全てのジャンル
  • Vol.8 優しい心を育てる名前入り子ども食器

  • Vol.7 こだわりの履き心地 走れるパンプス
  • Vol.6 伝統的な製法が生み出す「飲む酢」
  • Vol.5 革の質感を生かした アンティーク長財布
  • Vol.4 天然素材の冷えとり靴下
  • Vol.3 驚きの吸水力!ビッグフェイスタオル
  • Vol.2 国産ヒノキ香る 木製アルファベット
  • Vol.1 ふんわり空気を包む 国産ガーゼケット
  • Chapter 1 割れる食器だからこそ育まれる優しい手と心
  • Chapter 2 お客様と直接やりとりを始める窯元
  • Chapter 3 お客様がいつも答えを教えてくれる

楽天いいモノ通信とは?

  • 楽天で販売されている数ある商品の中から、
    お客様に支持されている逸品と、その裏にある作り手の想いをお届けするサイトです。
    この国のモノづくりの現場から、
    みなさまの生活を豊かにする逸品をご紹介いたします。

Chapter 1 割れる食器だからこそ育まれる優しい手と心

  • 「そちらで売っている子供用食器の『名前入り のっぽのポノシリーズ』はプラスチック製ですか?」というお客様からの問い合わせに対して、「いえ、プラスチック製ではありません。当店では、割れ物を大切に扱える、優しい手と心を育てたいと願っているので、お子様向けの食器も陶器で販売しています」と誠実に答える「竹堂園」。「瀬戸物」発祥の地である愛知県瀬戸市に拠点を置く、創業から90年以上経つ瀬戸物の窯元です。
    子供用の食器にあえて陶器を用いた「名前入りのっぽのポノシリーズ」は同店の大人気商品です。正統派の瀬戸物に、オリジナルキャラクター「のっぽのポノ」と仲間達があしらわれ、お子様のお名前が手書きで丁寧に記されている、世界でたったひとつの食器。ちょうどいい大きさのワンプレートにマグカップとお茶碗、木製カトラリー、そして、のっぽのポノが食事の大切さを教えてくれる絵本の付いたギフトセットが特に売れ筋です。
    「割れやすい瀬戸物に自分の名前が入ると、その子は自分のものを大切に扱うことを覚えます。そうなると、今度は他のお友達のものも大切に扱えるようになると思います」と店長の島倉明子さんはゆったりと想いを話してくれました。

Chapter 2 お客様と直接やりとりを始める窯元

  • 竹堂園が楽天に出店したのは2008年8月。陶器業界は非常に細かく分業化されており、土屋は陶器の原材料である土を掘るだけ、窯元は焼くだけ、問屋は卸すだけ、という商習慣が強く根付いています。竹堂園も当時は100%下請けで、依頼があったものだけを作っていました。「私の主人が窯元の三代目なんですけど、自分たちで作った製品を自分たちの手でエンドユーザーに売ってみたいと、考え始めました。とはいえ私たちに販路はありませんので、楽天に出店して、オリジナル商品の販売を始めてみたんです」と当時を振り返ります。
    道のりは険しかった。「最初、普通のオリジナル食器を売っていたんですが、ほとんど売れませんでした。安くていいものはネットにはたくさんある。正直、その価格競争を乗り越えられるほど力はありませんでした。特に独自性のあるモノづくりもしていませんでしたから。」と謙虚に話してくれました。
    そんな時、生命保険屋さんから名入れ食器の依頼がありました。へー、こういう贈り物もあるんだと思った島倉さんは、何気なくご自身のお友達用にも名入れ食器を作ってプレゼントしたら、これが大好評。楽天で売ってみたらいいよ!と勧められ、販売してみる事になりました。初めはラッピングや梱包の仕方も分からず手探り状態でした、軌道に乗るまで2年ほどかかりました。

Chapter 3 お客様がいつも答えを教えてくれる

  • 島倉店長は「楽天のお客様がいつも答えを教えてくれるんです」と打ち明ける。名入れ食器もその一つですが、人気商品となった「のっぽのポノ」も元は、問屋から家具屋に卸すために企画した商品でした。その時はあまり売れませんでしたが、とても可愛くできたので販売してみたところお客様からの反応が良くて『動物に名前をつけて、物語・絵本を作って欲しい』『単品だけではなく、セットでギフト用途が欲しい』というご意見もいただいて、その通りにしたら徐々に人気商品になっていったんです」と説明してくれました。
    実は冒頭に触れた「あえて子供用食器に陶器」もお客様から答えをいただいたものです。販売を始めた当時、窯元として瀬戸物の品質には自信を持っていたが、子供向けはすぐに壊れてしまうのではないかという懸念を抱いていました。そんな時、お客様から「瀬戸物は割れるのは当然。本物を使う事で、しつけに役立つ。」との声が寄せられたと言います。「目からウロコというのはこのことだと思いました。本当に嬉しかったし、自信にもなりました」と語ります。
    プラスチック製かどうかをお尋ねだったお客様は、「そんな、ステキな思いのある商品ならば、是非注文したい」と、お買い求めくださいました。陶器の子供向け食器誕生の背景には、お客様の声をひとつひとつ真摯に受け止め、誠実に真面目にものづくりにこだわってきた姿勢があったのです。
  • 割れ物を扱う優しい手と心が
    育つよう心をこめて

    マナーが身につく食器をお子様のお誕生日や出産祝いに。ママの声から生まれた《名前入り》子ども食器ギフトセットの内容は、食べることの大切さを学べる「絵本」、名前を入れられる「ランチプレート」、生年月日や記念日を入れられる「ベビー茶碗」「ベビーマグカップ、天然木で作られた「スプーン・フォーク」。乱暴に扱ったり、落としてしまうと割れてしまう陶器製品だからこそ、お子様が小さいうちから、割れ物を大切に扱うやさしい心を育てる機会になります。

    《名前入り》子ども食器ギフトセット

    6,280円(税込 送料無料)

バックナンバー

社会的責任[CSR]