全てのジャンル
楽天市場×GetNavi 楽天市場の商品からピックアップ!「モノ・暮らし」の深堀レビュー&ニュース

2016/9/24更新

孫の手のようにかゆいところに手が届くIoTガジェット5選

最近よく目にする“IoT”という言葉をご存じでしょうか? IoTとは、Internet of Thingsの略称で、様々なモノがインターネットにつながることでより便利になることを指します。このIoT、実はすでに生活の様々なところで活用されています。今回は、生活をより便利にする最新のIoTガジェットを紹介します。

IoTガジェット5選

自由に色を変えられるLED電球「Hue」

部屋の照明を変えると、雰囲気がグッと変わります。暖色系のライトなら落ち着いたくつろげる雰囲気に、寒色系のライトなら仕事や勉強に集中しやすい雰囲気になります。でも、目的に合わせて電球を取り換えるのは大変ですよね。そこで活用したいのが、フィリップスのスマートLED電球「Hue」。Hueは、スマホ/タブレットアプリからワイヤレスで設定を行え、1600万色以上の色を自由に再現できる新世代のLED照明です。

自由に色を変えられるLED電球「Hue」

自由に色を変えられるLED電球「Hue」

2016年4月に発売された最新モデルでは、Appleのスマートホーム規格「Apple HomeKit」に対応し、iOSのアプリケーション「Siri」による音声コントロールが可能になりました。照明のオン/オフや明るさの調整などを音声でコントロールでき、より簡便に照明を操作できるように。従来通り、別売の「Hue Tap Switch」でも操作可能です。

「Siri」による音声コントロールのイメージ

また、 別売の「ブリッジ」を組み合わせることで、外出先から家の照明をコントロールしたり、朝起きる時間に合わせ徐々に照明を明るくするなどの操作が可能になります。

スマホで鍵を開閉できる「スマートロック」

鍵による施錠やダイヤルキー、カードキーなど自宅の施錠システムには色々な種類がありますが、「将来的にこのシステムが主流になる」とされているのが“スマートフォンによる施錠システム”です。

Qrioの「スマートロック」は、スマートフォンでドアに鍵の開閉ができるだけでなく、遠隔操作でロックをしたり、鍵を簡単にシェアしたりすることができる便利なIoTアイテム。

  Qrioの「スマートロック」

LINEやfacebookなどのSNSメッセージ機能を使って、家族や友だちなどへ鍵を送ることができます。しかも、あらかじめ日時や時間を決めておけば、特定の時間だけシェアすることも可能です。

Qrioの「スマートロック」

“スマートフォンによる施錠システム”と聞くと、工事が必要だったり鍵の取り換えが必要だったりと、導入が大変そうに思えてしまいますが、この「スマートロック」はサムターン部分に付けるだけと非常に簡単。日本で使われているサムターンのほとんどの種類に対応しています。

“スマートフォンによる施錠システム”

電源は電池式(CR123A)となっており、電池2本で約300日、4本で最大600日(※)連続の利用が可能となっています。
※:1日約10回の動作を想定した理論値です。使用環境や利用状況により異なる場合があります。

鍵をなくした経験がある人や、友人・家族を自宅に招くことが多い人、鍵を持ち歩くのが面倒だという人は、スマートロックを導入してみてはいかがでしょうか。

空気清浄機能が付いたダイソン「ピュアクール リンク」

最近では、冷暖房の効率を高めるために、扇風機やサーキュレーターなどの併用がすすめられています。そのため、以前は夏の風物詩だった扇風機も、いまでは1年中活躍する家電となりました。年間を通して使うなら、扇風機に空気清浄機能がつけばいいと思ったことはありませんか? そのような願いを叶えるIoT家電がダイソンから発売されています。

ダイソンの「Dyson Pure Cool Link」は、羽根のないフォルムが特徴の空気清浄機能付ファン。高性能フィルター搭載で、PM0.1も99.95%除去可能です。

