全てのジャンル
  • 楽天市場いいモノ通信〜Vol.6 伝統的な製法が生み出す「飲む酢」〜

  • Chapter 1 「酸っぱいだけじゃない」飲む酢
  • Chapter 2 醸造蔵のプライド
  • Chapter 3 お客様の想いに応えるために

楽天市場いいモノ通信とは?

  • 楽天市場で販売されている数ある商品の中から、
    お客様に支持されている逸品と、その裏にある作り手の想いをお届けするサイトです。
    この国のモノづくりの現場から、
    みなさまの生活を豊かにする逸品をご紹介いたします。

Chapter 1 「酸っぱいだけじゃない」飲む酢

  • はじめに鼻の奥に柔らかな酸味がぱぁーっと広がって、後から口と喉に素材本来の優しい甘みが追いかけてくる。お酢の醸造蔵元として約80年前に創業した三井酢店(みついすみせ、と読みます)の「飲む果実のお酢」はひとくち含んだだけで、そんな味わいを届けてくれます。
    酢の伝統的な製法である「静置発酵法(せいちはっこうほう、と読みます)」。原材料となる酒粕から「すまし」を絞り出し、三井酢店が代々受け継いできた酢酸菌を加え、土壁の醸造蔵に設置した「発酵槽(はっこうそう)」に注ぎ、わらでできた「菰(こも)」をかぶせ、30日間から40日間、水分の対流と窓から入る風と気温に任せて、じっくりと発酵させる。その後、タンクへ移し、更に2〜3ヶ月間熟成させて十分に旨みを引き出す。1本の「酢」ができるのに半年かける三井酢店の商品は、数週間で酢を作る現在主流の製法「通気法」とは比べ物にならないくらい、手間がかかります。
    店長の三井克己さんは「うちはお金がなかったから通気法ができる設備投資ができなかっただけですよ」と笑いながら謙遜します。「計測器で調べてみると、うちの製法も流行りの製法も製品の数値に違いはあまり出ません。どちらも法律で定められた基準はきちんとクリアします。けれど、数値に表れない部分、単に酸っぱいだけではない、深みやまろやかさ、芳醇な香りは、やはりこの製法にしか出せないと思います」と説明してくれました。

Chapter 2 醸造蔵のプライド

  • 通常の飲用酢は、酢に果汁を加えたものや、酢に果物を漬け込んだものが一般的ですが、三井酢店の「飲む果実のお酢」は、完成まで非常に手間のかかる工程で、果物を原料とした酢を醸造し、そこにさらに果汁を加えるという酢の醸造蔵ならではの商品です。お酢の健康効果と素材の持つ本来の美味しさを生かすため添加物や人工甘味料は一切使わない。「はっきりと味を付けられる人工甘味料に慣れてしまったお客様には、甘みが足りないと言われることもありますけどね」と笑顔で話します。「人工甘味料や添加物を加えたら、ジュースみたいな味をつくれますし、安くもできるし、楽だとは思います。けれど、うちは酢の醸造蔵。それをやってしまってはご先祖様に申し訳が立たない」と、脈々を受け継がれてきた醸造蔵としてのプライドをのぞかせます。

Chapter 3 お客様の想いに応えるために

  • 楽天市場で販売を始めたのが10年ほど前。当時、業務用途で実績を上げていましたが、一般のお客様にも酢の醸造蔵である三井酢店のことを知ってもらいたいと通販にチャレンジしました。「どうすれば醸造蔵としてのこだわりがちゃんと伝えられるか、商品やパッケージを考えました。特別なことは何もしてないのに初日に売れちゃって(笑)。ああ、探して来てくださるお客様が本当にいるんだぁとびっくりしました」と当時を振り返ります。 もちろん、何の苦労もせず売れ続けたわけではありません。現在売れ筋となっているギフト商品も、お客様がどんな想いで商品に辿り着いてくださったか、丁寧に考えた結果だと言います。「うちは蔵元で、伝統的な製法を採用していて、いまのお値段を頂戴している。安いお酢はスーパーにたくさん並んでいる。その中で、飲むお酢をギフトにするということは、健康を気遣った、本当に大切な方への贈り物とだと思うので、品質の劣るものは出せません」と明かします。
  • 創業80年の老舗お酢蔵が
    丁寧に造りました。

    すっきりとした甘みでお召し上がりいただくために砂糖や人工的な甘味料は一切使わずに仕上げました。果実の自然な香りをお楽しみいただくため香料も一切使っていません。当蔵がご提供するこの飲む果実のお酢は、「果汁と酢を混ぜただけ」のモノとは本質的にまったく違う、無添加&高品質な「飲むお酢」です。様々なおいしいお召し上がり方があり、お酢が苦手な方でも安心してお召し上がりいただけます。

    飲む果実のお酢 3本ギフトセット(ギフト箱入り)

    3,564円(税込 送料無料)

  • 飲む果実のお酢 3本ギフトセット(ギフト箱入り)

バックナンバー

社会的責任[CSR]