【楽天市場】DJカタログ

基本的なDJセットアップの紹介から、今話題の機材まで、DJ初心者も生粋の音マニアも大集合!

DJとは?

 DJとは、主にクラブやディスコ、野外ライブなどでレコードやCD、近年ではPC内に保存されたMP3などの音楽データを使用し、R&BやHIPHOP、HOUSE、TECNOなど、さまざまなジャンルの楽曲を選曲し切れ目無くかける者である。
 選曲をして曲を流しながら曲と曲のミックススクラッチ(レコードを前後に動かし通常とは違う音を出すことで曲にアクセントをつける)、エフェクト(音響効果)の操作などの機器操作を行うことが一般化している。
 ミックスは現在再生している曲と次に再生する曲をスムーズにつなぎ、音の切れ目をなくすことで聴衆のテンションを維持する。ミックスの技法にはいろいろな種類があり、DJによって差が出るポイントでもある。
 BPM(曲の速さ)を変速できるターンテーブル(レコードプレーヤー)やCDJ(CDターンテーブル)、PCミキシング・コンソール(DJコントローラーなど)を使用したライブ演奏が基本である。

必要な機材

ターンテーブルを用いた基本的なセットアップ

ターンテーブルを用いた基本的なセットアップ

 ターンテーブルを用いた基本的なセットアップです。
アナログレコードを用いる場合このセットアップを基本構成として構築します。
 アナログレコードをターンテーブルでプレイし、その音をミキサーを使って音量などを調整し、モニタースピーカーから 音を流します。
 ターンテーブルはフォノイコライザー搭載のものを選ぶようにしましょう。

必要な機材

パソコンとDJコントローラーを用いたセットアップ

パソコンとDJコントローラーを用いたセットアップ

 近年激増しているアナログレコードを用いないDJのスタイルです。
 音楽データとDJ用のソフトウェアが入ったパソコンと、そのパソコンの音楽データを操ることが可能なDJコントローラーを接続して使用します。
 DJ用のソフトウェア、DJコントローラーともにさまざまなメーカーからいろいろな機能を持ったものが発売されています。
 HipHop系ならスクラッチの精度が高いもの、ハウス系ならエフェクト機能が豊富なものなど、ミックスする音楽のジャンルに合ったソフトウェアやコントローラーを選びましょう。
 また、パソコンもコントローラーやソフトウェアによっては動作しないものもあるので、1から機材を揃える場合はソフトウェア、コントローラー、パソコンそれぞれの推奨使用環境を確認するようにしましょう。

必要な機材

ターンテーブルとパソコンを用いたハイブリッドなセットアップ

ターンテーブルとパソコンを用いたハイブリッドなセットアップ

 パソコンとアナログターンテーブルをシンクロさせたハイブリッドな組み合せです。
 ミキサーとパソコンの間に専用の機材を接続することで、アナログターンテーブルのセットアップ全体をDJコントローラーとして使用できるようになります。
 音源はパソコンに蓄えた音楽データを用います。アナログターンテーブルを使用できるので、DJコントローラーでの操作では物足りないという方にも満足のセットアップです。
 また、DJソフトウェアを使用するのでエフェクト(音響効果)やキューポイント(曲ごとに再生開始するポイントのこと)を利用できます。
 まさにアナログとデジタルのいいとこどりのセットアップといえます。

必要な機材

メーカーで選ぶ

必要な機材

CDJ

レコードではなく、記憶媒体であるCD(コンパクトディスク)を挿入し、収録されている楽曲を用いてDJプレイを行うための機材です。近年の機材の進歩により、アナログターンテーブルとレコードの組み合わせと遜色のないスクラッチができるモデルや、ピッチ(曲の速さ)を解析、検出し、迅速に数値化してくれる機能など、DJプレイに役立つ機能が搭載されているモデルも少なくありません。また、CDを使用するメリットとして、レコードと比べて使用や経年による音質の劣化が非常に少なく、いつまでも高い音質で使用することができるという点が挙げられます。

