芸能人のすっぴんショッピング!-ロザンさん「親子で楽しめる本」-

全てのジャンル
  • 2014.11.26更新
  • 江原啓之さん
  • ハローキティ
  • 山本美月さん
  • 過去の出演者をもっと見る
気になるあの人は何をGETしたのか?? 芸能人のすっぴんショッピング! ロザンさん 親子で楽しめる本
宇治原と歴史上の人のクイズ大会は、いいのを思いついたな、と 愛用品&オススメ 最新情報 プロフィール

宇治原と歴史上の人のクイズ大会は、いいのを思いついたな、と

―菅さんが書いた『京大芸人式日本史』は、菅さんがタイムマシンで各時代を飛び回る設定で、さらに宇治原さんも登場するという……、なんとも不思議な、そして面白い本ですね。

:ありがとうございます。もともと、宇治原さんが「日本史は物語にしたほうが覚えやすい」と言ったことが、この本を書くきっかけなんですよ。教科書は物語形式になっていないので、それなら僕が書いてみよう、と。ただ、一つの時代だけクローズアップするのは違うと感じていたから、いろんな時代を書くのに適しているスタイルはどれだろうと考えた時に、「僕がタイムマシンでいろんな時代を訪れる」というのが浮かんだんです。それで、宇治原さんに日本史の要約してもらって、僕が解体作業をしました。

宇治原:僕は日本史の教科書を見ながら、単元ごとにまとめて菅さんに渡しました。

宇治原史規さん

―宇治原さんの、その「日本史は物語のように覚える」という勉強法は、どうやって思いついたんですか?

宇治原:自分的には自然とそうなったんですけど、例えば子供の頃に読んだ面白い小説…、今なら『ハリー・ポッター』シリーズでもいいですが、その中で好きなキャラがどんなことを言ったか、どんな事件が起きたかという記憶は、順番が逆にはならないじゃないですか。ハリーが1年生の時に起きた事件と、2年の時に起きた事件、逆に覚えたりはしないと思うんです。なんで日本史は、みんな「あの時代とこの時代、どっちが先やったっけ」となるんやろ、と不思議だったんですよ。それを考えたら、「あ、みんな物語として読んでないんや」と気づいて。日本史は歴史のつながっている物語やから、そう捉えて読むと順番は間違えないんです。

―菅さんが書いていて、一番筆が乗った時代は?

:近代で宇治原のおじいちゃんに会いに行く話と、宇治原が歴史上の人たちとクイズ大会をするところですね。これはどちらも、「いいのを思いついたな」と思いました。

―他にも作中に出てくる士農工商の漫才は、芸人の菅さんだからこそ書けるパートですよね。あのアイデアは、どこから出てきたんですか?

:後に市民平等が出てくるので、そこと対比させるには士農工商を出さなきゃいけない。そのためには、漫才形式にしたらわかりやすいかな、と思ったんですよ。最初はツッコんでいた武士が、後に平等になってツッコミじゃなくなる、というね。

ロザンさん

―宇治原さん、読んでみての感想はいかがでしたか?

宇治原:単純に面白い本やと思いましたね。日本史の勉強をする本というより、読んでいて楽しい一冊です。それでこそ、菅さんが書いた意味があるんでしょうし。

―受験生を筆頭に学生はもちろんですが、普通に大人が読んでも面白い一冊だと思います。その辺は、書く時に意識されたのでしょうか?

:しましたね。いろんな人が読めるように、ということは考えて書きました。

―大人になっても、「もう一度、勉強したいな」と思う時がちょっとあるじゃないですか。それこそ、新聞に載っているセンター試験を解いてみたりして。その「大人の再勉強欲」を満たす本ですよね。

:そうなんです。だから、お子さんを持つ親御さんにも読んでもらいたい。子供から質問された時に、意外と日本史って答えられなかったりするんですよ。でも頭の中に流れが入っていれば、答えやすいはず。もちろん学生さんにとっては、日本史を理解するにあたってのいい副読本になると思います。なので、親子で読める本なんじゃないかな。おじいちゃんやおばあちゃんが、孫にプレゼントするのにも、いい本やと思いますし。

宇治原:菅さんは、すぐ販売促進っぽい話をします(笑)。

菅広文さん

―さて、ロザンさんは、ネットショッピングの経験はありますか?

:しょっちゅう、使っています。基本的にを買うのは、ネットですね。まとめて送ってもらうんです。楽天も、よく使っていますよ。

宇治原:僕はしょっちゅうというほどではありませんが、たまに使います。必ず見るのは、海外旅行へ行く時。日本と季節が真逆の国へ行くとなると、街では季節ものって売っていないじゃないですか。例えば日本は冬だけど、暑い国に行くから水着がほしい、という時はチェックします。

―なるほど! さすが宇治原さんらしい、頭の良い使い方!!

