【楽天市場の楽器購入ガイド】レコーディング初心者、入門者に購入のポイントを解説

全てのジャンル

楽器・音楽機材

DTM・レコーディング機器 購入ガイド
ギター ベース ピアノ 管楽器 DTM・レコ機器の種類と特徴 購入前のポイント エントリーモデル

初心者応援!注目ショップ

イシバシ楽器 WEB SHOP

イシバシ楽器 WEB SHOP

本格派ハードウェアからボーカロイドまで!音楽制作アイテム各種取り揃えてます!

PCでレコーディングをはじめよう!

PCでレコーディングをはじめよう!

「自分の作曲した曲をみんなに聴いてもらいたい!」「自分の曲でオリジナルアルバムを作ってみたい!」。興味はあったけれど「きっと難しいだろう…」ということで始めていなかったPCでのレコーディング。皆さんもなかなか手が出しづらかったと思います。しかし今はそんなことがないのですよ。譜面作成や作曲、CDへのマスタリングなどレコーディング関連のほとんどのことがすごく簡単にできるのです!さあ、さっそく始めましょう!
Let's PC Recording!

DTM・レコーディング機器の種類と特徴

DTM・レコーディング機器の種類と特徴

PCでレコーディングする上で、必須なのは当たり前ですが「パソコン」です。そしてギタリストなら「ギター本体」、ヴォーカリストなら「マイク」になります。レコーディングを行なう際にはそれらの音源をパソコンに取り込むための「オーディオインターフェース」と取り込んだ音源を録音や採譜、ミキシングなどをするための「DAWソフト譜面作成ソフト」が必要になります。この2つがあれば初心者には十分PCレコーディングが満喫できるでしょう。

DAWソフト・譜面作成ソフト

DAWソフト・譜面作成ソフト

DAWソフト」とはギターやボーカルからの音源を活用した「MIDIの打ち込み」、最終的にそれらを楽曲として完成させるための「ミキシング(ミックス)機能」を併せ持ったソフトになります。今まではMTRなどを使用し、レコーディングを行なっていたギタリストなどはパソコンでの大画面の操作や、「プラグイン」などを使用し、音にエフェクトをかけるのも非常に簡単になりました。音質も「デジタル音源」なので劣化などの心配もありません。
譜面作成ソフト」は、PCの画面上の譜面にマウスなどを使用し、採譜していくものです。手書きよりも非常に綺麗で、採譜したものをMIDI音源で再生することも可能です。間違った部分はすぐ修正ができるのでレコーディングした曲を譜面にするのには非常に重宝します。最近では音楽学校でも本格的に取り入れられており、アカデミックパック等も販売されています。

オーディオインターフェース

オーディオインターフェース

オーディオインターフェース」とは簡単に説明しますと「アナログ音源⇒デジタル音源」、「デジタル音源⇒アナログ音源」といった形で音源を変えるためのものです。パソコンはデジタルデータしか対応していないので、ギターマイクから入った音源(アナログ音源)を取り込むことができません。そこで必要なのが「オーディオインターフェース」です。これのおかげで音源がデジタル化され、パソコンに取り込むことができます。そして取り込んだ音源をスピーカーヘッドホンに出力する際にはまたアナログ化を行なう必要があり、その仕事も行なってくれるのです。なお音をデジタル化することにより、音質の加工や編集といったものがしやすくなり、コピーや音の劣化がなくなるという利点もあります。

購入前のポイント

ギターやマイク以外で、PCでレコーディングをするために必要なものすべてに言えることなのですが、購入前に必ずチェックしていただきたいことがあります。それは「自分のパソコンの仕様」です。DAWソフト・譜面作成ソフト、オーディオインターフェースなど、PCの仕様によって動作保障対象外になっているものもあります。そのため最低限自分のパソコンの“OSの種類”、“CPU”、“メモリ”、“ハードディスクドライブの容量”は調べてから購入することをオススメします。

