【楽天市場】イタリアンシェフ日高氏が楽天市場で見つけた食材を使ったフルコースをプロデュース!

全てのジャンル

楽天エヴァンジェリストパーティー2015

各界著名人を招いた楽天エバンジェリストパーティにて
日本を代表するイタリアンシェフ日高氏が楽天市場で購入
できる食材を使ったフルコースをプロデュース!
全てのお料理が楽天市場で購入できる厳選食材から作られている
一夜限りのオリジナルメニュー。

今回は楽天本社移転のお披露目を兼ねて、
社内にあるレストラン『楽天クリムゾンクラブ』で開催しました。

美味しいお野菜のバーニャカウダ

美味しいお野菜のバーニャカウダ

旬の国産野菜のみを使用!

ottimo

北イタリアの伝統的な冬のお料理。
野菜の美味しさを引き立てるニンニクとアンチョビのソース。
コース料理の最初に必ず提供している当店の定番料理です。

合わせたワインはこちら

ジュリオ フェッラーリ リゼルヴァ デル フォンダトーレ 2001 1500ml

ジュリオ フェッラーリ リゼルヴァ デル フォンダトーレ 2001 1500ml

1902年より北イタリアTrentinoでイタリア初のメトードクラシコでスプマンテを作った歴史ある生産者。このスプマンテは良年のみ10年という長い熟成期間を経てリリースされる。
きめ細かい泡立ちとアカシアやハーブを連想させる香りとミネラル豊かな味わいが野菜やアンチョビにマッチする。

詳細はこちら

使用食材

寒鰤の冷製燻製カルパッチョ 柚子風味のスプーマ 蕪のピューレ からすみのアクセント

寒鰤の冷製燻製カルパッチョ 柚子風味のスプーマ 蕪のピューレ からすみのアクセント

ottimo

今が旬の寒鰤。しっかりと脂がのっている寒鰤を燻製にかけることで、余分な脂、水分を落とし、旨みを凝縮させています。旬の蕪、縮みほうれん草、そして柚子と組み合わせて、カラスミ、沖縄県産の天日塩のアクセントをお添えしております。

合わせたワインはこちら

テッレ アルテ 2007 リヴィオ フェッルーガ 750ml [白]Terre Alte Livio Felluga [オールドヴィンテージ ]

テッレ アルテ 2007 リヴィオ フェッルーガ 750ml [白]Terre Alte Livio Felluga [オールドヴィンテージ ]

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州のRosazzo(グランクリュ)にて5世代に渡ってワインを造っている。フリウラーノ(ブドウ品種)を主体にピノ・ビアンコ、ソーヴィニオンのブレンド。
トロピカルフルーツや柑橘系の香り、心地良い酸味とミネラル、香ばしい味わいが魚介料理とはもちろん、白子や白菜クリームソースなどのクリーミーさと同調する。

詳細はこちら

使用食材

北海道産真鱈と白子のソテー 白菜クリームソース みかんの香り

北海道産真鱈と白子のソテー 白菜クリームソース みかんの香り

ottimo

日本の「鍋」に使う食材をイタリア風にアレンジした一品。真鱈、白子は香ばしくカリカリに焼き上げ、白菜の根元に近い甘い部分を干し海老の旨みをプラスしてクリーム煮に。みかんの爽やかな香りで仕上げております。

合わせたワインはこちら

テッレ アルテ 2007 リヴィオ フェッルーガ 750ml [白]Terre Alte Livio Felluga [オールドヴィンテージ ]

テッレ アルテ 2007 リヴィオ フェッルーガ 750ml [白]Terre Alte Livio Felluga [オールドヴィンテージ ]

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州のRosazzo(グランクリュ)にて5世代に渡ってワインを造っている。フリウラーノ(ブドウ品種)を主体にピノ・ビアンコ、ソーヴィニオンのブレンド。
トロピカルフルーツや柑橘系の香り、心地良い酸味とミネラル、香ばしい味わいが魚介料理とはもちろん、白子や白菜クリームソースなどのクリーミーさと同調する。

詳細はこちら

使用食材

国産小麦を使った自家製ショートパスタ「ルスティチ」海苔クリームソース 柚子胡椒風味

国産小麦を使った自家製ショートパスタ「ルスティチ」海苔クリームソース 柚子胡椒風味

ottimo

日本のどこの家庭にもある「海苔」を使ったパスタ。海苔は有明海の柔らかく、風味豊かな初積み海苔を使用。「切って上からかける」といった日本人の発想ではなく、イタリア人的な発想でソースに溶かして絡め、柚子胡椒のピリッとした辛みで味をまとめています。海苔の別の特性に気付いた20年前から提供しているパスタです。

合わせたワインはこちら

ガイア アンド レイ GAJA[2012]GAIA & REY CHARDONNAY /750ml アンジェロ・ガヤ

ガイア アンド レイ GAJA[2012]GAIA & REY CHARDONNAY /750ml アンジェロ・ガヤ

イタリアワインの帝王といわれる「Angelo Gaja」バルバレスコの名手が造りだす白ワイン。イタリアのモンラッシェと称され高い評価を得ている。
ブドウが収穫される「ランゲ地方」の土壌は昔、海底だった為、磯のニュアンスとレモン、グレープフルーツの香りが入り混ざり、トースティーでふくよかな味わいが海苔の風味、アクアパッツァの魚の旨みによく合う。

