医薬品ご購入の際の注意

全てのジャンル

医薬品・コンタクト・介護

薬事法改正に伴う医薬品ご購入の際の注意

2014年(平成26年)6月12日より、薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律(平成25年12月13日公布、平成25年法律第103号)に基づく医薬品販売制度が施行されます。
医薬品の販売制度については、厚生労働省のホームページもご覧ください。

第一類医薬品購入時のご注意
購入できなくなる医薬品

第一類医薬品購入時のご注意

商品名に【第一類医薬品】もしくは【第1類医薬品】と記載されている第一類医薬品の購入については、薬剤師が販売し、その際は
・年齢、他の医薬品の使用状況などについて薬剤師が確認します。
・適正に使用されると認められる場合を除き、薬剤師が情報提供します。
その他の販売方法に関する遵守事項は、法律に根拠規定を置いて省令等で規定
詳しくはこちらもご確認ください

①商品購入時に、お客様の状態などの確認をさせていただきます

  • 性別、年齢
  • 症状
  • 副作用歴の有無やその内容
  • 持病の有無やその内容
  • 医療機関の受診の有無やその内容
  • 妊娠の有無、授乳中であるか否か
  • その他気になる事項(自由記載) 等

②お客様の状態に応じて、電話やメールなどで個別にショップより情報を提供いたします

  • 用法・用量
  • 服用上の留意点(飲み方や、長期に使用しないことなど)
  • 服用後注意すべき事項(○○が現れた場合は使用を中止し、相談することなど)

※確認方法はショップによって異なります。

③提供された情報を理解した旨などを電話やメールなどでショップへご伝えください

  • 提供された情報を理解した旨
  • 再質問・他の相談はない旨
  • 再質問等の有無等

※ 再質問がある場合は、専門家から購入者に回答の上、再質問の有無を再度確認となります。

④商品の発送

  • ③での確認時に、再質問・他の相談がない旨を確認したうえで、ショップより商品を発送いたします。

※3のショップへのご連絡がない場合、商品が発送されませんのでご注意ください。

購入できなくなる医薬品

現在販売されている一般用医薬品のうち、スイッチOTC薬又はダイレクトOTC薬であってリスク評価が終了していない品目及び劇薬又は毒薬に該当する品目を要指導医薬品と分類します。この要指導医薬品についてはインターネットでの販売・購入が法施行後は禁止となりますのでご注意ください。

  • アレグラFX

    アレグラFX

  • アイフリーコーワAL

    アイフリーコーワAL

  • ナロンメディカル

    ナロンメディカル

  • コンタック鼻炎Z

    コンタック鼻炎Z

  • ストナリニZ

    ストナリニZ

  • エパデールT

    エパデールT

  • エパアルテ

    エパアルテ

  • アンチスタックス

    アンチスタックス

  • ノアールPガード点眼液

    ノアールPガード点眼液

  • エバステルAL

    エバステルAL

  • ロートアルガードプレテクト

    ロートアルガードプレテクト

※その他購入できない商品については、厚生労働省にお問い合わせください

社会的責任[CSR]