宇治原:一方の菅さんは…。

:僕、めっちゃありきたりな使用法(笑)。

―ちなみに、今ネットで買いたいものは?

宇治原とかを買ってみなきゃアカンな、と思ってます。昔、洋服を買ったんですけど、サイズ感がちょっと違ったんですよ。でも、それって経験を重ねたらわかってきそうなことやな、と。これからは失敗しないよう、ネットショッピングの経験を積んでいきたいんです。

:僕はしょっちゅう使っているので、宇治原さんほどの決意はありませんが(笑)、重たいものは基本的にネットで買いますよ。

―最後に、野望を教えてください!

:今は、この作品の映像化かな。映画化や漫画化したら嬉しいですね。

―漫画化した場合、菅さんと宇治原さんは、どんな感じで描いてもらいたいですか?

:僕は小池徹平さん風、宇治原は豊川悦司さんっぽく。

宇治原:なんなの、それ!? 全然、似てないやん!

:じゃあ、宇治原は藤井フミヤさん風?

宇治原:いやいや、それも違うから!(笑)でも、確かに漫画になったらいいですよね。

愛用品&オススメ

伊達メガネ

伊達メガネ

ayameというブランドのメガネです。かけていて、すごく軽い! そしてかけやすい! 「伊達メガネがほしいな」と思って探して、見つけたアイテムです。プライベートでは、ほぼかけていますね。確か、楽天で買ったんちゃうかな。(菅)

CA4LAの帽子

CA4LAの帽子

CA4LAの帽子は、毎日かぶっています。柔らかくて、カバンに入れやすいのもポイント。NON STYLEの井上と仲がいいんですが、二人ともCA4LAのこの帽子しかかぶらないんですよ。井上と同じということが、めっちゃ恥ずかしい(笑)。(宇治原)

『くちびるに歌を』(中田永一)

『くちびるに歌を』(中田永一)

『百瀬、こっちを向いて。』中田永一さんにハマり、何冊か読んだんです。オモロすぎて、「これはおかしいぞ」と。なぜこんな人があまり知られていなかったんだと調べてみたところ、乙一さんの別名義なんですね。自分の中で、すごくしっくりきました。中田作品の中でも、『くちびるに歌を』が一番好きです。(菅)

サンバイザー

サンバイザー

冬にフィジーへ行った時に、ネットで買って「よかったな」と思ったアイテム。それまでネットで買い物をするのはちょっと怖かったんですけど、この使い方をしたら「こんなに便利なもの、あるのか」と思いました。(宇治原)

アディダスのスニーカー

アディダスのスニーカー

今、買おうかなと思っているアイテム。店頭に行っても、ある色は欠品になっていること、よくあるじゃないですか。その色のスニーカーが実在することはわかっているのに、店頭だと買えない。そういう時に、ネットだと便利ですよね。(宇治原)

ベランダ用のテーブル&チェア

ベランダ用のテーブル&チェア

重たいものは、やっぱりネットで買いたい。ベランダをいい感じにしようと思っているんですが、前に買ったテーブルとチェアが大きすぎたので、ぴったりのサイズのヤツがほしいな、と。(菅)

エスコヤマの『小山ロール』

「兵庫にあるお店『エスコヤマ』さんのスイーツなんですが、生地がめっちゃおいしい!」(菅)「“こんなにシンプルなのに、おいしいんや”と驚きますよ」(宇治原)

※楽天市場でのお取り扱いは御座いません
>>ロールケーキを探す

新八茶屋のジェラート

「京都の嵐山にある新八茶屋さんのジェラートは、オリジナルの“京ジェラート”や、季節の素材をたっぷり使用している時期限定のものがあって、どれもおいしい。素材の味を楽しめます」(宇治原)

※楽天市場でのお取り扱いは御座いません
>>ジェラートを探す

最新情報

『京大芸人式日本史』菅広文著/幻冬舎
累計20万部の大ベストセラー『京大芸人』シリーズ発、
ロザン・菅が書く爆笑日本史物語。

プロフィール

ロザンさん

菅広文(すが・ひろふみ)
1976年生まれ。
宇治原史規(うじはら・ふみのり)
1976年生まれ。

1996年、コンビ結成。京都大学卒の宇治原さんは、クイズにも強い高学歴芸人としても知られる。現在、『ちちんぷいぷい』(毎日放送)『ごきげんライフスタイル よ〜いドン!』(関西テレビ)などに出演中。

メディア情報ピックアップ

注目のインタビューを見る

2016年

2015年

2014年

社会的責任[CSR]