PICK UP CDJ EQUIPMENT

  • Pioneer パイオニア /CDJ-2000

    CDやDVDだけでなく、フラッシュメモリやHDDなどの音楽ファイルの再生が可能。また、音質の向上もなされており、過程からクラブユースまで幅広くカバーできる能力を持つ。

  • GEMINI ジェミナイ /CDJ-650

    PCと接続しDJソフトウェアのMIDIコントローラーとしても使用可能で、最低限の機能を抑えた万能タイプのマシンです。

PCDJ用コントローラー

その意味は広義ですが、ここではPCを使ってDJ用のソフトウェアを使用し、操作する際、PCのマウスやキーボードではなく、ソフトウェアをコントロールできる機材のことを指します。その仕様はアナログターンテーブルやCDJのようにスクラッチのできる2つのジョグホイールと、曲と曲をつなぐためのミキサーの機能であるクロスフェーダーと縦フェーダーを装備したモデルが一般的です。また、多機能なものになるとソフトウェアのキューポイント(頭だしするポイント)を操作したりエフェクト(音響効果)をかけたりするための機能が付随しているモデルも近年増えています。

PICK UP PCDJ用コントローラー EQUIPMENT

  • Vestax ベスタクス/VCI-380

    vestaxの長い歴史で培われたDJのための機能を満載した2chコントローラー。キューポイントからループ、エフェクトまでこれ一台ですべて操作できる上位機種です。

  • NativeInstruments ネイティブインストゥルメンツ /S4

    出ました。4ch装備しスタンドアローンのミキサーとしても使用可能なS4です。TRAKTOR一家ということでDJソフトとの相性もバッチリです。少し心細く感じる大きさのジョグホイールですが、機能は文句の付けようがなく高性能です。

  • Vestax ベスタクス/ SPIN2

    こちらはなんとiphoneやipadのアプリ「djay」のコントローラー。PCいらずで本体も1.3kgと超軽量で携帯性に優れている。

  • Pioneer パイオニア / DDJ-WeGO

    価格はリーズナブルですが機能は上位機種と比べても遜色ないのがこのWeGOです。少し変わった機能が、JOGに搭載したマルチカラーLEDです。DJプレイに合わせてLEDが発光し、耳だけでなく視覚的にもオーディエンスを刺激します。

サンプラー

サンプラーとは、主にDTMの現場で使用される機材です。CDやレコード、もしくはギターやキーボードなどの演奏を録音し、その録音した音を加工する機材のことを指します。加工方法はさまざまです。例えばレコードの曲からドラムの音だけを録音し、別の曲のパーカッションの音を録音し、両方の音を組み合わせてまったく新しいリズムやフレーズを作り上げたりすることができます。また、自分のギターの演奏を1フレーズだけ録音して、その音をループ(繰り返し再生すること)させることで曲のベースを作成したりもできます。その機材をDJプレイの現場では即興で新しいフレーズを作って再生したり、事前に準備してサンプリング(録音)していた音ネタを要所要所で再生したりして、他のDJとは異なったオリジナリティを出すための武器として用いられます。また、最近ではサンプラーは機材ではなくソフトウェア化の流れが主流になりつつもあります。PCのソフト上でサンプラーを起動させ、操作をサンプラーのようなパッドがついた機材で行うといった具合です。DJプレイもDTMもPC化の流れが強くなってきていると言えます。

PICK UP サンプラー EQUIPMENT

  • AKAI MPC STUDIO

    DTMを目的として作られたが、その高性能さはオリジナリティを追及するDJにとっても強力なツールになります。PCと接続することでPCに内臓された曲の一部をサンプリング(録音)してネタを集めていき、ミキサーにサンプラーを接続してDJプレイの際にそのネタを16個のパッドで演奏し、自分だけのミックスを作ることができます。

  • Native Instruments MASCHINE

    勢力を伸ばしているNative Instrumentsから登場しました。楽曲製作だけでなく、同社製作のDJソフトウェアであるTraktor DJとも親和性はバッチリです。色鮮やかなパッドに音ネタをアサインしてDJプレイで思う存分創造性を発揮することができます。

