全てのジャンル
2016年 楽天市場 お中元特集は終了いたしました。たくさんのご利用ありがとうございました。次回は2017年6月頃リリース予定です。お楽しみに!
外国人妻キャサリンが学ぶ日本のお中元術

お中元の由来・歴史・起源

お中元はお世話になった相手や、結婚を機に離れた実家、義両親、親戚などに品物を贈る行事として認識されていると思いますが、そもそもお中元はいつから始まったのでしょうか。 中国の仏教が日本に伝えられ、それと共にお中元が伝えられ、それが日本の今でいうお盆と結びつき・・。時代とともにその在り方を変えながら、現代の私たちに長く伝えられた行事ですが、 これからもずっと子孫に伝えていきたい「感謝の気持ち」を伝える大切な行事の一つです。ここではお中元の歴史と起源についてご紹介します。

  • ■お中元はいつから始まったの?
  • ■お中元の起源は中国から
  • ■お中元とお盆の歴史上の結びつき

お中元はいつから始まったの?

ははは、魅力的なお中元ギフトがたくさんあってキャサリンもついたくさん買ってしまったようだね。僕も夏に食べるカレーや素麺は大好きさ。

ところでお中元はいつから始まったか知っているかい?お中元のルーツを紐解いていくと、遠い昔からご先祖様が、守ってきた素晴らしい日本の伝統であるということが分かるよ。
お中元を贈る意味の中心にあるのは「感謝の気持ち」だけど、感謝の気持ちを大切にした行事が室町時代からはじまって日本全国今でも行われているって、なんか心温まるものがあるよね。

キャサリンもどのように、どうやって現代までこの習慣が伝えられてきたかを学ぶことで、お中元への理解が深まって、贈る時の想いもきっと変わってくるはず。
ここでは、お中元の歴史・由来・起源について学ぶよ。いったいいつどこで始まったか。その答えは過去にずっと昔に遡って、中国にあるんだ。

関連ページ:
お中元って?意味を知るカレー素麺

お中元の起源は中国から

お中元の起源と言われている中国の行事「中元」は中国の道教の祭日である三元の中の一なんだ。三元というのは上元:旧暦1月15日、中元:旧暦7月15日、下元:旧暦10月15日の3つの日の総称を指していて、中国ではそれぞれの行事が行われていたそうだよ。

その中でお中元の元となった「中元」の旧暦7月15日は、地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)という名前の神様の誕生日で、
地官赦罪大帝は犯した罪を許してくれる神様だから、本来の中元には「罪を償う」という意味がこめられているんだ。

上元と下元にも同じようにそれぞれを司る神様がいて、その神様の誕生日を三元として当時の中国の人々はお供え物をしてお祝いをするようになったんだよ。
これらの中国の行事が日本に伝わって、なおかつ当時日本にすでに伝えられていたお盆の「盆礼」という風習と結びついたことが、「お中元」の起源といわれているよ。 

関連ページ:
お中元って?意味を知る

お中元とお盆の歴史上の結びつき

じゃあどのようにして盆礼と中元が結びついていったのかな。中国では同じ7月15日に盂蘭盆会(うらぼんえ)という仏教の行事が行われていたこともあって、中元と盂蘭盆会の行事は一体化していったんだ。
もともと仏教の一環として中国から伝えられた中国の盂蘭盆会(うらぼんえ)は日本ではお盆の行事となって定着したよ。

お盆といえば、思い浮かべるのは「迎え火」「送り火」「盆踊り」などだけど、それらと同様のお盆の風習として「盆礼」というのがあって、盆礼は、お盆に訪問し、贈答する儀礼のことなんだ。
このお盆の行事の1つ「盆礼」が、中国から伝わったお供え物をする「中元」と結びついて「お盆の時期」に贈り物のやりとりをするようになったと考えられているよ。

こうして贈り物のやりとりは、複雑にいろいろな行事と行事が重なり合い、まずは室町時代に上層階級で広まったんだ。その後江戸時代に入り一般市民の間でも定着していって、現代までお中元として受け継がれてきたんだよ。

またお中元と同じような風習で、冬に贈り物をするお歳暮だけど、日本で行われていた新年に神様へお供えする物を年の暮れに本家や家元に持っていく行事が、これらの中国の行事と結びついたことが「お歳暮」の起源といわれているよ。

関連ページ:
お歳暮って?

関連記事

リアルタイムでランキングをチェック

食品・グルメ・お菓子・スイーツギフトはこちら

ハムやうなぎなどの食品グルメ&アイスやゼリーなどの冷たいスイーツ

【楽天市場】お中元の由来・歴史・起源

社会的責任[CSR]