DAWソフト・譜面作成ソフト

DAWソフト譜面作成ソフト」の購入する際には、2つの大きなポイントがあります。まず1点目は「オーディオやMIDIのトラック」の数です。数が少ないものは過去のデータを削除したりしなくてはいけないので、できれば無制限のものを選ぶとよいでしょう。そしてもう1点は「付属されているソフトシンセやプラグイン、ループ」の数です。ソフトシンセとはあらかじめ入っているリズムパターンやベースパターンのことで、これを活用し、バックトラックを作成したりします。プラグインとはエフェクト機能のことでギターの音質を変化させるものです。ループとはドラムパターンのことでドラムパートを打ち込むために使用します。レコーディングを楽しむためにもこれらはある程度数の多いものをある程度持っていたほうが良いでしょう。

オーディオインターフェース

オーディオインターフェース」を購入するときはいくつかのポイントがあります。一番重要なことは「接続タイプ」です。“USB端子”と“FireWire端子”の2つがあり、自分のPCのタイプを調べておく必要があります。次に「入出力端子の数」です。この数によって同時録音や再生の数が変わってくるので複数のマイクなどでレコーディングする際は数が多いものを選ぶとよいでしょう。その他ギタリストならば「ギターを直接繋げる端子」があるかないかでレコーディングのしやすさがかわりますのでチェックしましょう。MIDIキーボードを使用して打ち込みを行ないたい人は「MIDI端子」の有無のチェックが必要です。自分がPCレコーディングでしたいことを明確にして、オーディオインターフェースは購入しましょう。

初心者に優しいエントリーモデル

DAWソフト・譜面作成ソフト

  • Steinberg SEQUEL

    Steinberg SEQUEL

    シンプルな操作で手軽に音楽制作を楽しめる新感覚のソフトウェア。4,500種類以上にもおよぶループ素材、600プリセットのソフト音源、エフェクターが付属

  • Music Maker

    Music Maker

    マルチトラックのオーディオ、MIDIの録音から編集、高品質のマスタリング、CD作成まで、全てこれ1本で行えます

  • Cakewalk SONAR HOME STUDIO 6

    Cakewalk SONAR HOME STUDIO 6

    高品位プラグイン・シンセ&エフェクトを収録。ACTやトラック・フリーズ機能など、快適な音楽制作を実現

  • ABLETON LIVE

    ABLETON LIVE

    優れたリアルタイム性能によって音楽の再生を止めることなく様々な操作が可能

オーディオインターフェース

  • ALESIS オーディオインターフェイス

    ALESIS オーディオインターフェイス

    超低レイテンシーのASIO 2.0ドライバーと、製品にバンドルされている Cubase LEをパソコンにインストールして、IO|2を接続すれば、自宅が完璧なレコーディング・スタジオに様変わり

  • LINE6 TONEPORT UX2

    LINE6 TONEPORT UX2

    ヴィンテージ・チューブ・アンプや高級マイク・プリアンプ、エフェクター等のモデリング・サウンドとレコーディングに必要とされるエンジニア・テクニックが凝縮

  • EDIROL UA-25 オーディオインターフェイス

    EDIROL UA-25 オーディオインターフェイス

    USBバス電源駆動ながらも、ロー・ノイズ/ワイド・レンジ電源の採用で、高音質かつプロ仕様のバランス入出力を実現

  • Fast Track Pro

    Fast Track Pro

    コンピュータとUSBケーブル1本で接続するだけで、マイクロフォン/ギター等のインストゥルメントのサウンドを最大24Bit 96kHzでコンピュータへ送信、コンピュータからのサウンドを受信、MIDIやデジタルオーディオをコンピュータと送受信、電源供給までも可能

■ポイントがもらえちゃう!など特典つきキャンペーン

■自分にぴったりのコーデ

■絶品グルメやスイーツ!

■楽天市場のおすすめ

■楽天市場を使いこなそう

社会的責任[CSR]