詳細はこちら

使用食材

鹿児島県産・真鯛のアクアパッツァ

ottimo

イタリアで出会った一番印象に残っている料理。直訳すると「アホな水」という変わった名前。イタリア料理らしいシンプルでかつ大胆で、色っぽい料理です。今日は鹿児島県産の「真鯛」でご用意させて頂きました。

合わせたワインはこちら

ガイア アンド レイ GAJA[2012]GAIA & REY CHARDONNAY /750ml アンジェロ・ガヤ

ガイア アンド レイ GAJA[2012]GAIA & REY CHARDONNAY /750ml アンジェロ・ガヤ

イタリアワインの帝王といわれる「Angelo Gaja」バルバレスコの名手が造りだす白ワイン。イタリアのモンラッシェと称され高い評価を得ている。
ブドウが収穫される「ランゲ地方」の土壌は昔、海底だった為、磯のニュアンスとレモン、グレープフルーツの香りが入り混ざり、トースティーでふくよかな味わいが海苔の風味、アクアパッツァの魚の旨みによく合う。

詳細はこちら

使用食材

  • 和歌山県産イタリアンパセリ

    一年通していつでも収穫できるイタリアンパセリ。収穫してすぐにパック詰めし保冷された、香りと鮮度の高いフレッシュハーブ。

  • 和歌山県産スイートバジル

    バジルの中でも定番イタリア北部ジェノバのバジルで、深い風味と味わいが特徴。有機肥料を使い、和歌山の農家より直送される香り高いハーブ

  • もぎたてレッドオーレ

    甘味と酸味が絶妙なバランスなトマトで最高糖度8〜12度のまるでフルーツ。自社生産の優良微生物を投入した土壌で、アミノ酸ミネラルを吸収させ、味わい深いトマトに。

  • 北海道厚岸産「殻付あさり」

    厚岸は釧路支庁の東南部に位置、厚岸湖とつながる厚岸湾が深く入り込んだ太平洋に面した景勝地。大自然に恵まれ、澄んだ美しい海で育つあさりは北海道NO1の水揚げを誇る

  • 鹿児島県長島町の“鯛王”

    鹿児島東町漁協が生んだ鯛のブランド「鯛王」。潮の満ち干によって周期的に起こる海水の流れとこだわり抜いた飼料と愛情で育ち、色や形の厳しい基準を満たした鯛。

  • 縄文りゅうせき水

    約1万年前、大地の地殻変動により、硬い岩盤と岩盤の間に水を含んだ地層が閉じ込められてできた極めて稀な深層温泉水

漢方和牛フィレ肉のロースト 里芋ピューレと九条ネギ カリカリにフリットしたレンコン、ごぼうを添えて 気仙沼産のオイスターソースで

漢方和牛フィレ肉のロースト 里芋ピューレと九条ネギ カリカリにフリットしたレンコン、ごぼうを添えて 気仙沼産のオイスターソースで

ottimo

健康志向で赤身のお肉が注目される昨今、黒毛の中でもサシの少ない上品な「漢方和牛フィレ肉」を使用。ゆっくりと低温でローストして、冬の野菜と組み合わせました。ソースには自分が大使を務める気仙沼産の「オイスターソース」を使用。このオイスターソースは肉にも魚にも相性の良いソースです。

合わせたワインはこちら

ビオンディ・サンティ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・アンナータ [2007]750ml

ビオンディ・サンティ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・アンナータ [2007]750ml

言わずと知れたBrunelloの生みの親「Biondi santi」
カシスや黒胡椒といったスパイシーな香り、果実味は豊かで強靭なタンニンと酸の調和がとれており、牛肉との相性、根菜の土っぽい香りとの組み合わせは文句の言いようがない。

詳細はこちら

使用食材

ドルチェの盛り合わせ

ドルチェの盛り合わせ

ottimo

楽天様取り扱いの日本全国から取り寄せたデザートを少しずつ盛り合わせにしてみました。 味、見た目、仕立てなど、バランスを考慮して厳選いたしました。

合わせたドリンクはこちら

深煎ブレンドコーヒーとフレッシュミルク、カップオンシュガー「天使の羽」を添えて

深煎ブレンドコーヒーとフレッシュミルク、カップオンシュガー「天使の羽」を添えて

5つのコーヒー豆をブレンドし、日本の軟水に合うようにブレンドされた珈琲が、甘いスイーツたちと良く合い、濃厚なコクと広がる芳ばしい薫りが、口いっぱいに広がる。

詳細はこちら

使用食材

パン&ドリンク

  • 国産最高級 小豆島産エキストラヴァージンオリーブオイル

    2品目冷前菜など多数のメニューで使用

    香川県小豆島(しょうどしまのオリーブ農園で育った新鮮なオリーブの実を一粒づつ丁寧に手摘みし、厳選した実だけで搾ったフレッシュ&フルーティな若草の香りと味わいが楽しめる国内最高級小豆島産100%一番搾りのエキストラヴァージンオリーブオイル。毎年収穫量が非常に限られるため限定本数のみの販売です。

