芸能人のすっぴんショッピング!-入山杏奈さん「『青鬼』の杏奈も入山杏奈も成長できました」-

全てのジャンル
  • 2014.7.2更新
  • 大原櫻子さん
  • 檀ふみさん
  • ウーマンラッシュアワーさん
  • 過去の出演者をもっと見る
すっぴんショッピング 入山杏奈さん 『青鬼』の杏奈も入山杏奈も成長できました これからホラーにハマってしまいそう 愛用品&オススメ 最新情報 プロフィール

これからホラーにハマってしまいそう

関連動画再生数が5,000万回を超えたという話題のフリーゲームを映画化した『青鬼』(7月5日公開)ですが…、拝見しましたけど、怖いですね〜!

青鬼が気持ち悪いですよね(笑)。『青鬼』というゲームは、私は名前くらいしか知らなくて、やったことはなかったんです。だから最初にこのお話をいただいた時は、「映画? 主演?」とただただびっくり、みたいな。

入山杏奈さん

このゲームはノベル化もされていますが、入山さんの役の名前は、奇しくも原作でも同名の“杏奈”ちゃん。運命を感じますね。

名前も一緒だし、性格も似ているんですよ。冷静で落ちついているところ、マジメっぽいところ、原作の杏奈も学級委員ですが、私も小学・中学で経験があるので、「似てるな」って。

脚本を読んでみての感想は?

まずゲームを一度プレイしたんです。それで青鬼の出てくる感じとか、効果音を知った上で脚本を読んだので、頭の中で再生されちゃって。脚本を読んでいるだけで、スリルがありました。

撮影は大変でしたか?

大変でしたが、どちらかと言えば楽しかったです。映画の現場に初めて触れたので、刺激的でした。共演者がほぼ同世代だったのもあり、学校みたいな感じですね。撮影がない時はみんなでしゃべったりして、楽しかったです。

『青鬼』の杏奈と同様に、入山さんご自身も、この作品で成長したところがありそうですね。

『青鬼』の杏奈は、弟を亡くした後悔をずっと背負っていたのですが、青鬼に立ち向かっていったことで、弟には伝えられなかったあるメッセージを、友人のシュンに伝えることができました。それが成長だと思います。そして入山杏奈としては、「演技をやりたいな」となんとなく思っていましたが、AKBでドラマをやっている時は、うまく出来ないこともあり、お芝居をすることが恥ずかしかったんです。それで「ちゃんとやれなかった」と後悔した部分もあって。今回の『青鬼』で、ひとつの作品をみんなで作る現場を生で体験して、「恥ずかしがっている場合じゃないな」と思ったし、向上心を持って自分と向き合えるようになったのは、大きな一歩だと思います。

ちなみに、ホラー映画はお好きですか?

『青鬼』を見るまでは、全く見たことがなかったんです。でも今回、勉強のつもりで『着信アリ』や『シャイニング』を見てみたところ、意外と平気なことがわかりました。どちらも、面白かったです。これからホラーにハマってしまいそう(笑)。

入山杏奈さん

さらにプライベートについても伺いたいのですが…、美容面で気に掛けていることはありますか?

めっちゃ乾燥肌なので、お風呂上がりの保湿はしっかりするようにしています。愛用しているのはニベアの青缶です!

「幸せだな」と思う瞬間は?

お買い物をしている時ですね。特に洋服などのウィンドウショッピングをしているのが楽しい。渋谷・原宿・新宿をよく歩きます。昔は超インドア派で、全然出かけなかったんですけどね。インドアの時は、ネットショッピングをしてました。

ネットでは、どんなものを買うんですか?

洋服DVD、本が多いかな。今は目覚まし時計を探しています。朝が本当に苦手で、母が起こしてくれないと目覚められないんです。でも高校も卒業したし、自立の年なので、自分で起きられるようになろうと。“絶対に起きられる目覚まし時計”で検索すると結構出てくるので、よく探しています。目をつけているのは、設定した時間になると太陽のような光が出てくる目覚まし時計です。

それでは、読者の皆さんにメッセージを。

『青鬼』はホラー要素満載ですが、ストーリーもしっかりあって、見応えがあると思います。皆さん、ぜひ見て楽しんでください!

愛用品&オススメ

『シャイニング』

『シャイニング』

『青鬼』の監督さんやスタッフさんが全員、「絶対いいよ!」と推していたので、勉強のために見たホラー映画。面白かったです! 特にみんながお気に入りだったシーンは、ジャックがウェンディを階段までじりじり追い込んでいくところ。このシーンの二人の演技はすごいです。

ニベアの青缶

ニベアの青缶

いろんな人に「すごくいいよ」と勧められて使ったところ、本当にいいです! 乾燥の気になる頬周りなどに、ペタペタ塗っています。

『グラスホッパー』(伊坂幸太郎) 『マリアビートル』(伊坂幸太郎)

『グラスホッパー』(伊坂幸太郎)   『マリアビートル』(伊坂幸太郎)

本が好きで、移動時間や空き時間によく読んでいます。特に伊坂さんの作品は、スピード感があってテンポがいいから、読んでいるスピードも上がります。気づいたら全部読み切っちゃったという感じで、読み応えもあったし、面白かったです。

FRAY I.Dの黒いパンプス

FRAY I.Dの黒いパンプス

靴はあんまりネットで買わないんですが、お正月に珍しく買ってみたら、サイズはぴったりだし歩きやすいしで、とってもお気に入り。このパンプスで、大阪旅行にも行きました。

最新情報

『青鬼』

『青鬼』

出演:入山杏奈
須賀健太 陳内将 聖也 古畑星夏 尾関陸 ほか
監督:小林大介 原作:noprops/小説著 黒田研二
http://aooni-movie.com
7月5日、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国ロードショー

プロフィール

入山杏奈さん

1995年生まれ、千葉県出身。
2010年3月、『AKB48 第七回研究生(10期生)オーディション』に合格、研究生に。
2011年、チーム4に昇格。現在はチームAに所属している。


メディア情報ピックアップ

注目のインタビューを見る

2016年

2015年

2014年

社会的責任[CSR]