラインナップされます。 そして渋谷区に暮らす様々な一般の方々もパーソナリティに。オリジナリティ溢れる番組を多彩に発信します。

「渋谷のラジオ」のスタジオは、応援してくださる皆さんの協力のもと立ち上げられます。

渋谷駅前、渋谷川沿いに誕生する放送スタジオ(設計:トラフ建築設計事務所)。その立ち上げのために「渋谷のラジオ 市民ファウンダー」を募集。 応援してくださる皆さんからの思いと資金によって、新しい発信の拠点が生まれます。

「渋谷のラジオ」は、海外からの旅行者にも情報をお届けします。。

年々増え続ける渋谷への旅行者への貴重な情報源になるべく、そのインバウンドケアのプラットフォームになるメディアとして、彼らの母国語による番 組も、タイムテーブルを構成する重要なピースとなります。

「渋谷のラジオ」は、渋谷の商店会連合会と連携恊働するメディアです。。

約5,000店が加盟する渋谷区内58の商店会のリーダー大西賢治渋谷区商店会連合会会長も中心メンバーとなって参画する、渋谷区の町おこしにとって重要 なプラットフォーム・メディアでもあります。

「渋谷のラジオ」は、渋谷区の、魅力あふれる各ゾーンを有機的につなぎます。。

「本町、初台」「幡ヶ谷、笹塚」「上原、富ヶ谷」「外苑」「中央」「恵比寿」という、渋谷区商店会連合会の6つのブロックをはじめ、渋谷区には、渋谷、 原宿、表参道、代官山、広尾・・などなど個性的な街が数多くあります。それぞれの地区の特色を活かしながら、現場からの情報発信、そして相互交流をしていきます。

「渋谷のラジオ」は、ラジオの学校です。。

渋谷には、様々な 分野の素晴らしい「先輩」がいます。このラジオは、たくさんの先輩たちがそれぞれに、自らの経験と知識を披露・伝授する場。そしてそ れを後輩たちが放送の実地で学び成長する場所。みんなが何かの先輩であり、みんなが誰かの後輩。まさに学園のような放送局です。

「渋谷のラジオ」は、様々なダイバーシティを発信するメディアです。。

全国初となるパートナーシップ条例が成立した渋谷区。様々な多様を認め合うメディアとして、社会的なテーマも積極的に取り上げていきます。シブヤ経済新聞のほか、既存の各メディアとも積極的に連携を図っていきます。

「渋谷のラジオ」は、地域に密着した防災メディアでもあります。。

2011年、東日本大震災時に明らかとなった、東京で最も多くの帰宅困難者が出る渋谷。災害時にきめ細かい情報を発信できる協力・連携体制を構築します。

「渋谷のラジオ」は、渋谷の文化・芸術・スポーツ・生活・人 とともにあります。

2020年に向けて、そして未来に向けて、区庁舎を始め、渋谷公会堂、渋谷駅周辺の大規模開発、渋谷川(「春の小川」)復活など、大きく変革する渋谷区。 ハード面の基盤の変革と共に、そこから発信される文化や芸術、スポーツなどのソフト面の基盤になります。

社会的責任[CSR]