全てのジャンル

これがあれば大丈夫!入院&出産準備 アイテムリスト

妊娠後期になったら準備を始めたい入院グッズや出産準備アイテム。赤ちゃんのお世話に必要なアイテムをご紹介。
肌着やウェアをはじめ、日々必要なアイテムを厳選。慌てないようにゆっくり準備をすすめましょう。

「 入院準備期 」

アイテム名 ポイント
産褥ショーツ
産褥ショーツ

必要数 : 3〜4枚

股の部分が開くショーツ。出産後に悪露と呼ばれる出血があります。その際に使うナプキンの交換や入院中の健診に便利。

授乳兼用ブラジャー
授乳兼用ブラジャー

必要数 : 2〜3枚

授乳しやすい機能が付いています。授乳期後のバストの下垂防止にも。産後のサイズダウンにも対応する調節ホックがあると便利!

母乳パット
母乳パット

必要数 : 1パック

母乳は出る量が多いと自然にあふれ出して、ブラジャーや洋服に染み出てしまうため、母乳パットは入院中からあると安心!使い捨てタイプと、布製タイプの2種類があります。

授乳口付きパジャマ・ガウン
授乳口付きパジャマ・ガウン

必要数 : 1〜2枚

ナプキンの交換や看護士さんが手早く処理できるよう、またパンツなしでも着られるようにパジャマの上着は着丈長めがあると便利。ガウンは寒い時季に!

授乳クッション(ハートクッション)
授乳クッション(ハートクッション)

必要数 : 1個

授乳時に腕や肩の疲れを軽減するのに使うクッション。赤ちゃんが小さい頃ほど授乳回数が多く、抱っこ疲れも出やすいので、あると便利!

円座クッション
円座クッション

必要数 : 1個

出産後の会陰切開の傷の痛みや、いきみすぎによる脱肛(痔)の痛みは相当なもの。もしなってしまったら座るのも寝るのもつらいので、1つあると安心。

「 産後アイテム 」

アイテム名 ポイント
産後すぐニッパー
産後すぐニッパー

必要数 : 1〜2枚

出産によって広がった子宮や骨盤を元に戻すためにも早めのケアを!また流動的な柔らかい脂肪が下垂するのを防ぎ、元の体型を早く取り戻すためにぜひ活用しよう。

産後すぐサポーター
産後すぐサポーター

必要数 : 1〜2枚

さらしより着脱が簡単で伸びきった子宮の回復を助けます。就寝時にも着用するとシェイプアップ効果が高まります。

ウエストニッパー
ウエストニッパー

必要数 : 1〜2枚

産後1〜2週間目から使用。悪露も少なくなり会陰切開の傷口も落ち着いてきたら、そろそろリフォーム開始。まずはお腹の引き締めを重点的に。

リフォームガードル
リフォームガードル

必要数 : 2〜3枚

産後2週間目ごろからは本格的にリフォーム開始。体調ももどったらサポート力の強いガードルで、ウエストラインからヒップ、太ももまで引き締めよう。

授乳服
授乳服

必要数 : 2〜3枚

授乳しやすい工夫がされたウェア。さっと胸を出せて赤ちゃんにおっぱいがあげられる授乳口つきです。母乳派には便利。

「 肌着・ウェア 」

アイテム名 ポイント
短肌着
短肌着

必要数 : 4〜5枚

昔から使われている着物風に前を打ち合わせた肌着で丈が短い。他の肌着と組み合わせて使え便利です。

長肌着
長肌着

必要数 : 1〜2枚

短肌着の長いものを長肌着といいます。短肌着などの上に重ねて着せたりします。冬生まれの赤ちゃんは使い勝手がいいので用意数を増やしても。

コンビ肌着
コンビ肌着

必要数 : 2〜3枚

すそが二股に分かれた丈の長いもの。足を動かしやすく、股下がスナップ止めなので、足を活発に動かしてもはだけにくいので安心。

ロンパース・ボディスーツ
ロンパース・ボディスーツ

必要数 : 1〜2枚

上半身とおしりをカバーするアウター感覚で着せられる肌着。股下をスナップでとめられるので体にフィットして動きやすい。生後3ヶ月頃までは首が据わらないので、着脱させやすい前開きタイプが便利。

