芸能人のすっぴんショッピング!-土田晃之さん「無理をして上げた好感度は一番いらないですよ。」-

全てのジャンル
  • 2015.4.22更新
  • 田辺 誠一さん
  • 高嶋政伸さん
  • 町田啓太さん
  • 過去の出演者をもっと見る
気になるあの人は何をGETしたのか?? 芸能人のすっぴんショッピング! 土田晃之さん 無理をして上げた好感度は一番いらないですよ。 バラエティをはじめ、多くのテレビ番組で活躍中の土田晃之さんの雑誌連載をまとめた、単行本『納得させる話力』が発売されました。土田さんのトークを聞いていると、「うん、うん」と思わず納得してしまうことが多いですよね。そんなトークの秘訣をたっぷり詰め込んだビジネスマン必読の本の魅力などを、“土田節”炸裂のインタビューでお届けします!
プレゼンでは“声を大きく”がポイント! 最新情報 プロフィール 愛用品&オススメ

プレゼンでは“声を大きく”がポイント!

土田晃之さん

『納得させる話力』を読むと、特にトークやプレゼンが下手な人は、交渉力がアップしそうですね。

そうですか?(笑) 話力を使いこなせるかどうかは、その人にもよるとは思いますけどね…。

―自分の話術にコンプレックスがある人にとっては、変われるきっかけになると思います。

そうかもしれないですね。例えば「仕事のプレゼンがうまくいかない」という悩み相談があって、その答えはベタな回答だけど「声は大きく!」ってことなんですが、これって実はすごく大事なんですよ。僕が若手だった頃、よくネタ見せ(ネタを見せるオーディション)に行っていたのですが、声が大きいだけでネタの内容もよく伝わるし、ネタをやったイメージが残るので、大きな声で話すって大事なことなんです。まぁ、そう言ってる俺が、そんなに声を張ってないんですが(笑)。

―この本は男性向けに書かれていると思いますが、逆に女性が話術で好感度を上げるには、どうしたらいいですか?

好感度ですが、僕の中では一番いらないものだと思ってます。だって好感度を一度上げたら、それをキープするのが大変じゃないですか。僕はあまりいい人だと思われないほうがいいですね。例えば、テレビ番組の『アメトーーク!』の「嫁を大事にしてる芸人」に出演したことがあって、その後、世間から「ツッチーは奥さんが大好きで、優しい人」と思われてましたけど、でもうちの嫁さんにしてみれば、「いや、全然違うわ!」ですよ(笑)。だから、最初からハードルを高くしないことが大事で、自分に合わない好感度はいらないと思います。本当はそんないい人じゃないのに、嘘をついて好感度を上げたところで、自分がしんどくなるだけだし、そこは頑張るところじゃないと思いますね。

―逆に、無理をしないほうがいいんですね。

そうです。無理をすれば、人間関係がしんどくなりますよね。例えば普通の会社でも先輩から飲みに誘われたら、なかなか断れないじゃないですか。でも僕は無理をしないから断っちゃう。上島さん(ダチョウ倶楽部)から誘われても、「今日はサッカーの試合をテレビで見るので」と、あっさり断りますよ。逆に、仕事が早く終わったりした時は、上島さんに電話して「飲みません?」って誘います。それである時、上島さんがベロベロに酔っぱらって泣きながら「俺に電話をくれるのはツッチーだけだよ」と言ってました(笑)。僕は、行きたい時は行くし、行きたくない時は行かない。そのスタンスが許されてくると、楽なんですよ。

土田晃之さん

―この本を、どんな人に読んでもらいたいですか?

必要だなと思う人に、手にとっていただければと…。1000円払って、中から2個くらい「なるほどな」と思ってもらえることがあれば、それでいいので。

―現在、バラエティ番組などにご出演されている土田さんですが、転機になったできごとはありますか?

一番大きいのは『銭形金太郎』という番組ですね。今は芸人が出れる番組がたくさんありますけど、ボキャブラブームが終わった後、キー局の仕事が一つもなくなったんですよね。地方の放送局でレギュラーをやらせてもらっていたので生活はできていたんですが、「このまま忘れられるかも」というより、「まだ知られてもいないのに、このまま…」ってしんどい時期で、そんな時にネプチューンが司会の『銭形金太郎』と、所ジョージさんの『所さんの日本ジツワ銀行』という番組が始まって、「今、僕が出られそうな番組はこの二つくらいだな」と思って、両方とも自分で番組を録画して「自分が出たらこうする」って研究していたんです。そうしたら、『銭形金太郎』にレポーターとして呼んでもらえてロケに行ったんですが、現場では手応えがなかったんです。でもディレクターさんがうまく編集してくれて、スタジオ収録の時にウケたんですよ。その後、特番の回にも呼んでもらえてそこでもウケて、いろんな番組に呼んでもらえるようになった大きなきっかけの番組ですね。

―多忙な日々を過ごしていますが、オンとオフの切り替えはどうしていますか?