ターンテーブル(アナログ)

ターンテーブルとは

レコードプレーヤーの中でも、ピッチ(曲の速さ)を可変でき、なおかつ逆回転できるものを指します。そもそもDJプレイとは2台のターンテーブルを用い同じ曲の一部を交互に再生することで曲で一番盛り上がる部分を長く再生する事から始まったと言われています。いわばDJの起源といっても過言でない機材なのです。その機材が年月を経ていく中でピッチを変えて曲と曲をつなぐ事をより便利にしたり、逆回転できる機材でレコードを前後にこすってスクラッチすることで、曲に変わったリズムやオリジナリティを加え、ダンスの現場を盛り上げるという技術が発展してきました。最近ではPCDJの流れが強くなり、かつて一時代を築いたTechnicsのSL-1200シリーズの生産終了など、アナログターンテーブルの需要は少なくなってきましたが、現在でも当時のままの機材にこだわるDJやバイナルコントロールのDJシステム(アナログターンテーブルとデジタルDJの融合)の台頭でまだまだ根強い人気です。

PICK UP ターンテーブル EQUIPMENT

  • Vestax ベスタクス /PDX-3000MK-2

    針飛びを防ぐAnti Skipping Tone-arm Systemで高い音質と安定したプレイを可能にしました。最大で±60%のピッチコントロール。BPMが極端に違うジャンルの楽曲でもスムーズなつなぎが可能です。

  • NUMARK ヌマーク /TT USB

    ソフトウエアを使いアナログ・レコードの音をコンピュータへ取込み、MP3などのオーディオ・ファイルにすることができるUSB出力端子付のベルトドライブ・ターンテーブルです。つまりアナログレコードの音源をPCDJ用にデータに変換することが可能なのです。

  • STANTON スタントン/ST-120

    最高50%のピッチ調整やS/PDIFデジタル出力といった機能を持ち、現時点で最高峰のモデルです。

ミキサー

ミキサーとは、再生する音をどの機材、デバイスから流すかを操作することができる機材です。例をあげてみましょう。例えばアナログターンテーブル2台とミキサーのセットアップの場合、2台のターンテーブルの曲を順番につなげていきます。その時に曲と曲のボリュームなどを調整しながらスムーズにミックスできるようにする機材がミキサーです。一般的にミキサーは縦フェーダーでボリュームを調整し、曲の高音、中音、低音をつまみで調整することができます。また、曲の切り替えをクロスフェーダーで行うことができます。デジタルDJが台頭してきた最近では、ミキサーにサンプラーコントローラーやエフェクター、キューポイントのトリガーパッドなどが搭載されたハイテクモデルも登場してきています。

PICK UP ミキサー EQUIPMENT

  • Native Instruments ネイティブインストゥルメンツ /TRAKTOR KONTROL Z2

    最大の特徴はなんといっても、バイナルコントロールシステムのTraktor Scratchを内臓しているという点が挙げられる。つまりこのZ2とPCを接続することでPC内の音源をDJプレイできてしまいます。また、左右4つづつ装備されているパッドでキューポイントやループを操作することができます。まさにデジタルDJにとって最強のツールといえるかもしれません。

  • Pioneer パイオニア / DJM-T1

    こちらもZ2と同じく、バイナルコントロールシステムのTraktor Scratchを内臓しています。また、2本の金属シャフトがフェーダーの動きを支え、高い耐久性と安定性を兼ね備えています。

  • Rane Serato/ Sixty-Two

    こちらはTraktorScratchの対抗馬であるRANE Serato Scratch Liveが内臓されたミキサーです。値段は少し張りますが、その機能は折り紙つきです。なんとUSB端子が2つあるので、2台のPCを接続することが可能です。これにより、現場でDJプレイの交代の際、スムーズに交代を行うことが可能になります。また、2人同時のDJプレイも可能です。