兼用ドレス(2WAYドレス)
ツーウェイオール

必要数 : 2〜3枚

股下のリングスナップの止め方で長い期間着られるウェア。新生児期にはおむつ替えに便利なベビードレスに、あんよが活発に動くようになったらカバーオールとして。

カバーオール
カバーオール

必要数 : 1〜2枚

全身をすっぽり包む機能的なウェア。赤ちゃんが手足を活発に動かしても動きやすいデザイン。兼用ドレスがお家用ならおでかけ用に。ロンパースと表示するメーカーも。

アフガン(おくるみ)
アフガン(おくるみ)

必要数 : 1枚

角の三角ポケットに赤ちゃんの頭をいれてくるむ布。退院時の外出や沐浴後、肌掛け毛布がわりにと大活躍。新生児をくるむと安定してだっこが楽。

スタイ(よだれかけ)
スタイ(よだれかけ)

必要数 : 4〜5枚

授乳のときの飲みこぼしやよだれを吸収し、首下の汚れを防ぎます。よだれの多い赤ちゃんの場合、1日2〜3回交換することも。スナップ止めタイプ、マジックテープタイプ、紐タイプなどがあります。

セレモニーウェア
セレモニーウェア

必要数 : 1枚

退院時やお宮参り、親戚、友人へのお披露目など、あらたまった機会に着せたいおしゃれなウェア。

「 おっぱい・ミルク 」

アイテム名 ポイント
哺乳びん
哺乳びん

必要数 : 大小1つずつ

素材はガラス、プラスチック製の2種類。おうち用、おでかけ用など状況に合わせて使い分けるママも。母乳が出るとあまり使わない場合もあるので、様子を見て購入しても大丈夫。

消毒器
消毒器

必要数 : 1個

赤ちゃんの抵抗力が弱い4〜5ヵ月頃までは、洗浄のあとに消毒も必要。煮沸消毒、薬液消毒、電子レンジ消毒の3種類。ライフスタイルに合わせて。

搾乳器
搾乳器

必要数 : 1個

手動、電動、手しぼりの3種類。母乳の出によるので、生まれてからの用意でもOK。

粉ミルク
粉ミルク

必要数 : 1個

母乳が足りない時や、外出時用に1つあると安心。アレルゲンに配慮したものなど種類も豊富。病院で用意される場合もありますので、確認を!