ダイソンの「Dyson Pure Cool Link」

スマホアプリとの連携し、スマホで本体が操作できるほか、空気の汚れや温度・湿度といった状態をチェック可能。室内の汚れレベルが最大になると赤色表示になり、空気清浄が必要だと知らせてくれれます。

  ダイソンの「Dyson Pure Cool Link」スマホアプリ連携

背の低い「テーブルファン」と、背の高い「タワーファン」の2種類をラインナップ。羽根のない構造なので、お子さんやペットのいる家庭でも、安心して使うことができますね。

背の低い「テーブルファン」と、背の高い「タワーファン」

スマホで好みの味を調整できるネスカフェ「バリスタi」

近年、様々な家電がスマホと連携できるようになってきましたが、なんとコーヒーメーカーまでIoT化が進んでいます。ネスカフェ「バリスタi(アイ)」は、いつでも淹れたてのコーヒーが楽しめるインスタントコーヒーメーカー。5種類のメニューから、そのときの気分に合わせたコーヒー選べます。

iXpand Slimフラッシュドライブ

最大の特徴は、スマホ対応の「ネスカフェ アプリ」(無料)を使って、コーヒー、水、泡立ちを細かく調整し、自分だけの味をカスタマイズできること。

「ネスカフェ アプリ」(無料)レシピの編集画面

さらに、アラーム機能を搭載し、目覚ましやコーヒーの抽出時間をセットすることも可能です。

スマホ上のコーヒーの抽出時間設定画面

アプリを使ってコーヒー飲むたびにポイントがたまるプログラムも利用できるので、毎日のコーヒータイムが楽しみになりそうですね。カラーは、レッド/ホワイト/プレミアムレッド/ピュアホワイト/ウッディブランの5色。

「バリスタi」カラー・レッド/ホワイト/プレミアムレッド/ピュアホワイト/ウッディブラン

植物の状態を観測してくれるパロット「フラワーパワー」

植物に水やりを忘れて、枯らせてしまったことはありませんか? 植物をしっかり育てるためには、定期的に水やりや肥料を与えるなどのケアが必要です。忙しくてつい世話を忘れがちになってしまう人におすすめなのが、パロットの「フラワーパワー」です。本体を鉢植えの土中に挿しておくことで、内蔵された4つのセンサーが「太陽光量」「外気温度」「肥料濃度」「土湿」を計測し、植物の状態をリアルタイムにスマートフォンやタブレットに送信してくれます。

植物の状態を観測してくれるパロット「フラワーパワー」

専用アプリ「Parrot Flower Power」(無料)をスマートフォンやタブレットにインストールして、アカウントを作成すれば、植物研究機関監修の6千種以上のデータベースから最適なお手入れ方法をアドバイスしてくれます。ひとつのアカウントで、最大256台までのフラワーパワーを管理可能です。

専用アプリ「Parrot Flower Power」(無料)画面

本体はIPX5・IPX7に準拠する防水性能を持ち、鉢植えに挿したまま水やりができます。単4形乾電池1本で約6か月間の連続使用が可能です。

植物の状態を観測してくれるパロット「フラワーパワー」

知らない内に植物を枯らせてしまう、という方は、ぜひ一度使ってみて下さい。

植物の状態を観測してくれるパロット「フラワーパワー」

関連キーワード

カテゴリ一覧

注目のキーワード

GetNaviとは

  • アイテム情報誌「GetNavi(ゲットナビ)」とは、デジタル製品や生活家電、ガジェットだけでなく、カルチャーやグルメなど、「いま知っておきたい」情報を発信しているモノ・トレンド情報誌。

    今回、楽天市場の商品からピックアップ!「GetNavi(ゲットナビ)」が「モノ・暮らし」の商品を深堀レビュー&ニュースを発信していきます。

ピックアップ特集

  • リサイクル特集
  • iPhone特集
  • スタッドレスタイヤカタログ
  • モバイルバッテリーでGO
  • アウトドアカタログ
  • 美活特集
  • 雨の日対策!ドライブ快適グッズ特集
    社会的責任[CSR]