エフェクター

エフェクターとは、レコードやCD、またはMP3などのデジタル音源を再生する際に曲にさまざまな効果(エフェクト)をかけることができる機材のことです。曲にエコーをかけたり音をひずませたりすることで、通常の曲とは異なる効果や聞こえ方を生み出し、DJプレイに変化やそのDJ独自のオリジナリティを加えることができます。最近ではミキサーにエフェクト機能が搭載されていたり、DJコントローラーに内臓されているものもあります。また、メーカーや機材によってエフェクトの音質が異なります。

PICK UP エフェクター EQUIPMENT

  • Pioneer パイオニア/RMX-1000

    直感的な操作で楽曲をアレンジし、オリジナリティのあるDJパフォーマンスを実現します。楽曲テンポを自動で測定してテンポに合わせてエフェクト効果をかけることができる「AUTO BPM」機能の搭載をはじめ、様々な機能を装備しており、まさに最高峰の一品といえます。

  • KORG コルグ / KAOSS PAD KP3+

    大きなタッチパッドによる直感的インターフェイスでエフェクトとサンプリング機能をコントロールできるエフェクターの雄、KORGのカオスパッド3です。エフェクト切り替えを一瞬で行う8つのプログラムメモリー機能はリアルタイムで流れていくDJプレイの現場で威力を発揮します。

  • Pioneer パイオニア/ EFX-500

    定番商品です。まず最初にエフェクターを安価で、と思っている方にとっては最適なモデルです。価格のわりに上級者でも満足できる十分な機能を装備しています。

  • KORG コルグ/ mini kaoss pad 2

    とにかくそのコンパクトさと反比例した機能の数々には脱帽です。しっかりとエフェクトプロ具tラムを装備している点はもちろんのこと、MP3プレイヤーを内臓しており、このミニカオスパッド単体でDJライクな演奏をすることも可能です。もちろん通常のDJセットアップに外部エフェクターとして接続することで、DJプレイにオリジナリティを加えることも可能です。

バイナルコントロールシステム

アナログターンテーブルのセットアップでミキサーに専用のオーディオインターフェイスを接続し、そこからPCに接続することで、アナログターンテーブルを用いながらもデジタル信号によりPCDJを行うことができる機材を指します。いわばアナログのセットアップを使い最新のPCDJソフトウェアをコントロールできるというハイブリッドなDJのやり方です。このシステムの場合、レコードは用いずに曲の入っていない”レコードの形をしたコントロールディスク”を使います。アナログターンテーブルの動きはPC上のDJソフトウェアを完全に連動し、曲をあたかもアナログターンテーブルで扱っているかのようにコントロールできます。今までDJをするのに大きくて重いレコードバッグを持ち運んでいましたが、このシステムの登場で現場に持っていくのはPCとバイナルコントロールシステム専用の機材とヘッドホンのみになり、大幅にコンパクトになりました。また、DJソフトウェアもループやエフェクトなどを搭載し、高機能なので、まさにアナログとデジタルのいいとこ取りのシステムと言えます。

PICK UP バイナルコントロールシステム EQUIPMENT

  • SERATO セラート/SCRATCH LIVEシリーズ

    バイナルコントロールシステムのさきがけ、SERATOのスクラッチライブシリーズは、長年の経験とアップデートを重ね、高い安定性と軽い動作を兼ね備えたシリーズです。1つデメリットを挙げるとすれば使用できるMIDIコントローラーが限られているという点が挙げられます。購入を検討される際には使用したい機材との適合を見て購入するとよいでしょう。

  • NativeInstruments ネイティブインストゥルメンツ/TRAKTOR SCRATCH

    あああ一社完結でソフトからハードまで揃うTRAKTORは非常に魅力的です。また、ミキサーのZ2やオーディオインターフェイスのA10やA6もそれぞれTRAKTOR SCRATCHを内臓しており、自分のDJ環境によって機材を選べるという点も強みのひとつです。

■ポイントがもらえちゃう!など特典つきキャンペーン

■自分にぴったりのコーデ

■絶品グルメやスイーツ!

■楽天市場のおすすめ

■楽天市場を使いこなそう

社会的責任[CSR]