「 おむつグッズ 」

アイテム名 ポイント
紙おむつ
紙おむつ

必要数 : 1-2パック

退院すぐに使うもの。最初は新生児用サイズを用意。新生児のころのおむつは、できるだけ排泄の度に変えてあげましょう。

おむつカバー
おむつカバー

必要数 : 3〜4枚

布おむつを使用する場合に必要。体重表示を目安に赤ちゃんにぴったりのサイズを選びましょう。

おしりふき
おしりふき

必要数 : 5〜6パック

おむつ替えの必需品。厚手の柔らかいものを選びましょう。おでかけ時にはコンパクトサイズが便利です。

おむつ処理ポット
おむつ処理ポット

必要数 : 1個

おむつを捨てる専用バケツ。匂わないように工夫された処理ポットもあります。

おしりふき保温器
おしりふき保温器

必要数 : 1個

冷たいおしりふきを電気であたためます。寒い日や夜中のおむつがえに。

「 おふろ・ケア 」

アイテム名 ポイント
ベビーバス
ベビーバス

必要数 : 1個

生後1カ月頃までは細菌感染予防のためにも、赤ちゃん専用のバスタブを使ってあげて。シンクで使えるタイプもあります。

湯温計
湯温計

必要数 : 1個

ベビーバスや浴槽の湯温がひと目でわかります。適温の表示があるものが便利。

ベビーソープ
ベビーソープ

必要数 : 1個

赤ちゃんのお肌は新陳代謝が活発でとてもデリケート。毎日使うものだから、お肌との相性を第一に選んであげて。

ガーゼ
ガーゼ

必要数 : 6〜10枚

授乳時やよだれふき、汗ふき、沐浴時に顔やくびれなどこまかい部分を洗うときに便利。

湯上り用タオル・パーカー
湯上り用タオル・パーカー

必要数 : 2〜3枚

タオルは吸水性がよい裏地ガーゼやくるみやすい正方形がベビーにぴったり。

つめきりばさみ
つめきりばさみ

つめの薄い赤ちゃんには、先端が丸い安全なものを。新生児には、はさみタイプが便利。

鼻水吸い器
鼻水吸い器

赤ちゃんの鼻みずを吸い取るのに便利。つらい鼻づまりを解消するグッズです。

体温計
体温計

毎日の体調管理に。短時間で手早く検温できる耳式や予測機能付きのものが便利。

洗濯洗剤
洗濯洗剤

ベビー肌着や子供服は、蛍光増白剤の入った洗剤での洗濯がNG。パパ、ママの服と一緒に洗っても大丈夫ですが、肌の弱い赤ちゃんのために洗剤選びはしっかりと。

ベビーハンガー
ベビーハンガー

必要数 : 10〜12本

小さな肌着を型崩れせずに干すのに必要。洗濯クリップで留めて干すと、肩に洗濯ばさみのあとが付いてしまうことがあるので、注意して。成長してからも長く使えます。

「 ねんね・おもちゃ 」

アイテム名 ポイント
ベビー布団
ベビー布団

掛布団・肌布団・敷布団など、あかちゃんのおやすみタイムに必要なセットが入っています。セットであれば季節によって使ったり、使わなかったりできます。

綿毛布
綿毛布

オールシーズン使えて丸洗いもOK。お昼ねやおくるみ替わりにも使えるので肌触りの良いモノを選んであげて。

温湿度計 (室温計・湿度計)
温湿度計 (室温計・湿度計)

免疫力の弱い赤ちゃんが風邪を引かないために、室内の温度と湿度の管理はしっかりと。

ベビーベッド
ベビーベッド

生後すぐの時期は、床のホコリやダニから守るためにベビーベッドに寝かせるのも○。ベビーベッドがあればおむつ換えや着替えも楽チン。

ベビーチェア
ベビーチェア

赤ちゃんのリビングやダイニングでのお昼寝に便利。ママの目の届くところで寝かせられるので安心です。

クーハン
クーハン

新生児を寝かせられる細長いカゴ。籐などの自然素材で編んだバスケット型のベビーベッドのことで、持ち運びもできる。

ベビータンス
ベビータンス

ベビー用品の整理に!細かい育児用品を収納して、お部屋をスッキリ。

ベッドメリー
ベッドメリー

ベッドに取り付けて使うベッドメリー。オルゴールが流れたりまわったりと赤ちゃんがベッドで横になっていてもあきない工夫がされてます。

プレイマット
プレイマット

赤ちゃんが寝そべったり座って遊ぶクッション入りのマット。押すと音が鳴ったり知育に役立つ機能がついたものもあります。

ベビージム
ベビージム

赤ちゃんをマットに寝かせると、赤ちゃんの目の前には楽しいオモチャが!ねんねから、たっち、おすわりの頃まで使用できるものもあります。

「 おでかけ 」

アイテム名 ポイント
チャイルドシート(ベビーシート)
チャイルドシート(ベビーシート)

退院時から必要に!6歳までの使用が義務づけられています。使用する子どもの体重や身長、マイカーに合わせて選びましょう。

ベビーカー
ベビーカー

シートがベッド状に倒せるタイプ、リクライニングを起して2歳頃まで使える兼用型などA型タイプは新生児から使用できます。ライフスタイルにあわせてタイプを選びましょう。

抱っこひも
抱っこひも

横抱きから縦抱き対面・前向き、おんぶと抱っこひものスタイルも様々。新生児なら横抱きですが、首をサポートする機能付き商品なら新生児もOK。

ブランケット・ケープ
ブランケット・ケープ

あれば何かと便利な一枚。授乳用ケープとして、また、強い日差しや冷えから赤ちゃんを守ります。

授乳カバー(授乳ケープ)
授乳カバー(授乳ケープ)

授乳室がない場所も多いので、お出かけ時に1枚あると場所を選ばずに授乳できてとっても便利!授乳中は上から赤ちゃんの様子が確認できます。

マザーバッグ
マザーバッグ

赤ちゃんとのおでかけはなにかと荷物がいっぱい。選ぶ際は、少しでも軽く、ポケットの大きさや数、ミルクがこぼれたり等も考えて汚れてもいい素材などだと便利!

  • マタニティ期ショッピングリスト
  • ベビー期ショッピングリスト
  • 全商品カテゴリで探す
  • 全商品を年月別で探す

top

社会的責任[CSR]