全てのジャンル
2016年 楽天市場 お歳暮特集は終了いたしました。たくさんのご利用ありがとうございました。
次回は2017年11月頃リリース予定です。お楽しみに!

お歳暮のマナー

Pickup特集

  • 定番ギフトで選ぶ
  • 予算別で選ぶ
  • 贈る相手で選ぶ
  • ランキング・売れ筋で選ぶ
  • こだわり特集で選ぶ

【送料無料】予算別

贈る相手で選ぶ

【送料無料】定番ギフト

ランキングで選ぶ

テーマ別に選ぶ

はじめに

お歳暮には、贈る人にも贈られる人にもマナーがあります。 贈る人が気をつけたいマナーとしては、お歳暮の贈り物に掛けるのし紙の選び方・書き方、送り状などがあります。 贈られる人が気をつけたいマナーとしては、届いた品物に対する感謝の気持ちだけでなく、相手への心遣いに対する感謝の気持ちを示すお礼状の書き方や、お返しをするべきかなどがあります。 また、贈る人も贈られる人も自分が喪中の場合や相手が喪中の場合に気をつけたいマナーもあります。 会社の上司や取引先に贈る場合や新婚で新しい親戚が増えた場合は、特にお歳暮のマナーに気をつけて相手に失礼がないようにしたいものですね。 このページではお歳暮を贈る人、贈られる人が知っておきたいマナーや注意点を解説します。

「お歳暮を贈る側の正しいマナー」 いつまで?予算は?

いざお歳暮を贈るとなっても、誰に、いつまでに、いくらくらいのものを贈るべきなのか、迷ってしまいますよね。時期は概ね12月の中旬から20日頃までが一般的ですが、地域によって異なるため注意が必要です。また予算も贈る相手によって相場は変わってくるでしょう。 他にも、のしやお礼状など、知っておきたいマナーはたくさん存在します。そこで、お歳暮を贈る立場の人が知っておきたいマナーを以下にまとめてみました。

「お歳暮を贈られる側の正しいマナー」 お返しは?手土産は?

お歳暮は受け取る側にもマナーが存在します。たとえばお返しにはどれくらいの予算をかけるべきなのか、手渡しで持ってきてくれた方には、手土産を用意するべきなのかなど、知っておきたいマナーがたくさん存在します。そこでここではお歳暮を贈られる側が知っておきたいマナーをまとめてみました。

リアルタイムで売れ筋をチェック!

送料無料!定番ギフト
煎餅・ビール・ハム・お肉・お菓子などの定番グルメ&ドリンクギフト

贈る相手×人数で選ぶ
お仕事関係、親族、友人など贈る相手によって選びたい方は必見!

お歳暮特集限定企画

【楽天市場】マナー概要|贈る側も贈られる側も知っておきたいお歳暮のマナー
社会的責任[CSR]