もう20年以上この仕事をやっているので、あまり気にしなくなっていますね。若い頃は仕事前に気合いを入れたりしてましたけど…。昔キツかったのは、電車に乗って仕事場へ行っていたことで、家に帰ってやっとプライベートに戻れるという感じでしたね。だからいち早く、車がほしかったんですよ。ボキャブラブームの時に他の芸人はみんな外車とかいい車を買っていましたけど、僕は給料制だったので軽自動車に乗ってましたけどね。この図体で軽自動車だから、先輩に「『マリオカート』かよ!」と言われて(笑)。でも収録が終わってスタジオを出て車に乗った瞬間、自分の時間になるのは大きかったですね。好きな曲をかけて、でっかい声で歌いながら帰ったりしてました。そこで切り替えができるようになってから、仕事でイライラすることも減ったんじゃないかな。

―そんな土田さんのネットショッピングの経験を教えてください。

基本は嫁さんに「これ、買っておいて」とお願いしてますが、自分でもやったことはありますよ。だいたい買うのはアディダスのものですね。実際のショップに置いていなくて、ネットだけで展開しているアイテムとかがあるので、それを買ったりしますよ。見るショップが一つだけだから、楽でいいんですよ。

―それでは最後に、今後の野望を教えてください。

70歳になっても、仕事をしていたいですね。70歳を過ぎると、嫁との会話も少なくなるだろうし、孫も大きくなっちゃって、することがないでしょ。「現場でツッチーが話しかけてくれるの、すっごく嬉しいわ」と板東英二さんが言っていましたし(笑)。だからその年になっても、細々と仕事をしていたいですね。僕の一番の理想は、伊東四朗さんなんです。世間的には、すごくテレビに出ているという印象はないけど、たまにひな壇にいたり、そうかと思えばクイズ番組でマスコットキャラクターっぽくMCの間にいたりする。ドラマでお父さん役をやっていると思ったら、舞台でも活躍している。そんなに忙しくはない感じで、でもいつも仕事があるから、ずっと若々しいんだろうなって。すごくうらやましいポジションなんです。

愛用品&オススメ

ハンディ洗濯機『COTON』

ハンディ洗濯機『COTON』(ハイアール)

いわばシミ抜き機なんですけど、これは面白いですよ。洋服にシミがつくと落とすのは時間との勝負。カレーうどんを食べた時とか、服にシミがついちゃったという時に、これは持ち運びできるサイズなので外でもすぐ落とせますよ。色もオシャレでしょ。ただ、新しい商品なので改良点は多い気がしますね。洗剤を入れるケースを本体内につけてくれたらいいな、と思いますね。

全自動シェーバー『ラムダッシュ』

全自動シェーバー『ラムダッシュ』(Panasonic)

僕みたいにヒゲを残して剃りたい人に向いていると思います。深剃りしすぎないので肌が弱くても安心で、なめらかに剃れて使いやすいですね。さらにお風呂の中でも使えるから、シェーバー自体の掃除も楽にできますよ。

アディダス

アディダス

Tシャツからジーパンカバンも含めて私服はアディダスですね。でもアディダスって高かったから、子どもの頃はオカンが他のブランドを買ってくるんですよ。子ども心に「アディダス、欲しいわー」と思っていて、大人になってからサッカー選手の三浦淳寛や名波浩と仲良くなったんですが、二人ともアディダスと契約してて、それを見て「俺の心のスポンサーもアディダスだ」と決めて10年くらい前からアディダス一辺倒になりました。まぁ、俺は自分でお金を出して買ってるんですけどね(笑)。

Apink

Apink

もともとK-POPが好きでK-POPのPVを見ながら筋トレとかしているんですよ。K-POPのガールズグループってデビュー時は清楚なんですけど、だんだんセクシーになっていくイメージなんですよね。でもそんな中で彼女たちはずっと制服を着て歌っているような雰囲気があって、可愛い感じで日本のアイドル好きなおじさんたちも、きっと好きになると思いますよ。

ハスラー(スズキ)

ハスラー(スズキ)

ハスラーは発売直後に見に行って、試乗もしたくらい欲しくなった車で、「こんなデザインの軽自動車、今までなかった」というデザインがすごくいいですね。ただ、「6人家族に軽自動車……必要か?」とか考え直して、結局購入をやめました(笑)。

最新情報

『納得させる話力』

『納得させる話力』

トークのプロである芸人・土田晃之が「話し方」について説いた、必携ビジネス書。
ビジネスマンが身につけたい要素が満載!
定価:¥926+税 双葉社より発売中

プロフィール

土田晃之(つちだ・てるゆき)さん

1972年生まれ。
1992年、コンビ『U-turn』を組んでデビュー。
2001年よりピン芸人として活動。
『そうだ旅(どっか)に行こう。』(テレビ東京系)、『ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)、『バイキング(金曜日レギュラー)』(フジテレビ系)など出演中。

メディア情報ピックアップ

注目のインタビューを見る

2016年

2015年

2014年

社会的責任[CSR]