着物カタログ|普段着られる訪問着から振袖や浴衣、風呂敷や扇子等和装用品も

着物カタログ 春 初めての方も、着物上級者もきっと見つかる

アイテムから探す

季節別アイテムカレンダー

着物各部の名称

着物ランキング

帯ランキング

色で探す

紺 黒 紫 ピンク 青 緑 赤 黄色 白 金 銀

早分かり!季節別アイテムカレンダー

振袖 着物コート 足袋 黒留袖 袴 髪飾り 普段着 浴衣 訪問着 単衣 かごバッグ 七五三 ショール パーティー


袷(あわせ)
10月から5月半ばまで着る着物。
衿は裏地をつけて仕立てた着物のことで最も着る時期が長い。一番最初にお求めになる1枚としておすすめ。

単(ひとえ)
5月半ばから6月(初夏)、9月から10月半ば(初秋)にかけて着る着物。裏地のつかない単衣(ひとえ)仕立ての着物のことを指す。

薄物(うすもの)
7月から8月の真夏に着る着物のこと。
絽(ろ)や紗(しゃ)のように、薄い生地の着物のことを指す。


知っておくと便利です!着物各部の名称

  •  身丈

    身ごろの長さのこと。後ろの衿の付け根から裾までの長さ。
    「仕立てられた着物の丈」のこと。

  •  袖口

    腕を通すところの寸法。袖の手を出すところのこと。
    洋服だと、手首が出てるところに当たる。

  •  着丈

    着物を「着つける丈」のこと。
    着物の後ろ中央にある衿の付け根から裾までの着付けたときの丈のことで、着つけによって変わる。

  •  袖下

    袖付けの下端から、袖の下端までのこと。
    袂(たもと)の底の部分、袖の底の部分のことです。

  •  裄(ゆき)

    背中心の線から袖の端までの幅のこと。肩幅と袖幅を合わせたもののことを表す。

  •  袖山

    袖の一番上の部分のこと。
    袖の前身ごろと後ろ身ごろの境界線(折り目)。

  •  肩幅

    背中心から袖付けまでの幅のこと。

  •  身八つ口

    女物の着物の身ごろのわきのあいている部分のこと。
    衿を整えるなど、着物の着崩れを直すために手を差し入れられる場所。男性の着物にはない。

  •  衿肩あき

    衿をつけるために、肩の部分を切り上げたところ、衿の下端の部分のこと。
    この部分に衿がつく。通常、女物9.5cm、男物9cmほど。

  •  衽(おくみ)

    着物の前身ごろに縫い付ける15cmくらいの布のこと。
    着物は前を重ねて着るため、横幅が狭くなってしまうのを補うためにつけられている。

  •  衿先

    着物の衿の下端の部分のこと。長い衿の一番下の部分。
    裾回しと同じ布を使って、裏衿に接ぎ合わされる。

  •  衽先

    衽の上端のことで、衿と身ごろの細く尖っている部分のこと。
    「剣先」とも呼ばれている。

  •  かけ衿

    着物の衿の部分の汚れを防ぐために、本衿の上にかける衿のこと、同じ布の場合と別の布を使う場合がある。着物の衿にかけるものは、表布と同じで「共衿」ともいう

  •  前身ごろ

    着物の前の身ごろのこと。袖と衽の間の肩から裾までのこと。
    右前身ごろ(下前)と左前身ごろ(上前)がある。

  •  袖丈

    袖の長さのこと。袖山から袖下までの長さを表す。
    年齢や着物の種類によって、長さは様々。

  •  後ろ身ごろ

    着物の後ろの身ごろのことで、肩山から後ろ側の部分のこと。
    後ろ幅は背縫いから脇縫いまでの幅のこと。

  •  袖幅

    袖つけから袖口までのこと。
    袖の付け根から袖の端(手が出るところ)までの長さのことを言う。

  •  八掛

    女物の着物の裾や袖口の裏地のこと。裾回しともいう。
    表の着物地と調和した色や質感の生地を選ぶことが大事。

  •  袖付け

    袖を身ごろに縫い付けること。また袖と身ごろが接続する部分のこと。
    「袖付き」ともいい、「袖付き衣」とは袖のある衣服のこと。

  •  おはしょり

    着物を着るときに、裾を持ち上げて腰紐を結んだときに身丈より長い部分を胴でたくし上げて調整するが、そのたくし上げた部分のこと。人によるが約15cm程度。

■ポイントがもらえちゃう!など特典つきキャンペーン

■自分にぴったりのコーデ

■絶品グルメやスイーツ!

■楽天市場のおすすめ

■楽天市場を使いこなそう

社会的責任[CSR]