全てのジャンル

インテリア・収納

関連サービス
おすすめ :
検索条件
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 北陸
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
翌日配送設定について

 
 
 
 
  • のキーワードを含む
  •  を除く
 
絞込み条件について
 
ヘルプ 別ウィンドウが開きます
  • アメリカ・中南米
  • ヨーロッパ・中近東・アフリカ
  • アジア・オセアニア

 
楽天で売る
 

節電・省エネ・エコのヒーロー

長持ちするLED電球の選び方


電気料金の値上げなどにより、節電への意識が高まっている家庭も多いのではないでしょうか?小さな努力でも、日々の積み重ねが大きな変化となりますよね。

節電ムードで省エネ家電の人気もあがる中、気軽にできる「電球の取り換え」はオススメの節電対策のひとつといえます。既存電球からLED電球に交換するだけで、大きな節電となることを、すでにご存じの方もいるかもしれません。でも、取り付ける場所によっては明るさや光の色、口金の大きさなどに注意が必要です。

これから取り付けを考えている人も、すでにお使いの方も、今一度LED電球のことを考えてみませんか?
より暮らしやすい環境を整えるためのヒントをご紹介しましょう!

LED電球について

LED電球の「LED」は、発光ダイオードという「電気を流すと発光する」半導体の名称です。少ない電力で部屋を明るくしてくれるので大きな省エネとなり、大幅な電気代の節約になります。

たとえば、LED電球の消費電力は白熱電球に比べて約1/5程度といわれています。また、その寿命も白熱電球の場合は1,000〜2,000時間程度ですが、LED電球は4万時間程度と20倍の差があるのです。この長寿命は、LED電球の大きな魅力となっています。

その他にも、紫外線を放出しないので虫を寄せ付けにくく、熱をうまく光に変えるので本体が熱くならず、やけどする心配がないなど、嬉しいメリットが多くあるようです。

LED電球にするとこんなにオトク!

電気代

一般的な白熱電球と同じ明るさのLED電球の電気料金を比べてみると、LED電球の方が1/5〜1/10ほどお安くなります。家で使っている電球をLED電球にすべて交換することで、トータル的に大きな省エネ・節電につながります。

交換頻度

LED電球の寿命は4万時間程度といわれています。このため、電球交換の手間はほとんどかからないといってもいいでしょう。白熱電球の交換が大体3〜4か月に1回だとすれば、LED電球の交換は10年に1回ということになります。このように、交換頻度が少ないことがLED電球の大きな特長となっています。

実際に住宅用照明の省エネを、図を用いて比較してみましょう。
ここでは、一般住宅で「白熱灯ダウンライト」と「LEDダウンライト」をそれぞれ年間2,000時間、10年間使用したときの比較をまとめています。

たとえば10年間の電気代を比較すると、LED電球のほうが26,000円もお得になっていることが分かります。LED電球は白熱灯の1/10程度の料金しか、かかっていないのです。このように、電気代を抑えることがLEDの大きな魅力となっています。水道光熱費の中でも大きな割合を占める電気代ですが、変わらぬ機能で使用料金をおさえることができるのは、LED電球ならではでしょう。

また、LED電球の場合、10年間もの間ランプ交換が不要となり、メンテナンス代がかからないことも分かります。白熱灯ダウンライトの場合は、10年間で9回ものランプ交換と、3300円のランプ代がかかりますが、LED電球は、費用も交換の手間もありません。

トータルで考えると、そのコストの差は歴然です。1年を待たずして、白熱灯とLED電球、それぞれのコストに開きが出始め、最終的にLED電球は一般的な白熱灯電球に比べて、5倍近くコストが抑えられることが分かりました。

10年というスパンで比較してみましたが、その差は長く使えば使うほど開いていくでしょう。今のうちから早めにLED電球に付け替えることで、電気代だけでなく、メンテナンスの手間もなくなります。結果として、家族の暮らしがより快適になることは間違いありません。

電球の交換は、お年寄りやひとり暮らしの場合だとなかなか難しいこともありますよね。どんな電球を新たに買ってこなければいけないのか、調べる手間も必要です。LED電球にすれば、そうしたわずらわしさからも解放されます。
また、LED電球はほとんど熱をもたないため、取り付けの際に安全でもあります。LED電球にすることのメリットはこのように数多くあるようです。暗くなった部屋を毎日照らしてくれる電球だからこそ、より機能的で安全なものを選びましょう。

 LED電球の売れ筋人気ランキングを見る


節電・省エネ・エコのヒーロー

長持ちするLED電球の選び方




社会的責任[CSR]