    詳細はこちら

  • 鰤王

    2品目冷前菜

    長島町の特殊な漁場「環境」と、稚魚から親魚にまで育てあげる計り知れない「愛情」、そしてその魚を新鮮・安全に出荷する「加工」技術があってこそ、初めて生み出される鹿児島県長島町・東町漁協が誇るブランド「海峡育ち 鰤王」です。

    詳細はこちら

  • はるゆたかストレート(強力粉)

    4品目パスタ料理で使用

    街にはお米屋さんってよく見かけますよね。私たちのお店は、いわば小麦屋さんです。北海道産の小麦粉にこだわり、現在70種類以上の北海道産小麦をご案内しております。25kgの業務用から、5kg、2.5kg、1kg、250gと家庭用まで、用途に合わせてご提案しています。

    詳細はこちら

  • 鯛王

    5品目魚料理で使用

    潮流が育てた東町漁協の鯛、全国ブランドの「鰤王」と同じく鹿児島が生んだ鯛のブランド「鯛王」。色や形の厳しい基準を満たしたものだけが「鯛王」となります。鰤王と同種の飼料で育て、味にもこだわった「鯛王」です。

    詳細はこちら

  • 楽天の素敵な新社屋の見学から始まり、楽天市場で扱われている新鮮な食材を使ったフルコースを堪能しながら社員さんからもお話を聞けて、楽天の良さを色んな角度からまるっと味わえるパーティでした。 ネットでの買い物は生産者やそれに関わる人の存在が遠く感じがちなのですが、それがより身近になりました。これまで日用品ばかり買っていたのですが、食材も買ってみようと思います!

  • 素敵なパーティーと日高シェフが考案された一期一会のお料理の数々で、とても贅沢な時間を過ごさせて頂きました。 特に、青のりのパスタが最高に美味しくて、私たちが楽天市場で簡単にお買い物出来る食材を使って本格的なイタリアンが楽しめることを強く感じた一品でした。ワインもすごく美味しかったです!

  • 鱈はまだ泳いでいるかのようにみずみずしく、野菜は、土に根を下ろしているかのように凛々しい。 楽天市場の食材に日高シェフが息を吹き込み、我々の舌を陥落させる。そうかこの楽天市場は、物ではなく、生産者の想いを売っているのか。

アクアパッツァは、1990年に東京・西麻布にオープンしました。
当初は夜だけの営業で個室を合わせて22席。
女性客の多い今のイタリアンレストランからすると考えられないほど、
色々な意味で「濃い」男性のお客様が多く、その方々の口コミから当時、
時代を象徴するような方々が多く来店されました。

またそのお客様たちは、料理にとても詳しく、世界中食べ歩かれているような方ばかりで、
アクアパッツァに求められる料理は、本当にシンプルで、素朴にこだわった料理でした。
その頃、アクアパッツァの料理の方向性 「素材を活かしたイタリア料理」が決まったようなものです。

めまぐるしく進化する日本の食文化。

私たちは日本の食材を活かし、進化しながらもイタリア料理の素朴さ、美しさを表現し続けて行きたいと思います。

日高 良実

1957年10月4日神戸生まれ。てんびん座。O型。
調理師学校を卒業後、フランス料理の道に入り、神戸ポートピアホテル「アラン シャペル」へ入る。
しかし、言葉の壁にぶつかり、自分の進む料理の道を模索する。
そんな時、高校時代に毎日通った喫茶店のスパゲティやアルバイトをしていた「ドンナロイヤ」のまかないで
食べたカルボナーラ(あまりのおいしさに毎日食べ続けた)の味を思い出し、イタリア料理への転向を決意、
東京へ。
銀座のイタリア料理店「リストランテ ハナダ」でイタリアンの魅力を一層感じ、本場イタリアへ渡る。

経歴

1986年〜89年
3年間で、「エノテカ・ピンキオーリ(Enoteca Pinchiorri)」
「グアルティエーロ・マルケージ(Gualtiero Marchesi)」
「ダル・ペスカトーレ(DalPescatore)」といった名店も含め、イタリアの北から南まで計14軒を修行。“イタリア料理の魅力は郷土料理にあり”と実感する。

1989年
帰国後、リストランテ山の料理長に就任。

1990年
独自のイタリアンのスタイルを構築すべく、最も感銘を受けた料理の名前をつけた、「ACQUAPAZZA」(東京・西麻布)のオープンとともに料理長に就く。

2001年11月
ACQUAPAZZAの本店を現在の広尾に移す。
1階には気軽なイタリア料理とワインが楽しめるACQUAVINO(アクアヴィーノ)をオープン。

2003年
ACQUAPAZZAのオーナーシェフに就任。

2007年4月
「横須賀アクアマーレ」オープン。

現在は、東京を拠点に、日本の食材を活かした独自のイタリアンを提案し続ける一方、日本の伝統食材のプロデュース、全国の生産者や地域食材を活性化する ための活動も精力的に行っている。

社会的責任[CSR]